金融ディーラーになるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

金融ディーラーとは、証券会社や銀行、保険会社などに所属して、顧客から預かった債権・株・外貨などを売買し、その差益から利益を生み出す金融の専門家のこと。
刻々と変化する世界の相場の動きを見ながら、その時々の瞬時の判断で数億から数十億円以上の莫大な金額を動かすこともある。
世界の金融情勢や社会情勢の情報を幅広く収集できるテクニックと、それを的確に分析できる能力、微妙な変化にも敏感に対応できるセンスが求められる。
かなり強靭な精神を持っていることも重要なポイントだろう。
大学で経済と金融の基礎を学ぶとともに、現在の株式は経済の仕組み、情勢について常に熟知しておくことが必要不可欠。
銀行・証券会社・保険会社などの企業に入社し、ディーリング(金融機関が為替や債券の売買、証券取引を行うこと)を業務を希望しよう。

[為替ディーラー] 異なる外国の通貨を交換することを為替取引(Foreign Exchange)という。
為替は1ドル=100円といった具合に、各国間で交換比率(レート)が時々刻々と変化する。
1ドルが100円のときに100円で1ドルを買い、1ドルが120円になった時にその1ドルを売れば、20円儲けることができる。
このようにしてレートの違いを利用して、儲けを出すように「お金を売ったり、買ったりする」のが為替ディーラーの仕事だ。
刻々と動いている相場を見ながら、瞬時の判断で数十億、時には数百億円もの金額を動かし、数秒で何億円を得ることもあれば、逆に失うこともある。
世界各国の金融事情は、その国の政情によって大きく変動することがあるため、各国の社会情勢にもアンテナを張り巡らせ、海外のディーラーとも情報交換をすることが重要となる。
主な活躍の場は、証券会社や銀行などの金融機関や商社、輸出入の多い企業の為替を扱う部門などになる。

お金に関する仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました