金融マンになるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

銀行で働く銀行マンや証券会社で働く証券マン、あるいは保険会社で働く保険マンなど、いわゆる金融業界で働く人は、広く金融マンと呼ばれる。
いずれも特別な資格が必要なわけでなく、就職試験に合格して、その人生をスタートすることになる。
従来、文系の経済学部商学部、法学部の出身者が多かったが、業務の国際化が進んでいる金融業界では、語学力を重視するようになっているし、 ITやコンピュータの普及とともに、必要なプログラムを組めるだけの能力を持った理系の人材の需要増えている。
今や世界はいわゆるグローバル化で24時間、365日、リアルタイムで結びついている。
その中でも金融業界は経済を主導する工場にある。
特に欧米の先進国は金融が国を支える柱となっており、日本も後を追っている。
その傾向は今後ますます強まっていくだろう。
そういう意味では、仕事は大変だが、それだけ働きがいのある仕事だと言える。
一方、転職が当たり前になりつつある今、金融マンがそれぞれの分野に磨いたスキルは幅広い業種でも取られることになり、転職にも有利となる。
例えば、銀行マンなら財務や分析の知識を生かして、一般の企業の財務関係の部署に転属する道が開けるだろう。
証券マンなら、企業情報や財務や株などの知識を武器にM&A(買収・合併)の会社などに転職するという手があるし、経済や金融などの専門誌を出している出版社に就職する人もいる。
大手企業の中にはリスクマネジメントに取り組むところが多く、損保や生保の知識も活かせるだろう。
しかし、漠然と過ごしていたのでは、他の業界に移って活躍できるだけのスキルを磨くことはできないことは言うまでもない。
これは金融業界で働く人に限らないが、日本人の働き方が大きく変わろうとしている今、常に自分のスキルを高めようとする意識を持つことが大切な時代になってるということである。

お金に関する仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました