【決定版】既卒・第二新卒・フリーター・ニートの転職情報まとめ

既卒・第二新卒・フリーター・ニートのみなさん、こんにちは。

「自分なんて社会のクズだ、もう働くのは嫌だ…」

そう、諦めていませんか?

実は、私にもそのような時期がありました。

そんな悩める若者たちに朗報です。

今、日本は若手不足で20代の若者は仕事選び放題です。

これ、だいたい一部のブラック企業とかパワハラモンスタークソ上司のせいで、実は一番割を食っているのは「その他大勢の、まともな企業」なんです。

一部のブラック企業がやらかしまくったせいで「働くって、なんておぞましいことだ…」とビビって逃げてる連中が、20代の働かない若者たちね。

もう一度言います。

今、日本は若手不足で20代の若者は仕事選び放題です。

ウソだと思うのであれば、今から100社手当たり次第応募しまくってみればいい。

「そんなことはない…」と思っている読者もいるでしょうが、それは単なる思い込みです。

社 会 は 甘 い し 、 割 と 適 当 や ぞ ?

その証拠に、政治家が不正をして「記憶にございません」と白切って逃げても、世界は終わらないし、あなたは生きている。

「世界の終わりだ、もうダメだ…」と思っていても、割とどうとでもなるんです。

…諦めない限りね。

前置きはさておき、この記事では「既卒・第二新卒・フリーター・ニート」が知りたい全知識…というか大げさに言って「大人が教えれくれない、この世の真実」をまとめてみました。

もくじ

既卒・第二新卒・フリーター・ニートが求められている理由

既卒・第二新卒・フリーター・ニートが社会から求められている理由は単純で、日本の人手不足が深刻だからです。

詳しくは以下の記事を読んでどうぞ。

関連:ニート向けの就職サイトが怪しすぎる!どうせブラック企業ばかりだろ?←そんなことはない

メタ的に言っておきますと、ネットで自虐的かつネガティブな奴らが「もう日本は終わりだ」とか「あの企業、ブラック認定な」とか「働いたら負けかなと思ってる」とか、色々と呪詛ばら撒いているせいです(頼むから勝手に日本を終わらせないでくれ)。

面接で「この企業ってブラックですか?」という意図の質問を相手にバレないようにそれとなくやればいいものを(これ大人の基本ね)、ネットの口コミを見て「この企業はブラックだ!」と決めつけてしまうあたりが、色々問題ね。

これは人材会社や政府も非常に手を焼いておりまして「ネットで被害妄想語って騒いでる奴ら、どうにかならんの?」と言う感じなわけ。

この話はかなーり長くなるので割愛しますが「 ネ ッ ト は 現 実 で は な い 」という現実に気づかせるために、色々と苦心している人がいるということです。

関連:機械のような性格の私が感情と人間性を取り戻した結果…【AIと化した私から人間への挑戦状】

「 お 前 ら グ ダ グ ダ 言 っ て な い で 仕 事 し ろ 」というだけの話なんですがね…。

つまるところ、既卒・第二新卒・フリーター・ニートの方は、自分で思っている以上に「社会から求められている」わけです。

…勝手に救いの手を突っぱねまくっているだけで「自分の中に眠る、可能性」というヤツに気づいてないだけなんです。

既卒・第二新卒・フリーター・ニート向けQ&A

当サイトを運営する中でわかった、とくに既卒・第二新卒・フリーター・ニートの中でも多い「仕事に対する不安や悩み」をQ&A形式にしました。

だいたい、これを読めばすべての悩みが解決すると思うので、とりあえず読んでみてください。

Q.学歴と経歴を活かしたい

学歴?経歴?

ンなものは投げ捨ててしまえ!

お前の可能性を殺すだけだ。

文系なのにIT系のプログラミングの仕事に就いたり、理系なのに営業やらされたり、理不尽こそ仕事の醍醐味。

職場という名の戦場に入ったのであれば、経歴も学歴も大して関係ないと気づくだろう。

Q.文系だけど営業か販売しかないの?

んなことはない。

…が「文系は営業が基本」みたいな傾向は、確かにある。

関連:ニートが営業職に就くべき理由。9割のニートは営業の才能があります

まあ、営業と言っても会社の社風とか取引先で色々なので「新規飛び込みの辛いお仕事」みたいな先入観なんて捨てて、気楽にやってみればええねん。

ついでに言っておくと営業・販売職は離職率(辞める割合)高いけど、他の職場でも応用が利く分、転職先候補も広がるので、柔軟に考えればええねん。

Q.理系なんだけど…

ワイは理系は専門外なので詳しくは知らんが、製造業の人材派遣会社の子会社である「メイテックネクスト」が一番のオススメ。

関連:「メイテックネクスト」の特徴とメリット。製造系ものづくりエンジニアの転職希望者なら登録推奨。

サポートしてもらえるかどうかは時々の運だけど、今はエンジニア人手不足なので、若ければチャンスはある…はず。タブンネ。

まあ、文系と違って理系は専門職の間口が広い傾向にあるので、諦めずに既卒・第二新卒層向けのサービス使ってみるがよいぞ。

Q.クリエイター志望だったねんけど…

―――ポートフォリオの貯蔵は十分か?

関連:ポートフォリオの作品数が少ない時はどうすればいい?デザイナー諦めてデザイナー雇う側になった目線で教えます!

ちゃんと作品作ってないと厳しい傾向にあるので、クリエイター志望は諦めた方がいいかも。

関連:クリエイターになれなかった…。夢破れて既卒・フリーター・ニートになってしまった時の復帰方法とは?

「好きなことを仕事に!」とか、ただの幻想だから。

関連:だまされるな!「やりたいことを仕事に」「好きな事を仕事に」「夢を叶えよう」というのは信じないほうがいい

別にクリエイターにならずとも、クリエイティブ業界での営業・企画・販売とか、現場に入って下積みから成り上がるとか色んなルートがあるので、視野を広げよう。

関東圏在住なら「マイナビクリエイター」か「Geekly」あたりなら既卒・第二新卒層でもサポートしてもらえるので、使ってみるがよいぞ。どっちも求人情報主体のビジネスなので、マッチング精度ガバイところを突いて業界に潜り込め!

関連:マイナビクリエイターの特徴と強みを徹底解説!クリエイター向けの総合転職サービスとしては利用しておく価値あり!

関連:Geekly(ギークリー)の特徴と強みを徹底解説!IT・WEB・ゲーム業界専門の転職コンサル業の実態とは?

ゲーム業界なら「シリコンスタジオエージェント」も。ゲーム会社で今日も一日がんばるぞい!

関連:ゲーム業界の転職なら「シリコンスタジオエージェント」を絶対に使っておくべき!ゲーム製作会社の運営する本格エージェントのメリットとは?

Q.大企業ホワイト勤務年収1000万クラスの超いい仕事あるの?

ない。

仕事なんて全部クソ。

クソの中から、一番マシなクソを選ぼう。

関連:「クソな仕事しかない!」と思った時に見直したいポイント

Q.自分に向いている仕事がわからない…

・向いている仕事の見極め方
途中で辞めてしまった場合→向いてなかった
最後まで続けられた場合→向いていた

ただの結果論です、本当にありがとうございました。

まあ、性格診断とか自己分析ツールでおおよそは調べられるけど、ガチでやり出すと統計学や心理学の知識いるので(フロイトやユングがどうのこうの)、適当でOK。

関連:自己分析・性格診断に有効な「アセスメントツール」一覧。自己理解を高めるために有効な使い方とは?

ぶっちゃけ、実際に仕事してみて得手不得手を知ったり、他者比較で自分の役割を理解しないと自己分析とか無理ゲーなので、働く前にアレコレ考えすぎても徒労に終わるべ。

Q.面接が怖いんだけど?

最低限の身だしなみ・マナーさえしっかりしておけば、あとはノリでOK。

人材採用とか、フィーリング(相性)がすべて。

世の中、割と適当やで。

関連:ニートが面接で心がけておくことはシンプルにひとつ。面接が怖いと思うなら読んでくれよな!

Q.自己アピールが苦手…

みんな苦手です。

「イツワリノジブン」を演じるんだ。

Q.圧迫面接が怖い…

今どき、圧迫面接とかやってくる会社クソなので、こっちから願い下げてどうぞ。

お前は面接官のサンドバッグじゃない。

…が、人材業者などの仲介入っての面接の場合は信用問題もあるので、そこらへんは事前に社風などを確かめておき、仮に圧迫面接にあったら仲介業者に報告しておこう。

まあ、上司でも取引先でもない相手の説教なんて「真面目に聞いて反省している”フリ”」で聞き流すのが定石なので、そこは処世の術を考えておこう。

Q.人と話すのが怖い…

心療内科(メンタルヘルス)とか、社会復帰支援サービスとか、国主体のサービス使ってみるといいんじゃないかな…。

Q.空白期間が長いんだけど?

空白期間が長いと不利なのは間違いない。

それは隠しようのない事実だ。

だが、日本には「失われた20年」という暗黒期間があるので、ニートの空白期間とか別に大したことないべ。

国が20年間進歩なかったんだから、国民も進歩なくて当たり前。

過去のことはどうにもならんから、ちゃんと反省して次につなげればええねん。

関連:ニートが無職の空白期間を有効にアピールする方法!これを試せば内定がもらえる確率がグーンと上がるぞ

Q.外に出たくない…

ワイも出たくない。

みんな出たくない。

日本は鎖国国家。

…が、男には(女でも)、意を決して立ち向かわねばならぬこともある。

―――今が、その時だと思うの。

Q.年齢制限ってあるの?

残念ながら「ある」らしい。

具体的には「25歳、27歳、30歳」という節目で、書類選考通る確率が下がっていくらしい。

けど”統計的”になので、別に年齢が理由で全部ダメというわけではない。

…が、人材業界の定説としては「30歳以上の職歴なしは採用したがらない」らしいので、30歳以上からはハードモードなのは間違いない。

関連:30歳以上の高齢ニートが今すぐすべきこと。正攻法だけでは厳しいことを知っておこう

これは、単にビジネスとしては効率悪いので、サポート対象外になりやすいって話ね。

そこは派遣社員になるとか、ハロワに通うとか、バイトで成り上がるとか…まあ、自分でどうにかしよう。

ちなみに、かの宮沢賢治は晩年、肥料販売の仕事をしていたらしいが、その時に書き記した作品があの有名な「雨ニモマケズ」だ。死の間際に、天職に出会えたということだな。

つまり、人生最後まで働き続ければ、意外な活路が見えてくるということだ。

Q.地方住まいなんだけど…

人材サービス会社の拠点展開が都市部限定なので、これは仕方ない。

以下、ネット経由で出来る地方民の転職活動方法。

  • 都市部に出向いて、人材会社の面談を受ける
  • Skype・LINEなどのネットでの連絡に対応しているサービスを使ってみる
  • 寮・社宅のサポートもしてくれるサービスを使ってみる

関連:地方暮らしのニートやフリーターが正社員として働ける会社を見つけるコツ。地方にこだわるのはやめたほうがいい

まあ、地方不利なのは否定できない事実なのでしょうがないね。

地方住まいなら国の運営している「サポステ」「ジョブカフェ」もあるので、使うが良いぞ。

何?ジョブカフェに行くための移動手段がない?

…歩いて行け。いい運動になるぞ。

どうしてもダメなら、農業やれ。

JAに「働かせてください!」と頼み込め。

貨幣経済が破綻すると、最後に勝つのは自給自足で生活できる人間やぞ。

Q.どんな仕事があるの?

世の中には、驚くほど色んな仕事がある。

…ていうか、みんな勘違いしてるねんけど「新人のうちはしょぼい仕事しか任せられない」のが会社の常だからね。

以下の記事にはクソ溜め中のクソみてえな仕事も紹介しているが、たとえクソみてえな仕事でも働いている奴には誇りもやり甲斐もある。

関連:世間的に評価されない、卑しいお仕事一覧。「誰もが嫌がる、やりたくない仕事」の実態に迫る!

…つまり、気の持ちようってヤツだな。

だが、仕事にはいいこともあるぞ。

理不尽に給料が上がったり、イケメン・美女な同僚と恋に落ちたり、なぜか社長の座を譲り渡されたり…な。

つまり、人生どこでどう転ぶかわからん…ちゅう話だな。

Q.高学歴で有能なオレ様だけど、何かビッグな仕事ある?

あ っ て も お 前 に 任 せ た く ね ー よ 。

失 敗 し た ら お 前 、 責 任 と れ ん の ?

…社会はイージーで適当かもしれんが、筋は通さにゃならんで。

何かでけえことしたければ、コツコツ積み上げて、機を伺うしかないんや…。

徳川家康もそれで天下とったんやで…。

虎視眈々

虎が獲物を狙って鋭い目でじっと見下ろすように、おのれの野望を遂げるため、じっと機会を狙っている様子。

出典:虎視眈々<猫のことわざ・故事成語・等

Q.8時間も働きたくない

時代がお前に追いついてないので、諦めろん。

とくに20代新人のうちは「残業したがらない奴」は嫌われる傾向にあるので、嫌でも「はい、よろこんで!(白目)」と言っておけ。

そのうち「仕事楽しいれす(^q^)」「は?残業ないの?ふざきんな!!もっと働かせろよ!!」「休日?有給?そんなもん必要ないね」「おい!今から社長室に殴り込みに行くぞ!!賃上げ交渉や!!」となったあたりで、社畜の矜持を味わえます。

んで、社内の評価が上がって仕事に慣れたあたりで、適当に手を抜け。それが大人のやり方や。

「効率が悪い…」
「残業するとか無能」
「プライベートの時間をもっと大事にすべき」

そんなことはみんなわかってる。

お 前 が そ れ を 変 え る ん だ よ !

どうしても8時間も働きたくないのであれば、派遣社員で妥協してどうぞ。

関連:残業が嫌なら派遣社員がオススメ!派遣社員が残業のリスクにイライラせずに済む理由とは?

Q.やる気が湧かない

無理にでも動けばいいんじゃないかな…。

関連:ニートがやる気を出すための方法!少しずつでもいいから前に進んでみよう!

Q.ハロワ怖い…

みんなが税金払ってくれるからハロワが使えるんやで。

「税金払ってないからニートはカス」みたいに言われているが、これから払っていけばええねん。

困った時は助け合いや。

Q.何もかもを滅ぼしたいぐらいに社会が憎い…

誰もが「明日、世界が終わったらいいのに…」と思うことはある。

「台風が来たら学校休みでうれしい!」みたいなノリで…ね。

関連:【情けない…】仕事で無能感をこじらせた奴にありがちなこと。軟弱者の実態がコレだっ!

Q.で、結局何すればいいの?

人材サービス会社を利用してみるといいんじゃないかな(無料)。

他人の助けを借りるのが一番やで。

あと、ハローワークね(無料)。

最悪、近くの店に「働かせてください!」と頼み込める分、割とまだどうとでもなるぞ、日本。

ソマリアなら生活に困ったら「殺してでもうばいとる」という感じだからな。

既卒・第二新卒・フリーター・ニート向けの人材支援サービス

最近は「日本の若者働かなすぎぃ!!!」と困った企業と、それに応えるべく事業を立ち上げた人材会社で、既卒・第二新卒(フリーター・ニート)をなんとか働かせようとする風潮が盛んになってきています。

ニートの私からすれば「やっと時代が私に追いついたのか…」という感じで、感無量。

要は「働きたくない若者VS働かせたい社会」の意地のぶつかり合いなんですよね。

仕事の本質とは「ただのケンカ」ですから。

これ、別に「最近の若者は~」とかじゃなくて、ずっと昔から「共産主義か?資本主義か?」とか「バカ殿が無能すぎて部下が苦労しまくり」とか「負けることわかりきってるのに戦闘機で突っ込まないとあかん」とか、人類が何度も何度も戦い続けてきた永遠に解決しない問題です(なぜなら、人は怠けたがる生き物だから)。

人材会社や企業側としては「おい、若者!頼むから外に出て、面談に来て顔ぐらい見せろや!話がまったく進まんぞ!」というのが本音なのですが(決して説教したり、騙したいわけではない)、立場的に「威厳と風格を保つ(要約:ナメられた困る)」ので、若者に頭を下げて「頼むから働いてくれ!」とは口が裂けても言えないわけです。

んで、そこらへんのクッソめんどくせえ人間心理や立場上の都合を調整するのが人材会社や私の仕事でありまして…まあ、なんというか「めんどくせえ性格してるのは君だけじゃない、実はみんなめんどくせえ性格してるんや」ということをお伝えしたいのです。

そういった「人間、割とみんなめんどくせえ」という事情をしっかり考えた上で、人材会社のサポートを受けて仕事を見つけ出してみればいいんじゃないでしょうか。

就職Shop

天下のリクルート様の運営する、既卒・第二新卒向けのサービスが「就職Shop」です。

関連:就職Shopの特徴と強みを徹底解説!リクルートグループ運営なのに結構ゆるめでビックリ!?

リクルートというと意識高い系のビジネスライクなイケ好かねえ感じがするんですけど、就職Shopはかなーり緩い印象です。

効率厨のリクルートがわざわざ既卒・第二新卒層向けに事業展開しているんですから、それなりにサポートは手厚い…はず。

事業所も全国展開しまくってますので、まずはここを使っておくといいでしょう。

DYM就職

株式会社DYMの運営する既卒・第二新卒向けサービスが「DYM就職」ですね。

関連:DYM就職の特徴と強みを徹底解説!第二新卒・既卒・フリーター層ならかなりオススメ!

株式会社DYMは急成長中のベンチャー企業で(実績や規模的には中堅どころ)、東南アジア圏への事業拡大にも精力的。

DYMに関しては、あんまり情報公開してないからなんとも言えないのですが、社風や会社の実績を見るに、やや効率重視・利益重視・ビジネスライクみたいな印象があります。

会社全体で「就活生・既卒・第二新卒」などを対象とした事業展開をしているので、求人内容や転職ノウハウ自体は安定しているかと思います。

他の人材会社と比べると、マイナビあたりに近いと思います(マイナビは広告展開が盛んですけど)。

ウズキャリ(UZUZ)

個人的にオススメなのは、UZUZ株式会社の運営する「ウズキャリ」です。

若手社長の率いるベンチャー企業なので、かなり最近の若者目線で運営している人材サービスです。

社風としては、良くも悪くも「最近の若手中心のIT系企業」って感じなので、親近感や人間性重視の人ならかなり合うサービスだと思います。

逆にビジネスライクな「無駄な会話とか要らんので、最速で転職成功させたい」という感じなら、あんまり合わないかも(そういう人は「DYM就職」とか、後述の大手転職エージェントがオススメ)。

ウズキャリの強みとしては、代表取締役自身が「就職するも挫折、その後うつ病期間を経て経営者に」という経歴を持つので、既卒・第二新卒向けでもかなり利用者目線になっています。

その証拠に、面談時間に1回あたり2時間もかけてくれ、人によっては合計10時間以上も費やしてくることもあるそうです。

ちなみにこのウズキャリですが、当サイトに直接広告掲載の依頼を頂いている人材会社でございます(つまり、今のあなたと同じで、中の人も意外とこのような低俗なサイトを見ているのだ)。

…という感じで、意外なところで仕事のつながりが生まれる可能性があるので、興味のある方は使ってみてください。

※当サイトの読者限定で、ウズキャリ様より「Amazonギフト券2,000円分」のキャンペーンの案内を頂いております。利用される方はぜひご活用ください。

・Amazonギフト券獲得の流れ

  1. 会員登録をする
  2. 本人確認の電話の際に【キャンペーンコード「uz20」】伝えていただく
  3. 面談後、3週間以内にAmazonカードをメールにて送付

ぶっちゃけ、これ「登録しても、その後連絡にも対応しないで、面談にもいかない人が多すぎ問題」の対策だと思うので、登録したらちゃんと連絡に対応して面談に行きましょう(実際、就職する・しないに関係なく)。

JAIC

ガチ営業支援特化兵隊育成人材事業が「JAIC」です。

関連:JAICの特徴と強みを徹底解説!ガチすぎる就職講座で社会人としての基礎が徹底的に身につく!

2週間に渡るハードな研修を経て、バリバリの営業マンを世に送り出す「体育会系ここに極まれり」な人材サービス会社ですね。

わかりやすく言えば「人材業界のビリーズブートキャンプ」という感じ。

「最近の若者は軟弱すぎて使い物にならん」という企業から大変評判がよく、独特のポジションを確立している模様。

…まあ「楽なお仕事です!」「ゆるーい職場です!」なんてイメージ商売で騙して過酷な現場に若者を放り込む手法と比べれば、時代が変わっても一切ブレないJAICには一種の好感すら覚えます。

JAICのいいところは説明会を定期的に全国区で行っているところで、研修がハードな一面、事前の説明会はしっかりやっているみたいです。

精神を鍛え上げ、新しい自分に生まれ変わりたい方は、使ってみるといいでしょう。

ハタラクティブ

関東圏限定ですがレバレジーズの運営する「ハタラクティブ」もあります。

関連:ハタラクティブの特徴と強みを徹底解説!経歴に自信のないフリーター・既卒・第二新卒でも全面サポートしてもらえる!

ハタラクティブは、どっちかというとIT会社の雰囲気が強く、やや効率重視な印象はあります。

ハタラクティブのいいところは「色んな挫折組」をサポート対象にしているところ(中卒まで対象としている)。

電話相談・Skype面談を使えば、関東圏以外の方でも利用できます。

既卒・第二新卒・フリーター・ニートでも使える転職エージェント

意外に思われるかもしれませんが、既卒・第二新卒・フリーター・ニートであっても、一般層向けの転職エージェントは普通に利用可能です(職歴なしの管理人でもガンガン求人届くレベル)。

…というか、人材業界および企業的には「20代の人材とか、そんなに変わりねーよ」という感じなので「経歴に傷があるから使えない…」みたいに思っているのは、完全に思い込みの類です。

関連:【2018年版】20代の転職事情まとめ。自分に合った転職情報が見つからない人は読んでおこう!

ただし、一般のキャリア層も対象としているため、社会経験ある第二新卒はともかく、既卒・フリーター・ニート層にとってはややハードルが高く感じるかもしれないので、そこらへんは自分の精神状態とか対人能力と相談して利用を検討しておきましょう。

…まあ、大手人材サービスには大手なりの良さやサポート内容に期待できますので、使っておくだけ得ですよ。無料だし。

リクルートエージェント

転職エージェントの王様といえば、リクルートエージェントでしょう。

関連:リクルートエージェントをオススメする7つの理由。転職活動未経験者でも簡単に内定のとれる驚きの事実とは?

リクルートエージェントに関しては、もはや「王道」としか言い様がありません。

総売上2兆円見えている天上天下唯我独尊リクルート様に、我々はひれ伏すほか、ないんですよ。

リクルートが「これが今年の就活マナーな!」と言えば、それがルールになるんです。

人材業界のジャイアンであり、徳川家康であり、モンキー・D・ルフィでもあるのが、リクルートのすごいところでもあり、怖いところ。

まあ「天下のリクルート様の力を借りて、ちゃちゃっと転職決めちゃいたい」という方であれば、まず間違いなく力になってくれます。

なぜなら、リクルート様にはそれだけの実績と影響力があるからです。

doda(デューダ)

転職エージェントの国内2番手が「doda(デューダ)」です。

関連:転職エージェントを使うならdodaが絶対にオススメな6つの理由

dodaも「王道」という感じで、いかにも日本的な人材会社です。

元は中堅企業だったので(今はパーソルグループ統合)、紹介求人も中堅どころが多い印象です。(大手の紹介もあるけど、多分客寄せオトリ求人)

カウセリング面に関しては評判がいいので、既卒・第二新卒層も使っておく価値ありでしょう。

というのも、分業制でカウンセラーが面談に集中しやすい環境にあるからだと思われます。

ちなみにdodaは総合転職サイト型ですので、エージェント制以外にも機能盛りだくさんで、使っておくだけ便利です。

求人メールが届きますが、スパムレベルで案内が届きます。

たくさんの求人情報が欲しい方であれば、登録だけでもしておくといいでしょう。

マイナビエージェント

若手向け人材サービスとしてブランド力があるのが「マイナビエージェント」ですね。

関連:マイナビエージェントの特徴と強みを徹底解説!20代~30代の若手・IT・WEB系勤務にオススメ!

マイナビはぶっちゃけリクルートのぱくりみたいな会社なのですが、若手向け・ネット情報の充実という点で、リクルートとの差別化が図られております。

マイナビの社風としては、大手だけどベンチャー気質+若手多めという感じ。

あと、求人傾向としては営業やIT系がかなり強い(自社が営業・IT・WEB領域担当しているから)。

ついでにマイナビエージェントは事業所展開もスピーディーで、今や全国区に拠点があります(ちょっと前は関東圏限定だった)。

まあ、マイナビのブランディング戦略にちょっと詳しい方ならおわかりでしょうが、良くも悪くもネット世代の若者目線に寄っているため、他の人材会社にイマイチパッと来ない方は使ってみるといいでしょう。

ただし、マイナビの発信する就活・転職マナーの「コレはダメ、アレもダメ」みたい書き方は選民思想入りすぎて、流石に擁護したくありません。…が、エージェントの事業内容とネット情報はまったくの別物なので、利用する場合はネット情報とは分けて考えましょう。

Spring転職エージェント(アデコ運営)

世界No.1の人材会社であるアデコが手がけるのが「Spring転職エージェント」です。

関連:Spring転職エージェント(アデコ)をオススメする理由。世界No.1転職エージェントの合理的な人材ビジネスの実態とは?

外資系企業ですので、根本的に日本の人材会社と経営方針や仕事の仕方が違うので、合う人には合うかもしれません。

中でも、担当者が「両面型コンサルタント」な点には注目。

これは、面談担当者がしっかり求人先企業に営業して情報を得ているので、日本の人材会社みたいに「他の部署の人の担当範囲なので、詳しいことはわかりません(すっとぼけ)」みたいな状況にはなりにくいです。

また、求人メールが読みやすい上に情報が多いので、その点もグッドですね。

ただし、日本の会社と比べると求人量は落ちる上、アデコ自体が「他の人材会社がカバーしていない範囲をフォローしている」という方針がありますので、国内企業と併用して使ってみるのがベターでしょう。

人材支援サービス(転職エージェント)に関するQ&A

既卒・第二新卒・フリーター・ニート向けの人材支援サービス(転職エージェント)に関しての不安や悩みを、Q&A形式にしておきました。

…イマイチ釈然としない回答もあるでしょうが、そこはまあ大人の事情ということで、察していただきたい。

転職エージェント全般に関するQ&Aはこちら→転職エージェント初心者向けのよくある質問!読んで登録前の心配を解消しておこう!

自分の職歴・経歴・学歴でも利用できる?

知らん。自分で問い合わせて聞け。

会社側の対応人員数や日程、あるいは経済状況にもよるので、その時々の「運」としか言い様がありません。

…が、人材会社としては一人でも多くの利用者と出会いたいはずですので、前向きに面談機会を設けてくれると考えていいでしょう。

とにもかくにも「行動してみなければ、わからない」ということは肝に命じておきましょう。

なんで無料なの?

法律で職業斡旋業はお金をとってはいけないと決まっているからです。

また、ビジネスモデルとしては「求職者を会社側に紹介すると成功報酬がもらえる」という仕組みがあるからです。

ここで勘のいい読者は「それ、適当に人材送り込めばよくね?」とお気づきでしょう。

しかし、人材会社としては「定着率の高い人材(=辞めないで長く続けてくれる人材)」を紹介しないと取引先企業からの信頼を失いやすいというジレンマを抱えております。

…このジレンマについては、人材会社の社風や担当者の能力次第ですので、まあこれも「運」と言うほかありませんね。

結局、どの会社が一番いいの?

ぶっちゃけ、担当者ガチャなので一概にどうとは言えません。

ネットで「この会社が一番良かった!」と言っている人がいても、それは単に担当者が良かった+そいつが宝くじでも当たって聖人君子のような精神状態になっていた可能性は否定できないわけでして、同じ会社でもクソみたいな担当者に当たる可能性はあるわけです。

つまるところ「※個人の感想なので、実際の効果には差があります」としか言えないのです。

恋愛で言えば「最初から理想のパートナーを狙うか?」「ちょっとずつ経験を積んで理想に近づくか?」という感じですが、ぶっちゃけ前者は99.99%ぐらい無理です(だってその”理想”に一致する人物存在しないんだもん)。

結局は「クソの中から一番マシなクソを選ぶ」しかないのですよ。

ブラック企業ばかり紹介されるんじゃないの?

世の中の仕事なんて全部クソです。

クソの中から一番マシなクソを選びましょう。

…そもそも「働いてみるまでは、本当にブラックかどうか判断できない」ので、そこは自分の判断能力を信じるしかないでしょう。

最後に信じられるのは「自分だけ」です。

ネットで悪い口コミの多い会社があるんだけど?

あなたは信じたいものを信じる権利がありますし、信じたくないものを信じない自由もあります。

悪い口コミの多い人材会社で転職を成功させている人もいますし、そうじゃない人もいます。

…その差は、なんでしょうか?

そういったところにまで考えをふくらませてみるのも、仕事選びで間違えないための秘訣でしょう。

担当者に説教されない?

まともな社会経験があれば、開口一番、見知らぬ相手に説教することはない…と思います(たまにしてくる奴いるけど)。

…が、世の中には色んな人がいますし、人間とはその時の感情で動くものです。

説教されない可能性がゼロとは言い切れません。

そういうリスクも踏まえ「いい社会経験になる」と考えてみてはいかがでしょうか。

人材会社の人と関わるのが怖い…

ガチの引きこもり(家族や知人とすら会話しない)というレベルであれば、メンタルヘルス面からどうにかした方がいいかもしれませんね。

参考リンク:みんなのメンタルヘルス|厚生労働省

心の問題は、人材会社のカウンセラーでも対応しきれない問題になりますし、精神医学の分野にもなってくるので、私もあーだこーだ言えません。

心療内科の利用を検討してみたり、対人関係療法から実践してみるのもいいかもしれません。

曲がりなりにも転職活動は「ビジネス」ですから、最低限の精神状態や健康状態を整えて臨むことも「礼儀」のひとつでしょう。

ハロワと人材会社、どっちがいいの?

一長一短です。

人材会社はハマればWIN-WINの関係になれます。

一方で、ハロワは誰でも利用できる分(求職者・企業共に)、色んな意味で「玉石混交」になりやすいです。

唯一、ハローワークが明らかに優れている点を上げるとすれば「職業訓練から就業までの社会支援」をバックアップしているところです。

ちなみに企業目線で考えた場合「ハローワークは求人掲載無料」「人材会社は成功報酬型」という性質を踏まえておくと、また違った側面が見えるのではないでしょうか。

最後に:読者へのメッセージ

働こう!!