【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

本気の奴は群れない”孤高の美学”。優秀な人ほど孤独で成功する法則とは?

「自分は孤高の天才だと感じる」
「自分は孤独を愛している」
「本気の奴は群れないと思う」

このページに訪れる読者は、このように内心で燃えくすぶっている”静かで熱い何か”を心に秘めているのではないでしょうか?

世の中は一見すると、人当たりの良い人気者や派手で目立つ人がもてはやされ、そういった人物が「天才」「優秀」だと称されることがあります。しかしながら、真の天才は死んだ後に評価されるような大衆からは理解されない功績を残したり、あるいは社会的に成功を納める者は孤独で目立たない生活を好むなど、世間のイメージと実態がかけ離れていることは、よくある話です。

人は生きる限りは本質的には「孤独」です。

その場しのぎで「わかり合えたフリ」をしても孤独は埋まらないものですが、それで何かを埋めて満足し、安易に周りに流される人は実に多いものです。一方で孤独の重さに耐えたり向き合える人は、自分の中の価値観や世界観が明確になり、周りに流されない確固たる信念や軸を見つけ出すことができます。

本記事では、そんな孤独を恐れない方々に向けて、孤高の存在としてより高みを目指すための考え方やヒントをお届けしていこうかと思います。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

孤高な人の特徴とは?

私が孤高な成功者と接してきて、発見してきた特徴をまとめています。

孤独を愛せる:一人の時間が苦にならない

孤高な人は、孤独を愛することができます。

「寂しいという感情がない」
「1人でいることが苦にならない」
「他人と関わることは最低限でいいと考えている」

このように「他人と関わることに価値を感じない」という人が多いです。

無意味な馴れ合いや集団行動を嫌い、1人で行動することを苦と感じません。

日本は学校や部活などで「集団行動が大事」と学びますが、孤高な成功者は集団行動を鼻で笑っているところもあります。

なぜ、孤高な人はそのような考えに至るのでしょうか?

「1人で何も成し遂げられないような人間が集団になったところで、大きな成果は出せないからだ」

この世の大原則を、知っているのです。

そして、こう答える人もいました。

「人間、最後は1人で死んでいくものだ。孤独とは死ぬまで付き合わないといけない」

つまり、孤独を愛し克服することこそ、人間として成長していける条件なのです。

他人よりも”知識”から学ぶ

孤高な人は、決して安易に「他人から学ぶ」ことはしません。

なぜなら、世の中の9割以上の人からは「何も学ぶことはない」からです。

たとえば、学校で教え方の下手な教師や、大した価値観も考えも持たない同級生など、何一つ学べることはありませんよね。

しかも、日本は飛び級がないので、授業内容を瞬時に理解しても、周りのペースに合わせないといけません。

そして、社会に出てもそれは変わりありません。

縦割り組織の多い日本の企業では、上司や同僚から何も学べないことも十分ありえるのです。

その上、人間的に尊敬できない器の小さい上司ほど、偉そうに振る舞う。

ゆえに、孤高な人は「周りの他人よりも”知識”から学ぶ」わけです。

かのドイツの鉄血宰相ビスマルクも「愚者は経験から学ぶが、賢者は歴史から学ぶ」と言い残しています。

現実的に考えて、国内の上流階級が高学歴の知識人・教養のある人間が多い事実から考えても、知識から学ぶ人間が成功しやすい事実は明白でしょう。

一方で孤独に耐えられない人は群れることを好み、その上自分と似たような境遇の人間と傷の慰め合いのような付き合いをします。

下の階層の人間とは深く付き合わない

孤高な人は、下の階層の人間とは深く付き合わないという特徴があります。

孤高な人が下の階級との付き合いを避ける理由

  • 低学歴の学校で下品な感性が身につかないよう、私立・難関校に通う
  • 安い感性が身につかないよう、低俗な店(大手小売など)には極力行かない
  • モチベーション維持のため、向上心に欠ける人間とは関わらない

成功者には「自分を高めるための努力の一環」として、下の階級との付き合いを避ける傾向があります。

なぜなら、人間の時間は有限で関わることの出来る人間の数も限られているため、現実的に「関わる人間は選んだほうがいい」という判断をするべきだからです。

そして、周りが自分よりも下の人間ばかりであれば、独りでいた方がよほどマシというものですよね。

そのため、孤高な人は「周りに付き合うべき人がいないから、自ら孤独を選んでいる」という事情もあります。

ただし、社会的に成功してからは様々な人と交流を持つ人も多く、私が関わった”孤高な成功者”というのも、その類の人がほとんどです。

それには「自分が成功した分を社会に還元する」「後進育成のため」といった意図もあり、決して馴れ合いを意味しません。

本当に孤高な成功者は「他人をより高みに導くことができる”真のリーダー”」になれるということです。

他人の評価をなんとも思っていない

孤高な人は、他人の評価を一切気にしません。

それはなぜか?

自分自身の判断基準や確固たる信念を持っているからです。

一方、孤独に耐えられない人ほど「世間体」「社内の評価」「身内からの評価」を気にします。

なぜなら、人に見限られてしまうのが怖いからです。

ところが、孤高な人はもともと他人に期待していない上、孤独にも耐えられるため、他人の評価にとらわれることはありません。

遥か虚空を見ている

孤高な人は、目先の利益や状況に気を取られることありません。

常に先を見て物事を考えているため、傍から見れば「遥か虚空を見ている」と感じることもあります。

一方で、孤独に耐えられない凡人ほど、目の前の相手との会話に気を取られ、些細なことを気にしてしまうものです。

比喩抜きで「100歩先を読んでいる」「10年後の未来を見通している」「すべて想定内」というレベルで先を見据えているのが、孤高な成功者の思考なのです。

大事なことは他人に相談せずに決断する

孤高な人は群れることを嫌う上に、重要なことは一切他人に相談しないで実行するため、傍から見て「理解不能」「一貫性がない」と思われがちです。

では、なぜ相談しないかと言うと「どうせ反対される」「どうせ相談したところで答えは得られない」とわかりきっているからです。

実際問題、世の中には相談してみても「違うんだよな~」「そうじゃないんだけどなあ…」という答えしか返してくれない人も多いですよね。

ですので、相談するだけ無駄だと孤高な人は悟るのです。

如何に知音を持つとも、
頼まずに只我が身一つと心得べし

(いかに親友を持とうとも、己の身のみを頼りに事に当たれ)

鍋島直茂「名将言行録」

他人を頼らずに事を成し遂げる力がある

孤高な人が持つのは「他人を頼らずに、己の力のみで事を成し遂げる」という能力です。

日本では、多くの人が組織や国、あるいは誰かの提供するサービスや商品を利用しなければ、生きていけない人間が9割以上です。

たとえば、困ったらすぐに他人に相談したり、誰かに聞いて解決しようとするのは「他力本願」と言うべき、孤高からもっとも遠い存在です。

一方で、孤高な人は「まずは自分で考え、実際に試してみて、それでも無理だとわかれば他人に相談する」という考えで生きています。

…今の日本に、これが当たり前に出来ている人間は、果たしてどれぐらいいるでしょうか?

ネットで簡単に「答え」が得られるようになり、簡単に人とつながれる時代だからこそ「誰にも頼らない孤高な人材」の価値はより高まっていくのです。

優秀な人ほど孤独を好む理由とは?天才が群れない心理

優秀な人や天才肌の人ほど、孤独を好み、群れることを嫌います。

「なぜ自分は他の人と違っていつも孤独なのだろう?」
「誰かと一緒にいてもなんだか浮いてしまう…」

このように孤独を感じることが多いあなたも、もしかしたら実は「優秀な人」「天才」と呼ばれる素質を秘めているのかもしれません。

ここでは、なぜ孤独な人が優秀であるか、もしくは天才であるのか、その理由や心理について紹介していきます。

上に行くほど孤独になるから(出世すると孤独になるから)

「孤高な人がなぜリーダーの資質を持っていると言えるのか?」

この疑問を持つ方も少なくないでしょう。

リーダーというのは、学校のような環境生ぬるい環境での「生徒会長」や「校長」、あるいは実現もできないマニフェストを掲げてうるさくあいさつ回りしておけばいいだけの「政治家」など、典型的なリーダー像と実は異なるものです。

社会での「リーダー」の役割は、学校の中でのリーダーよりもはるかに複雑の業務に対応する専門性や実務経験、そして相応の重責が伴います。

時に、常識や会社のルールに背く判断をしなければなりませんし、周りに嫌われることも厭わない冷酷かつ現実的な判断力も求められます。

これは周りに合わせてルールを守るだけしか能がない「普通の人」「馴れ合いでしか居場所を確保できない人」では、到底務まらないと言えるでしょう。

現に、日本の社会の中ではリーダーポジション(管理職/マネージャー)になっても、

  • 何一つ自分で決断できない
  • 上層部や部下の顔色を伺ってばかり
  • 自分の軸がないのですぐ前例を欲する
  • 都合が悪くなったら責任を取らずに言い訳して逃げる

など、今一つ頼りなく、実行力にも欠ける「名ばかりリーダー」であふれかえっています。

このようなリーダーの役割は、周りに合わせるだけで世渡りしてきた人物でなく、真に優れた能力や才覚を持つことの多い孤高な人間にこそ求められるものです。

孤高な人は、たとえ自身が望んでいなくても、人付き合いが好きでなくても、その天賦の才能によってリーダーのポジションに「宿命的」に選ばれてしまうものです。

また、上に行けば行くほど、その苦悩は理解されないことが多くなります。

程度の低い仕事の愚痴を飲み屋で吐き出すだけで発散できる呑気な平社員と違い、自分の真の理解者や、困った時に本当に頼りになる人物も少なくなるものです。

その意味でも、上に行けば行くほど、その孤独は深まっていき、それに耐えうる精神性が求められるのです。

まともな人やいい人ほど実は孤独

意外に思われるかもしれませんが、一見すると社交的に見える「まともな人」「いい人」ほど、実は孤独だと感じているケースもあります。

大人になり社交性を身につけていく中で、好きでもない相手にお世辞を並べなければならない瞬間や、建前をつらつらと並べて自分を偽らないとならない場面は増えていきます。

しかし、そうした社交性を身につけていくことで、人々の偽善や裏の顔を敏感に察知したり、あるいは自分自身がそのような振る舞いをしている事実に孤独を感じます。また、そのような社交術が身につくに連れ、他人との心の距離を常に感じ、真の関係性を築くことが難しいと感じることも増えてきます。

  • 誠実さゆえの孤独:人々の偽りを見抜くため、信頼を置くのが難しい。
  • 浅い付き合いが得意がゆえの孤独: 表面的な関係に物足りなさを感じる。
  • 高い道徳観がゆえの孤独: 妥協を許さず、価値観が合わない人との関係を避けることが多い。
  • 感受性の高さゆえの孤独: 他人の感情や考えを敏感に察知し、自身の内面と比較することが多い。
  • 包容力があるがゆえの孤独: 他人を受け入れるが、その逆が難しい場合がある。「感情をぶつけ合える相手がいないがゆえの孤独」とも言い換えられる。

社会的のコミュニケーション能力が高くなるにつれて孤独は深まり、また、道徳の低い人や感情を制御できない人に世話を焼かなければならない場面が増えるなど、他人より理解されない苦悩が増えることが多くなるかもしれません。

本気の奴ほど群れないから

有名な剣豪である宮本武蔵が残した著書「五輪書」には「一道万芸に通ず」という格言が残されています。

これは、1つの道を極めることで他の様々な分野への理解や技術も向上するという教えを表しており、生涯に渡って剣技の道を極めながらも教養にも優れていた宮本武蔵らしい言葉と言えます。

もし、何かの道や専門家を極めようとしていたり、人生で達成したい目標や実現したい理想があるのなら、余計な人間関係や世間体に関心を持つ時間も余裕もありません。

情熱を持って何かに取り組む人は、その目標に対する熱意から、他の多くのことを二の次にする傾向があり、孤独の寂しさと引き換えに以下のような資質を発揮します。

  • 高い集中力を発揮するための孤独:一つの目標に集中するため、他のことには目を向けない。
  • 専門性や技術を身につけるための孤独:自身の価値観や基準が高く、それに合致する人を求める。
  • 限られた時間を上手く使うための孤独:本気で取り組む活動に多くの時間を費やすため、他の社交に時間を割く余裕がない。
  • 独自の視点を保つための孤独:他人とは異なる視点や価値観を持つため、共感を得にくい。
  • 強い信念を貫くための孤独:自身の信念を曲げず、それに合わない人との距離を置くことが多い。

これらの力を発揮した結果、馴れ合いを避けたり、あるいは普通の人が対人関係や手段での規律を守らなければ維持できない収入や社会的地位を、実力や技術を磨き専門の道を極めることで、キャリアとしても「スペシャリスト」「プロフェッショナル」と呼ばれる存在となります。

能力の高い人や賢い人ほど他人や世間と距離を置くから

能力の高い者や賢者ほど「常識を作る側はなく新しいルールを作る側」という立場に立たされます。

たとえば、エリートとして有名大学から官僚となった人物は政府や政治に関わり国の方針を決める側に立ちますし、いわゆる「流行」を作る人物は大手広告代理店やマーケティングなどに携わります。

あるいは、最近の就職人気の高いコンサルティングの仕事も、既存のルールを守るしかできない企業に新しい事業戦略を導入する仕事として極めて需要が高い状態となっています。

こういった「能力の高い人」「賢い人」に分類される人物は、一見すると常識的な態度でルールを守るように見えますが、時にルールを破る大胆を持ち合わせたり、ルールを守っている素振りを見せながらルールを変える動きができるなど、真の意味で「常識やルールに支配されない存在」です。

例として、多くの国の文化や価値観の根幹に位置する「宗教」も、歴史的に見て、支配者の都合の良い形で民衆を統治するための「道具」でしかなかったですが、支配階級となる賢者ほどその性質をよく理解し、時に民衆運動のために用いてたほどです。

このような洞察力を持つためには、常識やルールをよく理解した上で、ただそれを守るだけではなく、どのように運用し、どのように人をまとめるために用いるか、考える必要があります。

そのため、ただ「上が決めたことに従う」「ルールだから守る」という浅い考えだけで生きている人物らと考えが合わずに、孤独を感じる機会が増えてしまうのです。

また、そういった「社会の仕組み」や「裏のルール」を知るにつれて、周囲の人間に安易に話せない思想や価値観も増えてきます。

その結果、自己防衛として、自分を世間との距離を置いたり、不要に不特定多数に関わらないなど、自分を孤独な状況に置くという合理的な判断をすることもあります。

孤独な人ほど成功する?孤高な人が成功者になれる理由とは?

「ひとりでいることに安らぎを感じる」
「人と違う意見を持つことに抵抗がない」

そんなあなたは、孤高の人特有の強みを持っているかもしれません

孤高な人は、成功者になる素質を秘めています。

というのも、現代の成功者から過去の成功者などを見てみても、多くの人が「孤高の時期」を乗り越えてきているからです。

逆に孤独に耐えられず、周りと馴れ合っている人ほど「人間関係に恵まれている」ことに満足し、成長が止まります。

人間関係は時としてプラスになりますが、付き合い方を間違えれば”害”にも変わり得るのです。

成功者はそういった「人間関係の本質」を理解し、あえて孤高の道を選んでいる人が大多数です。

もし、今この記事を読んでいるあなたが”孤高”を自負するのであれば、間違いなく「成功者の素質」を秘めていると言えます。

孤高な人たちは、他者とは異なる彼らだけの特徴で世界を独自に捉え、そこから数多くの成功を手に入れています。それでは、孤高な人がなぜ成功へと導かれるのか、その理由を詳しく探っていきましょう。

  • 圧倒的集中力と生産性:孤高な人は、外界の干渉を受けることなく、タスクに没頭することができる。これにより、効率的に高い成果を出すことが可能です。
  • 常識に支配されない独自の視点と思想:他人の意見や世間の常識に囚われることなく、自分の信じる道を進むことができます。これにより、新しいアイディアや独創的な方法を見つけることができる。
  • 高い向上心と成長意欲:孤高な人は、自分の能力や知識を増やすことに飢えており、絶えず学び続ける姿勢を持っています。
  • 高い感受性と創造性:孤高な人は、自分の感じたことや考えたことを深く噛み砕き、それを独自の作品やアイディアへと昇華させることができます。
  • 確固たる自分の信念を重んじる:何事にも揺るがない強い信念を持つことで、困難な状況でも自分の道を歩み続けることができます。

孤高な人たちは、これらの特質を武器に、数多くの分野で圧倒的な成果を上げています。それでは、具体的にどのような行動や習慣が彼らの成功を後押ししているのでしょうか?次のセクションで詳しく解説していきます。

孤高な人がより良いキャリアを送るためのヒント

ハッキリ言って、日本には「周りに合わせる人」「常識にとらわれている人」があまりに多すぎます。

孤高であることに不寛容な社会が、依然として続いているのです。

そして、本来自分の歩むべき道を、しょうもない世間体や常識のせいで断念し、諦めてしまう人も多い。

たとえば、本当は自分の挑戦したい道があるはずだろうに、安易に「大企業勤め」「公務員」という安定した人生を送る大学生が多いことからも、それは伺えます。

このサイトに訪れた読者には、安易にそういった生ぬるい生き方をしてほしくない。

ぜひ、自分の孤高さに誇りを持って、己の歩むべき道を探し出してみてください。

孤高な生き様を貫くのであれば転職も考えておくと良い

多くの企業や人が「周りに合わせるだけが人生だと思っている」「常識を疑うことなく意味のないルールを信じている」のは、今回ご紹介した通りです。

しかし、そういった環境に居続けては、自分の個性が埋もれて孤高な性格の強みが潰されるばかりか、ついには同調圧力に屈し、自分の本来の才能や適性を活かせることなく、本当にやりたいことも挑戦することもない人生を送り、死ぬ間際に後悔してしまう結果になりかねません。

そのような後悔の多い「周りやその場の空気に合わせるだけの流される人生」から脱却するためには、人生の中心となる仕事で結果を出せる環境に属したり、働きやすく満足度の高い会社組織で充実感を持てることが重要です。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

自己啓発
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました