国際開発コンサルトになるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

開発途上国などに対するODA(政府開発援助)事業を行う際、途上国政府と日本政府の間に立ち、高度な専門技術と経験からプロジェクトに対するアドバイス提案を行ない、中立的な立場で援助プランを推進していくのが国際開発コンサルの仕事である。
世界のさまざまな現場で活躍する国際開発コンサルとになるには、海外開発援助に携わる官公庁や国際協力機構(JICA)などの事業に参画する民間の海外開発コンサルタント企業に入社する方法がある。
そうした企業に採用される人は、土木や建築、農業、電気など、開発に必要な専門的知識を大学院で学んだ人や、JICAなどの援助実施機関での業務経験者がほとんどだ。
外国でスムーズに意思疎通ができるだけの語学力も求められることはいうまでもない。

お金に関する仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました