細かいことに気づく人に向いてる仕事16選

細かいことに気づく人にとって、この世には細かいことを無視して進められるいい加減な仕事や無頓着で鈍感な人が多いと感じ、仕事で過剰なストレスを抱え、悩んでいるのかもしれません。

ですが、世の中には細かいことに気づく人の性質を活かせる仕事はたくさんあります。たとえば、修理工や整備士のような細かい見落としが重大な事故につながる仕事では細かなことに気づける能力がとても重要になってきます。

細かいことに気づける人は「他人が見落とすような重要な見落としに気づける」という強みを持つので、品質管理に関する仕事や分析が必要な仕事では高いポテンシャルに期待できるはずでしょう。

大切はことは、まず自分の性格をよく理解した上で、どんな仕事が自分に合っているのかをしっかり調べて、求人情報や面接を通して自分に合っているかどうかを見極めていくことです。

そこで当記事では、細かいことに気づける人に向いてる適職をいくつかご紹介した上で、実際に自分に合った仕事を見つけ出すためのコツや方法まで、合わせてご紹介していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

細かいことに気づく人に向いてる仕事【解説付き】

細かいことに気づく人に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • 校正者
  • 編集者
  • ゲームデバッガー
  • 財務専門官
  • 探偵
  • 清掃員
  • クリーニング師
  • 地上機体誘導員
  • 遊戯施設整備士
  • 家電修理工
  • 麻薬取締官
  • 義肢装具士
  • スポーツドクター
  • ホテリエ
  • 家政婦
  • ピアノ調律師

誰かが作ったものをチェックして品質管理を行ったり、メンテナンスに関わる仕事であれば、細かいことに気づける人に向いてる可能性が高いです。

校正者

校正者の仕事は、文字の間違いや原稿内容の疑問点、書体、デザインの組み方などをチェックする仕事です。近年はパソコンによるデータ入稿が主流になっており、内容に問題ないかを確認する「校閲」の要素が重視されるようになっています。豊富な知識と語彙力や、限られた時間内で作業をする集中力が必要な職業だと言えます。

校正者になるには、まずマスコミ関連の専門学校で、編集や校正記号、印刷の知識を学ぶといいでしょう。校正者としての技能を認定する資格もあるので、通信教育や夜間のクラスで学習し、資格取得を目指すのもありです。

人の書いた文章を客観的な目で間違いを指摘する作業になるため、細かいことに気づく人に向いている職業だといえるでしょう。

編集者

編集者が扱う出版物としては、辞書や絵本、文芸書、趣味や実用書、漫画や大衆誌、専門誌や写真集などがあります。企画が通れば、作家やライター、漫画家に原稿を依頼し、でき上がった作品を取りまとめ、印刷所に印刷してもらうために原稿をまとめたデータの入稿手続きや校正作業を行なうのが仕事です。

書籍の制作も現在ではIT化が進んでおり、作家やライターのほとんどはパソコンで原稿を書くようになっているため、編集者もパソコンのワープロ機能を使いこなせなければなりません。また、誌面をデザインし、レイアウトする作業もパソコン上で行なうDTP(Desktop publishing) 作業と呼ばれており、それらの理解も必要となります。紙媒体としての出版のほか電子出版も増えており、書籍の電子化に対応する知識や能力も必要となります。多くの読者に読まれる本をつくるという点では編集者の本質に変わりはありませんが、時代とともに求められるスキルは変わりつつあります。

編集者になるには、出版社や編集プロダクションに入社しましょう。企業によっては、ライターを兼任し、自分で取材をして原稿を書く場合もあります。経験を積んだ後、フリーランスの編集者として働く人も多くいます。

本が印刷される前に重要な見落としに気がつける細かいことに気づく人に向いてる職業だといえるでしょう。

ゲームデバッガー

ゲームデバッガー仕事は、ゲームをプレイして予期しない不具合(バグ)が発生しないかを確認していく仕事です。たとえばロールプレイングゲームなどの場合、オープニングからエンディングまでストーリーや会話がつながっているかも、ひとつひとつチェックしていきます。そのほかにも、ゲームキャラクターが不自然な動きをしないかなども細かく調べたりするのです。普通にゲームをプレイして動作チェックするだけでなく、通常プレイしないような操作をしても不具合が起きないかどうかも確認しなくてはなりません。

ゲームデバッガーになるのに特別な知識や訓練を積む必要はありませんが、どんなゲームも楽しくプレイできる好奇心があり、地味な作業を長時間こなす集中力と忍耐力は必要とされます。ゲーム会社内でデバッグを行なうこともありますが、ほとんどの場合は専門のデバッガー会社に依頼しています。そういった企業のアルバイト募集情報を確認してみましょう。

ゲームをプレイしながら細かいバグを見つける必要があるため、細かいことに気づく人に向いてる職業だと言えます。

財務専門官

財務専門官は、国の予算や決算のチェックを行なったり、国有財産の管理、金融機関の検査などが主な仕事となります。勤め先は財務省の出先機関である財務局で働くことになります。

財務専門官の受験資格は年齢制限があり学歴も求められるため、やや難易度は高めです。試験に合格して採用されると財務事務所に配属されることなります。

就職後は、国の施策をの企画・立案する業務や地域と密着したさまざまな業務に携わり専門性を高めながら、財政・金融のプロとしてスキルを磨いていきます。

財務に関する仕事では細かな管理項目や見落としのチェックも生じるため、細かいことに気がつく人に向いている職業といえるでしょう。

探偵

探偵の仕事は、浮気やストーカーに関する素行調査、企業・個人についての情報収集、家出や失踪をした人の所在調査などを行ないます。警察には民事不介入の原則があって刑事事件しか捜査できないため、民事事件に関わる依頼が仕事の多くとなります。ただ、日本の法律では、現行犯であれば誰にでも逮捕する権利があるので、探偵は必要とあれば警察の役目も果たします。

探偵になるには、探偵社が設立した養成所などで学んだのち、その探偵社へ入社するのが一般的です。探偵として一人前になるには、なんといっても現場での経験を積むことが大切です。張り込みや尾行の際には、忍耐力はもちろん、体力や集中力が必要となります。また、法律に則って調査を遂行するため、法律に関する知識も必要です。

何より重視したいのは依頼者に信頼されることです。他人に知られたくない内容の調査をすることが少なくないため、依頼者の信頼を得るための接客術も欠かせない要素といえるでしょう。調査結果は文書で報告することがほとんどで、事務作業にも多くの時間を使います。ドラマのように華やかな職業ではなく、実際には相当地味な仕事です。

地道な調査や報告が大事になるため、細かいことに気づく人に向いてる職業だといえるでしょう。

清掃員

清掃員には、ビルやオフィスの床面・ガラス・外壁などを清掃する「ビル清掃作業員」、バキュームカーを利用してし尿の回収を行なう「し尿処理作業員」、廃棄物の収集・動物の死体処理・道路などの清掃や洗浄を行なう「衛生職員」、死亡現場の清掃と遺品の整理・処理やゴミ屋敷の清掃などを行なう「特殊清掃員」などがあります。

清掃員になるには年齢や経験不問で、若手から60代以上とさまざまな人が働いているいます。人がやりたがらない環境での業務であるためか、アルバイトでも給料や待遇がよい会社もあり、意外な穴場求人も見つけられるかもしれません。

普段は見落としがちな場所も掃除する必要があるため、細かいことに気づく人に向いている仕事の一つです。

クリーニング師

クリーニング師とは、公衆衛生および洗濯処理に関する専門知識をあわせ持ったクリーニング店の管理責任者のことです。クリーニング業法では、クリーニングの取次のみを行なう店舗を除き、1人以上のクリーニング師を店舗に置かなければならないと定められています。

クリーニング師の働き方としては「自らクリーニング業を開業する」か「クリーニング専門工場に就業する」場合とで分かれます。

大規模なクリーニング工場で働く場合、分業化が進んでいるためおりそれぞれの担当に分かれて作業を行なうことになりますいます。クリーニング工場では機械化が進んでいますが、衣類の高級化や多様化に伴い、より専門的な技術も要求されます。

クリーニング師になるには、各都道府県で行なわれる「クリーニング師試験」を受ける必要があります。
繊維の種類はもちろん、汚れの種類を見分けられるような細かいことに気づく人に向いている職業といえるでしょう。

地上機体誘導員

地上機体誘導員は、別名「マーシャラー」とも呼ばれています。マーシャル (marshal)とは「所定の位置につかせる」という意味で、空港の滑走路などで安全を確認しながら、定位置まで飛行機を誘導するマーシャラーは、ライトスティックやパドルといった道具を手に持ち、パイロットに見えるようにサインを出しながら誘導します。サインには「右旋回」や「左旋回」「停止」などがあります。また、飛行機だけではなく、ヘリコプターに対しても、吊り下げた荷物を機体につなぐためのホバーリング誘導やヘリポートへ着陸するための誘導なども行ないます。

夜勤があり、不規則な勤務形態なので、体力や健康管理がきちんとできる人が望まれます。また、誘導を間違えればその後の運航に支障をきたすため、責任感も必要な職業です。

地上機体誘導員になるには、エアポート・サービス科などがある専門学校へ入学して、航空会社やハンドリング会社に就職する方法が一般的です。

飛行機やヘリコプターの動きをしっかり確認しながら適切に誘導する必要があるため、細かい動きや変化にも気づく人に向いている職業といえるでしょう。

遊戯施設整備士

遊園地などにあるジェットコースターや観覧車といった遊戯施設を整備し、安全に運転できるように保守するのが遊戯施設整備士の仕事です。大型のテーマパークなどでは、スタッフの整備士が日々の点検や整備を行なっている一方で、専門性の高い遊戯機械はメーカ一に保守や点検を外注しているため、遊戯施設整備士の主な就職先は遊戯施設のメーカーか、遊園地などの施設となっています。

近年では遊戯施設も高度化・複雑化が進み、コンピューターで制御されている遊戯機械が増えているため、遊戯施設整備士になるには、機械や電気分野ばかりでなく、電子分野の知識や技術を持つ人材が求められています。高校や大学でそれらの分野を学び、就職するのが一般的です。

小さな故障の見落としが大事故に繋がってしまうため、細かいことに気づく人に向いている職業といえるでしょう。

家電修理工

家電修理工は、ユーザーの依頼を受けて、不具合の生じた家電製品を修理する技術者のことです。家電販売店やメーカーのサービス部門・修理部門などで、販売後のアフターケアとして、家庭用の電気機器や電子機器を修理するのが仕事となります。また、ユーザーの誤操作で故障や不具合が発生するケースも多く、修理とともに正しい使いかたをわかりやすく説明します。

資格は必要ではありませんが、電気機器や電子機器の知識と専門技術が求められるため、高校や大学で工学系、とくに電気や電子関連の勉強をしておくと就職に有利です。近年は家電製品自体が高度化・精密化してきているため、就職後も常に最新の知識と技術を吸収していく姿勢も必要となります。

電子機器の修理という精密さが必要とされるため、重要な見落としも気がつける細かいことに気づく人に向いてる職業だといえるでしょう。

麻薬取締官

近年、大麻や違法薬物の使用が大きな社会問題となっていますが、その問題解決に正面から挑んでいるのが麻薬取締官です。彼らは厚生労働省の麻薬取締部に所属し、刑事訴訟法に基づく特別司法警察員としての権限を持っており、薬物乱用者や暴力団などの薬物犯罪に関わる捜査や情報収集活動を行なっています。

麻薬取締官になるには、大学で薬学や法学を学んだ後、国家公務員試験一般職試験に合格、または薬剤師の資格を取得した上で厚生労働省麻薬取締部の採用試験に合格しなければなりません。一方、警察庁の薬物銃器対策課も薬物犯罪を取り扱っており、合同捜査をすることもあります。

表情や話しかたなど微妙な違いにも気がつける細かいことに気づく人に向いてる職業だといえるでしょう。

義肢装具士

義手や義足をまとめて「義肢」といい、身体の機能の衰えた部分を補ってくれる器具を「装具」と呼びます。義肢装具士は病院や義肢装具製作会社に所属し、医師の指示のもと、事故や病気などで手足を失った人や身体に障害のある人のために義肢装具を製作します。

義肢装具士になるには、高校卒業後、義肢装具士科を持つ医療系専門学校などで3年間の課程を修了することによって国家試験の受験資格を取得した後、「義肢装具士試験」に合格する必要があります。主な就職先は、民間の義肢装具製作所やリハビリテーションセンターなどになります。

人の身体の動きは複雑である上に、人それぞれ動きにも個性があるため、その人にあった義肢や装具を作るためには何度も細かな調整が必要になります。わずかな動きの違いにも気がつける細かいことに気づく人に向いている職業といえるでしょう。

スポーツドクター

スポーツドクターは、選手の健康管理をはじめ、スポーツ障害や外傷の診断・治療・予防研究、競技会などにおける医事運営ならびにチームドクターとしてのサポートにあたるのが仕事です。その内容は幅広く、オリンピックに出場するような競技者の健康管理から、市民の健康スポーツに関するアドバイスまでさまざまとなっています。また、スポーツ医学に関する職業として、最近注目されているのがストレングスコーチやメンタルトレーナーです。ストレングスコーチは、選手の筋力・パワー・筋持久力のみならず、スピード、バランス、コーディネーションなどの筋機能が関わるすべての体力要素に不可欠な能力を高める手助けをするのが主な役割となっています。一方、メンタルトレーナーは、心理学をベースにして選手の精神力(メンタル面)を向上させ、目的達成へと導くのが主な仕事となっています。スポーツ選手をはじめ、緊張や不安を抱えながらも目標を達成したいと考えている人を心身両面からサポートする役割を担っている。

スポーツドクターになるには、医師である以上、医師国家試験に合格して医療免許医師免許を取得しなければなりません。

選手のちょっとした普段との動きの違いにも気が付ける細かいことに気づく人に向いている職業といえるでしょう。

ホテリエ

ホテリエとは、ホテルの経営者やその従業員を指す呼び方で、ホテルマン (ホテルウーマン)とも呼ばれます。ホテルに滞在する宿泊客が気持ちよく過ごせるようにさまざまなサービスを提供するのが仕事です。ホテリエの役割はさまざまで、たとえば、ホテルに到着した客を迎えるドアボーイ(ドアガール)、宿泊客の手荷物を運搬し、部屋に案内するベルボーイ(ベルガール)、宿泊の予約手続きや部屋の割り振り、宿泊料の精算などを行なうフロント係、客がチェックアウトした後、寝具や室内を清潔に美しく整える客室係、客の要望に可能な限り対応するコンシェルジュなど、仕事の内容によって分類されている。ホテルによっては、時間帯やシフトによりひとりで何役もこなしているところもある。

ホテリエになるには、日本ホテル教育センターが行なうホテルビジネス実務検定試験に合格し、資格を取得しておくと就職に有利になります。ホテルビジネス実務検定試験は、ホテル業における総合的資格制度として、ホテルビジネスにおいて必要とされる実務知識に関する理解度を測定するためのもので、受験者の実務経験などにより「ベーシックレベル」 と「マネジメントレベル」に分かれます。また同様の試験に「ホテル実務能力認定委員会」が実施する「ホテル実務技能認定試験」もあります。

接客が好きでお客さんの状況や気持ちを汲める細かいことに気づく人に向いている職業といえるでしょう。

家政婦

家政婦・家政夫の仕事は、住居の清掃や整理、子どもの世話、洗濯と衣類の整理、食事の準備と後片付け、生活必需品の買い物、留守番などになります。

基本的には厚生労働大臣の許可を得た家政婦(夫)紹介所に登録し、そこを通して仕事の斡旋を受けます。一般家庭からの求人があると紹介所に指示され、紹介状を持参して求人者の家を訪ねて面接を行ないます。面接に受かれば、求人者からの労働時間や内容等の条件を訊いたのち、紹介所が労災保険の加入手続きを取って仕事を始めることとなります。

必要とされる資格はありませんが、「日本看護家政紹介事業協会」が実施する厚生労働大臣認定の「家政士」検定試験を受けておくと良いでしょう。

家事が得意で人のお世話をすることが好きな人なら、特筆すべき能力がなくても向いている職業だといえるでしょう。

指摘を受ける前に自分からやるべきことに気がつける細かいことに気づく人に向いてる職業だといえるでしょう。

ピアノ調律師

ピアノの旋律を調節したり、鍵盤のタッチや音色を揃えたりすることを「調律」といい、調律を専門とする職業に就く人のことをピアノ調律師と呼びます。ピアノは弦の数だけでも200本以上あり、楽器の構造が複雑なため、専門の調律技術者の存在が欠かせませんが、ピアノは湿度や気温で音色が変わってくる繊細な楽器であるため、手先の器用さに加え、微妙な音程を完璧に聴き分ける訓練された耳を持っていなければなりません。

ピアノ調律師になるには、音楽大学の調律科や専門学校、ピアノメーカーが主宰する養成機関などで学びましょう。高校を卒業してすぐにピアノメーカーに就職し、修理やメンテナンス部門などピアノを実際に扱う現場で、先輩調律師のアシスタントとして働いているうちに、調律師としての技術を身に付けられる場合もあります。なお、「日本ピアノ調律師協会」では、国家検定制度であるピアノ調律技能検定試験を行なっています。同協会のホームページにピアノ調律師になるための情報や、検定制度についての情報が掲載されているので目を通しておきましょう。

音を聴き分けられるしっかりとした音感をもってわずかな違いに気がつける細かいことに気づく人に向いている職業かもしれません。

細かいことに気づく人が自分に合った仕事を見つけ出すコツ

ここからは細かいことに気づく人が自分に合った仕事を見つけるために意識しておくことをご紹介していきます。
面接時のアピールや求人選びの際に参考になる情報も交えているので参考にしてみてください。

マニュアルに従って細かいことをチェックする仕事を選ぶ

会社が用意したマニュアルやリストに従って、細かいことをチェックしていくような仕事を選びましょう。

具体的には「校正者」のようなルールのしっかり決まった仕事や、製造業であれば「生産・品質管理」のような仕事が、細かいことに気づける注意深さを活かせる可能性が高いです。
未経験からいきなり高い判断力が求められる仕事に就くのは困難なので、細かいチェックが主となる仕事を見つけ出しましょう。

細かいことに気づく能力が評価される仕事を選ぶ

マニュアル作業よりも高いレベルの仕事に就きたいなら、スキルを身につけ、細かいことに気づく能力そのものが評価される仕事を選びましょう。

トラブル対応時に原因を特定することが主なエンジニア全般、バグを見つけるデバッガー、エラーの原因を解析するプログラマー、細かい数字をチェックして課題を見つけ出す会計士・税理士などは、細かいことに気づく能力がなければ勤まりません。

逆に、細かいことを気にしない大雑把さが必要とされる営業職や企画職などは、細かいことに気づく能力よりは行動料を重視されやすい傾向にあるので、向いてない可能性が高いでしょう。

対人コミュニケーションが主な仕事を選ぶのもあり

細かいことに気づく人の中でも、他人の些細な変化や状況の変化に気づける人は、対人コミュニケーションが主な仕事を選ぶのも手です。

具体的には、医療従事者や介護士、ホテリエや家政婦などの仕事は細かい変化に気づける人の方がやり甲斐を感じられるはずです。また、浮気調査が主となる探偵の仕事、犯罪を未然に防ぐ警察官や麻薬取締官なども、人に対して細かいことに気づく能力がある方が適性を発揮できるはずです。

スキルや知識が必要なエンジニアや士業と違い、対人コミュニケーションにおいて細かいことに気づけるかどうかはスキルとして可視化されにくい部分もあるため、様々な仕事で経験を積んで自分自身の能力に気づくことも大事でしょう。

細かいことに気づかない人との付き合いではストレスを抱えやすいと知っておく

細かいことに気づける人が仕事選びで重要となるのは、細かいことに気づけない人の多い職場環境で働くことはストレスが多いばかりか、自分自身の能力を正当評価してもらえない可能性があるということです。

残念ながら、世の中には細かいことに気づけない察しの悪い人間も少なくありません。

そのような人と働くと、細かいことに気づいてどうこうできる人の努力も気づかれず、仕事の負担が増えていく結果にもなりかねません。細かいことに気づきすぎて裏目に出てしまうこともあるので、自分自身の能力を使うべき場面とそうでない場面を見極めることも大事でしょう。

細かいことに気づく人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手の「リクルートエージェント」は20万件以上の求人を取り扱っており、自分の経歴や希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえるため、向いてる仕事を探してる人は必ず利用しておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントをオススメする理由|初心者でも使いこなすための全知識を徹底解説!

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで転職に関する情報を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を絞り込むには最適な転職エージェントだと言えます。今回、この記事で紹介したような仕事も非公開求人として多数紹介されているため、具体的な求人内容を知っておく意味でも登録しておくだけ損はありません。

転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけでも済ませておくといいでしょう。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました