【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

自分の個性や能力を生かせる職業に就くために必要なたった一つの真実

突然ですが、自分の個性や能力が活かせない仕事ってクソだと思いませんか?

日本の企業って、なんかこう、

「上の指示は絶対」
「言われた通りにやれ」
「周りに合わせろ」

って感じで、人の個性を潰すようなやり方を押し付けられてるようで、ウンザリですよね。

なんで、イチイチ他人と合わせないといけないんですかね?

もし、あなたもそう思うなら、ラッキーな証拠です。

だって、みんなと同じことしかできないのって、せいぜい「平均」の仕事しかできないんですもん。

考えてもみてください。

個性を発揮できない仕事を選ぶのって、裏を返せば「周りに合わせるしか能がない人」がやることなんですよ。

だってそうでしょ?

同じような学校に通って、同じようなスーツ着て、同じような面接の回答して、同じような仕事をする。

これって、才能や個性がない「その他大勢」がやることなんですよ。

でも、世の中にはそういう「自分の個性を求められない退屈な仕事」が向いてる人がたくさんいるっぽいです。

そういう人ほど、面接で模範解答を言って「自分は優秀だ」と悦に浸るのが好き。

でも、この記事に訪れたあなたは、きっと違うはず。

個性的でないとつまらない!

そう感じてるあなたに、私が選んだとっておきの「自分の個性や能力を思う存分に活かせる職業」を紹介していきましょう。

オススメの転職サイト【超本格診断ツール多数】

自分に向いてる仕事が見つかる転職サイト「ミイダス」をご存知ですか?
全147種の職種から適性がわかるコンピテンシー診断」は使ってみる価値大です。
適性年収」「上司との相性」「仕事でストレスになる要素」も診断可能。
転職サイトとして企業からスカウトも届く。
登録に個人情報は一切不要完全無料ですべての機能が利用可
診断ツールを駆使して自分に合った天職を見つけたい人なら登録必須!

→ミイダスで診断してみる

個性的な人に向いてる仕事【解説付き】

個性的な人に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • イラストレーター
  • グラフィックデザイナー
  • 写真家
  • ミュージシャン
  • キャリアカウンセラー
  • スクールカウンセラー
  • スタイリスト
  • ファッションコーディネーター
  • カラーコーディネーター
  • インストラクター
  • CMプランナー
  • YouTuber
  • インスタグラマー
  • 小説家

それぞれ、仕事内容から就く方法まで詳しく解説していきます。

イラストレーター

イラストレーターは、本や雑誌、カタログや図鑑などの印刷物のほかに、ウェブなど電子媒体に掲載するイラストを描くのが仕事です。仕事の発注者の依頼内容を十分理解した上で、それに応じてうまく描き分けられる柔軟なテクニックが必要とされます。

また、最近ではコンピューターの技術も必要となってきています。紙の上に描いた絵をコンピューターに取り込み、色づけはコンピューター上で行なったり、最初からコンピューター上でイラスト作成を依頼されるケースも増えてきているからです。
イラストレーターになるには、美術大学や専門学校で基本的な技術を学び、編集プロダクションや広告制作会社、デザイン会社やイラストレーター事務所、あるいはウェブ制作プロダクションなどに社員・契約社員として就職するか、フリーランスで活動するなら出版社などへ作品を持ち込んで仕事につなげます。学歴や経歴は問われない一方、 収入は決して安定しているとはいえません。
見た人を惹きつけるイラストが描ける個性的な人に向いている職業といえるでしょう。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは伝えたいメッセージを色使いや構図でより効果的に表現し、チラシやDMのハガキから、新聞や雑誌の広告、雑誌の誌面や商品パッケージのデザインなど、おもに印刷物の紙面をデザインするのが仕事です。依頼者からの要望に応じて、見る人へ的確に伝えるためのデザイン的な工夫をします。

グラフィックデザイナーになるために必要な資質は「常に柔軟な発想を保った創造力とデザイン力」に加え「パソコン上で作業するためのデザイン用ソフトを使いこなすスキル」となります。

デザイン会社などに勤務している場合には、作業を統括するアートディレクターが指揮をとり、各デザイナーがそれぞれの得意分野を仕上げていくケースが多く、一方、フリーランスで活動している場合は、クライアントとの打ち合わせから作品を完成させるまでのすべての工程に携わります。

デザイン力を高めるだけでなく、仕事のスケジュール管理はもちろん、関わるすべての人と意見のすり合わせをするコミュニケーション力と総合的なマネジメント能力が求められます。

想像力はもちろん、デザイン感覚や直感的なひらめきを求められるため、個性を大事にする人に向いている職業といえるでしょう。

写真家(カメラマン)

写真家とはその名の通り、写真を撮ることで生計を建てる人のことで、総称して「カメラマン」あるいは「フォトグラファー」と呼ばれることもあります。

写真家にはそれぞれ専門の得意分野があり、主に以下のようなカメラマンがプロとして活躍しています。

  • 報道写真家~写真家には新聞やニュース、雑誌などに載せる写真を撮影
  • スポーツ写真家~競技中のスポーツ選手を撮影
  • 広告写真家~雑誌や新聞などの広告のイメージ写真などを撮影
  • 建築専門写真家~建築物や造形物を撮影
  • 水中写真家~自ら海中に潜って海のものを撮影する
  • 動物写真家~動物を撮影する

プロのカメラマンとして活躍するために重要なことは「自分がどのような写真を撮りたいのかを理解している」「写真を見る人に何を伝えたいかが明確である」など、自分の中でやりたいことが明確でその分野を極める高いプロ意識や熱意があることが求められます。

写真家となるために資格はありませんが、カメラを扱う必要最低限の知識と撮影テクニックの基本はしっかりと身に付けておきましょう。写真学科のある大学や専門学校へ進学するというのが一般的な進路ですが、著名な写真家のアシスタントになって実践的に学ぶという方法もあります。

写真に対するこだわりや感性、表現手法など個性を生かせる人に向いている職業といえるでしょう。

ミュージシャン

観客の前で演奏するライブミュージシャンや歌手のコンサートなどで伴奏するバックミュージシャン、音源を制作するためにレコーディングスタジオで演奏するスタジオミュージシャンなど、実際に音楽を演奏する人はミュージシャンと呼ばれています。ミュージシャンは演奏テクニックが重視される職業で、幅広い年齢層の人がプロとして活躍しています。

ミュージシャンを目指すにはまず自分の得意な楽器やジャンルを持ちましょう。プロともなると高度な楽曲も難なく演奏できるテクニックが身に付けていなければなりません。楽譜が読めることはもちろん、音楽に関する専門的な知識を習得しておきましょう。ほかのミュージシャンとの連携やその場で楽曲をアレンジできる柔軟性を持ち合わせていると、さらに表現の幅が広がります。ミュージシャンも歌手と同様にインターネットを介してデビューするケースが増えています。

音楽を通して人を魅了できる感性を持った個性的な人に向いている職業といえるでしょう。

キャリアカウンセラー

個人のキャリアアップや職業選択について、個人の能力や価値観、興味をもとに、専門的な立場からアドバイスするのがキャリアカウンセラーの仕事です。

突如解雇され自信喪失に陥ってる人や、引きこもりから立ち直ったばかり人に対して、就職についてのカウンセリングをすることもあります。

キャリアカウンセラーの就職先には、人材派遣会社やハローワーク、就職支援センターのほか、教育機関の進路指導担当者になるといった道もあります。

キャリアカウンセラーになるためには、民間の養成機関が開講しているキャリアカウンセラー養成講座を受講し、修了後に資格認定試験に合格する必要があります。各講座とも、独自のカリキュラムを用意して講義を行なっていますが、どの講座も相談者への自己理解支援や職業理解支援の方法、就職面接指導の仕方や労働法規についての講義などが主な内容となっています。
キャリアカウンセラーに適した人物像は、相手の話をよく聞き、適切な助言を与えられる人 となるため、コミュニケーション能力に長けた優しい人に向いています。

スクールカウンセラー

スクールカウンセラーは、小・中・高校に勤務し、いじめや不登校などの問題を抱え、悩んでいる子供の心の悩みに対して学校関係者とも連携して、専門的立場から助言や援助を行なう。学校の児童・生徒や教職員および保護者からの相談を聞きながら解決策を考え、相談者の精神的負担や和らげるのが役目となっています。

スクールカウンセラーになるには、大学院へ進学して臨床心理士の資格を取得した後、自治体などと契約し、週2回程度学校を訪れて相談業務にあたるといったパターンが一般的です。詳しい募集要項については、各自治体の教育委員会に直接問い合わせてみましょう。また、この仕事をするにあたっては、児童や生徒、教職員との信頼関係を築けるかどうかも重要なポイントとなるため、誠実な人柄や人の話をじっくりと聞ける忍耐力が必要とされます。

悩みを抱えた子供の気持ちに寄り添って問題を解決しようという優しい人に向いている職業といえるでしょう。

スタイリスト

モデルやタレント、俳優や歌手などが、広告やテレビ番組、映画やコンサートなどに出演するときや雑誌のファッションページ用の写真を撮る際に身に着ける衣装を調達し、コーディネートするのがスタイリストの仕事です。洋服のほかにアクセサリーやバッグ、靴や小物などを組み合わせて魅力的に演出します。

スタイリストになるには、一般的にスタイリストを養成する専門学校などで基礎を学び、卒業後はスタイリストのアシスタントや事務所に所属することから始めます。そのほか、結婚式場などに勤務して、新郎と新婦の衣装やアクセサリー、メイクなどをコーディネートするブライダルスタイリストとして活躍している人も存在します。

華やかな舞台の裏で自分の感性を武器に活躍することにやりがいを感じる個性的な人にも向いている職業といえるでしょう。

ファッションコーディネーター

ファッション業界の動向や市場に関する情報を収集しながら分析し、それらのデータをもとに自社(店)のブランドにとって、的確な商品のラインアップを企画し実行するのがファッションコーディネーターの仕事です。近年、通販サイトやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などを通じて、世界中のファッション情報が誰でもリアルタイムで手に入るようになり、これまで以上に独自のネットワークが求められるようになっています。
ファッションコーディネーターになるには、養成コースを設置している専門学校などでデザインや素材、スタイリングなどの基礎知識を学び、メーカーに就職して経験を積みましょう。「日本ファッション教育振興協会」が実施する「ファッションビジネス能力検定」や「ファッション販売能力検定」などの試験も受けておくと、仕事を続けていく上で有利になります。自分の足で人気のショップを見て回り、ファッションの流行を研究することも必要です。

最新ファッションに興味があり、自分のセンスを磨き続ける個性的な人に向いている職業といえるでしょう。

カラーコーディネーター

カラーコーディネーターは、色の種類や明るさを論理的に組み合わせ、最も効果的な色の使いかたを提案するのが仕事です。服飾や製品の色をコーディネートするほか、色彩環境のコンサルティング、都市計画への参加など、活躍の幅は広くあります。

カラーコーディネーターになるには、専門学校や短大や大学などで色彩に関する基礎知識を身に付けた後、衣料品メーカーやインテリア関連会社の商品開発部門、工業製品メーカーのデザイン部門などに就職するのが一般的です。

就職の際は「東京商工会議所」が実施している「カラーコーディネーター検定試験」や、「色彩検定協会」が実施する文部科学省後援の「色彩検定」などの資格を取得しておくと有利になります。

色に関する知識に興味があり、センスに優れた個性的な人に向いている職業といえるでしょう。

インストラクター

インストラクターとは日本語では「指導員」と訳され、その名の通り、他人に何かを教えたり指導することが仕事内容となります。インストラクターと呼ばれる仕事は、以下のように様々なジャンルに存在します。

スポーツ スポーツクラブインストラクター
ダンスインストラクター
エアロビクスインストラクター
美容・健康
美容インストラクター
ヨガインストラクター
ピラティスインストラクター
ライフワーク
食育インストラクター
生涯学習インストラクター
ティーインストラクター
レジャー
キャンプインストラクター
アウトドアインストラクター
レクリエーションインストラクター
森林インストラクター
釣りインストラクター
スキューバダイビングインストラクター
ビジネス
OA機器インストラクター
パソコンインストラクター

趣味のインストラクターはもちろん、OA機器インストラクターのような企業相手に活躍するインストラクターもいます。インストラクターになるには、資格取得が必須なものもあれば、知識や経験さえあれば自由に名乗れるものもあるので、興味があるなら詳しい情報を調べてみるといいでしょう。
何かしらの専門的な知識や経験があり、人に教えることに興味があるなら、インストラクターを目指してみることを考えてみるのもいいでしょう。

CMプランナー

CMプランナーの仕事は、CMに使う曲やキャッチコピーなどの選定やCMに登場する人物のキャスティングを行なうことなどです。CM制作現場のトップに立つ存在で、CMディレクターを兼ねることもあります。商品やサービスを宣伝するために15秒間あるいは30秒間という限られた時間のなかで視聴者に対してインパクトの強いメッセージを伝えなければなりません。常に何が人々を惹きつけるのかを考える力が求められるため、流行に敏感であり、流行を生み出す力を持っていなければなりません。

CM制作会社や広告代理店のクリエイティブ(制作)部門に就職し、キャリアを積みながらCMプランナーを目指しましょう。マスコミに関連する講座を開いている養成機関などで、CMプランナーに関する基礎知識を学んでおくのも良いでしょう。

CMを見た人を惹きつける工夫を考えられる個性的な人に向いている職業といえるでしょう。

YouTuber

ユーチューブ(YouTube)では動画の閲覧数に応じて広告収入を得られるシステムがあり、それを使って収入を得ている人をユーチューバーと呼んでいます。ユーチューバーとしてのみで生計を立てている人はまだ国内では少ないですが、なかには年収が数千万円を超える人もいます。

ユーチューブへの動画投稿は誰でも可能で、動画内に広告を掲載することで広告収入が得られるようになる。広告収入は動画の閲覧数によって増えるため、多くの広告収入を得るには、より多くの人に自分の動画を見てもらう必要があります。視聴者を引き付ける魅力的な動画を配信できるかどうかがユーチューバーとしての成功に繋がりますが、技術やセンスが優れているからといって動画の閲覧数が伸びるとは限らず、運も絡んでくる難しい職業といえるでしょう。

いかに人が見たくなる動画を作れる才能を持った個性的な人に向いている職業といえるでしょう。

インスタグラマー

インスタグラマーとは、無料の画像共有アプリケーションである「インスタグラム(Instagram)」に投稿することによって収入を得ている人たちのことです。

インスタグラムには直接収入を得る方法はありませんが、インスタグラムに投稿した画像を販売したり、画像を見た人から画像制作の依頼を受けたりして収入を得ています。また、特定メーカーのファッションアイテムを身に着けた画像を投稿して、そのメーカーから報酬を得るといったケースもあります。

インスタグラマーになるには、魅力的な写真や画像がつくれるのならスマートフォンだけでも始められます。まずはインスタグラムに投稿して自分の作品をアピールしましょう。 多くのフォロワーが獲得できるようになれば収入を得る機会も増えるでしょう。

閲覧者に気に入られる作品が作れて投稿できる個性的な人に向いている職業といえるでしょう。

小説家

小説家は小説を執筆するのが仕事です。作品を書けば誰でも小説家と名乗ることはできますが、ベストセラー作家から年収数百万円クラスの作家まで、収入は人それぞれとなっています。小説家として成功するには、基本的な文章力はもちろんのこと、多くの読者を惹きつけるストーリーや物語のセンスに知識も必要です。

小説家になるためにはまず小説を書くことから始まります。ひとくちに小説といってもさまざまなジャンルがあるので、目指すジャンルの知識を高めるために取材を行なっている人もたくさんいます。作品を書き上げて、出版社が主催する文学賞の新人賞受賞を目指しましょう。有名な新人賞を受賞できたら、小説家としてデビューできるよう、出版社のバックアップを受けることもできます。

また、出版社に作品を持ち込んだり、郵送したりするなどして、編集者に作品を読んでもらい、アドバイスを受けてみるのもよいでしょう。編集者とのやり取りのなかから書く力が身に付き、小説家としてデビューできるという道もあります。

読んだ人を惹きつけられる文才をもった個性的な人に向いている職業といえるでしょう。

この項目のまとめ:自分の特性を理解して適性を活かせる仕事選びを

以上のように、自分の性質を活かした職業を見定め、強みを活かせるキャリアを歩むことが人生の成功には大切です。そのためには、世の中に数多く存在する職種を知ることや、自分の特性を深く理解することが大事です。

もし、より自分の向いてる仕事の選択肢について知りたいなら、自分の経歴や価値観をもとにAIでキャリアの選択肢を可視化してくれる「ASSIGN」という転職アプリがオススメです。

ASSIGNでは、自分の経歴や価値観に合わせて、自分に合った企業や求人まで具体的にわかるため、現実的にキャリアアップすることができます。

また、向いてる企業に就くために必要なキャリアプランまでわかるため、向いてる仕事を知って終わりでなく、具体的なアクションにつなげることもできます。

ASSIGNで適職診断してみて
向いてる職業に近づきましょう!

また、全147種の職種から適性を診断できるコンピテンシー診断を受けられる「ミイダス」もオススメです。

ミイダスでは全147種の職業の適性が
10段階のスコア形式で診断できます

また、ミイダスでは適職診断だけでなく、その他にも数多くの診断ツールが無料で利用できるため、性格診断や向いてる仕事を探している人にとって、非常に役に立つ心強いツールだと言えます。

ミイダスは本格的な診断ツールが
すべて無料で使えて
企業からのスカウト求人も届きます

ミイダスの詳細は
以下の記事でも解説しているぞ!

【厳選】オススメの転職サービス

最後まで読んでくれた方限定で、当サイトで厳選した「本当に使っておくべき転職サービス」を紹介していきます。

サイト運営7年以上、
人材業界の動向にも詳しい運営者
サービス実態市場ニーズも踏まえて
厳選しました!

理想の転職を実現する
「ポジウィルキャリア」

本気で向いてる仕事を探すなら「ポジウィルキャリア」がオススメです。

今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれるサポートを行ってくれるからです。

▼こんな人にピッタリ

  • 今の仕事を続けるべきか転職するべきか…
  • 自分のキャリアで将来も通じるか不安…
  • 年収アップしたいけど自信がない…
  • スキルアップしたいけど何をすればいいかわからない…
  • 本当にやりたいことがわからなくなった…
  • 自分の適性や才能をもっと活かしたい…

キャリアコーチングでは、転職活動を行う前に必要な

  • 自己分析
  • 目標設定
  • 行動計画
  • 問題解決
  • モチベーション維持

などを徹底的に行います。

これにより、キャリアに関する悩みを解消して、理想のキャリアを目指すサービスです。

「コーチング」という言葉が意味する通り、マンツーマンでプロが自分に合ったサポートを行ってくれます。

スポーツジムでは、プロが筋トレや身体づくりをアドバイスしてくれます。その「キャリアバージョン」のイメージです。

これまでの転職サービスは「自己申告した経歴や希望条件をもとに求人紹介を受ける」ことになります。

なので、自己分析ができておらず経歴をしっかり書けなかったり、希望条件が固まっていないと、良い求人の提案やサポートが受けられないことが多いです。

また「転職サービス側が経歴のある人物を探す」というビジネスモデルなので、企業側が求めてる経歴でないと、中々良いサポートを受けられない実態があります。

一方で、キャリアコーチングは「自分の強みや適性」「自分が本当にやりたかったこと」を見つけ出します。

その上で、自分が向いてる仕事や就くために必要な方法を探っていくので、新たな選択肢が広がります。

また、転職サービスとキャリアコーチングでは「ゴール地点」が異なります。

既存の転職サービスでは「転職先から内定をもらう」ことがゴールです。

なので、入社後に上手くいくかどうかは保証がありません。

悪質な業者であれば「利用者が転職すれば自社の利益になるから」という理由で、強引に転職させようとしてくる場合もあります。

キャリアコーチングはあくまで「理想のキャリアを実現すること」です。

場合によっては「今の職場で活躍する」という選択も提示してくれます。

ポジウィルキャリアは初回相談(カウンセリング)は無料で受けられるため、適職選びで悩んでいるなら相談してみるといいでしょう。

それ以外にも、様々な診断ツールやLINE相談も用意されており、気軽に相談しやすくなっているので、試しに活用してみてください。

今の業界から抜け出し異業種へ
「WorX(ワークス)」

次に異業種への転職を実現させる、次世代型転職エージェント「Worx(ワークス)」の紹介です。

▼こんな人にピッタリ

  • 仕事の将来に期待ができない
  • 別の職業へ転職したい
  • だけど、どの職業が向いてるかわからない…
  • 年収アップしたい
  • 将来性の高い職業に就きたい
  • スキルアップして無理のない転職がしたい

Worx(ワークス)の魅力は、なんと言っても「異業種へ転職できる」こと。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとに求人紹介される
  • 異業種転職を希望しても「難しい」と言われる
  • スキルアップはサポート対象外

など、異業種への転職は難しいのが実情です。

しかし、Worx(ワークス)では、

  • どの職業が向いてるか診断してくれる
  • その仕事に就くためのスキルアップ支援もある
  • スキルアップは自宅学習とオンライン面談
  • なので、空いた時間に無理なく転職活動できる

といった、他にはないサポートが用意されています。

これにより、

  • 接客業→大手IT企業
  • ウェディングプランナー→外資系企業
  • 保険営業→インサイドセールス

といった、今までにない転職の選択肢を実現可能となります。

また、Worx(ワークス)は「IT/WEB系」の転職にも強いところが特徴です。

IT/WEB系の企業は、在宅ワークに対応している職場も多く、将来性も高く、年収アップも実現しやすいです。

なので、今の会社から抜け出したい人にとっては大きなチャンスを得られると言えます。

また、今までの転職エージェントでは最短3ヶ月と十分な期間が得られないことが多かったですが、Worx(ワークス)は半年~1年と、計画的で無理のない転職活動ができます。

さらに、スキルアップや業界研究をした上での転職となるので、入社後も業務についていけるようになり、転職に失敗するリスクが減るところも魅力です。

Worx(ワークス)は、相談はもちろんスキルアップから転職支援まで無料で受けられるため、気になった方は試しに使ってみてください。

Worx(ワークス)の登録はこちら
【相談無料/登録1分】

経歴に自信のない20代なら
「UZUZ(ウズウズ)」

仕事に就こうと思っても、

  • 学歴や経歴がない…
  • 短期間で辞めた経歴がある…
  • 正社員としての経歴がない…
  • フリーターやニート期間が長い…
  • 資格やスキルがない…

などのハンデがあると、良い求人が見つからなかったり、書類選考や面接に通らないことも増えます。

そういった方の中でも、20代のうちなら「UZUZ(ウズウズ)」がオススメです。

20代は「若いから」という理由だけでも、未経験職に採用されやすい年齢層となります。

とくに、

  • 既卒:就職しないまま卒業してしまって3年以内
  • 第二新卒:新卒3年以内に短期離職した人

は、圧倒的に就職・転職に有利です。

なぜなら、企業側に国から助成金が出ており、若手の採用に積極的だからです。

また、UZUZ(ウズウズ)では、ブラック企業排除の取り組みも行っており、その証拠に利用者の「定着率(辞めないで会社に居続ける割合)」も高めです。

20代の若手の場合、向いてる仕事を探す以上に「できる仕事」「就ける仕事」を現実的に選び、まずは経験を積んだ方がいいこともあります。

社会人経験が浅かったり、経歴がなく自信がないことで悩んでいるなら、まずはUZUZ(ウズウズ)に相談してみましょう。

もちろん、相談から就職・転職まで完全無料です。

UZUZに相談してみる
【完全無料・登録1分】

仕事一覧/ランキング【特性】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました