考古学者になるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

考古学とは、遺跡・遺構・遺物などから、過去の文化や当時の環境、その中での人類の生活様式などを研究する学問である。
発掘された実物から過去を検証しようとするのが考古学者の仕事だ。
アウトドアでの活動がベースで、文献を中心に研究する歴史学とは明確な違いがある。
考古学者とは、そうした研究を専門としている人の総称で、大学教員の他に博物館や埋蔵文化財センターの学芸員から、都道府県や市町村の教育委員会の埋没文化財担当職員までと幅広い。
また、近年は海洋考古学者の存在も注目されている。
沈没船や海底に沈んだ都市遺跡を調査するのは仕事だ。
まずは考古学の著名な教授や講師がいて、できれば考古学研究室もある大学に入学しよう。
さらに、大学院へ進学して、大学教授や博物館などの学芸員になるのが一般的だ。
ちなみに、博物館などの学芸員を目指す場合は、大学在学中に学芸員の資格を取得していたほうが有利だが、実際に正職員として雇われるのは一部で、大半は嘱託職員として雇われるという厳しい現実がある。
また、海外の発掘調査を行う人も最近は多くなっているが、その場合、英語はもちろん、現地の言葉を使えなければならない。
さらに、発掘のためのスポンサーを見つける営業力やバイタリティーが不可欠である。
自分がどの分野に進むべきか迷ったときには、図書館などで考古学の中でも興味のある分野の研究論文を色々と読んでみると、ヒントが得られるはずだ。
なお、日本の考古学を代表とする組織として1948年、日本考古学協会が設立されており、春の総会および秋の大会、研究発表会、シンポジウムや講演会の開催、機関紙「日本考古学」の発行、埋蔵文化財の保護、関連学術団体との連携・協力、国際交流などを推進している。
また、同協会のサイトには考古学関連の講座を持つ大学の一覧も掲載されてるので、参考にするといいだろう。

タイトルとURLをコピーしました