仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

公務員からの転職は難しい?つまらない人生を送って後悔したくない方は読んでおこう

公務員から、民間企業への転職を考えている方も少なくないことでしょう。

とくに公務員は「安定する楽な仕事」というイメージで目指して、実際の仕事を経験する中で、挫折してしまう人も多いですからね。

実際、私も公的機関を利用する際に、公務員と関わると「こいつ、仕事舐めてんのか?」「税金もらっておいて、いい態度してんな?」と、ちょっとイラッと来ることがありました。

それぐらい、民間企業と公務員の「仕事」に対する意識はギャップがあるのです。

まずは、この大前提から覚えておく必要があります。

ただ「やっぱり、公務員から民間企業への転職は厳しいかなあ…」と思われている方は、悲観する必要もありません。

やる気や実力さえあれば、公務員から民間企業への転職は十分可能です。

そこで今回は、公務員から民間企業へ転職するべきに注意すべきことと、実際に転職を成功させるコツを紹介していきます。

公務員の世間体は悪いことを知っておくべき!

まず、公務員の方が民間企業に転職する際に意識しておくことは「公務員の世間体はあまりよくない」ということですね。

「国民の血税をもらって楽な仕事をしている」
「利益を出さなくてもいいので、危機感や挑戦心が足りない」
「安定を求めて、やる気のない人が行き着く仕事が公務員」

大なり小なり、公務員に対して、こういうイメージを持っている人が多いのは、紛れもない事実です。

しかし、これらはあくまで「世間のイメージ」のお話です。

もし、あなたが「そんなことはない、私は一生懸命に仕事に取り組んでいる!」と自信を持って反論できるのであれば、まったく問題ありません。

それは、あなたがしっかり仕事に取り組んでいる証拠なのですから。

そして、その反論=熱意を転職活動の動機にすれば、民間企業への転職も上手くいくはずです。

・人材会社の公務員転職に関する公式見解

当サイトのスポンサーである「株式会社UZUZU」様のツイートでも、以下のような内容があります。

やはり、公務員は閉鎖的な組織で、民間企業での応用が利きにくく、転職の難易度は高いと言えます。

しかし、内定を取っている人もいるみたいですので、UZUZ運営のウズキャリの利用を検討してみるのもいいかもしれません。

UZUZ運営の「ウズキャリ」の詳細はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

民間企業に転職するなら、公務員のイメージをくつがえす自己アピールは必須

民間企業への転職を成功させるのであれば、公務員のマイナスイメージをくつがえすような、強い自己アピールは必須だと言えます。

「公務員の仕事が思ったよりも辛かったから…」
「古い組織体質になじまなかったから…」
「公務員は世間体が悪いから…」

こういった弱気なアピールでは、民間企業に採用してもらうのは厳しいですからね。

ただし、こういった弱気な理由であっても、アピールの仕方次第では、ポジティブな動機に変換可能です。

挑戦心のある人材でなければ、民間企業への転職は厳しい

民間企業が中途採用で求める人物とは「挑戦心のある人材」です。

ぶっちゃけた話、20代や30代の若手に「この仕事を続けておけば、一生安泰だ…」という態度で仕事されては、企業側もたまったものではありませんからね。

民間企業とは、どんなに大きな会社であっても、日々新たな課題を見つけ出し、新しい取り組みにチャレンジしなければ、生き残ることができません。

しかし、公務員とはその「挑戦心のある人材」からは、もっとも離れた仕事だと言えるんです。

なぜなら、公務員は国税から給料が出ているので、利益を上げなくても問題なく働ける立場だからです。

また、仕事内容についても「新たな課題を見つけて取り組む」のではなく「今起こっている問題の対処や解決」が主になるからです。

極端な話が、犯罪のない国での警察、戦争や災害のない世界での自衛隊、親の教育が完璧な国での学校。

あるいは国に関する事務手続きがITやAI活用で人手が要らなくなった時の公務員。

これらは、ハッキリ言ってすべて「無駄な仕事」と言われてしまっても、仕方がないわけです。

学校教育で言えば、適当に授業してても給料のもらえる教師と、生徒に満足してもらわないと生き残れない塾・教育教材の仕事をイメージすれば、わかりやすいかと思います。

日夜「生徒により理解してもらうための教え方」を試行錯誤していれば挑戦心があると言えますが、生徒の前でしゃべってるだけ・黒板に文字を書いているだけの教師は、それはただ「仕事した気になっているだけ」としか言えませんからね。

「公務員は安定している仕事」のイメージをくつがえそう!

前項ではちょっと、言葉がキツくなってしまいました。

ですので「どうしよう、私にはあまり挑戦心がないかも…」と自信を失くしてしまった方もいるかもしれませんが、めげてはいけませんよ。

公務員の仕事は安定している」というイメージが強いことを利用すれば、自分を「挑戦心のある人材」と評価してもらうことは十分可能です。

少し考えてみてください。

世間の公務員のイメージと言えば「楽な仕事で金がもらえる」「利益を出さなくても一生安泰」という、挑戦心からはもっとも遠い仕事です。

しかし、その公務員が「民間企業に転職するために、前向きに行動している」というだけでも、すでに「挑戦心のある人材」だと言えるわけなんですね。

ですので、今の公務員の仕事の内容や経験にとらわれずに、自信を持って「私は公務員の安定を捨ててでも、民間企業で挑戦したい!」と、強気でアピールしていくことが、転職成功の秘訣になります。

問題対応力・適応力をアピールするのもあり

ちなみに、マイナスイメージの強い公務員ですが、実際は「こいつ、スーパーマンかよ…」と思わせるほど、実務遂行能力の高い人材の多い仕事であることは、間違いありません。

というのも、公務員は政治や政策に関する、あらゆる問題に柔軟に対応する適応力を求められるからです。

基本的な事務処理能力はもちろんのこと、住民とのトラブル対応の仲介役を担ったり、あるいは公務員という嫌われやすい立場の中、民間企業との仲介もしなければならないわけです。

そして、仕事の内容も、多岐にわたります。

転勤・転属はもちろんのこと、全く専門外の課に飛ばされ、勉強しなければならないことも多々ありますからね。

公務員の仕事でも、それだけの経験があれば、間違いなく民間企業に行っても、やっていくだけのポテンシャルはあると言ってもいいです。

あとは、それをどう上手くアピールして、民間企業に売り込むか…です。

公務員が民間企業を探すには?

では、具体的に公務員が転職先の民間企業を探す方法をご紹介していきます。

ハローワークは避け、民間企業の運営する転職サービスを利用するべき!

公務員が民間企業へ転職するならば、ハローワークの利用を避けて、民間企業の運営する転職サービスを利用することがポイントです。

そもそも、ハローワークが公共施設なので、公務員がハローワークを利用して自分の転職先を斡旋…というのは、紹介先企業からしても心証があまりよくありませんからね。

公務員のマイナスイメージをくつがえすためには、公的な力を借りず、自分の力だけで転職をしなければ、説得力に欠けます。

民間企業の求める人材としてアピールするのであれば、同じく民間企業が運営する転職サービスを利用するべきでしょう。

転職エージェントに相談して、転職市場のリアルを知っておこう!

公務員が民間企業に転職するのであれば、転職エージェントに相談して、今後のキャリアプランをしっかり検討することをオススメします。

転職エージェントとは、通常の転職サイトとは違い、担当者がついて自分に合った転職先を探し出してくれるサービスです。

関連:転職エージェントの仕組み・特徴・メリット・デメリットを徹底解説!転職サイトとの違いは?

転職エージェントでは、過去に公務員から民間企業への転職を成功させた事例も数多くあるため、その成功ケースを参考に、民間企業への転職プランを提案することも可能ですので、1人で悩むよりも、間違いのない転職をすることができます。

また、公務員ならではの経験や能力を求めている民間企業とも出会いやすく、今までの経歴を無駄にしてしまうリスクも下げることができますね。

公務員から民間企業への転職は楽なものではありませんが、転職エージェントを活用すれば、近道になることは間違いありません。

ぜひ、転職エージェントを活用して、転職を成功させてください。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ、三下どもが。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。