高卒で入れる優良企業を見つけ出すコツ。ホワイト企業に転職したいなら読んでおこう!

「高卒で入れる優良企業を見つけたい…」
「高卒からでもホワイト企業へ転職したい…」

高卒からの就職はブルーカラーの仕事ばかりで、ブラックな環境で働いている人も多いかと思います。

中には転職して、優良企業・ホワイト企業に就きたい方も多いのでは?

一般論として「高卒からの転職は厳しい」「大卒でないとホワイトカラーは無理」という声もあり、たしかに高卒からの優良企業への転職は厳しいものとなりがちです。

ですが、高卒からも優良企業への転職を成功させ、しっかりとしたキャリアを構築している人も少なからず存在します。

そこで当記事では、高卒からの転職が厳しい理由を踏まえた上で、高卒で入れる優良企業を見つけ出すためのコツをご紹介していきます。

スポンサーリンク

高卒で優良企業・ホワイト企業に入社するのは難しい

まず、読者にお伝えしておきたいのは、高卒というキャリアでは優良企業・ホワイト企業に入社するのは難しいということです。

▼高卒が優良企業・ホワイト企業に入社するのが難しい理由

  • 高校から優良企業に就職斡旋する場合は優等生を優先する
  • 高校からの紹介企業は地元とのコネの強い企業ばかりで優良企業が少ない
  • 転職(中途採用)で入社するにしても、優良企業ほど大卒以上の経歴を求めている
  • 高卒向けの求人はブルーカラー・肉体労働が多くブラックになりがち

大卒からの就職でもブラック企業に入社してしまう人が多い中、高卒からの就職・転職ではまともな仕事すら見つからないことが多いのは、当たり前だと言えるかもしれません。

優良求人を見つけても「大卒以上」と書いてあって
高卒だとチャンスすらないですからね…

たしかに「ホワイトカラー」の仕事は
大卒以上からの応募しか受け付けていない所が多いね…

ホワイトカラーの仕事って何ですか?

ホワイトカラーの仕事はわかりやすく言えば、スーツを着てオフィス内で行う仕事全般のことです。

▼ホワイトカラーとは?

職業分類の概念であり、現業系(技能的職業)の労働者を指すブルーカラーに対比される。雇用従業員の中でも、知的ないし技術・開発的労働や事務系、企画・営業・販売系の職に就いている者をいう。

具体的にいえば、専門的職業、技術・開発的職業、中・下級の管理的職業、事務的職業、企画・営業・販売的職業、対人サービスが挙げられ、これら精神労働がホワイトカラーの特徴である。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC

ホワイトカラーとして働けば、優良企業・ホワイト企業に入社して働ける可能性が高いと言えます。

また、ホワイトカラーの仕事は他の職場や業界でも融通が利きやすいため、転職する際にも有利になりやすいです。

逆に「ブルーカラー」として働くと、技能系の仕事や現場で働く仕事が多いため、時間・給料的にもブラックと感じる職場が増えやすいという特徴があります。

▼ブルーカラーとは?

ブルーカラーとは、賃金労働者のうち、主に製造業・建設業・鉱業・農業・林業・漁業などの業種の生産現場で生産工程・現場作業に直接従事する労働者を指す概念である。広くは技能系や作業系の職種一般に従事する労働者で、肉体労働を特徴とする。

職種としては、土木・建築関係(土工)や、ビルメンテナンス、警備員、運輸・倉庫・工員(組み立て作業員、溶接工、旋盤工、塗装工など)・メカニックエンジニア(整備工、修理工、広義の技術者)など多岐にわたるが、狭義では特に「ものづくり」(製造業)の作業に直接携わる工員を指す場合もある。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC

ブルーカラーの仕事は、以下のような理由でブラックになりやすいです。

▼ブルーカラーがブラックな働き方になりやすい理由は?

  • 出世先が主任クラス止まりなため給料が上がりにくい
  • 特定のスキルしか身につかないため転職でも応用が利きにくい
  • 下請け企業が多いため残業が増えがちで待遇も悪い
  • インフラ関連の企業だと自治体との結びつきが強いため会社の利益が低い
  • 頭脳労働のホワイトカラーと比べ、肉体労働の多いブルーカラーは下に見られがち

ブルーカラーの仕事は出世先が限られていたり、身につくスキルが転職市場でも通用しにくいなど、将来的にも不利になりやすい仕事が多いと言えます。

ですので、高卒から優良企業に入社したいと考えている人は、未経験からでも採用されやすい20代のうちにホワイトカラーとしてのキャリアを積むことを目指し、就職・転職活動を行うことが大事でしょう。

高卒から優良企業に入社したいなら
研修からしっかり行ってくれる「JAIC」がオススメです!

JAICでは、学歴・経歴問わずに35歳までの未経験者を対象に、ビジネスマナー講座から研修までしっかりと行ってくれた上で、ホワイトカラーの就職先を紹介してくれるサービスです。

全国での説明会を定期的に行っており、地方から利用する場合は交通費の支給もあるので、高卒から本気で優良企業に就職したいと考えている方は、ご利用を検討してみてください。

JAICを見てみる【完全無料】

高卒では将来性のある会社に入社できなくて不安?

この記事に訪れた読者の方は、少なからず「最終学歴高卒のままじゃ将来が不安…」と悩まれていることかと思います。

今の日本では大卒クラスでもブラック企業に入社してしまうこともあるので、高卒はさらに選択肢が狭くなるという点で、将来に不安は残ることは間違いありません。

ですが、高卒でも働き方や入社する企業をしっかり選べば、ホワイト企業で長く働けるチャンスは全然あります。

そのためには、以下のようなことに注意してみてください。

ブラック企業で働き続けると学歴問わずに不安定

高卒の方には、知らず知らずにブラック企業に入社してしまった方もいることでしょう。

ブラック企業にも、大きく分けて以下の2種類が存在します。

  • ブラックな働き方な分、給料が高く成長性もある会社(広告代理店、営業系の会社、成長中のベンチャー企業)
  • 人手不足が慢性化しており、ブラック化してしまっている会社(飲食、介護など)

前者は働き続ければその分社員にリターンの大きい会社も多いですが、後者はハッキリ言って辞めてしまっても問題ないでしょう。

ブラック企業で働き続けて精神や身体を壊してしまっては元も子もありません。

キャリアを意識しておかないと大卒でも不安

高卒で将来が不安な方は多いでしょうが、大卒でもそれは同じことが言えます。

今の日本では終身雇用制度が崩壊し、一つの会社で働き続けることはリスクが大きいですので、転職に備えてキャリアを意識しておくといいでしょう。

  • 将来、自分はどんな人材に成長したいか?
  • 今の自分の会社・業界でどのような人材が評価されるか?
  • 高卒でも出世・昇進出来る社風か?

大事なのは「今の会社で昇進してより上の仕事を目指す」「今の会社で評価されないなら、転職する選択肢も考えておく」という、どちらの選択肢も確保しておくということです。

会社・業界全体での将来性も意識しておこう

働く会社の将来性を気にしている高卒の方は、会社・業界全体での将来性も意識しておくといいでしょう。

会社単位で見ると、将来性の低い会社は、

  • 従業員を大事にしない=人が育たない(派遣・アルバイトが多い、離職率が高いなど)
  • 取引先や販路の幅が狭く、収入源を一部の相手に依存している
  • 社長がワンマン経営で、経営判断を誤ると会社が倒産する危険と隣り合わせ
  • 中小企業・零細企業クラスで、利益が少ない、事業内容がしょぼい

…などの特徴があります。

会社の将来性を見極めるのは非常に難しいのですが、経営や経済の知識と分析力さえあれば、ある程度は把握できるので、以下の記事などをご参考ください。

また、業界・業種全体での将来性を考える場合、業績や売上の推移を見ておけば、おおよその「これから」は読めます。

将来性に不安が残る業界を「斜陽産業」と呼ぶのですが、以下の記事に詳しくまとめているので、気になる方はチェックしてみてください。

「ホワイト企業ランキング」に高卒向けの会社は存在しない?

高卒から優良企業を見つける際に「ホワイト企業ランキング」を参考にしている方もいるでしょうが、その多くは大卒の中でも高学歴しか書類選考すら通らないような大人気企業ばかりで、高卒では入社チャンスすらないと言えます。

就活生必須と言われている「就職四季報」を見ればわかりますが、ホワイト企業ランキングにランクインするような企業は、応募倍率も高い上に過去の採用実績も有名大学卒ばかりで、高卒からのチャンスはゼロに等しいと言えるでしょう。

有名大学に進学した上に、経済誌を参考にして就職活動に本気で取り組んでいる大学生でも入社するのが難しいホワイト企業ランキングの上位企業に、就職活動に本気で取り組んでいるわけでもない高卒が採用されるのは、ハッキリ言って無理だと言えます。

そんな…
高卒はホワイト企業に入社するのは無理だと言うんですか?

あくまでホワイト企業ランキングに出てくるような有名企業は
可能性としては低いと言ったまでだ…

いわゆる「ホワイト企業ランキング」は、人材会社が調査・発表している以上は広告的な側面も含むため、大卒生からの応募も殺到しがちです。

ですが、以下のサイトのような、独自の調査方法を活用しているようなホワイト企業ランキングであれば、高卒からでも入社チャンスのある企業が見つかるかもしれません。

また、何もホワイト企業ランキングにランクインしている企業だけではなく、その企業の取引先や子会社クラスの企業を狙うことで、高卒からでも優良企業に採用してもらえるチャンスも増えるかもしれません・

ホワイト企業ランキングにランクインするような企業は
関連会社や子会社も多いので
何もその会社だけに狙いを絞る必要はないぞ!

有名企業や関連企業への転職を狙うなら
リクルートエージェント」の登録がオススメです

リクルートエージェントは業界No.1の求人数を誇る転職エージェントで、有名企業や大手企業の求人紹介にもっとも期待できるサービスです。

登録するだけなら経歴・学歴問わずに可能で、面接対策や職務経歴書の書き方の指導なども無料で受けられるので、高卒から優良企業に転職したい方は必ず登録しておきましょう。

リクルートエージェントを見てみる【完全無料】

高卒から優良企業・ホワイト企業に転職するのは厳しい

高卒から就職した方で、優良企業・ホワイト企業への転職を考えている方もいらっしゃるかと思います。

文中で何度かお伝えしている通り、高卒から優良企業・ホワイト企業に転職するのは厳しいのが実情です。

▼高卒から優良企業・ホワイト企業に転職するのが厳しい理由

  • 多くの優良求人の募集が「大卒以上」のことが多い
  • 書類選考の段階で学歴で判断されて落とされやすい
  • 高卒だと本格的な就職活動を経験してないので転職活動もやり方がわからないで難航しがち
  • 「ブルーカラー→ホワイトカラー」の転職が難しい

転職サイト・求人サイトを見てみても、条件の良い求人ほど「大卒以上」とされていることが多く、その時点で採用される可能性のある企業が減ってしまいます。

また、高卒から就職する場合、学校側の紹介・コネで採用されるケースが多く、大学生のような本格的な就職活動を経験せずに済むため、転職活動の方法がよくわからないまま進めてしまい、良い企業から中々内定をもらえないという厳しさもあります。

さらに言うと、高卒入社後にブルーカラーとして勤めた場合、ホワイトカラーへの転職は正攻法だけでは厳しくなる点も、高卒からの転職が厳しい理由のひとつでしょう。

転職で就職活動の経験や経歴の応用が利く大卒生と違って
高卒生の経歴や転職活動方法は通用しにくい部分が多いわけだ

経歴的にも転職活動のノウハウ的にも
不利な立場になるのが高卒の転職なんですね…

以上のような理由や事情もあって、高卒からの転職活動では企業選びで妥協してしまいブラックな職場を転々とする人が増えがちです。

ですので、高卒から優良企業へ転職したい方は、経歴だけに頼らず、転職エージェントなどを活用して情報集め・面接対策するなどしておくことが大事になってきます。

高卒からの転職で不安のある人は
学歴不問で使える「ハタラクティブ」がオススメです!

ハタラクティブは20代であれば学歴・経歴関係なく利用でき、書類選考なしで転職活動が出来るため、効率よく転職先を見つけることが可能です。

また、ハタラクティブは全国展開なので面談参加しやすく、転職活動を一人で行う自信がないなら使っておきたい就職支援サービスだと言えるでしょう。

ハタラクティブを見てみる【完全無料】

高卒が優良企業・ホワイト企業に転職するためにはどうする?

以上のように、高卒から優良企業・ホワイト企業に入社するのは非常に難しいと言え、転職するにしても工夫が大事になってきます。

とくに高卒の経歴の場合、求人サイト・転職サイトから探すだけなら応募資格すらないこともあるため、優良企業から遠ざかりがちです。

求人サイトをチェックする以外に
優良企業を見つけ出す方法ってあるんですか?

就職支援サービスや転職エージェントで
頼れるプロに相談して手伝ってもらうのが一番だ!

何度かお伝えしている通り、高卒から転職活動する場合、経歴で不利な上に本人の転職活動のやり方も間違っていることが多く、とくにホワイトカラーへの転職には通用しません。

ですので、転職サービスでプロのアドバイザーに相談しておき、正しい転職活動を行う必要があります。

う~ん…
ハローワークの職員に相談して怒鳴られた経験があるので
転職でアドバイスをもらうのは信用できないな…

中には、転職に関する相談で的外れなアドバイスや、説教的なことを言われた経験があって、転職に関して他人に相談することに警戒心を持っている方もいるかと思います。

ですが、人材会社の運営する就職支援サービス・転職エージェントは、社員教育もしっかりとしており若手も多いため、気軽に転職について相談できる担当者が見つかる可能性が大きいです。

若手が運営する「ウズキャリ」というサービスは
社長自身がフリーター・ニート経験ありなので
経歴に自信がない人への転職に強いぞ!

20代向けのウズキャリというサービスでは、学歴問わずに企業への就職・転職サポートを行ってくれ、相談にかける時間が多いところが強みです。

ウズキャリはWEB・IT系企業やベンチャー系への紹介も強いため、思わぬ優良企業への紹介に期待できるかもしれないので、気になる方は使ってみてください。

ウズキャリを見てみる【完全無料】

高卒から失敗しないで
優良企業に転職したいなら
いい就職ドットコム」が一番オススメだ!

どうしても優良企業・ホワイト企業にこだわりがあるのであれば、ブラック企業の徹底排除に取り組んでおり、正社員限定の求人しか取り扱っていない、いい就職ドットコムもオススメです。

こちらも20代向けではありますが、経歴問わずに使えるため、高卒からでも優良企業を見つけ出せる可能性が非常に高いと言えます。

ちなみにいい就職ドットコムは、当サイト運営者が実際に働いているキャリアカウンセラーさんなどと話してみて運営実態も確認済みです。

学歴や経歴に悩みがある方の相談・転職サポートをしっかりこなしてきた実績のあるサービスですので、安心して利用してください。

いい就職ドットコムを見てみる【完全無料】

タイトルとURLをコピーしました