高卒で入れる優良企業を見つけ出すコツ。ホワイト企業に転職したいなら読んでおこう!

「大卒よりも仕事しているのに給料安くて辛い…」
「ブルーカラーの仕事辛い…」
「年とっても体力勝負の仕事で先が不安…」

高卒後に社会人として働く中で「学歴の差」「高卒勤めの不遇さ」を知った方も多いでしょう。

ですが、そこに気づけているうちは、まだ挽回可能です。

最近は若手不足で20代からであれば未経験職の優良企業に転職可能ですので、高卒からでもホワイト企業に就けるチャンスはいくらでもあります。

そこで当記事では、高卒の方でもホワイト企業に転職するための全知識をご紹介して参ります。

高卒はブラック企業で働くしかない?

まずは「なぜ、高卒はブラック勤務が多くなるのか?」について考えていきます。

おそらく、この記事にたどり着いた方は、

「ブラック企業に就きたくない…」
「ブラックな職場に入って転職を考えている」

…という方が多いはずです。

ブラック企業に入社してしまう人は、学歴以上に「企業の選び方」「社会に関する知識」が間違っている可能性もあります。

ですので、自分の認識を正すためにも、まずは「ブラック企業に入社してしまう原因」を知っておきましょう。

高卒の仕事は「人に使われる仕事」が多いから

高卒から社会人になった場合は、工業高校・商業高校などから就職した人が多いですので、基本的には技術職など「人に使われる仕事」になることがほとんどです。

一方、進学校から大学に進学して就職した場合は、管理職への育成を前提とした人材採用であったり、本社勤めとしてデスクワークなどの「人を使う仕事」になる場合が多いですね。

そういった事情もあるため、高卒社会人は一生肉体労働や技術職など、他人に使われて体を動かさなければ稼げない仕事を続けなければならないわけです。

大企業の製造業などであれば技術職から、後輩を育てる管理職になることも出来ますが、中小企業や零細企業クラスであると、一生部下クラスで働き続けなければならないわけです。

この事実に若いうちに気づいて行動せず、ダラダラと仕事し続けていては、一生「人に使われ続ける仕事」から抜け出せません。

しっかりとした就職活動・転職活動の方法を知らないから

大学生でも就職活動に意欲的な人は、早い段階で就職活動の方法を理解して、ガンガン企業にアプローチしていきます。

とくにキャリアアップ転職の際ですと、

  • 自己分析
  • 企業研究・業界分析
  • 職務経歴書・レジュメ
  • セミナー・説明会参加で地道にコネ・人脈を作る
  • 転職エージェントでアドバイザーと上手く付き合う

…などの、高いレベルでの技術や能力も必要とされます。

一方で、高卒生の場合は、

「卒業前に教師にオススメしてもらった企業に言われるがまま入社した」
「無料求人誌で”未経験者OK・学歴不問”の求人にばかり応募している」

…など、漠然とした就職活動・転職活動しか出来ていない方が多いのではないでしょうか?

以下の記事にも書いておりますが、しっかりとした就職活動・転職活動方法を知らないと、求人誌の広告フレーズに流されやすくなり、結果的に人手の足りていないブラック企業に入社してしまうことになるのです。

求人情報をうのみにしているから

高卒の方がブラック企業に入社してしまいやすいのは、求人情報をうのみにし過ぎているからでしょう。

求人情報は以下のような理由もあり「求人票は正確な情報ではない」ということを知っておく必要があります。

  • ハローワークの求人情報は企業側の自己申告なので、実態と違う情報が多くなる
  • 無料求人サイトの情報は広告フレーズが中心になるため、思い違いが多くなる
  • 企業側の求人制作レベルにも差があったり、部署を通す中で実態と違う情報になることもある

以上のように、求人票の情報が実態とかけ離れてしまう可能性はいくらでもあります。

以下の記事などにも書いてありますが、求人情報を参考にし過ぎると痛い目にあうことも増えるので、求人票は「あくまで目安である」ということを知っておきましょう。

高卒の将来は不安定?

この記事に訪れた読者の方は、少なからず「最終学歴高卒のままじゃ将来が不安…」と悩まれていることかと思います。

今の日本では大卒クラスでもブラック企業に入社してしまうこともあるので、高卒はさらに選択肢が狭くなるという点で、将来に不安は残ることは間違いありません。

ですが、高卒でも働き方や入社する企業をしっかり選べば、ホワイト企業で長く働けるチャンスは全然あります。

そのためには、以下のようなことに注意してみてください。

ブラック企業で働き続けると学歴問わずに不安定

高卒の方には、知らず知らずにブラック企業に入社してしまった方もいることでしょう。

ブラック企業にも、大きく分けて以下の2種類が存在します。

  • ブラックな働き方な分、給料が高く成長性もある会社(広告代理店、営業系の会社、成長中のベンチャー企業)
  • 人手不足が慢性化しており、ブラック化してしまっている会社(飲食、介護など)

前者は働き続ければその分社員にリターンの大きい会社も多いですが、後者はハッキリ言って辞めてしまっても問題ないでしょう。

ブラック企業で働き続けて精神や身体を壊してしまっては元も子もありません。

キャリアを意識しておかないと大卒でも不安

高卒で将来が不安な方は多いでしょうが、大卒でもそれは同じことが言えます。

今の日本では終身雇用制度が崩壊し、一つの会社で働き続けることはリスクが大きいですので、転職に備えてキャリアを意識しておくといいでしょう。

  • 将来、自分はどんな人材に成長したいか?
  • 今の自分の会社・業界でどのような人材が評価されるか?
  • 高卒でも出世・昇進出来る社風か?

大事なのは「今の会社で昇進してより上の仕事を目指す」「今の会社で評価されないなら、転職する選択肢も考えておく」という、どちらの選択肢も確保しておくということです。

会社・業界全体での将来性も意識しておこう

働く会社の将来性を気にしている高卒の方は、会社・業界全体での将来性も意識しておくといいでしょう。

会社単位で見ると、将来性の低い会社は、

  • 従業員を大事にしない=人が育たない(派遣・アルバイトが多い、離職率が高いなど)
  • 取引先や販路の幅が狭く、収入源を一部の相手に依存している
  • 社長がワンマン経営で、経営判断を誤ると会社が倒産する危険と隣り合わせ
  • 中小企業・零細企業クラスで、利益が少ない、事業内容がしょぼい

…などの特徴があります。

会社の将来性を見極めるのは非常に難しいのですが、経営や経済の知識と分析力さえあれば、ある程度は把握できるので、以下の記事などをご参考ください。

また、業界・業種全体での将来性を考える場合、業績や売上の推移を見ておけば、おおよその「これから」は読めます。

将来性に不安が残る業界を「斜陽産業」と呼ぶのですが、以下の記事に詳しくまとめているので、気になる方はチェックしてみてください。

高卒からの転職は厳しい?

高卒で転職を考えている方は「高卒の自分でも転職は可能なのか?」とお悩みかと思います。

大手の転職サイトでは「大卒・ホワイトカラー向けの情報」が多いので、高卒の方が不安に思うのは仕方のないことかもしれません。

(これは単に転職業者も「出来れば高年収で企業に売り込める人材」を確保したいから…という事情があります)

結論だけを言えば、高卒でも転職は十分成功可能です。

ただし、以下の点には注意。

  • 大卒しか採用してないホワイトカラーの職種は厳しい(大企業クラスの場合)
  • 未経験からの採用が控えられる30代以降は、今までの経歴に左右する

逆に言えば、

  • 大企業ではない、中小企業クラスであればホワイトカラーへの転職も難しくない
  • 20代であれば、学歴・経歴問わずに未経験職に就けるチャンスあり

…ということです。

高卒でも学歴不問の隠れホワイト企業を見つけ出すためには?

以上のように、高卒の場合は大卒と比べてキャリア的に不利になるのは間違いないのですが、今や「大学を出てもブラック企業勤務当たり前、ニートになる人もいる」という時代です。

必ずしも、高卒だからと言ってホワイト企業に転職出来ないわけではありません。

むしろ、大卒というプライド・肩書にこだわらない分、高卒の方が優良企業に出会える可能性も大きいぐらいですので、以下の点に気をつけてみてください。

「優良企業」「ホワイト企業」の定義をハッキリさせておく

高卒の方で、何が何でも優良企業・ホワイト企業に就きたいと考えている方は、まずは「優良企業・ホワイト企業の定義」をしっかりと定めておくといいでしょう。

  • 高卒でも年収面で大卒クラスに劣らないレベルの企業
  • 待遇・勤務時間の面でホワイトな環境で働ける会社
  • 人間関係面でのストレスの少ない会社(経営者や上司と気が合うか?)

転職は「あちらが立てばこちらが立たず」という状況になりやすいので、上記のすべての条件を満たす企業は少なめです。

ただし、どれか一つに軸を絞れば、必ず優良企業は見つかります。

学歴にこだわらない・とらわれない

高卒からホワイト企業・優良企業に転職したい人は、学歴にこだわらない・とらわれないことも大切です。

転職市場では年齢を重ねるにつれて「経歴>>>学歴」という評価基準になりますので、高卒でもそれなりに勤務経験があれば、どうとでもなります。

たとえば、求人票に「大卒以上」と書いている企業でも、中小クラスであれば意外と面接にたどり着くこともありえます。

高卒がホワイト企業に転職するための具体的な方法は?

ここまではあくまで、高卒の方が一人でホワイト企業・優良企業を見つける際の判断材料をご紹介してきました。

しかし、自分一人で転職活動を行って優良企業を見つけ出すためには、もっと複雑な知識や判断力が必要になってきますので、万全を期すのであれば、人材会社のサービスを使ってプロに相談し、自分に合った企業を紹介してもらうという方法をオススメします。

20代向けの就職支援サービスを使っておく

高卒の方で優良企業・ホワイト企業にこだわる方は、20代向けの就職支援サービスの利用を検討しておくといいでしょう。

20代向けの就職支援サービスは、大手の人材サービスでは紹介されていない隠れた優良企業を紹介してくれるので、高卒の方でもホワイト企業に就ける可能性が上がります。

とくに20代向けの就職支援サービスは、

  • 対応が丁寧な業者が多い
  • 人柄・人間性重視で採用してくれる企業が多く、学歴・経歴は問われにくい
  • 履歴書なしで面接が出来る
  • 定着率(=長く働ける率)を重視しているので、結果的に自分がホワイトだと思える企業に就きやすい

…など、優良企業へ転職したい20代の方は、使っておく価値ありでしょう。

転職エージェントを有効活用しておく

高卒の方でホワイト企業に転職したい方は「転職エージェント」を使っておくといいでしょう。

転職エージェントとは、プロのアドバイザーが転職に関する相談に乗ってくれ、自分に合った転職先を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントは就職支援サービスと違い、

  • 大手・有名企業の求人も扱っている
  • 全国展開・社員の多い会社なので面談に参加しやすい
  • 効率重視で、求人量が多め

…などの特徴があるので、必ず使っておきたいです。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ