一般人が宮内庁への転職は可能なのか?意外と多い宮内庁関連の職業

天皇陛下一族のために、我が身を捧げて宮内庁に尽くしたい方もいることでしょう。

やはり、日本人たるもの、天皇陛下に尽くしたいものですからね。

まあ、正攻法で入るなら、学歴や教養などは不可欠と言えます。

しかし、考えても見てください。

宮内庁って、結構いろんな職業があるんです。

宮内庁式部職学部に所属するミュージシャンの東儀秀樹さん(参考リンク:オフィシャルHP)なんかは、若い頃はロックミュージシャン目指していたというトンデモ経歴ですからね。それでもバリバリのインテリですがw

謎の多い宮内庁の職業

実際に宮内庁の仕事ってあまり公にされていないので、割りと謎な職種が結構あるんですよね。

公式サイトの職員を見ても、一目では何をしている仕事なのかわからない職種ばかりです。

とくに一般職に渡っては内情は不明です。

  • 1 特別職 52人
    • (1)国家公務員法で規定するもの宮内庁長官,侍従長,東宮大夫,式部官長,侍従次長
    • (2)人事院規則で規定するもの宮内庁長官秘書官,宮務主管,皇室医務主管,侍従,女官長,女官,侍医長,侍医,東宮侍従長,東宮侍従,東宮女官長,東宮女官,東宮侍医長,東宮侍医,宮務官,侍女長
  • 2 一般職 958人
    • 宮内庁次長以下の内閣府事務官,内閣府技官など

出典:宮内庁の中の宮内庁についての中の職員

また、皇居警察なんかは、乗馬の技術が求められますね。

皇居警察はバリバリのエリート思考、文武両道インテリ思考です。

やはり、学歴は高いほど有利と言えるでしょう。

あとは庭園課や料理人、運転手など、実に多彩な職種が存在します。

宮内庁に就職するなら、まずは宮内庁の職員採用を定期的にチェックして、公務員試験を受ける必要がありますね。

経歴や職歴は実は関係ない?

ちなみに、建前上は経歴や職歴はまったく重視していないそうですね。

Q5 経歴・職歴で優遇されることはありますか?
「特にありません」

Q6 出世コースはありますか?
「特にありません」

出典:これだけ優しくて親切な組織はない…宮内庁職員の特徴を明かす

…まあ、建前でしょうね。

ただし、出世コースに関しては概ね事実ではないでしょうか。

皇族関係者から政治家や官僚などの、国政に影響力のある人間が出てきたら、憲法的に問題ですからね。

そういった功名心とは無縁な、真に皇族と日本に尽くせる人材こそ、宮内庁の求める人物像なのでしょう。

実情はコネか…

あまりに謎が多かったり、歴史的に見ても華族などの家柄が重視されていた経緯から、実情はコネ・縁故採用説との見方も強いですね。

まあ、宮内庁にどこぞの馬の骨を入れるぐらいなら、世襲制で由緒ある家柄を引き入れたほうが安全ですからね。身辺調査の話があることからも、そういった背景があるのかもしれません。

文武両道を証明する学歴に家柄と、絵に描いたようなインテリ・エリートが国に尽くすために選ぶ職場が宮内庁なのでしょうね。

身辺調査が入るという通説

宮内庁に携わる場合、身辺調査が入るという噂はまことしやかに語り継がれていますね。

まあ、これは自衛隊の結婚相手なんかに関しても言われていますね、

このあたりは守秘義務もあるので、表立って正確な情報は公開されませんが、火のないところに煙は立たないという言葉もある通り、あると考えてもいいでしょう。

そうなると、国の機関の登録されている情報はまず検閲しているでしょから、国籍や犯罪歴などは当然ながらチェックされるでしょうね。あとは金融関係の経済状況などもですね。

宮内庁御用達

「宮内庁御用達」という言葉もありますけど、何も宮内庁内の仕事にこだわらなければ、皇族と関わる仕事は結構ありますね。

宮内庁御用達とは、宮内庁に納品している業者のことですね。

伝統的な日本料理・和菓子から、バッグなどの装飾品など、実に多くの業者が宮内庁と関わりがあります。

宮内庁御用達のメーカーまで含めると、実に多くの人々が宮内庁に関わった仕事をしていると言えます。

宮内庁関係の求人なら転職エージェントを使ってみるのも手

このように謎の多い宮内庁ですので、ネット検索だけでは真相にはたどり着けないことでしょう。もっとも、これだけ謎が多い=それだけしっかり守秘義務が守られているとの証明でもありますけどね。

そのため、本気で宮内庁に携わりたい方は、非公開求人を多く扱う転職エージェントに登録して、相談して見ることをおすすめします。宮内庁に興味があるのですから、それなりに教養のある方でしょうので、案外宮内庁に携われる求人を紹介してもらえるかもしれませんよ。

まずは、非公開求人などで、宮内庁に結びつく情報を得ることが大切です。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ