仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

まだイケハヤで消耗してるの?環境を変えるだけで人生はうまくいく

ども!匿名ライターのイケダヤマト(仮名)です!

まだ、イケハヤで消耗してんの?

…すみません。

ちょっと真似してみました。

いやあ、ボクも社畜人生で東京でしょぼい生活してるときは「まだ東京で消耗してるの?」というセンセーショナルなタイトルのブログと出会って衝撃を受けましたよ。

ひかえめに言って「イラッ☆彡」と来ましたね。

本も買って読みましたけど、ブックオフですぐ売っちゃいました。

買取価格は5円でしたね。うまい棒1本も買えなかったです。

でもねえ、この本。

一度読むと、こう、頭から離れないんですよ。

―――まだ東京で消耗してるの?

仕事で消耗する度に、あのドヤ顔メガネが頭に浮かぶんですよね〜。

―――まだ労働で消耗してるの?

頭の中でささやくんですよ。

―――またイケハヤで消耗してるの?

…あれ?

ひょっとして、オレが消耗してんのって、東京でも労働でもなく、イケハヤのせいなんじゃね?

なんつーかね。

「イケハヤ」というトークンが、ボクの心にとりついて、じわじわ精神削りに来てる…って感じ?

「まだ東京で消耗してるの?」
「まだ労働で消耗してるの?」
「まだ仮想通貨持ってないの?」

こういう言葉にイラッとしちゃってるのは、”イケハヤ”に消耗させられちゃっている証拠ですよ〜。

”イケハヤ”とは概念でしかない

ちなみに、ちょっとかしこい人ならすでに見抜いているはずですが、”イケハヤ”という存在は概念でしかないんですよね。

実名顔出しブロガーだから、だまされる人も多いですが、イケハヤってただのコンテンツなんですよ。

最近はトークン化しちゃってるみたいですけど、イケハヤの中の人って何人いるか知ってますか?

ざっと見積もって、100人ぐらいはいますよ。

ボクの見立てが間違ってなければ。

あの執筆量と情報量、100人ぐらいはゴーストライター雇わないと、到底無理な作業量ですからね。

まだイケハヤに消耗させられてんの?(苦笑)

本題に入りますが、イケダハヤトというプロジェクトは、社畜を消耗させるために生まれたコンテンツなんですよ。

サラリーマンを、確実に消耗させるためのコンテンツ。

それがイケハヤ。

今もイケハヤに消耗させられている人、今は仮想通貨で財布の中まで抜き取られているんじゃないでしょうか?

「イケハヤがムカつく」と思っている社畜はヤバイ

たまに「イケハヤムカつく」とかマジレスしちゃってる社会人見るんですけど…。

君、社会人としてちょっとヤバくない?

…と、同じ社会人として思っちゃうんですよね〜。

まともな社会経験があれば、イケハヤがネタコンテンツというのは、理解できるんですよ。

みんな「わかってて読んでる」わけ。

あれは”そういう芸風”だって、ね。

「地方に行けば年収が上がる」なんてネタ発言、普通に考えれば”ウソ”だとわかりますからw

イチローや松井が「野球をすれば誰でも1億円稼げる」と言っているのを聞いて、野球始めちゃうぐらいのレベルですからね〜。

小学生でもわかるんじゃないですか?

日本のインターネッツの基本は「うそをうそであると見抜ける人でないと(使うのは)難しい」なのは、みなさん知ってますよね?

イケハヤがネタだというのは、一発で見抜けるんですよ。

最近の若い子、2chの騙し合いや煽り合い、リアルタイムで経験してないから、わからないだろうなぁ〜。

イケハヤに消耗させられている社会人は意識を変えたほうがいい

イケハヤに消耗させられている社会人ってね、基本的にレベルが低いんですよね。

自分の頭でしっかり考えて、行動したことないんじゃないかな?

だから、簡単に見抜けるウソや「消耗しているの?」なんてフレーズに、いちいちマジになっちゃうわけですよ。

本当に今の仕事を自信持って選んだ人なら「消耗しているの?」と言われたところで「いや、別に大企業勤めで充実しているけど?」と返せば、一発論破ですからね。

イケハヤの言うところの「はい、論破」。

「どんだけ、社会人生活充実してないの?」っていうねw

イケハヤに消耗しちゃってるような人は、東京や労働ではなく、どこに行っても何をしても、消耗しちゃうんです。

で、こんなブログに来て「うんうん♪」とうなずいちゃう。

イケハヤを叩くと思った?

残念、私もまたイケハヤの一人でした。

でもね、安心していいですよ。

環境を変えるだけで人生はうまくいく。

これだけは、イケダハヤト氏の言っていることで、間違いないことなんです。

だいたい、自分で環境も変えられない凡人は、今の環境から逃げるしかないんですよ。

ボクも昔は東京で消耗してるだけの社畜だった

ちなみに、ボクも実は昔、イケハヤにあこがれてたイケハヤキッズだったんですよ。

社畜人生に疲れてブログとかやってみてわかったんですけど、イケハヤみたいに上手くいく人なんて、ごく少数です。

それでわかったんですけど、社畜がイケハヤに煽られてキレているのは、だいたいが「自分自身」にイライラしてるわけなんですよね。

「東京」でも「労働」でもなく、自分自身に消耗してるんです。

そこに気づいてから、ボクは「自分の力で社畜を抜け出し、イケハヤを見返してやる!」と必死になれましたね。

そうすれば、イケハヤがただのネタコンテンツだということは、簡単に見抜けるようになるんですよ。

「イケダハヤト」というのは仮想人格でしかないので、全然仕事や人生の参考にはなりません。

イケハヤに消耗している人は転職した方がいい

イケハヤにマジになってる社会人の方は、割と真面目に転職を考えたほうがいいですよ。

じゃないと、いつまでも自分自身に消耗したまま、年収上がらずで、社畜人生送るしかないですから。

イケハヤのブログ読んでマジになっちゃうような社会人は30歳ぐらいになると、社会に通用しなくなるんじゃないでしょうか?

環境を変えるだけでうまくいく」なんて大マジで言ってる人、どこの会社も欲しがりませんからね〜。

「お前自身で、環境を変えろよ」

これが全社会人の本音です。

ただ、ボクと同じ20代のうちなら、まだこういった間違いに気づける可能性は高いので、転職してみる価値はありますよ。

逆に30代中盤ぐらいになると、転職市場で通用しなくなって、頭も固くなるから、将来性のない会社で消耗し続ける。

イケハヤに消耗しないメンタルが身につくと、仕事にも誇りが持てるようになりますからね。

「まだブログで消耗してんの?」
「まだ仮想通貨で消耗してんの?」

今はマジでこんな感じ。

この境地に達したいのであれば、前向きに転職を考えておくべきですよ。

今の職場で消耗し続けるよりかは、環境を変えたほうが人生はずっとうまくいきますからね。

転職を考えるなら、転職エージェントを使っておくべき

だいたい、イケハヤの社畜ディスをマジに思っちゃう人って、ちゃんとプロのキャリアアドバイザーや、企業人事の話を聞くような努力も、してないわけなんですよ。

転職エージェントなんて無料で誰でもリスクなしで使えるのに「本当に地方は年収が上がるんですか?」「環境を変えれば人生はうまくいきますか?」と、聞いてみることすらできない人ばかりですからね。

その辺の意識の差じゃないでしょうか?

社畜とイケハヤの差が開くのって。

私もイケハヤに乘せられてから転職エージェントを使いましたが、やっぱりプロのキャリアアドバイザーと会って面談することが、一番大事だと感じましたね。

おかげさまで、社畜脱出成功、今は充実した人生を過ごしてます。

イケハヤのドヤ顔と「まだ消耗してるの?」という言葉が頭から離れない人は、転職を考えておいた方がいいですよ。

一生、仕事で嫌なことがあるたびに、あのイケハヤのドヤ顔が頭に浮かびあがってくるわけですからね。

―――まだ東京で消耗してるの?w

イケハヤはトークン化しているので、今後どんどん、あなたの心に侵入してきますよ。

―――まだ労働で消耗してるの?w

転職エージェントを活用しておけば、イケハヤに消耗することはなくなります。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ、三下どもが。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。