3月の転職は不利?転職活動を3月に始めるデメリットとメリットとは?

転職マニアのイツキです!

転職を10回以上重ね、常に転職コンサルタントに相談している私は、転職市場についても人一倍詳しいです。

そんな私だから、わかることがあります。

最も、転職市場が賑わう月は3月です。

理由は単純。

就活解禁・決算期・部署替えなどの要素で、会社が慌ただしく動く時期だからですね。

ところで「3月は忙しいから、今の仕事が落ち着いてから転職を始めよう…」と考えている方、結構多いですよね。

もし、あなたもそう考えているなら、一つだけ言っておきますよ。

忙しい時期にこそ、転職活動を始めるべきです。

というのも、忙しい時期に何も行動できない人は、忙しくなくなっても行動しないですからね。

どうせなら、慌ただしく会社や人材の動くこの時期に、思い切って転職活動の一歩を踏み出しちゃうべきですよ。

3月は企業が慌ただしく揺れ動く時期!

3月は企業が慌ただしく揺れ動く時期です。

就活スタートはもちろんのこと、決算・人事異動に伴い、公私共に慌ただしい生活を送っている社会人は少なくありません。

この忙しい時期に転職を考える人は少ない…と思いきや…。

3月は転職業界においても、繁忙期なんです。

というのも、決算期や人事異動を経て、4月(新年度)に新しい会社に転職しようと考える人が増えるからなんです。

「落ち着いてから転職活動しよう…」という考えは命取り

社会人女性
3月は忙しいから
4月以降に転職しよう…

このように考えられている方もいることでしょうが、やめておいた方がいいです。

思い立ったが吉日、すぐに行動したほうがいいですよ。

転職はスピードが大事です。

何も「転職活動をする=今の仕事を辞めるわけではない」ので、行動してしまったほうがいいんです。

また、企業側の事情も踏まえると、3月に転職を始めるメリットはかなり大きいと言えますよ。

・3月に転職活動をしないリスクとは?

  • 新年度に向けて新しい人材を確保しようと考えている会社から内定をもらう、最後のチャンス
  • 経歴や年齢によっては就活生がライバルになる時期でもある(就活生の採用に力を入れている会社は中途採用に慎重になりやすい)
  • 4月~6月も転職市場は繁忙期なので、コンサルタントとの面談・採用面接の日程が組みにくい

転職活動は、最低でも内定をもらって次の会社に勤めるまで3ヶ月間は見積もっておく必要があります。

3月から転職活動を始めて、新年度に新たな転職先に勤めるのは、かなり厳しい時期です。

かと言って、3月に行動し始めなければ、就活生との競合することになる上、ゴールデンウィーク明けまでぐらいは、転職サービスでのコンサルタントとの面談や採用面接の日程も組みにくく、チャンスを逃しやすくなってしまうわけです。

もし、少しでも転職に興味があるなら、今からでも遅くありません。

すぐに行動しましょう。

「3月は忙しいから…」は言い訳にすらなりません。

3月に転職するメリットとは?

3月に転職するメリットは、みなさまが思っている以上に大きいですよ。

ピンチはチャンス」とはよく言いますが、実は忙しい時期ほど優良な求人と出会いやすいからです。

3月の転職は人材採用に余裕のない会社を見抜きやすい

3月の転職は人材採用に余裕のない会社を見抜きやすいというメリットがあります。

考えても見てください。

「今、忙しいから、採用はしていない」
「今月は忙しいから採用は受け付けていない」

忙しい時期にこういうことを言う会社は、それだけ余裕のない証拠です。

まともな会社なら、採用は人事が担当しているので「忙しいから…」なんて理由で、採用面接を断るようなことはしません。

逆に言えば「3月は忙しいから後にして!」なんて言うような会社、入社するだけブラックな可能性大なので、こっちから願い下げですよ。

…だいたい「3月は忙しい時期」というのはまともな社会人ならわかりきっていることなので、この時期に「忙しい!忙しい!」なんて言っている会社は、業務改善がしっかり出来ていない証拠です。

これだけでも、いかに3月に転職活動を始めることがかしこい選択肢か、おわかりいただけることでしょう。

3月の転職は企業の抜けた穴に入り込むチャンスが大きい

3月に転職活動を始めると、企業の抜けた穴に入り込むチャンスが大きくなります。

会社の採用にも周期があるので、3月は新年度に新しい人材を受け入れたい会社に入社する、最後のチャンスになるわけです。

これは先の読める会社の特徴であって「3月は新人を入れる余裕はないけど、4月からなら余裕があるから、今のうちに採用をしておこう」と考えるわけですね。

逆に「即戦力!」「人手が足りない!」と言っている会社ほど、行き当たりばったりの採用をしてしまうため、ミスマッチ率が高くなります。

ですので、そういった会社に転職してしまわないためにも、あえて忙しい時期に転職活動をしてみる価値があるわけですね。

3月の転職はライバルが少ない

3月の転職は、ライバルが少ないというメリットがあります。

就活生と競合してしまう既卒・第二新卒(20代前半)は別ですが、そうでなければ、忙しい時期で転職活動を控えている人が増えるため、ここで行動すれば、大きく一歩リードできます。

行動の早い人が結果として、いい転職先を見つけ出すことができるわけですね。

少なからず、あなたと同じような経歴の人がライバルだとしましょう。

採用の決めては、間違いなく「行動が早かったか、否か」で決まります。

企業も暇ではないので、求めている人材が来たら思い切って採用してくれますが。

しかし、定員を満たしたら、んなに優秀な人材が来たって、採用を控えるものです。

忙しい時期で転職活動に割く時間がないからこそ、思い切って行動する価値があるわけですね。

3月の転職は新年度に合わせて新しい職場になじみやすくなる

3月に転職を始めれば、新年度に合わせて新しい転職先になじみやすくなるメリットがあります。

これは、転職希望者・企業側どちらにとってもメリットになりますね。

余裕のある会社からすれば「新年度の新たな業務に合わせて、多少経験不足でも新しい人材が欲しい」という思惑があるので、転職者に求めるハードルは少し低めになるわけです。

転職希望者も、新年度の組織再編に合わせて入社すれば、新しい職場になじみやすくなるので中途半端な時期に入社するよりも、だいぶマシになりますね。

逆に「即戦力」「人手が足りない」ような会社は、忙しい時期でも「明日から来れる?」というレベルで急かしてくるため、求められるハードルも上がり、その上ブラック勤務になりがちなデメリットがあります。

3月から転職活動を始めると、新年度の転職には間に合わないかもしれませんが、少なからず「新年度に向けて~」と考えている企業から採用される、最後のチャンスだとは言えます。

一方で、新年度から転職活動を始めた場合、新年度に合わせて採用を打ち切る会社に転職するチャンスは一切なくなってしまいます。

そう考えると、3月は転職活動を始める、最後のチャンスだと言えるでしょう。

3月に転職するデメリットとは?

一方で、3月に転職活動を始めることには、デメリットもいくつかあります。

経歴・年齢によっては就活生がライバルになりやすい

まず、この時期に嫌でも意識しなければならないのが「就活解禁」ですね。

各企業は3月の就活解禁に合わせて、次年度の新卒採用に集中します。

ですので、新卒生と企業側の需要の被りやすい「既卒・第二新卒」の方は、チャンスを逃しやすくなります。

ただし、既卒・第二新卒は就活生と違って「すぐに転職先に勤められる」という、対応力の速さがあるのが強みです。

逆に言えば、対応力の速さがなければ、就活生と真っ向勝負するハメになるので、不利になりがちですね。

ですので、20代前半の「既卒・第二新卒」に含まれる方が転職する場合は、とにかくスピードで勝負する必要があります。

ですので、忙しい時期である3月であってもお構いなしに、転職サービスを利用しておきましょう。

バタバタしている会社に雑に扱われる

3月に転職活動を始めると、バタバタしていて忙しい会社に雑に扱われるリスクが増えます。

とくに、転職初心者の方が、忙しい会社に無下に扱われるのは、なかなか精神的にへこんでしまいますからね。

ただ、逆に考えれば、この時期に採用する余裕がない会社は、どの道採用されてもバタバタして忙しいだけの会社ですので、むしろ「忙しい会社を見分けやすい時期だ」と、考えを変えてみるといいですよ。

私も3月に転職したことがありますが、教わってもない仕事をドンドン押し付けられ、痛い目を見ることになりました。

一方で、新年度に合わせて入社できた会社は、比較的余裕を持って職場になじめたので、3月の内に転職活動を始めて、新年度に合わせて転職するのが一番ですよ。

忙しい時期なので転職活動に割く時間がない

3月に転職活動を始めるデメリットは、単純に今の仕事が忙しくて、転職活動に割く時間がない…ということですね。

ただし、これは転職活動の方法を効率化すれば、とくに問題はありません。

たとえば、転職エージェントでキャリアアドバイザーにスケジュール調整や求人探しを任せれば、大幅に転職活動の負担は減ります

むしろ「忙しいからこそ、空いた時間を使って効率よく転職活動を進められる」と考えると、この時期に思い切って行動できるかどうかが、今後の人生を決めると言ってもいいでしょう。

どちらにせよ「3月は忙しいから…」という理由で行動できなければ、4月になっても、ゴールデンウィークで長期休暇が出来ても、行動できませんからね。

忙しくて我を忘れてしまう時期だからこそ、自分にむち打つつもりで、転職活動も同時に勧めておくべきなんです。

転職先さえ見つかれば、今の忙しさからも抜け出せる…」と考えると、転職に対するモチベーションも高くなるので、ぜひ3月にこそ転職活動を始めてみるべきでしょう。

3月の転職ならエージェント制を活用しておこう!

3月に転職活動を始めるのであれば、転職エージェントを有効活用しておきましょう。

意識高い

とくにオススメの転職エージェントは以下の3つ。

ビズリーチ…他の転職エージェントとは一線を画する、ヘッドハンターとのマッチング形式の転職サイト。レベルの高いヘッドハンターと登録企業から国内の上位クラスの求人が届きスカウトされる形式。年収1000万以上の求人が多く集まっている最高峰の転職サイトなので、キャリアアップを目指すなら必ず登録しておこう。→ビズリーチの解説記事

Spring転職エージェント…スイス発の世界No.1人材会社「アデコ」の手がける転職エージェント。国内の人材会社と違い「量より質」のため、圧倒的にマッチング精度が高い。担当コンサルタントの能力も高く、日本の事務的で役に立たない対応のリスクも少なめ。第二新卒からでも利用でき、登録のハードルが低いのも魅力。面談拠点は全国対応。→Spring転職エージェント(アデコ)の解説記事

JACリクルートメント…イギリス発の外資系転職エージェント。外資系企業・海外転職・グローバルな日系企業への紹介に特化。対象年齢層も30代以上からと高く、ハイクラスな転職実績多数。→JACリクルートメントの解説記事

どの転職エージェントも「全職種・全業種対応」の総合転職サービスで、登録は無料、なおかつ誰でも利用できるので、気になる方はこの機会にぜひ登録してみてください。

経歴やキャリアに自信のない方でも、意外な高年収求人のスカウトが届くこともあるので、登録しておくだけチャンスが得られます。

少なからず、今の職場でレベルの低い仕事やレベルの低い社員と仕事し続けるよりも、より一層ハイレベルな環境に挑戦できるので、今の職場に期待し続けるだけの人生よりもずっとマシですよ。

転職エージェントを使いこなすコツ

最後までお読みいただいている読者の方に、転職業界の裏事情からとくに有用な情報もご提供しておきます。

多くの転職エージェントでは「登録しておいて後は待つだけ」という方も多いですが、それだけではいい求人は引き出せません。

というのも、他に多数のユーザーが登録している上に、自己申告のネット情報だけですと業者側から信頼されていないため、自ら転職会社のヘッドハンターやコンサルタントの目につくようにしないといけないからです。

以下のことを意識しておけば、より一層優遇されやすくなるので、転職に強い関心がある方は試しておきましょう。

  • レジュメ(職務経歴書)の内容を充実させておく
  • 英語スキルがある場合、英文レジュメも記入しておくとよい
  • 自由記入欄には「業界用語」「業務内容」「役職名」など、出来る限り人材会社側の「検索」に引っかかりやすいワードを入れておく
  • 個人名アドレスの担当者からの求人案内やスカウトが来たら、可能な限り返信しておく(ハイクラス転職サービスでは、担当者との個人間でのやりとりが多くなる)
  • 面談の案内や勧誘が来たら、出来る限り参加しておく(面談に参加しないと優遇されにくい)

今回紹介している転職サービスは、日本の大手転職エージェントと違って個人プレイ色が強く、担当者やヘッドハンターが保有している求人からオススメを紹介してもらえる形式となっています。

つまり、担当者が受け持っている業界・職種とマッチすれば、かなり高精度で優良な求人を紹介してもらえる可能性が高くなるということです。

また、ビジネスライクで事務的な日本の人材サービスと違い、担当者個人の裁量幅が広く提案力も高いため、事前にメールでやりとりして希望求人の要望を通しておくことも可能です。

正直言って、これらの転職エージェントを使うと、いかに日本の人材サービスが非合理的かわかり、転職活動の概念が変わるほどですよ。

全サービス、無料で登録できるので、景気がよく売り手市場な今のうちに登録しておくといいでしょう。

転職エージェントの解説記事はこちら→転職エージェントのしくみとメリットを徹底解説!誰でも楽に転職成功できる合理的な理由とは?

転職エージェントとの付き合い方に関してはこちら→転職エージェントとの上手な付き合い方。社会人として”友好的”に接しよう

関連コンテンツ