3月の転職は不利?4月まで待った方がいい?転職活動を3月から始める意外なメリットとは?

3月の転職活動

3月だけどこの時期に
転職したら不利にならないかな?

3月は年度末だし決算やら配置替えで
どこの企業も忙しくて採用されにくそう…

このように、3月に転職活動を始めることに悩んでいませんか?

3月の転職活動は主に以下の2つの傾向があります。

3月の転職活動傾向

これだけ見ると意外と3月って
転職活動時期の穴場かも!

う~ん…
でも3月に転職活動を始めると
最終的な選考は4月にならない?

たしかに…

下手するとゴールデンウィークに重なるかもしれないし
そう考えると5月以降に転職活動始めた方が…

3月に転職活動を始めようかどうか悩んでいる方は、おそらく「年度末」「新年度」「ゴールデンウィーク」と言った節目を意識するあまり、転職活動を始めるタイミングを見失っているのではないでしょうか?

そこで当記事では、3月に転職活動を始めるべきかどうかについて、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

3月の転職は採用に追い込みをかける時期!

3月の企業は採用に追い込みをかける

3月は年度末ということもあり、企業は「採用予算を使い切りたい」「採用ノルマを達成したい」「新年度から入社して欲しい」という悩みや要望を抱えていることがあります。

そのため、企業側は採用に追い込みをかけて選考基準が緩くなっている可能性が高くなることが考えられます。

なるほど!
企業側も「誰か採用しなければ…」と
焦っていることがあるわけですね!

そういうことだな

ということは
3月に駆け込みで転職活動すれば
内定がもらいやすいと言えるんですね!

企業側も採用に焦りがあるわけだから
心理的にも「採用ハードルが下がる」傾向にあると言えるね

以上のように、企業側の事情を踏まえれば、3月の転職活動は採用に追い込みをかけている企業から内定をもらいやすいため、転職希望者にとっては思わぬチャンスに出会いやすいと言えます。

リクナビNEXT内の記事でも
3月の転職について書かれているので
参考にしてみるといいぞ!

3月の転職活動はライバルが少ないのでチャンス!

3月の転職活動はライバルが少ない

3月から転職活動を始めた場合、転職希望者の多い1~2月と比べライバルが少ないというメリットがあります。

年明けである1月や2月は
転職希望者の多い時期…

一方で年度末であたふたする3月は
転職希望者はそこまで多くない時期

ライバルが少ない時期なら
経歴に自信のない私でもチャンスがあるかも!

僕なんか採用してくれれば
転職先はどこの企業でもいいので
ライバルが少ないのはうれしいかも…

転職活動の際に多くの人が見落としがちな要素が、人気求人には他の応募者も殺到するので内定をもらえる可能性が下がりやすいということです。

どれだけ応募者の経歴が求人に合っていても
自分より優秀なライバルが同時に応募してきているだけで
採用を見送られるケースもよくあるからな

就職活動の時の集団面接で
他の学生に圧倒的自己アピールを見せつけられ
落とされた経験を思い出しますね…

転職活動でも大手転職サイトや人気求人は
他の応募者が殺到することが予想されるので
ライバルの少ない3月はチャンスの多い時期と言えるな

転職活動の繁忙期となる4~5月に先がけて、他の転職希望者が少ない3月のうちから活動を始めておけば、強力なライバル人材が増える前に、有利に動けると言えるでしょう。

3月に転職活動を始めないデメリットは大きい!?

3月に転職活動を始めないとデメリットが大きい

3月に転職活動を始めない場合、実は気づかぬ大きなデメリットが隠れています。

3月に転職活動を始めないデメリットなんてあるんですね?

転職市場や企業側の事情もあるが
年度をまたぐということを考えても
以下のようなデメリットが考えられる

  • 新年度に向けて新しい人材を確保しようと考えている会社から内定をもらう最後のチャンス
  • 経歴や年齢によっては就活生(既卒生)がライバルになる時期でもある
  • 4月~6月は転職市場は繁忙期なので面談・採用面接の日程が組みにくいことが予想される
  • 社内の新年度のごたごたで忙しくなる可能性がある
  • ゴールデンウィークや夏のボーナスの時期まで先延ばしにして行動出来ない可能性が上がる

う~ん
たしかに新年度からゴールデンウィークまでの期間は
社内の環境も変わって転職を始めるチャンスを逃しやすいですよね

そういれば私も「いつか転職してやる!」と言いつつ
ずっと先延ばしして結局何年も働いてますからね…

そうそう
そういう意味でも3月に転職活動を始めておけば
行動するチャンスを逃さずに済むぞ!

3月は年度末と言うこともあって、新年度・ゴールデンウィークがちらつく時期で「転職はまだいいや…」となりやすい時期でもあります。

逆に言えば、多くの人が動くことをためらう時期だからこそ、企業の採用意欲の高さと転職を希望しているライバルの少なさを活かし、有利に転職活動を始めやすいとも言えます。

3月下旬以降は企業人事は新卒採用で忙しい?

3月からの転職活動ですが、3月下旬以降は企業人事が新卒採用に関する手続きや、新年度に関してのアレコレで忙しいことが予測される時期です。

そのため、企業側の面接日程の都合がつきにくいことが多くなります。

企業人事関わらず
3月末は忙しいイメージがありますからね

僕の会社はそこまで忙しくないので
3月末に面接が出来ないのは不安だな…

企業との面接が出来なくても
転職エージェントとの面談や面接の練習など
転職活動の準備期間にあてることも出来るぞ!

企業との面接が少なくなりやすい3月下旬に、履歴書・職務経歴書の作成や、転職エージェントとの面談などに時間を使い、新年度から本格的に面接に応募するというスケジュールも考えておくといいでしょう。

むしろ急な求人募集で焦って
準備不足で落とされるリスクを減らせると考えれば
3月下旬を準備に集中できる期間と割り切るのもいいかもな!

3月からの転職活動の入社目安はゴールデンウィーク明けなので準備期間も十分!

3月から転職活動を始めた場合、順調に行けば5月~6月の入社が目安になります。

その場合、ゴールデンウィークを活用して引っ越し・退職手続などの準備にあてることが出来るので、精神的にも余裕が生まれやすいと言えるでしょう。

内定をもらった後のことは考えてなかったけど
ゴールデンウィークを有効活用できるとなると
転職先選びの幅も広がりそうですね!

退職に関する手続きや休養期間も考えると
ゴールデンウィークでリフレッシュしてから
新しい会社に入社という計画も良さそうです!

転職活動の際に見落としがちだが
「内定をもらった後の日程調整」まで考えると
3か月の期間を見越した計画を練っておくとゆとりが持てるぞ

転職活動の平均的な期間は「約3か月」と言われていますが、3月から転職活動を始めた場合はゴールデンウィークをまたぐことで、私生活でも余裕を持ったスケジュールを組むことが出来ます。

ゴールデンウィークを引っ越しや休養などの日程に当てれば、リフレッシュして次の転職先に入社することが出来るので、3月から転職活動を始めることで精神的余裕が持てると言えます。

マイナビの転職サイトでも
「春は転職のベストシーズン」と言われており
退職・入社時期を上手く活用すれば
余裕を持って転職できると言えるな!

3月からの転職なら転職エージェントを活用してスムーズに進めよう

3月から転職活動を始めたい方であれば「転職エージェント」を有効活用しておき、スムーズに転職活動を進めておくのがいいでしょう。

転職エージェントは無料で利用でき、以下のようなサポートを受けられます。

▼転職エージェントで受けられるサポートの例

  • 転職に関する相談(キャリアカウンセリング)
  • 自分に合った求人の紹介
  • 職務経歴書の添削
  • 面接の指導や事前対策
  • 面接のスケジュール調整
  • 企業とのやりとりや年収交渉の仲介

転職エージェントを使えば転職が初めての人でも、自分に合った求人の紹介から、面接先・内定企業との日程調整までサポートしてくれるので、在職中で忙しい方でも安心して転職活動にのぞめます。

この記事でも何回も紹介した通り、3月は年度末で企業が採用に追い込みをかけていたり、年始に転職活動を行っていた人が落ち着いている時期なので、転職活動するにはうってつけの時期です。

ですので、早めに転職活動を始めておき、有利な条件の求人を見逃さないようにしておきましょう。

でも転職エージェントと色んなところがあって
結局どこを使えばいいかわからないんですよね…

大丈夫だ!

最後に当サイトで厳選した
オススメの転職エージェントを紹介していくぞ

リクルートエージェント

転職エージェントの中でも国内No.1の求人数を保有する「リクルートエージェント」は必ず使っておきたいです。

▼リクルートエージェントの特徴やメリット

  • 人材業界No.1最大手の転職エージェント
  • 転職成功実績40万件以上
  • 求人数最多、大手・有名企業求人の取扱多数
  • 面談までのスケジュール調整がスムーズ
  • 面談拠点全国(電話・メールだけでも可能)
  • スマホアプリひとつで連絡対応可能

リクルートエージェントでとくに注目したいのが、

「圧倒的求人量」
「スピーディなサポート対応」
「スマホアプリでの効率的な連絡体制」

…の3つです。

「リクルート」は知名度もバツグンなので
信頼性も高い業者ですからね!

うーん
でも僕はリクルートには苦手意識があるなぁ…

そういう人もいるだろうから言っておくが…
多くの転職採用をしている企業が
「まずはリクルートから使おう」となるので
大手・有名企業の求人もリクルートには集まりやすい

たしかにリクルートは有名企業だけあって
求人も大手や有名企業が多いイメージがありますもんね

また人材業界の事情を少し知っていればわかるが
「他の転職エージェントはリクルートとの差別化を意識」しているので
まずは国内No.1のリクルートエージェントを使ってみて

合わないと思ったら他のエージェントを使ってみる流れがオススメだ

リクルートエージェントは業界No.1だけあって、求人量・使いやすさ・スピーディーさなどが圧倒的ですので、登録して求人を紹介してもらうだけでも便利です。

また、電話面談・メール連絡だけで転職活動を進めることも可能で、転職活動の目安は約3か月ほどです。

登録フォームに沿って入力していけば、自動で面談予定の案内が送られてくるので、少しでも転職したいと考えている人は早めに登録を済ませておくといいでしょう。

リクルートエージェントについて
もっと詳しく知りたい人は
以下の記事も参考にしてみてくれ!

Spring転職エージェント

世界No.1の人材会社アデコの手がける「Spring転職エージェント」もオススメです。

▼Spring転職エージェントの特徴やメリット

  • 世界No.1の人材会社アデコが運営(外資系)
  • 求人は「量より質」の傾向で情報の精度が高い
  • 求人情報に広告色が一切ない
  • 担当者の求人提案力に期待できる
  • 担当者個人が利用者と企業の仲介を担う

とくにSpring転職エージェントで注目したいのは
「両面型コンサルタント」と呼ばれる仕組みだ

うーん…
これって何か違いあるんですか?

面談担当者が「企業」「利用者」どちらも担当するので
より詳しい転職先の情報提供や事前の根回しに期待できる

国内の転職エージェントだと
「企業」に営業する担当者と面談担当者が別々なので
情報の精度や事前の根回しは落ちるわけですね…

そうそう
国内大手は「質より量」だとするなら
Spring転職エージェントは「量より質」に期待できる

Spring転職エージェントは外資系運営だけあって「求人の量より質重視」という運営体制が強く、転職に対する納得度や情報の精度にこだわりたいのであれば、非常にオススメできる転職エージェントだと言えます。

また、Spring転職エージェントは担当者個人の裁量幅が大きいため、転職に関する連絡も融通が利き、非常に満足度の高い転職につながりやすくなります。

リクルートエージェント同様、外資系として世界No.1の実績を持つ最大手人材会社ですので、気になる方はSpring転職エージェントの登録もお忘れなく。

Spring転職エージェントについて
もっと知りたい方は以下の記事を読んでみてくれ!

ハタラクティブ

20代向けにオススメの転職エージェントが「ハタラクティブ」です。

▼ハタラクティブの特徴やメリット

  • 20代向けの転職エージェント(就職支援サービス)
  • 経歴不問、既卒・第二新卒・フリーターから中卒・大学中退者まで対応
  • 転職エージェントと違って職務経歴書入力の手間なし
  • 書類選考なしで企業との面接可能
  • 親身な面談(カウンセリング)対応に期待できる

ハタラクティブは20代向けの転職エージェントだ

他の転職エージェントと何が違うんですかね?

どちらかというと20代向けのエージェントの場合は
「就職活動やり直し」という側面が強い
そのため「就職支援サービス」という名称が使われている

※仲介業者を経由して転職サポートしてもらえるという点では、転職エージェントと大きな違いはない。

就職活動のやり直し…?

たとえば
「ブラック企業に入社して自信がなくなった…」
「早期離職したので正社員に戻れるか不安…」
「メンタル面が不安なので就職できる自信がない…」
…といった働くことに対して挫折経験があり
就職活動のリベンジをしたい人向けだと言える

その証拠に
キャリアアップ意識の強い転職エージェントと比べると
20代向けの就職支援サービスは
カウンセリング面に力を入れている所が多い

たしかに意識の高いイメージのある
普通の転職エージェントよりは
親しみやすいデザインの業者が多いですもんね

なので以下のような読者は
20代向けのエージェントを使った方が
より自分に合ったサポートに期待できそうだ

  • 早期離職などで経歴に傷があり自信がない人
  • 就職先が決まらずにフリーター・非正規で過ごしてる人
  • うつ・ブラック企業からの離職など、ネガティブな退職理由がある人

ネガティブな退職理由がある人は

カウンセリングをしっかりした方が上手く行くので
ビジネス色の強い転職エージェントよりも
20代向けのサービスを活用しておくといいかもな

ハタラクティブは20代のフリーター・第二新卒・既卒向けの転職エージェント(就職支援サービス)で、以前にネガティブな退職理由がある利用者が多めです。

ビジネス色の強い他の転職エージェントと違い、ハタラクティブを始めとした就職支援サービスはカウセリング面に力を入れているため、自信のない人でも一から丁寧なサポートに期待できます。

また、ハタラクティブは全国10か所に拠点があるので、面談に参加しやすいのも特徴です。

もし読者が20代で経歴に自信がないのであれば、ハタラクティブを利用してみるといいでしょう。

ハタラクティブについての
詳しい解説は以下の記事をどうぞ!

転職の知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました