【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

まともな人から辞めていく会社はここがヤバい!真面目な人やいい人ほど急に辞める職場の問題点

「会社でまともな人がなぜか辞めていく…」
「今まで真面目に勤務してた人物ほど予兆なく突然辞める…」

このような現象に心当たりがあり、悩まされていませんか?

まともな人や真面目に勤務する者、周りから好かれる良い人や優しい人ほど、急に辞めていくという現象は、あらゆる組織において頻繁に起こることです。

ただ、「まともな人」と一言で表現しても、その人物像は様々かと思いますので、一度、その人物像についてまとめておきます。

周りに「まともな人」だと感じさせる人物の特徴や傾向を挙げると、人格面で「頼りになる人」「責任感ある人」「経験豊富で自信のある人」と周りからの人望が厚く、性格面では「礼儀正しい人」「品行方正でルールや規律を守る人」「倫理や教養ある人」と社内外でも信頼の置ける人物として扱いやすい印象を与えているでしょう。

また、実務面においては「専門知識が豊富な人」「業界や会社について詳しい人」「自己学習によるスキルアップを怠らない人」など、プロフェッショナル人材として「優秀な人」「有能な人」という確かな評価を得ていることでしょう。

いずれにしても、まともな人がいることで職場での人間が円滑なものとなったり、業務がスムーズに進むなど、周りの社員や上司としてもありがたい存在や頼りになる人物であることは間違いないでしょう。

一方で、そのまともな人が辞めると、途端に職場環境が悪くなったり、対人関係面で綻びが生じたり、重要な業務が進まない事態が発覚するなど、会社に様々な問題が起こります。

なぜそうなるかと言うと、辞めてしまったまともな人がそういった事態が起こらないように日々細かいことに気を配り先手を打っていたにも関わらず、周りがそれを評価しなかったなど、不平不満が募る要因があったからだと考えられます。

そこで当記事では、まともな人が黙って急に辞めていくような職場が抱える多くの問題点について、辞めていく側の心理や不満、また辞められる側の会社が抱える問題点など、参考になりそうな情報をまとめてお伝えしていきます。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

まともな人の特徴とは?

まずは「まともな人」の特徴から紹介していきます。

真面目で不満や愚痴を表に出さない人

真面目な性格で、勤務中に不満や愚痴を漏らさないような人は、まともな人だと言えるでしょう。

仕事中に愚痴や不満を漏らしたところで、何一ついいことはありませんし、建設的な改善にもつながりません。

ですが、職場には以下のような人材も存在するもの。

  • ダラダラ仕事を進めたり手を抜く人
  • 口を開けば同僚の悪口や陰口ばかりの人
  • 上司や会社の批判ばかりしている人
  • 努力してる人・忙しい人をバカにする人

いわゆる「意識の低い人」「モチベーションの低い人」が、真面目な人のモチベーションを低下させたり、足を引っ張るわけです。

ですので、周りのモチベーションに左右されず、キビキビ働けるような人は「まともな人」と言ってもいいでしょう。

黙って率先して仕事をこなせる人

自発的に率先して仕事をこなせる人も、まともな人だと言えます。

世の中には、自分から課題を見つけて自発的に取り組める人とそうでない人がいます。

大半の人が「与えられた仕事」「自分の仕事」しかこなさず、他人の仕事を手伝ったり、誰かが忙しい時に肩代わりするようなことはしません。

そのため、言われなくても自分から仕事を見つけてこなせるような人はまともな人だと言えるはずです。

優しい性格で対人関係を良好に保てる人

仕事では実際の作業だけではなく、職場内の人間関係を良好に取り持つコミュニケーション能力も必要とされます。

そのため、自我を抑えて職場の対人関係を良好に保てるような人もまともな人だと言えるでしょう。

先ほど紹介した通り、どこの職場にも愚痴や不満を漏らし自分の仕事をやろうとしない人種はいるものですが、そういった人を説得して仕事を円滑に進めるように調整するのは、いつも決まって優しい人や真面目な人です。

もし、職場にいつも頼られている人がいたり、自分自身がそのような立ち位置であれば、まともな人だと言えるはずです。

まともな人が辞めていく理由とは?

次に、まともな人が辞めていく理由についてご紹介していきます。

今までの不満を溜め込んでいるから突然辞める

まともな人が、不満や愚痴を溜め込むのは、前にご紹介した通りです。

内心では職場に不満を抱いている人ほど、まともな人として笑顔で振る舞うものです。

そのため、表面上は「まともな人」に見えます。

逆にダメな人ほど、不満や愚痴を表に出します。

そういう人ほど、

「不満を言ってばかりで何も行動しない人」
「愚痴を言ってばかりで自分から変わろうとしない人」

…と、周りから愛想尽かされて、人が離れていきます。

今の職場環境に改善が期待できないから

今の職場環境に改善が期待できないと思ったら最後、まともな人は辞めていきます。

それには以下のような、どれだけ優秀な社員でもどうしようもない問題が会社には潜むからです。

  • 不満や愚痴を言ってばかりの社員は自ら行動することはない
  • 一社員の権限で職場環境をどうこうすることは難しい

このような問題は、経営階級が動かないとどうしようもないことが多く、たとえ上司に人望があったとしても解決に期待できないこともあります。

そのため、まともな人は「説得されて引き留められてもめんどくさい…」と感じ、突然、辞めていくことも珍しくありません。

周りが無能でレベルが合わないとキャリア的に足しにならない

周りが無能であったり、レベルが合わないと感じているような職場は、まともな人にとってはキャリアの足しにならない可能性が高いです。

というのも、有名大卒でポテンシャルのある人材がフリーターとしてアルバイトしたとして、すぐに実務内容を把握してしまい、周りの中卒や高卒の人材を楽々と越えてしまう…という状況は往々にして起こりえるからです。

仕事では、学歴以外の様々な能力が必要となりますが、それはゲームのようにステータスと表示されるわけではありません。

学歴関係なく総合能力が高い人がいれば、そうでない人もたくさんいます。

そう考えた場合、明らかに今の職場での仕事が自分の能力以下の仕事だと感じるのであれば、転職してキャリアアップを目指した方が将来に期待できるわけです。

終身雇用も崩壊した今、ひとつの職場で長く働き続けることは「リスク」としても捉えられる時代です。

まともな人が、キャリアアップを意識して辞めていくのは、当然の流れだと言えるでしょう。

用意周到なので転職先を決めた上で辞める

まともな人は、用意周到なので水面下で転職活動を進めた上で、計画的に辞めていきます。

以下のような「自分で動いて転職を成功させる能力」を持っているからです。

  • ネット上で自身の労働環境の異常さをリサーチできる能力
  • 転職活動の仕方を調べて行動できる能力
  • 次の転職先で年収を上げたり待遇条件を良くする調整・交渉力

元々、今の職場環境で上位10%に入るほど仕事ができるのであれば、転職市場でも引く手あまたですから、わざわざ不満の多い職場で我慢して働く理由がありません。

まともな人が辞める職場の問題とは?

まとな人が辞める職場の問題点について解説していきます。

優秀な社員1人に仕事の負担をかけている

何度かお伝えしている通り、まともな人は優秀な社員であることが多いため、仕事での負担を一人で抱え込みやすいことになります。

一部の社員が優秀なことをいいことに、あれもこれもと様々な業務を押し付け、結果として潰すことは珍しくありません。

もし、読者が以下の点に心当たりがあるなら、要注意です。

  • 他の社員がやらない仕事を多数担当している
  • 他の社員が一切手伝ってくれない
  • わからないことを聞ける相手がいない
  • 職場の人間関係面の問題を抱えることが多い

とくに他の社員が察しが悪く、まともな人にしわ寄せが行くような社内環境であれば、注意しておくに越したことはないでしょう。

心当たりがある方は、以下の記事も参考にしてみてください。

関連:優秀なのに評価されない…優秀な人ほど転職するべき理由とは?

昇給・昇進に期待できない

昇給・昇進に期待できない職場も、まともな人ほと辞めていく会社の問題点と言えます。

そもそも、明らかに他人よりも負担が大きいにも関わらず、周りと給料や役職が同じと言うのは不公平と言うほかありません。

ただ、日本の企業では以下のような理由もあり、まともな人であっても昇給・昇進しにくいのが実情です。

  • 大きい企業ほど給料ベースが決まっているので爆発的な昇給は見込めない
  • 売上につながる数字や実績が評価されやすいため、その他の能力は問われにくい
  • 上司の独断やひいきが入ると過小評価されてしまい昇給・昇進につながらない
  • 会社の業績や社内の役職状況によってはどれだけ能力があっても上に上がれない

以上のように、まともな人であっても昇給・昇進が見込めないどころか、まともでない人や仕事ができない人でも上に上げれてしまう組織も珍しくはないのです。

少なからず、まともな人が辞めていくような職場では、何かしらの人事制度が機能しておらず、社員が不満を抱えやすい状況があると考えるべきでしょう。

労働環境の改善が見込めない

昇給・昇進とは別に労働環境の問題もあります。

これは以下の通り。

  • 残業時間が多くプライベートの時間が取れない
  • 休みが少ない
  • 人手不足で一人当たりの仕事量が多すぎる
  • 社内の人間関係が悪い
  • クレーム対応など精神的に消耗する仕事内容が多い
  • ハラスメント行為(暴言や暴力)が横行している

どれだけ給料が良くても、上記のような条件が揃って働きにくい職場であれば、まともな人でも辞めたくなるというものです。

場合によっては、ブラック企業に該当することも考えられるので、以下の記事もチェックしておくといいでしょう。

社員が非協力的な職場

社員が非協力的な職場も、まともな人にとっては辛い環境だと言えます。

  • 社員に助け合う文化がない
  • 社内のコミュニケーションが活性化されていない
  • 個人プレイ主義の職場
  • 上司や先輩の指示が不明瞭

上記のような、自発的に動く人にしわ寄せが来やすい職場は、まともな人にとっては非常に負担がかかりやすい環境にあると言えます。

心当たりがあるなら、以下の記事も参考にしてみるといいでしょう。

関連:仕事で誰も助けてくれない…そんな時に見直したい会社での立ち回り方

まともな人が辞めていく会社での今後はどうするべき?

まともな人が辞めていく理由や会社の問題点は把握できたことかと思います。

ですが、大事なのは「自分はこれからどうするか?」ということです。

読者自身がまともな人の部類なら、これから仕事が増えることは想像できます。

また、社内のまともな人がすでに辞めた後であれば、そのしわ寄せが誰かに押し付けられるはずです。

今後の身の振り方やキャリアについて見直す意味でも、これから紹介することを意識しておきましょう。

他人が変わることに期待しないで自分の仕事をこなす

読者が「まともな人」の部類であれば、他人が変わることに期待しないで今の自分の仕事を淡々とこなすことに意識を向けた方がいいでしょう。

とくに、以下のことを意識するだけでも、負担は減るはずです。

  • 自発的に新しい仕事をする場合は誰かに事前に確認する
  • 他人の仕事を奪わない・手伝わない
  • 自分の抱えた仕事を他人に振ることを意識する
  • 職場の人間関係面に関して過度な配慮はしない
  • 余計な仕事や相談はあしらう

筆者の経験則上、自分を都合よく使ってくる職場では、一度働き者だと認識されると様々な負担を押し付けられるため、適度に手を抜くことを覚えたり、他人に仕事をやらせた方がいいことが多いです。

それが難しいと感じるのであれば、思い切って有給休暇を取得するなどして、強制的に仕事から離れてみるのもいいかもしれません。

大事なのは「自分がいなくても職場の仕事は回る」ということを認識し、頑張り過ぎないことを意識することです。

他人に仕事を振ったり助けを求めることを意識する

まともな人が辞めるような職場は、他人に仕事を振ったり助け合う文化がないというのは、紹介した通りです。

そのため、他人に仕事を振ったり助けを求めることを意識することも重要になってきます。

以下、筆者が他人に仕事を任せたり、助けを求める際に意識していることの例です。

  • 自分の仕事内容を手順化して他人に任せる
  • 他人の事情は配慮しないで頼む(頼むことに罪悪感を抱えない)
  • 相手の時間がある時や気分がいい時に頼む
  • 上司に相談する場合は論点を明確にして報告する
  • 何度言っても動かないモチベーションの低い人は放置・無視

一番、気をつけておきたいのは「何度頼んでも動いてくれない人は無視する」ということです。

モチベーションの低い人は、工夫すれば動いてくれる可能性があるとは言え「行動が遅い」「やる前に文句を言ってモチベーションを下げてくる」など、相手にすると精神的に消耗しがちなので、まずは動いてくれそうな人から頼った方が、心が折れずに済むはずです。

社内環境に問題があったら外部の機関に相談する

社内環境に問題があり、上司に相談しても改善が見込めないと判断したら、外部の期間に相談しておくことも大事です。

  • 労働環境について→労働監督署、ハローワーク
  • 人間関係について→厚生労働省「ハラスメント悩み相談室
  • 自分の精神状態について→心療内科

場合によっては、行政指導が必要な会社であったり、労働環境が劣悪なら損害賠償の請求ができる事例もあるので、外部に相談して自社の環境を客観的に把握しておくことも大事でしょう。

どうしようもないと感じてるなら転職活動を始めておく

まとな人が辞めていく会社に不満があるなら、転職活動を始めておくのも手です。

いうよりも、今の会社の環境をどうしても変えたいという強い思いがあるのでなければ、現実的には転職活動した方が自分の身のためだと言えるでしょう。

それには、以下のような理由があるからです。

  • 今の会社を変えるよりかは環境の良い職場に移る方が労力も気苦労も少ない
  • キャリアアップすれば昇給・待遇向上につながりやすい
  • 他人や会社を変えるよりかは自分を変えた方が楽
  • 転職して環境が変われば自分の意識も行動も変わっていく

まとな人が辞めてしまうような会社は、環境の方に問題があるので、一社員がどうあがいても変えられないことも多いです。

周りの社員と能力の差やモチベーションの差がある場合、自分1人だけ努力してもバカを見るだけです。

ですので、転職してしまい職場環境を一新した方が、間違いなく今後のためになるはずでしょう。

また、今すぐ転職しないにしても、水面下で転職活動を進めておくことで、今の会社の給料・待遇を客観的に把握できたり、今の自分がどれぐらい転職市場で評価されている人材なのか知ることができます。

いずれにしても、余裕があるうちに転職活動を始めておき、今の会社でまとな人に仕事の負担を増やし続けられたらいつでも辞められる体制を整えておくだけで、気持ちも楽になるはずです。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

会社環境
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました