まともな人から辞めていくのはなぜか?その理由を解説!

「まともな人ほど辞めていく」

これはいかなる組織において、よく起こることです。

なぜなら、仕事ができるまともな人ほど、他の仕事のできない社員の不始末を請け負ったり、人間関係面で未熟な人の不満や愚痴に対応しないといけないなど、仕事の負担が増えるからです。

この記事では、以下のような内容をお伝えしていきます。

  • まともな人の特徴
  • まともな人が辞めていく理由や本音
  • まともな人が辞める会社の抱える問題

もし、職場のまともな人が突然辞めていったり、あるいは自分自身がまともな人側で辞めたいと悩んでいるなら、この記事の内容を今後のキャリアの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

まともな人の特徴とは?

まずは「まともな人」の特徴から紹介していきます。

真面目で不満や愚痴を表に出さない人

真面目な性格で、勤務中に不満や愚痴を漏らさないような人は、まともな人だと言えるでしょう。

仕事中に愚痴や不満を漏らしたところで、何一ついいことはありませんし、建設的な改善にもつながりません。

ですが、職場には以下のような人材も存在するもの。

  • ダラダラ仕事を進めたり手を抜く人
  • 口を開けば同僚の悪口や陰口ばかりの人
  • 上司や会社の批判ばかりしている人
  • 努力してる人・忙しい人をバカにする人

いわゆる「意識の低い人」「モチベーションの低い人」が、真面目な人のモチベーションを低下させたり、足を引っ張るわけです。

ですので、周りのモチベーションに左右されず、キビキビ働けるような人は「まともな人」と言ってもいいでしょう。

黙って率先して仕事をこなせる人

自発的に率先して仕事をこなせる人も、まともな人だと言えます。

世の中には、自分から課題を見つけて自発的に取り組める人とそうでない人がいます。

大半の人が「与えられた仕事」「自分の仕事」しかこなさず、他人の仕事を手伝ったり、誰かが忙しい時に肩代わりするようなことはしません。

そのため、言われなくても自分から仕事を見つけてこなせるような人はまともな人だと言えるはずです。

優しい性格で対人関係を良好に保てる人

仕事では実際の作業だけではなく、職場内の人間関係を良好に取り持つコミュニケーション能力も必要とされます。

そのため、自我を抑えて職場の対人関係を良好に保てるような人もまともな人だと言えるでしょう。

先ほど紹介した通り、どこの職場にも愚痴や不満を漏らし自分の仕事をやろうとしない人種はいるものですが、そういった人を説得して仕事を円滑に進めるように調整するのは、いつも決まって優しい人や真面目な人です。

もし、職場にいつも頼られている人がいたり、自分自身がそのような立ち位置であれば、まともな人だと言えるはずです。

まともな人が辞めていく理由とは?

次に、まともな人が辞めていく理由についてご紹介していきます。

今までの不満を溜め込んでいるから突然辞める

まともな人が、不満や愚痴を溜め込むのは、前にご紹介した通りです。

内心では職場に不満を抱いている人ほど、まともな人として笑顔で振る舞うものです。

そのため、表面上は「まともな人」に見えます。

逆にダメな人ほど、不満や愚痴を表に出します。

そういう人ほど、

「不満を言ってばかりで何も行動しない人」
「愚痴を言ってばかりで自分から変わろうとしない人」

…と、周りから愛想尽かされて、人が離れていきます。

今の職場環境に改善が期待できないから

今の職場環境に改善が期待できないと思ったら最後、まともな人は辞めていきます。

それには以下のような、どれだけ優秀な社員でもどうしようもない問題が会社には潜むからです。

  • 不満や愚痴を言ってばかりの社員は自ら行動することはない
  • 一社員の権限で職場環境をどうこうすることは難しい

このような問題は、経営階級が動かないとどうしようもないことが多く、たとえ上司に人望があったとしても解決に期待できないこともあります。

そのため、まともな人は「説得されて引き留められてもめんどくさい…」と感じ、突然、辞めていくことも珍しくありません。

周りが無能でレベルが合わないとキャリア的に足しにならない

周りが無能であったり、レベルが合わないと感じているような職場は、まともな人にとってはキャリアの足しにならない可能性が高いです。

というのも、有名大卒でポテンシャルのある人材がフリーターとしてアルバイトしたとして、すぐに実務内容を把握してしまい、周りの中卒や高卒の人材を楽々と越えてしまう…という状況は往々にして起こりえるからです。

仕事では、学歴以外の様々な能力が必要となりますが、それはゲームのようにステータスと表示されるわけではありません。

学歴関係なく総合能力が高い人がいれば、そうでない人もたくさんいます。

そう考えた場合、明らかに今の職場での仕事が自分の能力以下の仕事だと感じるのであれば、転職してキャリアアップを目指した方が将来に期待できるわけです。

終身雇用も崩壊した今、ひとつの職場で長く働き続けることは「リスク」としても捉えられる時代です。

まともな人が、キャリアアップを意識して辞めていくのは、当然の流れだと言えるでしょう。

用意周到なので転職先を決めた上で辞める

まともな人は、用意周到なので水面下で転職活動を進めた上で、計画的に辞めていきます。

以下のような「自分で動いて転職を成功させる能力」を持っているからです。

  • ネット上で自身の労働環境の異常さをリサーチできる能力
  • 転職活動の仕方を調べて行動できる能力
  • 次の転職先で年収を上げたり待遇条件を良くする調整・交渉力

元々、今の職場環境で上位10%に入るほど仕事ができるのであれば、転職市場でも引く手あまたですから、わざわざ不満の多い職場で我慢して働く理由がありません。

まともな人が辞める職場の問題とは?

まとな人が辞める職場の問題点について解説していきます。

優秀な社員1人に仕事の負担をかけている

何度かお伝えしている通り、まともな人は優秀な社員であることが多いため、仕事での負担を一人で抱え込みやすいことになります。

一部の社員が優秀なことをいいことに、あれもこれもと様々な業務を押し付け、結果として潰すことは珍しくありません。

もし、読者が以下の点に心当たりがあるなら、要注意です。

  • 他の社員がやらない仕事を多数担当している
  • 他の社員が一切手伝ってくれない
  • わからないことを聞ける相手がいない
  • 職場の人間関係面の問題を抱えることが多い

とくに他の社員が察しが悪く、まともな人にしわ寄せが行くような社内環境であれば、注意しておくに越したことはないでしょう。

心当たりがある方は、以下の記事も参考にしてみてください。

関連:優秀なのに評価されない…優秀な人ほど転職するべき理由とは?

昇給・昇進に期待できない

昇給・昇進に期待できない職場も、まともな人ほと辞めていく会社の問題点と言えます。

そもそも、明らかに他人よりも負担が大きいにも関わらず、周りと給料や役職が同じと言うのは不公平と言うほかありません。

ただ、日本の企業では以下のような理由もあり、まともな人であっても昇給・昇進しにくいのが実情です。

  • 大きい企業ほど給料ベースが決まっているので爆発的な昇給は見込めない
  • 売上につながる数字や実績が評価されやすいため、その他の能力は問われにくい
  • 上司の独断やひいきが入ると過小評価されてしまい昇給・昇進につながらない
  • 会社の業績や社内の役職状況によってはどれだけ能力があっても上に上がれない

以上のように、まともな人であっても昇給・昇進が見込めないどころか、まともでない人や仕事ができない人でも上に上げれてしまう組織も珍しくはないのです。

少なからず、まともな人が辞めていくような職場では、何かしらの人事制度が機能しておらず、社員が不満を抱えやすい状況があると考えるべきでしょう。

労働環境の改善が見込めない

昇給・昇進とは別に労働環境の問題もあります。

これは以下の通り。

  • 残業時間が多くプライベートの時間が取れない
  • 休みが少ない
  • 人手不足で一人当たりの仕事量が多すぎる
  • 社内の人間関係が悪い
  • クレーム対応など精神的に消耗する仕事内容が多い
  • ハラスメント行為(暴言や暴力)が横行している

どれだけ給料が良くても、上記のような条件が揃って働きにくい職場であれば、まともな人でも辞めたくなるというものです。

場合によっては、ブラック企業に該当することも考えられるので、以下の記事もチェックしておくといいでしょう。

関連:ブラック企業の見分け方を徹底解説|転職で間違わないために事前にブラック企業を見極めるために参考にすべき情報とは?

社員が非協力的な職場

社員が非協力的な職場も、まともな人にとっては辛い環境だと言えます。

  • 社員に助け合う文化がない
  • 社内のコミュニケーションが活性化されていない
  • 個人プレイ主義の職場
  • 上司や先輩の指示が不明瞭

上記のような、自発的に動く人にしわ寄せが来やすい職場は、まともな人にとっては非常に負担がかかりやすい環境にあると言えます。

心当たりがあるなら、以下の記事も参考にしてみるといいでしょう。

関連:仕事で誰も助けてくれない…そんな時に見直したい会社での立ち回り方

まともな人が辞めていく会社での今後はどうするべき?

まともな人が辞めていく理由や会社の問題点は把握できたことかと思います。

ですが、大事なのは「自分はこれからどうするか?」ということです。

読者自身がまともな人の部類なら、これから仕事が増えることは想像できます。

また、社内のまともな人がすでに辞めた後であれば、そのしわ寄せが誰かに押し付けられるはずです。

今後の身の振り方やキャリアについて見直す意味でも、これから紹介することを意識しておきましょう。

他人が変わることに期待しないで自分の仕事をこなす

読者が「まともな人」の部類であれば、他人が変わることに期待しないで今の自分の仕事を淡々とこなすことに意識を向けた方がいいでしょう。

とくに、以下のことを意識するだけでも、負担は減るはずです。

  • 自発的に新しい仕事をする場合は誰かに事前に確認する
  • 他人の仕事を奪わない・手伝わない
  • 自分の抱えた仕事を他人に振ることを意識する
  • 職場の人間関係面に関して過度な配慮はしない
  • 余計な仕事や相談はあしらう

筆者の経験則上、自分を都合よく使ってくる職場では、一度働き者だと認識されると様々な負担を押し付けられるため、適度に手を抜くことを覚えたり、他人に仕事をやらせた方がいいことが多いです。

それが難しいと感じるのであれば、思い切って有給休暇を取得するなどして、強制的に仕事から離れてみるのもいいかもしれません。

大事なのは「自分がいなくても職場の仕事は回る」ということを認識し、頑張り過ぎないことを意識することです。

他人に仕事を振ったり助けを求めることを意識する

まともな人が辞めるような職場は、他人に仕事を振ったり助け合う文化がないというのは、紹介した通りです。

そのため、他人に仕事を振ったり助けを求めることを意識することも重要になってきます。

以下、筆者が他人に仕事を任せたり、助けを求める際に意識していることの例です。

  • 自分の仕事内容を手順化して他人に任せる
  • 他人の事情は配慮しないで頼む(頼むことに罪悪感を抱えない)
  • 相手の時間がある時や気分がいい時に頼む
  • 上司に相談する場合は論点を明確にして報告する
  • 何度言っても動かないモチベーションの低い人は放置・無視

一番、気をつけておきたいのは「何度頼んでも動いてくれない人は無視する」ということです。

モチベーションの低い人は、工夫すれば動いてくれる可能性があるとは言え「行動が遅い」「やる前に文句を言ってモチベーションを下げてくる」など、相手にすると精神的に消耗しがちなので、まずは動いてくれそうな人から頼った方が、心が折れずに済むはずです。

社内環境に問題があったら外部の機関に相談する

社内環境に問題があり、上司に相談しても改善が見込めないと判断したら、外部の期間に相談しておくことも大事です。

  • 労働環境について→労働監督署、ハローワーク
  • 人間関係について→厚生労働省「ハラスメント悩み相談室
  • 自分の精神状態について→心療内科

場合によっては、行政指導が必要な会社であったり、労働環境が劣悪なら損害賠償の請求ができる事例もあるので、外部に相談して自社の環境を客観的に把握しておくことも大事でしょう。

どうしようもないと感じてるなら転職活動を始めておく

まとな人が辞めていく会社に不満があるなら、転職活動を始めておくのも手です。

いうよりも、今の会社の環境をどうしても変えたいという強い思いがあるのでなければ、現実的には転職活動した方が自分の身のためだと言えるでしょう。

それには、以下のような理由があるからです。

  • 今の会社を変えるよりかは環境の良い職場に移る方が労力も気苦労も少ない
  • キャリアアップすれば昇給・待遇向上につながりやすい
  • 他人や会社を変えるよりかは自分を変えた方が楽
  • 転職して環境が変われば自分の意識も行動も変わっていく

まとな人が辞めてしまうような会社は、環境の方に問題があるので、一社員がどうあがいても変えられないことも多いです。

周りの社員と能力の差やモチベーションの差がある場合、自分1人だけ努力してもバカを見るだけです。

ですので、転職してしまい職場環境を一新した方が、間違いなく今後のためになるはずでしょう。

また、今すぐ転職しないにしても、水面下で転職活動を進めておくことで、今の会社の給料・待遇を客観的に把握できたり、今の自分がどれぐらい転職市場で評価されている人材なのか知ることができます。

いずれにしても、余裕があるうちに転職活動を始めておき、今の会社でまとな人に仕事の負担を増やし続けられたらいつでも辞められる体制を整えておくだけで、気持ちも楽になるはずです。

もし、この記事を読んで転職活動を始めようと思った方は、転職エージェントの利用がオススメです。

転職エージェントは無料で利用でき、気軽な転職相談から、自分に合った求人の紹介まで、転職活動を全面的にサポートしてくれるサービスです。

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

※全業者コロナウイルスに伴いオンライン面談に対応中。

  • リクルートエージェントオススメNo.1…国内第1位のリクルートのエージェント。転職成功者実績40万人。求人数20万件以上。スピーディな対応で3ヶ月の転職も可。経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。有名企業・大手企業の求人多数。
  • ウズキャリ面談対応の丁寧さNo.1…面談の丁寧さが売りの20代向け就職支援サービス。社員に退職経験者が多く親身な対応がネット上で好評。
  • ハタラクティブ未経験者にオススメ…急成長中のレバレジーズ社の手がける、20代向けのエージェント。中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

※多くの転職業者や紹介先企業でオンライン面談が進んでいるので、在宅からでも転職活動が非常に進めやすい状況になっています。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

リクルートエージェント公式サイトへ

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ウズキャリについて詳しく知りたい方はこちら

→ハタラクティブについて詳しく知りたい方はこちら

仕事辞めたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました