「周りのレベルが低い…」と感じるならそれはキャリアアップ転職のタイミング。人間レベルを高めるために転職が有効な理由とは?

転職を成功させて人としてレベルの上がったイツキと申します。

転職すると人間としてレベルが上がる。

転職した今だからこそ、わかる事実です。

当サイトにお越しの方は、正直「周りのレベルが低すぎてやってらんない…」とお悩みなのではないでしょうか?

その気持ち、よくわかりますよ。

周りよりも3倍早く仕事を片付けているのに給料は上がらない…。
上司よりも聡明な意見が出せるにも関わらず、なぜか目の敵にされてばかり…。
お局からなぜかいじめの対象にされて足を引っ張られまくり…。

「出る杭は打たれる」という言葉もありますが、優秀な人間が周りから嫉妬を買って正当に評価されないのは、言わば「エリート税」ってやつですよ。

ですが、私は転職して気づきました。

レベルの低い職場で働き続けることは、自分の成長機会を失ってしまうという事実に。

もし、読者の方で「今の職場のレベルの低さにうんざり…」と悩んでいる方がいましたら、どうか最後までこの記事をお読みください。

そして、転職を意識してみてください。

転職すれば視野が広くなり、世界が変わりますから。

関連:震えるような高みを目指すなら利用しておくべき転職エージェントベスト3!ハイレベルな転職サポートで高年収を目指せ!

レベルの低い人間は足を引っ張るしか能がない

私が転職して知ったことは、レベルの低い人間は他人の足を引っ張るしか能がないということですね。

どこにでもいるんですよ。

能力がないからって、他人の揚げ足取りや欠点探しに夢中なヤツって。

ハッキリ言って、そういうレベルの低い人間は組織では”お荷物”です。

それがたとえ上司であっても、ね。

逆にレベルの高い人間は、お互いを高め合うことに余念がありません。

それはなぜか?

レベルの高い人間は常に余裕があり、向上心旺盛だからです。

月並みですが、レベルの高い人間同士で仕事すると刺激を受けます。

毎日が発見ばかりで、成長していく実感が得られますよ。

レベルの高い職場に属すると「見る景色」が変わる

レベルの高い職場に属すると「見る景色」が変わります。

冗談ではなく、本当に価値観や意識が一変します。

仕事に対しても、意識がまるで違う。

レベルの低い人間は「金のため」「生活のため」にしか仕事していないので、ハッキリ言ってレベルが低いです。

しかし、レベルの高い人間は決して金や生活のために仕事しません。

  • 自己実現
  • 社会貢献
  • 己の使命を果たすため
  • 自己の能力を組織に還元するため

…など、人間としても一歩先を行っている人たちばかりです。

もちろん、金や生活のために仕事している野蛮人は少ないので、くだらない人間関係のいざこざやしょうもない足の引っ張り合いは起こりません。

転職を経験した人はレベルが高い

転職を経験するとわかりますが、転職経験者は総じてレベルが高いと言えます。

これはたとえば新卒後一つの会社でしか働いたことのない人は、今いる会社の現実しか知らないわけですね。

つまり、一を知って全を知って気でいるようなもの。

一つの会社しか知らない無知が「社会を知った気」でいるのは、もはやお笑い種ですよね。

そんな世間知らずな上司が「お前はまだまだ社会を知らない」などと説教を垂れてくるのが、日本の企業というものなんですよ。

ところが転職を経験すれば、単純に転職を経験したことのない人の2倍の会社を経験することになるわけです。

これはもはや、日本語しか話せない人間と、英語と日本語を話せるバイリンガル並の差があると言ってもいいでしょう。

率直に言いますと、転職を経験したことない人って世間を知らないんですよ。

「井の中の蛙大海を知らず」ということわざもありますが、まさにその通り。

新卒後の会社で順調に出世するだけの人材は「井の中の蛙」なんです。

一方で転職を意識する人は「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」という故事成語が意味する通り、大きな翼を持つ鷹や鷲。

つまり、羽ばたく鳥。

「井の中の蛙VS羽ばたく大鳥」

どちらのレベルが上かは言うまでもないでしょう。

転職活動とは「己を知る旅」である

転職活動を詩的に表現すると「己を知る旅」だと言えます。

残念なことに、多くの日本人は自分の天職に出会えずに人生を終えることになります。

それはなぜか?

「本当の自分」を知らないまま、ただ「なんとなく」生きていく道を選ぶからなんですよ。

就職・転職では「自己分析」が大事ですが、残念ながら自己分析不十分で適当な会社に就いてしまい、そのままくだらない仕事を延々とこなすだけの人生を送る人も大勢います。

そういう人材は、残念ながら毎日飲んで忘れて、怠惰な人生を歩むことになんの疑問も抱きません。

一方で、そういったありふれた人生に疑問を抱く優秀な人間は「己を知る旅」の一環として、転職活動を本気で行います。

転職活動で知った求人の数=人生の選択肢だと言えるんです。

考えてもみてください。

今の明らかに自分に向いていない、レベルの低い仕事をし続ける人生を。

本当の自分にも出会えず、一生涯を終えることになるわけですよ?

レベルの低い人間はそれに愚痴や不満を垂らしながらも、給料もらって生活できれば満足なので、ダラダラ仕事し続けます。

そんな態度じゃ、レベルが低くなって当然ですよね。

しかし、レベルの高い人間は違うんです。

自分を変えるために行動できるんですよ。

つまり、レベルの高い人間と低い人間の差は「行動したかどうか」だけの違いなんです。

あなたがレベルの低い人間ばかりに囲まれているのであれば、それは単純に「行動していない」からだけの理由です。

転職してレベルの低い職場とはおさらばしよう

以上のような理由から、レベルの低い職場は辞めて、転職活動してより高みを目指したほうがいいことは簡単に理解できたことかと思います。

今どき、どこも人手不足ですので、転職すれば簡単にキャリアアップ転職が可能です。

とくに転職成功のハードルが低い20代後半〜30代前半は転職先が選び放題と言ってもいいぐらいです。しかも、リーマンショックの頃に妥協して転職した世代なので、年収も待遇も上がりやすい。

関連:20代後半なら転職すれば年収100万円アップは余裕。その理由を教えてやろう…。【転職に興味ある人だけ読んでね】

私からすれば、会社に不満のある人を見ると「なんでこの人転職しないの?」という感じで、不思議に思えてなりません。

実際、それぐらい転職って簡単に成功するんですよ。

…と言っても、多くの方は「本当かよ?」と信じられないことかと思います。

私も転職を経験するまでは「転職なんて都市伝説だ」と思ってましたからね。

転職エージェントを利用すれば世界が変わる

私が転職に対する意識が変わったのは転職エージェントで、プロのキャリアアドバイザーと知りあってからですね。

やはり、ビジネスで転職サポートをしている方と会うと、人生観が変わります。

プロの転職アドバイザーは、多くの転職者を成功させた実績があり、業界情報も数多く保有しているので、社会に対しての視野が広がりますよ。

意識高い

とくにオススメの転職エージェントは以下の3つ。

ビズリーチ…他の転職エージェントとは一線を画する、ヘッドハンターとのマッチング形式の転職サイト。レベルの高いヘッドハンターと登録企業から国内の上位クラスの求人が届きスカウトされる形式。年収1000万以上の求人が多く集まっている最高峰の転職サイトなので、キャリアアップを目指すなら必ず登録しておこう。→ビズリーチの解説記事

Spring転職エージェント…スイス発の世界No.1人材会社「アデコ」の手がける転職エージェント。国内の人材会社と違い「量より質」のため、圧倒的にマッチング精度が高い。担当コンサルタントの能力も高く、日本の事務的で役に立たない対応のリスクも少なめ。第二新卒からでも利用でき、登録のハードルが低いのも魅力。面談拠点は全国対応。→Spring転職エージェント(アデコ)の解説記事

JACリクルートメント…イギリス発の外資系転職エージェント。外資系企業・海外転職・グローバルな日系企業への紹介に特化。対象年齢層も30代以上からと高く、ハイクラスな転職実績多数。→JACリクルートメントの解説記事

どの転職エージェントも「全職種・全業種対応」の総合転職サービスで、登録は無料、なおかつ誰でも利用できるので、気になる方はこの機会にぜひ登録してみてください。

経歴やキャリアに自信のない方でも、意外な高年収求人のスカウトが届くこともあるので、登録しておくだけチャンスが得られます。

少なからず、今の職場でレベルの低い仕事やレベルの低い社員と仕事し続けるよりも、より一層ハイレベルな環境に挑戦できるので、今の職場に期待し続けるだけの人生よりもずっとマシですよ。

転職エージェントを使いこなすコツ

最後までお読みいただいている読者の方に、転職業界の裏事情からとくに有用な情報もご提供しておきます。

多くの転職エージェントでは「登録しておいて後は待つだけ」という方も多いですが、それだけではいい求人は引き出せません。

というのも、他に多数のユーザーが登録している上に、自己申告のネット情報だけですと業者側から信頼されていないため、自ら転職会社のヘッドハンターやコンサルタントの目につくようにしないといけないからです。

以下のことを意識しておけば、より一層優遇されやすくなるので、転職に強い関心がある方は試しておきましょう。

  • レジュメ(職務経歴書)の内容を充実させておく
  • 英語スキルがある場合、英文レジュメも記入しておくとよい
  • 自由記入欄には「業界用語」「業務内容」「役職名」など、出来る限り人材会社側の「検索」に引っかかりやすいワードを入れておく
  • 個人名アドレスの担当者からの求人案内やスカウトが来たら、可能な限り返信しておく(ハイクラス転職サービスでは、担当者との個人間でのやりとりが多くなる)
  • 面談の案内や勧誘が来たら、出来る限り参加しておく(面談に参加しないと優遇されにくい)

今回紹介している転職サービスは、日本の大手転職エージェントと違って個人プレイ色が強く、担当者やヘッドハンターが保有している求人からオススメを紹介してもらえる形式となっています。

つまり、担当者が受け持っている業界・職種とマッチすれば、かなり高精度で優良な求人を紹介してもらえる可能性が高くなるということです。

また、ビジネスライクで事務的な日本の人材サービスと違い、担当者個人の裁量幅が広く提案力も高いため、事前にメールでやりとりして希望求人の要望を通しておくことも可能です。

正直言って、これらの転職エージェントを使うと、いかに日本の人材サービスが非合理的かわかり、転職活動の概念が変わるほどですよ。

全サービス、無料で登録できるので、景気がよく売り手市場な今のうちに登録しておくといいでしょう。

転職エージェントの解説記事はこちら→転職エージェントのしくみとメリットを徹底解説!誰でも楽に転職成功できる合理的な理由とは?

転職エージェントとの付き合い方に関してはこちら→転職エージェントとの上手な付き合い方。社会人として”友好的”に接しよう

関連コンテンツ