【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

いい加減な人に向いてる仕事を厳選紹介、就くための方法も解説

突然ですが、自分、いい加減な性格なんすよ~。

細かいことなんて気にせず適当に生きるのが最高
何かを極めるよりもほどほどが一番

世の中は「なんでもかんでもミスなく完璧にやれ!」という風潮があります。

でも、それって息苦しくないですか?

締切に追われ続けて何かの追われるような毎日を過ごすぐらいなら、いい加減と思わたほうがずっとマシ。

こういう僕みたいな考えでも、全然働ける職場って、結構あるんすよ。

それは、ちゃんといい加減な人でもできる仕事をしっかり調べたから。

自分に合った仕事を選べば、ストレス少なく高収入を得ることも可能。

この記事では特別に、君たちに僕が調べ尽くした「いい加減な人でも楽に稼げる仕事」を教えてあげましょう。

オススメの転職サイト【超本格診断ツール多数】

自分に向いてる仕事が見つかる転職サイト「ミイダス」をご存知ですか?
全147種の職種から適性がわかるコンピテンシー診断」は使ってみる価値大です。
適性年収」「上司との相性」「仕事でストレスになる要素」も診断可能。
転職サイトとして企業からスカウトも届く。
登録に個人情報は一切不要完全無料ですべての機能が利用可
診断ツールを駆使して自分に合った天職を見つけたい人なら登録必須!

→ミイダスで診断してみる

いい加減な人の弱みや短所:仕事ができないと思われやすいデメリット

向いてる仕事を見極めるためには、自分の欠点を理解しておくことが重要です。

「いい加減な人」の印象は、

  • 「ポンコツ」
  • 「真面目じゃない人」
  • 「ずぼらな人」
  • 「だらしない人」
  • 「抜けてる人」
  • 「雑な人」
  • 「適当な人」
  • 「怠惰な人」
  • 「やる気のない人」
  • 「ルーズな人」
  • 「ダメ人間」
  • 「クズ人間」
  • 「無責任な人」
  • 「行き当たりばったりな人」
  • 「周りの迷惑を考えない人」

など、良いイメージがないかもしれません。

こういった短所がマイナス評価されやすい仕事では、活躍の機会を得られないかもしれません。

もし、自分の欠点がマイナスになりやすい職場で働くことになったら、

  • 自分の欠点を上司によく指摘されるのでモチベーションが維持しにくい
  • 価値観や性格がマイナス印象となり正当に評価されない
  • 欠点が目立つため能力を発揮できずに仕事が長く働き続けられない

など、自分の能力や才能を上手く発揮できずに、思うように評価も得られなくなります。

いい加減なところがあるからと言ってネガティブにならずに「自分のダメな部分とどう向き合うか?」が大事になってきます。

まずは自分の弱みを知っておき
相性の悪い職場を避ける考え方
習得しておきましょう
自分の弱みがマイナスになりやすい
向いてない可能性の高い仕事
記事後半で紹介していきますよ!
自分の弱み・強みをよく知って
本当に適性のある仕事を
見つけ出すヒントにしてください!

最後までやり通せないで途中で投げ出してしまう

いい加減な人は最後までやり通せないで途中で諦めてしまったり、一度続かなくなるとすぐに飽きて投げ出してしまうところがあるかもしれません。

ですが、それは裏を返せば「熱中できるものを探し出している途中」とも言い換えられるものです。

ぜひ、この記事を最後まで読んでみたり、関連する記事を読んでみて、自分が熱中できそうな仕事を探し出してみましょう。

「飽きっぽい=挑戦心があって好奇心旺盛」と前向きに受け入れる!

何をするにしても中途半端

「何をやっても一番になることはできない…」

そんな中途半端でいい加減な性格の人も多いかと思います。

しかし、中途半端な性格を嘆く必要はありません。

人生とは、妥協を積み重ね、凡人でもチャンスを掴める状況に身を置くことです。

一つことを極めるよりは、何でもほどほどに出来る方が仕事では活躍しやすい!

計画性がなく段取りを立てないで行動してしまう

計画性がなく段取りを立てずに行動してしまうのも、いい加減な人の特徴です。

前述の「最後までやり通せない」「何をするにしても中途半端」という性質も「ゴールを設定していないから」こそ起こるものなのです。

何らかの目的や目標を常日頃から意識しておらず、ノリや思いつきで行動しがちなため、無駄なことに時間を使ってしまったり、何かを達成した実感を持てないまま、生きることになります。

筆者自身、計画を立てたり段取りを立てるのが苦手で、その時々の気分で仕事してしまう部分もありました。

学生時代の進路選びも、社会人になってからの仕事選びも、しっかり計画せずに選んでしまうため、失敗が多いのもいい加減な人の特徴だと言えるかもしれません。

勘や感覚頼みで仕事している

いい加減な人は、勘や感覚頼みで仕事していることも少なくありません。

たまたま、良い職場に恵まれ活躍出来てしまった場合は、いい加減な人でも案外どうにかなってしまうものですが、それを誰かに伝えたり教えるとなると、今までの感覚頼みなやり方では通用しなくなります。

同様に、就職活動や転職活動においても、今まで自分が行ってきたことを面接で伝える必要が出てきます。

ですので、それまで努力してきたにも関わらず、感覚頼みで無計画に生きてきたため「自分がこれまでどのように努力してきたか?」が説明できずに、自分がダメ人間という感覚に陥るわけです。

興味・関心のあること以外は受け身で無気力

いい加減な人は、自分の興味・関心があること以外は受け身で無気力という特徴もあります。

そのため、就職活動時に企業研究や説明会の参加を避けたり、他人の生き方や考え方を聞いて、意外なところから自分に向いてる仕事を探す努力を避けてしまいがちなのです。

筆者自身、就職活動時は就職サイトに登録して、あとは送られて来る求人を眺めるだけで終わり…というほど受け身で無気力な人間でした。

欲望に流されがちで楽をしたがる

受け身で無気力ということは、目先の欲望に流されがちで怠惰になるということも意味します。

どれだけ興味・関心がないことだとしても、三大欲求に訴えかけてくるものには本能的に人間は食いついてしまうものです。

また、目先の面倒事を避けて、ついつい楽な方向に流されがちで、苦労する道を選べないのも、いい加減な人の特徴でなのではないでしょうか?

現実と向き合うのが苦手で逃げてばかり

現実と向き合うのが苦手で逃げてばかりなのも、いい加減な人の特徴です。

途中で投げ出したり、面倒事を避けてきたツケはいずれ支払わなければならない時が来るのですが、先延ばしし続け借金のように抱えてしまった面倒事に取りかかるのもだるくなってしまい、考えることも動くことも放棄してしまうのです。

ですが、その向き合いたくもない現実を一番わかっているのは、自分自身です。

無責任に仕事を辞めてしまった過去がある

何事も続かない、投げ出してしまうよう性質のため、無責任に仕事を辞めてしまった過去がある人も、いい加減な性格の人には少なくないと思います。

これもキャリアの計画や目標設定がなく、その場の気分やノリで生きてしまっているからこそ、後々辞めてしまったことに後悔や罪悪感が残り、ダメな自分に嫌になってしまうのです。

いい加減な人に向いてる仕事や業界

「向いてる仕事」の定義は様々ですが、

  • 適性や才能を発揮できる
  • 興味関心が持てる
  • 熱中できる
  • 今までの経験が活かせる

といった仕事は、長く続いて活躍できる可能性が上がります。

そのためには、まず自分を知っておく必要があります。

周りと比べて自分の欠点を気にすることはありません。

自分の強みや長所を活かせる仕事こそが「本当に向いてる仕事=適職」です。

いい加減な人は、以下の隠れた才能を秘めています。

▼いい加減な人が持つ意外な適性

  • オールラウンダー
    広く浅くなんでもやる、できないことにも挑戦する、完璧を求めない、臨機応変に対応する、ノリや感覚でどうにかする、興味関心が広い、柔軟に軌道修正する、固執しない
  • 細かいことにこだわらない
    細かなミスを気にしない、必要ないことはやらない、重要なことに集中する、常識に縛られない、ルールや形式に縛られない、他者からの圧力を受け流す

こういった素質を自覚し意識的に伸ばすことで、キャリアでも活躍できる可能性が高まることでしょう。

以下に、このような適性を発揮したり、開花させることができる職業の数々を紹介していきます。

売上のためになんでもやる仕事

世の中には多くの職業があります、実際には「なんでもやる仕事」も数多くあります。

「専門性があるわけではないが、なんでもそれなりにはできる」という意味での「いい加減」なら、なんでもやる仕事でオールラウンダーを目指すといいでしょう。

▼売上のためになんでもやる仕事

  • 営業職
    職業例:新規営業、ルート営業、街中のキャッチセールスなど
    仕事内容:会社の商品やサービスを売り込む。営業手法としても「初対面の相手と打ち解ける能力」「要領よくセールスする商品を理解する能力」「年上の飲みやゴルフ接待に根気強く付き合う能力」など、会社によってまちまち。
    向いてる理由:幅広い能力が求められるため。「出先で自由に時間を使える」「成績次第では未経験からでも高年収を狙える」「出世が他の職業よりも早め」など、ルーズな性格でも要領が良ければ上手くいく。
  • 店長職
    職業例:小売・飲食の店長、コンビニオーナー、個人店舗のオーナーなど
    仕事内容:店で扱う商品が売れるように販売や接客を行う。また、そのためにアルバイトの指導やシフト管理をしたり、店内の陳列を行う。
    向いてる理由:すべての仕事を完璧にこなしていたら、どれだけ時間があっても足りないため、要領よく手を抜く必要があるため
  • バイヤー
    職業例:流通業界、商社、流通企画、販売企画、メーカー代理店など
    仕事内容:販売店(百貨店、チェーンストア、小売店など)に並べる商品を見定める仕事。メーカーからの依頼で卸先となる販売店に営業することもあれば、販売店として商品開発~企画までしたり、貿易会社で仕入れ交渉まで行うなど、業務範囲は会社によりけり。
    向いてる理由:資格や学歴よりも、商品を選ぶ目利きや市場のニーズを見抜くセンスが問われるため
  • マーケティング職
    職業例:WEBマーケター(ECサイト運営者、広告運用代行、WEB解析者など)、マーケター(ブランドマネージャー、企画職、商品企画など)
    仕事内容:「売れるための仕組み」を作る仕事。ECサイト・VMDなら「サイト内容や店舗ディスプレイで売れるようにする」、メーカーのマーケティング企画なら「商品が売れるようにプロモーション戦略を考える」といった形。
    向いてる理由:市場調査からデータ分析、他の会社への交渉や調整、プレゼンや広告出稿など、幅広い知識やスキルが求められるため
  • 水商売(夜職)
    職業例:ホスト・ホステス、スナックのママ、バーテンダー、キャバ嬢、コンカフェ嬢、風俗嬢など
    仕事内容:飲み屋で接客を行う。若さや見た目はもちろん、固定客を掴むコミュニケーションスキル、指名をもらうための売上意識も求められる。
    向いてる理由:若い人なら学歴・経歴不問で採用されやすく特殊なスキルは要らないため。勤務時間もシフト制なので時間の融通は利きやすい。

これらの職業は「売上を出す」という目標のために、多くのことを行う必要があります。

街中で見かけるキャッチセールスのようなトークスキルが求められることもあれば、データや数字を分析して売れ筋を把握するようなこともします。

極論、「売る商品のことを完璧に理解してなくても、トークスキルや対人スキルだけで売る人」もいるので、そういう意味でもいい加減な人ほど適性が高い可能性があります。

しかもほとんどの仕事が「未経験から就きやすい」「頑張り次第では若いうちに高年収になりやすい」という点でもオススメできます。

会社の利益に直結する仕事なので
年収も高くなりやすく

向いてる人にはとことん向いてます

プログラマー

パソコン操作が得意でIT知識もある人なら、プログラマーもオススメです。プログラマーは、面倒な仕事を効率よくこなす発想が大事になるため、いい加減な人ほど向いてる可能性大です。

とくにシステムの保守・管理を担う「インフラエンジニア」は不具合・トラブルがないかを定期的に確認するだけなので、暇な時は職場でネットサーフィンしててもOKな職場もあるぐらいです。

プログラマーになるためにはプログラミングスキルから情報技術の基礎まで学ぶ必要がありますが、若手の人材不足の影響もあってプログラミングスクールを受講すれば未経験からでも転職しやすい職種でもあります。ですので、プログラマーになりたいならオンラインでのプログラミングスクールを受講してみて、そこから就職先も紹介してもらう流れがオススメです。

また、プログラマーとして経験を積めば、独立して場所にとらわれない働き方ができて、月100万円の報酬で自由に働くことも可能です。会社都合に縛られたくない人は、プログラマーとして経験を積んで独立を目指してみるのもありでしょう。

製造工

いい加減な人には製造工もオススメです。製造工とは、車の組み立てを行う「自動車製造工」から食品の製造を工場で行う「食品製造工」などがあり、働き方も正社員から派遣社員、アルバイトから内職まで様々です。

製造工と言えば「精密で正確な作業が求められる」と思われている方もいらっしゃるでしょうが、工場側がしっかりマニュアルを用意したり機械によって単純作業化しているため、特別なスキルや知識を求められず、未経験からでも就きやすい仕事だと言えます。

また、製造工の仕事は「社員寮完備」「期間工として月40万円以上稼げる」など条件も良いため、求人内容をしっかり選べば安定して稼ぐことも可能です。

製造工の仕事内容自体は精密さが求められますが、職場環境やマニュアルによっていい加減な人でもしっかりこなせるという意味で、向いている可能性があると言えるでしょう。

ドライバー

いい加減な人にはドライバーの仕事も向いてるかもしれません。ドライバーの仕事は運転免許(トラック運転手/バス運転手の場合は大型免許)を取得しておけば未経験からでも就けます。多くのドライバーに仕事には年齢制限もない点も魅力です。

ドライバーの仕事の多くは、時間さえ守っておけば運転中は音楽を聞いたり通話をしていてもOKな会社もあるため、勤務中に手を抜ける点もいい加減な人にとっては魅力的かもしれません。

ドライバーの仕事は「バス運転手」「タクシー運転手」のような一般人向けの仕事から、「古紙回収ドライバー」「トラック運転手」などの企業相手の配送業者、最近では「UberEatsドライバー(自転車)」など様々ですので、興味のあるものを選んでみましょう。

自衛官

自衛官の仕事もいい加減な人にはオススメです。自衛官は国を守るために日頃から訓練を行ったり警備に励む仕事で「陸上自衛官」「海上自衛官」「航空自衛官」の3つに分かれ、そのいずれかに配置されることになります。

自衛官の仕事というと難しいイメージがありますが、最近では年齢制限が35歳までとなっており、「一般曹候補生」は未経験からでも就職できるため、実は非常に就職しやすい仕事が自衛官だと言えるのです。自衛官は訓練以外にも後方支援に関する一般職相当の仕事も大量にあるため、必ずしも体力があったりガタイが良い必要もなく、誰でも活躍できる可能性がある仕事だとも言えます。
ただし、寮暮らしの必要があったり、集団生活の中で規則正しい生活を送るなど、最低限の規律を守る必要がある点には注意が必要です。逆に言えば、いい加減な人でも自衛官として働けば生活リズムも良くなり規則正しい生活が嫌でも送れるようになるため、そういう意味では向いてる職業だと言えるかも知れません。

ちなみに、自衛官は安定しているイメージやたくましいイメージのもあって、モテる仕事の一つでもあるので、女好きな人にもオススメです(笑)

警備員

警備員の仕事もいい加減な人には向いてます。警備員の仕事は現場に立っておき、必要な時に誘導を行うだけでいいので、人によっては楽な仕事だと感じられるかもしれません。日給1万~2万円と給料の高い仕事もあり、中には年収500万円を越えるプロ警備員も存在します。

ただし、警備員の仕事は夜間警備で深夜勤務も多かったり、時には危険な現場に立つため命の危険もあるため、体力はあるに越したことはないでしょう。逆に言えば、体力に自信があるにとっては、行動な知識やスキル、頭を使う必要がないため、天職にもなり得るかもしれません。

地方公務員

意外に思われる方もいるでしょうが、地方公務員もいい加減な人には向いている仕事です。公務員は真面目な印象がありますが、現場で対応できる問題はそこまで多くないので、むしろ「適当に住民をはぐらかしたりなだめる能力」が大事になります。
そのため、適度にいい加減さのある人にとっては、意外と適性が高い仕事が地方公務員なのです。

ただし、公務員として働くためには国家資格である公務員試験に受かる必要があるため
、勉強がある程度得意である必要はあります。逆に言えば「勉強は得意だけど、ビジネスでの対人対応は苦手」というタイプの、いわゆる「真面目系クズ」のような人には向いてる仕事だと言えるかもしれません。

自由業(フリーランスやフリーター)

「会社都合に縛られたくない」という意味での「いい加減さ」であれば、フリーランスなどの自由業も選択肢です。

▼自由業の例

  • フリーランス
    職業例:クリエイター(イラストレーター、デザイナー、ミュージシャン、YouTuber)、WEB制作(プログラマー、マーケター、WEBデザイナー)、コンサルタント・士業、コーチなど
    仕事内容:個人事業主として独立して仕事を請け負う。自分で営業する場合もあれば、フリーランス向けの斡旋業者を利用したり、仕事を取る方法は様々。スキルだけでなく、仕事をもらうためにコネや営業力も必要。
  • フリーター
    職業例:店員、日雇いバイト、リゾートバイトなど
    仕事内容:アルバイト・パートタイマーのかけ持ちやその日暮らしの仕事で稼ぐ。社員と比べて会社都合に振り回されないが「スキルアップしにくい」「福利厚生を受けられない」「昇進しにくい」などのデメリットも。
  • 独自の方法で稼ぐ
    職業例:パチプロ、個人輸入、転売屋、デイトレーダーなど
    仕事内容:パチンコやFX、ゲーセンのクレーム景品の転売などで稼いで生計を立てる。倫理・法的にグレーライン、ギャンブル性が強く安定しないなど、リスクも大きい。

「自由に好きなときに働ける」ことで魅力のある自由業ですが、下記のようなデメリットも多いです。

自由業になる注意点

  • 高いスキルが必要(とくにWEB制作やクリエイターの場合)
  • 自分で営業活動をしなければならない(フリーターの仕事探しの手間含む)
  • 自分で事務処理をしなければならない(税金の計算など)
  • 仕事量を自分で管理しないといけない(ブラックなクライアントでも対応しないとならない)
  • 福利厚生や社会保障がない(病気になると収入が途絶える)

以上の「多くのことを自分でやらないといけない」「収入が途絶えるリスクが常につきまとう」など、会社員以上に難しい仕事が自由業でもあります。

この項目のまとめ:自分の特性を理解して適性を活かせる仕事選びを

以上のように、いい加減な人でも自分の性質を活かしたキャリア戦略を歩むことが大切です。そのためには、世の中に数多く存在する職種を知ることや、自分の特性を深く理解することが大事です。

もし、より自分の向いてる仕事の選択肢について知りたいなら、自分の経歴や価値観をもとにAIでキャリアの選択肢を可視化してくれる「ASSIGN」という転職アプリがオススメです。

ASSIGNでは、自分の経歴や価値観に合わせて、自分に合った企業や求人まで具体的にわかるため、現実的にキャリアアップすることができます。

また、向いてる企業に就くために必要なキャリアプランまでわかるため、向いてる仕事を知って終わりでなく、具体的なアクションにつなげることもできます。

ASSIGNで適職診断してみて
向いてる職業に近づきましょう!

また、全147種の職種から適性を診断できるコンピテンシー診断を受けられる「ミイダス」もオススメです。

ミイダスでは全147種の職業の適性が
10段階のスコア形式で診断できます

また、ミイダスでは適職診断だけでなく、その他にも数多くの診断ツールが無料で利用できるため、性格診断や向いてる仕事を探している人にとって、非常に役に立つ心強いツールだと言えます。

ミイダスは本格的な診断ツールが
すべて無料で使えて
企業からのスカウト求人も届きます

ミイダスの詳細は
以下の記事でも解説しているぞ!

いい加減な人が自分に合った仕事を見つけ出すコツ~就くまでの方法

「向いてる仕事がわかっても求人が見つからない…」
「適性があっても経歴やスキルが足りない…」
「惹かれる求人がを見つかっても受からない…」

向いてる仕事を見つけたとしても、直面するのがこのような問題です。

そこで最後に、本当に自分に合った仕事を見つけ出すコツから実際に就くための方法まで、すぐに行動に移せる実践的なノウハウを紹介していきます。

向いてない仕事は避ける

世の中には数多くの転職サイトや求人があり、選択肢に迷うものです。

その中で、効率良く理想の仕事にたどり着くためには「自分はどの職業に惹かれないか?」「どんな仕事が続かなそうか?」を知っておくことです。

▼いい加減な人に向いてない仕事の例

  • 細かいことにこだわる必要のある職業
    例:会計士、税理士、経理、事務職、製造業(品質管理)、校正者
    向いてない理由:小さなミスが許されず、細かい作業や詳細な計算、正確さや注意力が求められるため
  • 社会的な責任の重い使命感が求められる職業
    例:医師、公共交通機関の運転手(バスや電車など)、消防士、警察官、弁護士、保育士、看護師、教職員
    向いてない理由:社会からの目線が厳しく、いい加減な態度で業務を行うと人命の危機になるなど、リスクも高いため
  • 常に時間に追われる職業
    例:マスコミ業界(AD、放送企画、記者など)、出版業界(週刊誌の編集者やライターなど)、交通会社(電車、バスなど)、広告代理店、クリエイター(映画制作、アニメ制作など)
    向いてない理由:納期や締切を守れない時の影響範囲が大きく、1人のミスや遅刻が会社に大きな損害をもたらすことがあるため

こういった「向いてない可能性の高い職業」と「向いてないと言える理由や根拠」を知っておくだけでも、迷いが少なくなります。

また、職業そのものだけでなく、

  • 一緒に働く人との相性(社員の価値観や性格傾向、上司の仕事観や方針)
  • 社風(会社の組織風土や企業理念、経営者の考え方)
  • 会社の扱っている商品(サービス内容や製品)

といった要素でも、向き・不向きが変わってくる点に注意です。

そのためには、仕事内容や採用条件以上に、

  • 面接時に、多くの社員とフィーリングが合ったか?
  • 会社の理念やビジョン、経営層の考えに惹かれるか?
  • その会社が扱っている商品に惹かれるか?

といった点も重視して判断するといいでしょう。

「この職業=向いてる」ではなく

会社/人/商品など

様々な情報から判断しましょう

【厳選】オススメの転職サービス

最後まで読んでくれた方限定で、当サイトで厳選した「本当に使っておくべき転職サービス」を紹介していきます。

サイト運営7年以上、
人材業界の動向にも詳しい運営者
サービス実態市場ニーズも踏まえて
厳選しました!

理想の転職を実現する
「ポジウィルキャリア」

本気で向いてる仕事を探すなら「ポジウィルキャリア」がオススメです。

今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれるサポートを行ってくれるからです。

▼こんな人にピッタリ

  • 今の仕事を続けるべきか転職するべきか…
  • 自分のキャリアで将来も通じるか不安…
  • 年収アップしたいけど自信がない…
  • スキルアップしたいけど何をすればいいかわからない…
  • 本当にやりたいことがわからなくなった…
  • 自分の適性や才能をもっと活かしたい…

キャリアコーチングでは、転職活動を行う前に必要な

  • 自己分析
  • 目標設定
  • 行動計画
  • 問題解決
  • モチベーション維持

などを徹底的に行います。

これにより、キャリアに関する悩みを解消して、理想のキャリアを目指すサービスです。

「コーチング」という言葉が意味する通り、マンツーマンでプロが自分に合ったサポートを行ってくれます。

スポーツジムでは、プロが筋トレや身体づくりをアドバイスしてくれます。その「キャリアバージョン」のイメージです。

これまでの転職サービスは「自己申告した経歴や希望条件をもとに求人紹介を受ける」ことになります。

なので、自己分析ができておらず経歴をしっかり書けなかったり、希望条件が固まっていないと、良い求人の提案やサポートが受けられないことが多いです。

また「転職サービス側が経歴のある人物を探す」というビジネスモデルなので、企業側が求めてる経歴でないと、中々良いサポートを受けられない実態があります。

一方で、キャリアコーチングは「自分の強みや適性」「自分が本当にやりたかったこと」を見つけ出します。

その上で、自分が向いてる仕事や就くために必要な方法を探っていくので、新たな選択肢が広がります。

また、転職サービスとキャリアコーチングでは「ゴール地点」が異なります。

既存の転職サービスでは「転職先から内定をもらう」ことがゴールです。

なので、入社後に上手くいくかどうかは保証がありません。

悪質な業者であれば「利用者が転職すれば自社の利益になるから」という理由で、強引に転職させようとしてくる場合もあります。

キャリアコーチングはあくまで「理想のキャリアを実現すること」です。

場合によっては「今の職場で活躍する」という選択も提示してくれます。

ポジウィルキャリアは初回相談(カウンセリング)は無料で受けられるため、適職選びで悩んでいるなら相談してみるといいでしょう。

それ以外にも、様々な診断ツールやLINE相談も用意されており、気軽に相談しやすくなっているので、試しに活用してみてください。

今の業界から抜け出し異業種へ
「WorX(ワークス)」

次に異業種への転職を実現させる、次世代型転職エージェント「Worx(ワークス)」の紹介です。

▼こんな人にピッタリ

  • 仕事の将来に期待ができない
  • 別の職業へ転職したい
  • だけど、どの職業が向いてるかわからない…
  • 年収アップしたい
  • 将来性の高い職業に就きたい
  • スキルアップして無理のない転職がしたい

Worx(ワークス)の魅力は、なんと言っても「異業種へ転職できる」こと。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとに求人紹介される
  • 異業種転職を希望しても「難しい」と言われる
  • スキルアップはサポート対象外

など、異業種への転職は難しいのが実情です。

しかし、Worx(ワークス)では、

  • どの職業が向いてるか診断してくれる
  • その仕事に就くためのスキルアップ支援もある
  • スキルアップは自宅学習とオンライン面談
  • なので、空いた時間に無理なく転職活動できる

といった、他にはないサポートが用意されています。

これにより、

  • 接客業→大手IT企業
  • ウェディングプランナー→外資系企業
  • 保険営業→インサイドセールス

といった、今までにない転職の選択肢を実現可能となります。

また、Worx(ワークス)は「IT/WEB系」の転職にも強いところが特徴です。

IT/WEB系の企業は、在宅ワークに対応している職場も多く、将来性も高く、年収アップも実現しやすいです。

なので、今の会社から抜け出したい人にとっては大きなチャンスを得られると言えます。

また、今までの転職エージェントでは最短3ヶ月と十分な期間が得られないことが多かったですが、Worx(ワークス)は半年~1年と、計画的で無理のない転職活動ができます。

さらに、スキルアップや業界研究をした上での転職となるので、入社後も業務についていけるようになり、転職に失敗するリスクが減るところも魅力です。

Worx(ワークス)は、相談はもちろんスキルアップから転職支援まで無料で受けられるため、気になった方は試しに使ってみてください。

Worx(ワークス)の登録はこちら
【相談無料/登録1分】

経歴に自信のない20代なら
「UZUZ(ウズウズ)」

仕事に就こうと思っても、

  • 学歴や経歴がない…
  • 短期間で辞めた経歴がある…
  • 正社員としての経歴がない…
  • フリーターやニート期間が長い…
  • 資格やスキルがない…

などのハンデがあると、良い求人が見つからなかったり、書類選考や面接に通らないことも増えます。

そういった方の中でも、20代のうちなら「UZUZ(ウズウズ)」がオススメです。

20代は「若いから」という理由だけでも、未経験職に採用されやすい年齢層となります。

とくに、

  • 既卒:就職しないまま卒業してしまって3年以内
  • 第二新卒:新卒3年以内に短期離職した人

は、圧倒的に就職・転職に有利です。

なぜなら、企業側に国から助成金が出ており、若手の採用に積極的だからです。

また、UZUZ(ウズウズ)では、ブラック企業排除の取り組みも行っており、その証拠に利用者の「定着率(辞めないで会社に居続ける割合)」も高めです。

20代の若手の場合、向いてる仕事を探す以上に「できる仕事」「就ける仕事」を現実的に選び、まずは経験を積んだ方がいいこともあります。

社会人経験が浅かったり、経歴がなく自信がないことで悩んでいるなら、まずはUZUZ(ウズウズ)に相談してみましょう。

もちろん、相談から就職・転職まで完全無料です。

UZUZに相談してみる
【完全無料・登録1分】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました