真面目系クズに向いている仕事。受け身でいい加減な人でも出来る仕事は?

イェーイ!
真面目系クズのみんな、見てる~!

実は君たちに、向いている仕事はたくさんあるぜ!

誰も見ていないとこで手を抜きたい=メリハリをつけたい

ってことだからな!

真面目系クズの特徴については、下の記事を読んでくれよな!


さてさて。

実は真面目系クズ向きの仕事は世の中にはたくさんあります。

ていうか、国民代表の政治家からして真面目系クズばっかりですからね。

「ズル賢い」
「楽したい」
「手を抜きたい」

というのは、悪いことではありません。

むしろ、無駄や面倒を避けて、仕事を効率化出来る素晴らしい能力でもあります。

要は、適材適所。

使い方次第で真面目系クズの能力は、仕事にも活かすことができるんです。

そんなわけで、真面目系クズの特徴を最大限に活かせる仕事を紹介いたします。

大手小売業

真面目系クズは大手小売が向いてますね。

社会人女性
大手小売って
ノルマやクレーム対応で忙しそう…
社会人男性
大手小売って
いつも笑顔で真面目にしないといけないじゃん…

こう思われている方もいるでしょうが、最近ではそうでもありません。

というのも、大手小売業界は二極化が激しく、弱小店舗はつぶされたり買収されまくってますよね。

つまり、上の大手小売ほど、店を置いておくだけで勝手に売れるんです。

もはや、自動販売機みたいなもんなんですね。

中のスタッフが真面目に働こうが、働かなかろうが、商品は売れますからね。

なので、ノルマ制のない・少ない業界を選べば、意外と楽です。

とくに土日・繁忙期と平日の落差が激しく、忙しい時期以外は暇なことも多いため、人が見ているところでだけ頑張る真面目系クズには向いてます。

たまにSV・エリアマネージャーなんかが視察に来ますが、視察に来るタイミングや点検箇所をチェックして対策しておけば、手が抜けます。

テストで点数取るのが得意だった人にはピッタリですね。

さに「人が見ていないところでは徹底的に手を抜く」真面目系クズ向けの仕事でしょう。

上が「営業努力が~」「売上が~」など言ってきますが、立地や経済が売上の99%に影響するので、努力したところでそんなに変わりません。

いかに上司やお客様に不信感を抱かれず、上手く手を抜いて仕事するかが大事です。

大手小売のような接客業は、真面目系クズにとっては天職ですので『接客業に向いている意外なタイプの人の特徴。サービス業で磨かれる能力とは?』という記事を読んで、自分の適性を確かめてみるといいでしょう。

医薬品販売店はさらに真面目系クズ向け

資格が必要になってきますが「登録販売者」や「薬剤師」の資格があれば、医薬品販売店・ドラッグストアでは、もはや立っておくだけで仕事になります。ぶっちゃけ、サボってても資格だけで価値があるので、上からあまり文句も言われません。

実際に私も学生時代に大手ドラッグストアで働いていたことがあるんですが、医薬品について説明を求めるお客さんはかなり少ないので、仕事もそんなに増えません。

とくに薬剤師さんはだいたい勤務中突っ立てるだけで、みんなに嫌われてましたが、私は「資格も知識もあるし当たり前だろ」と思ってました。いざという時は、知識を活かしてくれる頼もしさもありましたしね。

システムエンジニア(カスタマエンジニア)

プログラム・IT知識や技術のある真面目系クズはSE(システムエンジニア)もおすすめです。

とくにカスタマエンジニアと呼ばれる、システムの保守・管理は真面目系クズ向けですね。

システムに不具合・トラブルがなければ、職場でネットサーフィンしててもOKな現場もありますからね。

保守・管理などのトラブル対応の仕事というのは「仕事がないことが理想」という状態になるわけですね。

犯罪の一切ない国での警察、戦争や災害の一切起きない自衛隊…というのを想像すればわかりやすいですね。

おすすめは、やはりIT・ネットサービスなど現場に出向くことの少ない職場ですね。

ネット上のシステム不具合ですと、わざわざ現場まで行く必要がないので、人の見ているところでは真面目にならないといけないですからね。

IT業界は成長中で人材育成の余裕もあり、20代前半ぐらいまでなら経験不問でもSEの募集はあるので、IT業界を目指す真面目系クズはシステムの保守・点検・管理の仕事を狙いましょう。

製造業(工場)

真面目系クズには、意外と製造業も向いてます。

「工場仕事というと延々と単純作業してそう…」

…と思われる方も多いでしょうが、それはバイトレベルの話です。

正社員・契約社員での雇用ですと、長期的視点で人材教育するので、実は扱いのいい業界もたくさんあります。

製造業の工場でホワイト企業を見つけ出すコツ。残業なしの職場を見つけ出すコツは?』という記事に詳しく書いていますが、競争の激しい業界と違い、製造業は穏やかで職人気質の求められる仕事です。真面目系クズの真面目な部分がしっかり発揮される仕事でもありますね。

とくに医薬品のように健康被害のないように検品・品質管理が求められる現場や、精密機器で誤差の許されない現場であれば、集中力=品質管理を徹底しているために、長時間同じ作業ということはまずないんです。まともな頭している会社なら、人間の集中力が8時間も持つわけ無いことはわかっていますからね。

逆に、薄利多売の商品、たとえば冷食などの工場は検品基準が甘く、人員も安くで使い潰して酷使しているため、しょっちゅう異物混入や食中毒の事件が発覚します。8時間ずっと立ちっぱなしだと、集中力も低下し、品質も落ちて当然です。

ですので、実は現場の実際の仕事で二極化の激しい業界が、製造業なんですね。

私にも製造業の友人がたくさんいますが、大手の工場や、金回りのいい業界の工場の人は安定した生活を送っている一方、安い商品の工場で働いている人は生活水準が低めですね。

業界選びを間違えなければ、製造業(工場勤務)は思っている以上に楽です。

検品・品質管理さえしっかりしておけば、見えないところで手を抜いてもいいので、真面目系クズ向けです。

逆に品質管理がガバガバな疲れきった業界は、常に集中力を働かせて作業する必要があるので、業界選びだけはしっかりしておきましょう。

自衛官

ニートが自衛隊に転職するのは可能なのか?自衛官は職のパラダイスでした』という記事にも書いていますが「自衛隊」の後方支援や事務などの雑事に関する仕事も、真面目系クズには向いていますね。

防衛大卒の士官候補生などはともかく、その他の雑事や後方支援的な職種については、メリハリの極み=真面目系クズの使い分けが必要になるわけですね。

だいたい、歴史的に見ても、兵隊は戦線に要る時以外はクズな生活していますからね。

ネットでの自衛隊のオタアピールネタもよく目にしますが、メリハリさえしっかりしておけば、そこまでステレオタイプな軍隊的な仕事じゃありませんからね。

あくまで自衛隊であって、兵隊ではないのですから。

その他の真面目系クズ向けの仕事は?

その他にも「公務員」「警備員」や、資格の必要な職種では「税理士」「司法書士」など、真面目系クズ向けの仕事はたくさんあります。

しかし、人によっては就けない、あるいは待遇が悪くて誰でも出来る=中卒や中高年のおっさん向けな仕事もあるため、若い世代でとく学歴のある人向けの仕事を厳選して挙げました。

ぶっちゃけ、資格をとるのはめんどくさい+時間もかかるので、まずは真面目系クズの性格を活かしてうまく立ち回れる職場で働くべきですね。手の抜き方さえ覚えれば、どんな職場でもやっていける自信が就きます。

さらに楽な仕事をしたくなったら、時間を確保して、さらに楽な職場に行ける資格の勉強をしましょう。

真面目系クズ向けの職場を探すには?

真面目系クズが向いている仕事を探すなら、転職エージェントの利用をオススメしますよ。

転職エージェントはキャリアアドバイザーが書類作成から応募先企業探しまでサポートしてくれるので、真面目系クズにピッタリのサービスです。

自己分析や求人検索、履歴書・職務経歴書作成は、すべて担当のエージェントが手伝ってくれるので楽ちんです。

誰も見てないところで手の抜きがちな真面目系クズは、他人が関わることで適度に努力したくなる性質を持っています。

なので、真面目系クズは家でダラダラ転職先を探すよりも、何倍も効率よくスムーズに理想の職場が見つかります。

真面目系クズが、転職エージェントを利用する際のポイントは「とにかく楽がしたい!」ということを、上手くアピールすることですね。

バカ正直に「楽な仕事がしたい」と言ってはいけませんよ。

物は言い様です。

「楽な仕事がしたい」は簡単にアピールポイントに変換可能です。

「メリハリのある仕事がしたいです。例えば、土日や繁忙期は忙しいけど、平日には余裕のある職種を希望します」
「学生時代はプログラムやITの勉強をしていました。しかし、私はあまり自分でシステムを構築するのには向いていないことがわかりました。ですが、システムの運用・保守・管理など、他人の作ったシステムを把握する能力には長けています。また、トラブルに関しては論理的・冷静に解決する能力もあり、学生時代のチームワークでも一歩引いてチームの問題やトラブルを早期に発見する役割が多かったです」
「緊張しやすく、人目を気にしやすい性格なのですが、そうでないところでは集中力を発揮することができます。とくに学生時代、座学や研究などでは高い成果を上げました。ですので、その適性を活かせる職場に就きたいと考えております」
「自分の妄想癖と真面目系クズっぷりに嫌気が指した。現実から逃げないためにも、徹底したリアリズムを身につけるために、規律正しい自衛隊での仕事をしたい」

はい。

「楽な仕事がしたい」という本音は、すべて志望動機に変換可能です。

あとは自分自身の具体的な経験を当て込む必要がありますが、それは担当エージェントと相談して、さらに掘り下げていきましょう。

変に「お客様のため~」「御社の企業理念に惹かれて~」などと言って真面目振るよりも、クズさを真面目さに変換していくほうが、真面目系クズに向いた職場が見つかりますよ。

まずは転職エージェントに登録してみて、担当エージェントからの連絡を寝て待ちましょう。

あとは、面談のときだけ真面目ぶっておけばOKですからね。

タグ:仕事辞めたい

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ