将来自営業をしたい方は転職で経験を積もう!自営業するためのキャリアプラン体験談

私の夢は、たい焼き屋を経営することです。

…まあ、夢と言っても「絶対に叶えてやるぞ!」というほどではなく「出来たらいいなあ」「老後の小遣い稼ぎにでも…」程度の小さな野望ですが…。

なぜ、たい焼き屋を経営したいかというと、祖父が昔たい焼き屋を営んでいたからです。

子供頃食べた、祖父が作ってくれたたい焼きは絶品で、こんな美味しいたい焼きをもらえる私は、特別な存在だと感じました。

私にとっては、ヴェルタースオリジナルではなく、たい焼きが特別な存在の証明となるお菓子なのです。

なぜ「たい焼き屋」か?

「なぜ、たい焼き屋?」かと問われれれば、それは冒頭にも述べたとおり、祖父の影響が大きいです。

祖父は既に他界していますが、今でも実家には祖父が使っていたたい焼き屋の鉄板が残っています。

昭和の下町風情あふれる祖父のたい焼き店の写真は、私の熱意を呼び覚ましてくれます。

たい焼きは、可能性の化物だと思うんです。

鯛の形で焼くという発想力や、鯛の縁起の良さ。

そして、パリパリ食感や中身の具のレパートリーなど、まだまだ追求できる食べ物です。

私は祖父から小さい頃もらった特別なたい焼きの味を思い出しながら、常にたい焼き屋経営に向けて全力疾走して生きてます。

たい焼き屋経営もまたアイカツだね

ちなみにどうでもいい話なのですが、私がたい焼き屋経営の夢をふくらませることになったきっかけが「アイカツスターズ」の桜庭ローラちゃんのアイドルとしての営業魂に触発されたことがきっかけですね。

「めでたいたい♪」と事ある毎に提携企業の販促をする、広報アイドルの鑑として、私も見習うことがたくさんありました。

たい焼き屋経営もまた、アイカツだね!

たい焼き屋経営を目指す私の来歴

私は高校で調理科に通った後、調理師免許を取得しました。

たい焼き屋経営を志すなら調理師免許はあるに越したことはありませんでしたし、その他の職には困らないとの判断です。

フリーター時代

その後、私は気に入った料理屋にアルバイトとして勤務しながら、調理の方法や経営方法などを学んでいきました。夜は、個人経営の居酒屋で働いていたこともあります。

私にとって全ての仕事はたい焼き屋のための踏み台でしか無く、アルバイトでも正社員でも、とにかくいろんな現場を経験していくことを重視しました。

とくに自営業の店でのアルバイトは、独自の経営方法などの詳しい話を聞けて、非常に参考になりました。

それと同時に「ただいい料理をつくるだけではダメだ」という、営業・商売の考え方も身についていき、正社員として安定して売上を出している大手の仕事を経験してみたいと思うようになりました。

飲食店店長勤務時代

そうして私は22歳の頃、大手の飲食店の店長候補として採用されることになり、初めて正社員として働くこととなりました。

忙しく大変な仕事で、正直料理人としては「それいいの?」と思わざるを得ない業務フローも見てきましたが、飲食店経営の基本を現場で生で体感することができました。

26歳まで私は飲食店店長として勤めていましたが、仕事が安定してこなせるようになって、社内の評価も高まった頃合いで、転職を決意しました。

エリアマネージャーからは「嘘だろ?このまま行けば上まで行けるで?」と止められましたが、私は振り切りました。

すまんな。オレはたい焼き一筋なんじゃ。

営業職時代

次に私が勤めたのは、中小企業の営業職でした。

前職を経験して感じたことは、大手の飲食店は店を構えればお客が来るという「守りの商売」で、攻める姿勢に欠けているということです。

そのため、私は「攻めの商売」を学ぶべく、営業として勤めることにしました。

営業職は未経験ということもあり、最初は失敗も挫折も多かったですが、先輩の指導もあり、半年も経つとガンガン売上を叩き出せるようになりました。

私はその後、社長から表彰され、社内で後進向けの営業指導マニュアルも作成し、社内でも著しい貢献を上げました。

それが評価され30手前では管理職候補としての話も出ていましたが、すでに必要なことは学び終えた実感があったため、辞表を出しました。

社長や上司は「なんで?」という顔でしたが、私にとっては全てはたい焼きの踏み台でしかありません。

たい焼きを売ることに比べれば、中小企業の製品を営業で売り込むことなど、ベリーイージーですからね。

現在:食品会社の企画部

そして私は今、大手食品メーカーの商品企画部として、本格的にマーケティングに携わっています。

調理学校・飲食店バイト・飲食チェーン店長・営業、今まですべての経験をぶつけて、新たな商品の開発に全力を尽くしています。

また、前職の営業経験がとくに役に立っており、企画の売り込みの際には営業マンとしても活躍しております。

もっとも、この会社も隙あらば、たい焼きの企画を持ち込んでやろうと画策しているので、結局は私の行動原理はすべて”たい焼き”です。

将来、自営業を志す方の転職マインド

このように、たい焼き屋の経営を志している私ですが、なんだか普通のキャリアアップ転職を繰り返しているような経歴になっていますね。

ある意味で「祖父のたい焼き屋を潰した資本主義社会への逆襲!」という思いもあるので、敵を倒すならまず内部に潜り込め…的な発想での転職経歴を送っています。

今日日、たい焼き屋経営を本気で志している方は少ないでしょうが、自営業で飲食店などの経営を考えている方は、私のように企業のノウハウを盗むために転職してみるのもおすすめできますよ。

逆に、無策で資金だけ集めて起業!…というのは、かなりリスクの高い選択肢だと思いますね。

将来、自分の事業を安定させるためにも、多くの会社で実務経験を積むことは、確実に大きな経験値になります。若い方は焦らずに、着実に転職で経験を重ねていく選択肢も考えてみてください。

転職エージェントでキャリアアップ志向の転職をしよう

私がこのような思考に至ったのは、転職エージェントという転職サービス使ったことがきっかけでした。大手飲食店から営業職への転職の際に、専門家の方から「自営業を志す場合の転職方法」ということを、詳しく説明していただきました。

転職エージェントでは、自分の適性を診断した上で転職先を紹介してくれるため、私のような「現場のノウハウを盗む」というような人材向けに、経験の積みやすい職場を紹介してもらえます。また、ノウハウを盗む=成長速度が見込める…という企業側の評価の高さもあるので、年収も上がりやすいです。

何かと面倒な履歴書・職務経歴書作成や、面接の指導は担当の方が随時指導してくれますので、転職初心者でも安心して利用できます。将来、自営業で自分の店を持ちたい方は、是非転職エージェントで経験の積める職場を探してみてください。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ