【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

メンヘラにおすすめの仕事を厳選紹介、長く続くための方法も解説

突然ですが「自分ってメンヘラだな…」って思うことありません?

メンヘラは、依存体質ですぐ「ぴえん」「死ぬぅ」と言っちゃたり、承認欲求モンスターな性格を指します。

かくいう私もメンヘラです。

サンリオキャラクター大好きだし、V系バンドに憧れてた時期もあるし、嫌なことがあるとすぐ辞めたくなるし、失敗するとすぐ自殺したくなるし、認められないとかまってちゃんアピールするし、愛が重すぎてヤンデレ化するし…。

でも、これって悪いことなんでしょうか?

こんな私でも自分のメンヘラな性質を活かし、今は仕事でバリバリ活躍してます(笑)

断言します。

メンヘラは治すのではなく強みとして活かすべきです。

だって、本当はメンヘラなのに、真面目ぶって仕事するのって、正直息苦しくないですか?

なので、私は自分を偽るのをやめました。

この記事では、そんな私が見つけた「メンヘラほど自分を発揮できるオススメの職業」の数々を紹介していこうと思います!

オススメの転職サイト【超本格診断ツール多数】

自分に向いてる仕事が見つかる転職サイト「ミイダス」をご存知ですか?
全147種の職種から適性がわかるコンピテンシー診断」は使ってみる価値大です。
適性年収」「上司との相性」「仕事でストレスになる要素」も診断可能。
転職サイトとして企業からスカウトも届く。
登録に個人情報は一切不要完全無料ですべての機能が利用可
診断ツールを駆使して自分に合った天職を見つけたい人なら登録必須!

→ミイダスで診断してみる

メンヘラの弱みや短所:仕事で欠点になりやすい性格傾向

向いてる仕事を見極めるためには、自分の欠点を理解しておくことが重要です。

「メンヘラ」と言ってもその特徴は多種多様で、

  • 依存心が強い
  • 承認欲求の強いかまってちゃん
  • 嫉妬深く他人が気になりすぎる
  • 情緒不安定で気分の浮き沈みが激しい
  • 人間不信だけど誰かに頼りたい
  • 自分勝手だけでいつも自分を抑えて良い子ちゃんを演じている
  • ずっと一緒にいたいけどなぜか離れたくなる
  • 嫌なことがあるとすぐぴえんしちゃう
  • 地雷系ファッションでやみかわ演出

などが代表例でしょう。

こういった短所がマイナス評価されやすい仕事では、活躍の機会を得られないかもしれません。

もし、自分の欠点がマイナスになりやすい職場で働くことになったら、

  • 自分の欠点を上司によく指摘されるのでモチベーションが維持しにくい
  • 価値観や性格がマイナス印象となり正当に評価されない
  • 欠点が目立つため能力を発揮できずに仕事が長く働き続けられない

など、自分の能力や才能を上手く発揮できずに、思うように評価も得られなくなります。

まずは自分の弱みを知っておき
相性の悪い職場を避ける考え方
習得しておきましょう
自分の弱みがマイナスになりやすい
向いてない可能性の高い仕事
記事後半で紹介していきますよ!
自分の弱み・強みをよく知って
本当に適性のある仕事を
見つけ出すヒントにしてください!

感受性が豊かすぎて情緒不安定になりやすく感情の浮き沈みが激しい

メンヘラの人々は、多くの場合、一般的な人よりも感受性が豊かであることが知られています。
この感受性の豊かさは、情緒の不安定性や感情の浮き沈みの激しさとして現れることが多いです。

  • 仕事上の小さなミスや批判に極端に反応し、長時間その影響を受け続ける。
  • チームの中での意見の不一致や認識のズレに対して過剰に感情的になる。
  • 細かい変化や環境の変動に強いストレスを感じ、その影響で業務効率が低下する。

このような感受性の強さは、他の人から「過剰反応している」「感じすぎている」といった評価を受けることが多いです。

対人関係が依存的になりやすく自己評価を他人に委ねがちな傾向にある

メンヘラの人々の中には、依存体質であることが非常に多く、特に人間関係面では異性への依存が強い傾向があります。この結果、職場内恋愛や人間関係のトラブルが起こりやすくなります。

  • 依存対象から裏切られたり否定されたと感じると、その影響は仕事や生活全般にまで及び、日常の活動が困難になることがある。
  • 良い依存関係が築ける場合は、それが成長の機会となるが、否定的な依存関係に陥ると、成長のチャンスを逃してしまうことも。

加えて、メンヘラの人々は人間不信であり、疑念が深く、人見知りの傾向も強いです。このため、新しい関係を築くのが難しく、多くの機会を逃してしまうことがある。

  • 精神的な不安定さや自信の欠如から、他人を信用するのが難しく、仕事や人間関係でのチャンスを逃してしまうことが多い。
  • ある人々は、「信用=依存」と捉え、信用できる環境や人間関係がないと、仕事などの活動を継続するのが困難になる。

さらに、メンヘラの特徴として、人付き合いの範囲が極端に狭いことも知られています。彼らは「狭く深く」の関係を好み、価値観や性格が合致する人としか関係を持たないため、自然と依存症になりやすいです。

  • 人間不信が強いため、新しい関係を築くのが困難であり、その結果、多くの機会を逃してしまうことが多い。
  • 初対面の人とのコミュニケーションが難しく、新しい関係の構築ができないため、様々なチャンスを逃すことがある。

この依存的な態度は、自らの自己評価や自己価値を他人の意見や反応に大きく左右される形で現れます。

  • 他人の評価や反応によって自分の仕事の質や価値を判断する。
  • チームや部署内での人間関係のトラブルに強く影響を受け、自分を過度に非難する。
  • 他人との関係性に一喜一憂し、それが仕事の質や効率に影響を与える。

このような特徴は、他人から「他人依存している」「自分の意見を持たない」といった評価を受けることが多いです。

対人関係のストレスにより集中力の低下や努力できない状態に陥ることがある

メンヘラの中には、他人に嫌われたり、悪く思われることを極度に恐れる人が少なくありません。その結果、他人の顔色をうかがったり、目線を気にすることで、日常生活や仕事において集中力が散漫になることがあります。

  • 他人の評価や目を気にしすぎるあまり、リスクを恐れて新しいチャレンジや社交活動を避けることが多くなる。
  • そのため、多くの機会やチャンスを逃すことが増え、自己成長の機会を失うことがある。

一般的に、多くの人は仕事や対人関係を通して「他人は自分のことをそこまで気にしていない」と気づくものですが、メンヘラ傾向の強い人々は、他人の評価を過剰に気にするため、このような自己認識に至りにくいです。

  • さらに、一度失敗したり、他人からの少しの否定や批判を受け取ると、それを深く受け止めてしまい、回復が難しくなることがある。
  • このような状態が続くと、仕事や対人関係におけるストレスが増え、最終的には仕事を辞めたり、社会的な活動を避けることが増えてしまう可能性がある。

メンヘラの人々は、対人関係のストレスを受けやすく、それが仕事の集中力や努力の意欲に影響を与えることがある。

  • ミーティングやプロジェクト中の人間関係の微妙な変化に敏感に反応し、その影響でタスクに集中できなくなる。
  • 他人とのコミュニケーションの障壁や誤解から、業務への取り組みを遠ざけることがある。
  • 対人関係のトラブルを過度に気にし、それが原因で仕事のクオリティが低下する。

これらの状態は、他人から「人間関係に左右されすぎる」「プロフェッショナルさが足りない」といった評価を受けることが多いです。

自己否定が強く自傷やネグレクトに陥ることがある

「かまってちゃん」としての特徴は、メンヘラの中でよく見られるものです。

「かまってちゃん」は、他者からの注意や関心を求める行動や性格を指す俗語です。
その特徴を以下に箇条書きでまとめました。

  • 注意を引く行動:他者からの関心や注意を引くための行動を繰り返す。
  • 感情の公開:SNSなどで自分の感情や悩みを頻繁に公開する。
  • 繊細な反応:軽い批評や無視に過剰に反応し、傷つきやすい。
  • 承認欲求が強い:他者からの認められたい欲求が強く、それが満たされないと不安や焦燥を感じる。
  • 他者の関心を確認:他者が自分をどう思っているのか、頻繁に確認したがる。
  • 誇張した表現:自分の状態や気持ちを他者に伝える際に、誇張して表現することがある。
  • 慰めを求める言動:自分の感じているネガティブな感情に対して、他者からの慰めや励ましを求める。
  • 繰り返し同じ話をする:同じ悩みや不満を繰り返し話し、それに対する他者の反応を確認する。

職場での報告や依頼時に、この性格が前面に出ると、周囲からの協力や理解を得にくくなることがあります。

また、メンヘラの特徴として、一つの仕事を続けるのが難しいことが多々あります。理由として、すぐに落ち込んだり、依存する対象がいない時に閉じこもりがちになる点、また、飽きっぽさから衝動的に仕事を辞めてしまうことが挙げられます。このような行動は後悔の元となることが多く、安定した職業生活を送るのが難しくなることが多いです。

現代の転職活動が盛んな時代であっても、無計画に仕事を変えることは推奨されません。自分の適性や向き合うべき問題を深く理解し、適切な選択をすることが求められます。

そして、意外と多いのが、メンヘラの中で占いやスピリチュアルに依存して仕事選びをする人々です。これにより、自分自身の意志や考え方を疎かにしてしまい、長期的な満足感や成果を得ることが難しくなることが考えられます。そのため、就職・転職活動においては、自分の考えや意志をしっかり持ち、その上で選択をすることが推奨されます。

メンヘラの人々の中には、自己否定感が強く、それが自傷行為やネグレクトの原因となることがある。

  • 仕事上の失敗やミスを深刻に受け止め、それが原因で自らを傷つける行為に走る。
  • 過去の失敗や経験を引きずり、それが現在の業務に影響を与える。
  • 自らの価値や存在意義を疑問視し、仕事に対するモチベーションの低下を引き起こす。

このような特徴は、他人から「自分を過度に責めすぎる」「過去の失敗を引きずる」といった評価を受けることが多いです。

この項目のまとめ:否定に過敏にならず、一度の失敗や挫折にこだわらない

メンヘラの性格傾向とは、一般的には「他者の評価や否定に強く反応する」という特徴がある。転職活動や新しい職場での適応の際には、この傾向が大きな障壁となる可能性が高いです。不採用通知や職場の困難に直面したとき、失敗や挫折を経験することが増え、そのたびにメンヘラの性格傾向が影響を及ぼす恐れがある。

しかし、ここで大切なのは「一時的な失敗や挫折に負けない強い意志」を持つことです。筆者もメンヘラの傾向を持っているため、挫折時に他者の慰めや励ましを求める気持ちはよく理解している。しかしそれは一時的なものであり、真の自己成長や問題の克服には、自らの意志と努力が不可欠です。

特に転職の場面では、他人の助けを期待せず、自らの力で挑戦を乗り越える姿勢が求められます。この過程は非常に辛いものかもしれませんが、それを乗り越えることでメンヘラの特徴を乗り越え、真の自分の成長を実感することができます。そうした経験は、仕事を選ぶだけでなく、自身の変革のきっかけともなるでしょう。

もし、自分の弱みや欠点が理由で仕事で活躍できていないと感じているなら、リクナビNEXTのグッドポイント診断を受けてみることをオススメします。

グッドポイント診断では
合計18種類の強みから
自分の強みがわかります


自分の強みを診断することで、これまで自分で欠点だと思っていたことが実は長所だったことに気づくチャンスになります。

また、キャリアを見直したり、転職を考えている人にとっては、自己アピールの参考になること間違いなしなので、受けてみる価値は大きいです。

リクナビNEXTのグッドポイント診断は
無料で利用することができます!

リクナビNEXTのグッドポイント診断を受けてみる【登録無料】

メンヘラに向いてる仕事や業界

「向いてる仕事」の定義は様々ですが、

  • 適性や才能を発揮できる
  • 興味関心が持てる
  • 熱中できる
  • 今までの経験が活かせる

といった仕事は、長く続いて活躍できる可能性が上がります。

そのためには、まず自分を知っておく必要があります。

周りと比べて自分の欠点を気にすることはありません。

自分の強みや長所を活かせる仕事こそが「本当に向いてる仕事=適職」です。

メンヘラな人は、以下の隠れた才能を秘めています。

▼メンヘラな人が持つ意外な適性

  • 高い共感力
    高い感受性を持つ、他人の感情の機微に敏感、観察や洞察に優れる、理解を得られる環境で高いパフォーマンスを発揮、仲間を大事にする、他者を支援する、他者と感情を分かち合う、他者の痛みを理解する
  • 自己内省
    自分を顧みて成長する、精神世界を表現する、創造性を発揮する、自分の価値観を大事にする、他者の悩みに寄り添う、人の話を聞く、他人を受容する

こういった適性は、意外と自分でもわかってないことが多いです。

しかし、アピール次第では転職活動を有利に進めることができ、思いもしなかった天職を引き寄せます。

このような性質を踏まえ、メンヘラな人に向いてる仕事を解説していきます。

クリエイター(アーティスト)

メンヘラに向いてる仕事としてよく挙げられるのが「クリエイター(アーティスト)」でしょう。

どちらかというと「商業クリエイター」よりは「自己表現寄りのクリエイター」の方が、適性が高いと言えます。

人には誰しも精神的に不安定な部分がありますので、メンヘラ特有の感受性の高さが発揮できる仕事の一つがクリエイターだと言えるでしょう。

ただ、問題はクリエイターとして生計を立てるハードルが高いということです。

また、現職クリエイターとして活躍している人の大半が、自分自身で営業したり、組織に属して他の仕事もこなすなど、決して創作だけに打ち込んでおけばよいというわけでもない点に注意。

筆者自身、クリエイターを目指していた時期もありますが、プロとして生計を立てる難しさや専門でやっていく難しさを知り、あくまでスキルの一つとしてしか役に立っていません。

ですので、メンヘラだからと言ってクリエイターやアーティストを目指すのではなく、何かしら現実的に稼げる手段や仕事を見つけた上で、趣味や副業からクリエイター・アーティストを目指すことをオススメします。

あるいは、クリエイター・アーティストと関わる一般の仕事で、業界や現場に入りながら、その中で必要なスキルを身につけつつ、チャンスを得るという方法も考えられます。

芸能業(タレント/役者/声優/YouTuberなど)

メンヘラに向いてる仕事と言えば、芸能系の仕事も当てはまるでしょう。

筆者にも芸能産業に関わる知り合いがいますが、才能が尖り過ぎたメンヘラも少なくはありません。

ただ、クリエイター同様、生計を立てるまでに至るまでが現実的ではない点には注意です。

また、クリエイター以上に、営業力(トーク力)やコミュニケーション能力が必要とされる仕事である上に、見た目の良さも必要とされるので、クリエイター以上にハードルの高い仕事だと言えるでしょう。

ですので、現実的に芸能業に関わりたいのであれば、まずは大手プロダクションや業界内で一般の仕事をこなしつつ、そこからチャンスを拾うという方法がオススメです。

コールセンター

メンヘラに向いてる仕事として、コールセンターは定番です。

それには、以下のような理由があるからです。

  • 対面接客がないので人間嫌いでも平気
  • 在宅ワーク導入の会社なら身体が弱くても大丈夫
  • マニュアル対応が多い仕事なので難しい仕事は振られない
  • 深夜勤務など時間帯を選びやすい

また、コールセンターの仕事は派遣社員での仕事が多く、正社員と比べて責任がそこまで重くない分、合わなかったら気軽に辞められるところも、メンヘラに向いてると言えます。

福祉職・医療関係(介護士・保育士・看護師など)

依存癖のあるメンヘラであれば、福祉職(介護士、保育士、看護師)などの仕事もオススメです。

人と接したり触れ合う仕事なので、依存癖があって他人に尽くしたい願望のあるメンヘラにとっては、心が満たせる仕事だと言えるはずです。

ただ、これらの職種は資格取得が必須な場合が多く、短大や専門学校に通わなければならないこともあるため、すぐに就けるわけではない点には注意です。

また、資格取得までにお金がかかるため、ある程度の貯金や覚悟は必須だと言えます。

ですので、どうしても福祉職や医療関係の仕事に就きたいと思うのであれば、ハローワーク経由で職業訓練校に通うなどして、計画的な就職活動や資格取得に向けての勉強をオススメします。

IT職(プログラマー・システムエンジニアなど)

メンヘラの中でも、人と関わるのが嫌いでなおかつ集中力が高いような人は、IT関連の技術職を目指すのも手かもしれません。

IT関連の仕事は「コードとにらめっこして問題を解決していく」ことが多いので、ゲーム好きであれば適性が高い可能性があります。

また、IT職は慢性的に人手不足が続いているため、比較的未経験からでも就職しやすく、無料のプログラミングスクールも数多く登場しており、その気になれば就職しやすい仕事だと言えます。

スキルと実績さえ詰めば、フリ―ランスとして場所や時間にとらわれない働き方ができるなど、比較的自由を手にしやすい仕事で、転職する際も需要の高い仕事です。

マーケティング職

メンヘラの中でも、そこそこ頭が良い自負があるなら、マーケティング職を目指すのもありかもしれません。

マーケティング職の領域は広すぎて一言で説明しきれないのですが、SNS運用から記事/動画制作など、様々な範囲に渡るので、メンヘラであっても何かしら向いている仕事が見つかるはずです。

また、仕事内容によっては高い感受性が必要となることもあるため、メンヘラの感性が思わぬ形で発揮されることもあるかもしれません。

筆者自身、マーケティング職になりますが、以下の記事に適性が高いと感じる人の特徴をまとめておりますので、ぜひともご参考ください。

【適職診断あり】マーケティングに向いている人の性格8選!マーケティングに必要な能力とは?

営業職

メンヘラ癖を治したいと思っているのであれば、思い切って営業職にチャレンジしてみるのも手です。

営業職と言うとハードなイメージがありますが、新規飛び込み営業を避けて法人営業やルート営業を選べば、定期的に得意先に訪問する…という仕事内容であることも多いので、イメージに反して比較的楽であったり、メンヘラ特有の依存傾向が発揮できる場面もあるかもしれません。

ただ、メンヘラな性格の人は、以下の営業だけは絶対に避けた方がいいです。

  • 不動産業界
  • 金融業界
  • 成果報酬制(インセンティブ)

不動産・金融業界はブラックな職場が多いことで有名でメンタルが強い人でも病むほどハードなこともあるため、避けた方が無難だと言えます。

また、成果報酬制(インセンティブ)で給料が決まるような職場は、競争が激しく、結果が出せないと詰め寄られることもあるため、メンヘラにとってはキツイと感じやすいかもしれません。

それ以外の、顧客との信頼関係を築き上げていくことが主な営業職であれば、メンヘラでも意外と適性が高い上に、他人を信用することができるようになるため、メンヘラを治したい人にとっては考えてみる価値はあるでしょう。

接客・販売業

接客・販売業も、メンヘラを治したいのであれば挑戦してみる価値ありです。

接客・販売業ですと、お客に対して尽くし過ぎないで要領よく対応する能力が必要となるので、人間嫌いであれば意外と適性が高いとも言えます。

また、在庫管理や売上管理など数字に強い人であれば売上に貢献できることもあるので、意外なところで適性が発揮できるかもしれません。

対人関係が必要な仕事を避けがちな傾向のあるメンヘラですが、接客・販売業を経験すると、毅然と他人の対応を行う能力が身につく上に、人間関係の距離感の取り方も自然とわかってくるので、一度経験しておく価値はあると言えるでしょう。

この項目のまとめ:自分の特性を理解して適性を活かせる仕事選びを

以上のように、自分の性質を活かした職業を見定め、強みを活かせるキャリアを歩むことが人生の成功には大切です。そのためには、世の中に数多く存在する職種を知ることや、自分の特性を深く理解することが大事です。

もし、より自分の向いてる仕事の選択肢について知りたいなら、自分の経歴や価値観をもとにAIでキャリアの選択肢を可視化してくれる「ASSIGN」という転職アプリがオススメです。

ASSIGNでは、自分の経歴や価値観に合わせて、自分に合った企業や求人まで具体的にわかるため、現実的にキャリアアップすることができます。

また、向いてる企業に就くために必要なキャリアプランまでわかるため、向いてる仕事を知って終わりでなく、具体的なアクションにつなげることもできます。

ASSIGNで適職診断してみて
向いてる職業に近づきましょう!

また、全147種の職種から適性を診断できるコンピテンシー診断を受けられる「ミイダス」もオススメです。

ミイダスでは全147種の職業の適性が
10段階のスコア形式で診断できます

また、ミイダスでは適職診断だけでなく、その他にも数多くの診断ツールが無料で利用できるため、性格診断や向いてる仕事を探している人にとって、非常に役に立つ心強いツールだと言えます。

ミイダスは本格的な診断ツールが
すべて無料で使えて
企業からのスカウト求人も届きます

ミイダスの詳細は
以下の記事でも解説しているぞ!

メンヘラな人が自分に合った仕事を見つけ出すコツ~就くまでの方法

「向いてる仕事がわかっても求人が見つからない…」
「適性があっても経歴やスキルが足りない…」
「惹かれる求人がを見つかっても受からない…」

向いてる仕事を見つけたとしても、直面するのがこのような問題です。

そこで最後に、本当に自分に合った仕事を見つけ出すコツから実際に就くための方法まで、すぐに行動に移せる実践的なノウハウを紹介していきます。

向いてない仕事を見極める

世の中には数多くの転職サイトや求人があり、選択肢に迷うものです。

その中で、効率良く理想の仕事にたどり着くためには「自分はどの職業に惹かれないか?」「どんな仕事が続かなそうか?」を見極めましょう。

▼空想好きに向いてない仕事の例

  • 高ストレスな対人サービス業
    例:ホテルフロントスタッフ、飲食店のウェイター、カスタマーサポート、テレマーケティング、プロモーター
    向かない理由:これらの仕事は、多くの対人関係のストレスや予期せぬトラブル対応が求められるため、メンヘラの人々には向いていない可能性が高いです。
  • 高圧的な環境や厳しい競争の業界
    例:ファイナンストレーダー、弁護士、コンサルタント、法人営業、不動産業界、金融業界
    向かない理由:これらの職業は、結果を出すプレッシャーや競争の激しさから、メンヘラの人々がストレスを感じやすい環境と言えます。
  • 心理的なプレッシャーが強い業務
    例:救急救命士、消防士、警察官、医師、緊急通報オペレーター
    向かない理由:これらの仕事は、人の命に関わる判断や行動が求められるため、メンヘラの人々にとっては非常に高いプレッシャーとなります。

こういった「向いてない可能性の高い業界や職業」と「向いてないと言える理由や根拠」を知っておくだけでも、迷いが少なくなります。

また、職業そのものだけでなく、

  • 一緒に働く人との相性(社員の価値観や性格傾向、上司の仕事観や方針)
  • 社風(会社の組織風土や企業理念、経営者の考え方)
  • 会社の扱っている商品(サービス内容や製品)

といった要素でも、向き・不向きが変わってくる点に注意です。

そのためには、仕事内容や採用条件以上に、

  • 面接時に、多くの社員とフィーリングが合ったか?
  • 会社の理念やビジョン、経営層の考えに惹かれるか?
  • その会社が扱っている商品に惹かれるか?

といった点も重視して判断するといいでしょう。

「この職業=向いてる」ではなく

会社/人/扱ってる商品やサービスなど

様々な情報から判断しましょう

「出来る仕事」ではなく「挑戦したい仕事」で選ぶ

メンヘラは自分自身を卑下しがちで自信がなく、自分を過小に評価してしまっていることも少なくはありません。

そのため、つい「今の自分でも出来る仕事」で選びがちで、今まで経験したことのある職種や業種、あるいは自分が活躍できるイメージのできるものだけで仕事を選びがちです。

しかし、それでは「自分が挑戦したい仕事=成長できるかもしれない仕事」を最初から選択肢から消すこととなり、結果としてメンヘラから抜け出せないまま、仕事が長く続かないループに突入することになりかねません。

ですので、メンヘラに向いてる仕事を見つけ出している人は、今まで自分ができたことではなくこれから自分ができるようになりたいことという基準で仕事を選ぶことも大事になってきます。

「そんなこと言われても、自分のは出来る気がしない…」

こう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、できるかどうかを決めるのは自分ではなく企業の人事です。

わざわざ、自分から「無理…」「できない…」と決めつけてチャンスを得ようとすらしないのは、行動する前から自分の可能性を殺しているようなものです。

ですので、メンヘラに向いている仕事をお探しの方は、この機会に考え方を変えてみて、挑戦する気持ちで仕事探しに望むことも大事でしょう。

適性診断を活用して自分の性格や強みを知っておく

依存しやすかったり流されやすいメンヘラであれば、適性診断ツールを活用して、自分の性格や強みを知っておくことも大事でしょう。

適性診断の場合、占い診断とは違い、心理学や統計に基づく結果が得られるため、ある程度の信憑性は確保されています。

また、占いツールと違い、自分の性格傾向や考え方をアピールするための材料となるので、面接や自己アピールの際にも役に立ってきます。

心の病があるなら心療内科に通って回復を

本記事ではあくまで「メンヘラと呼ばれる特徴のある性格に人」について書いているため、心の病については触れていません。

ですが、もし心の病の可能性があると感じているのであれば、まずは心療内科に通い、行動認知療法を施してもらい、精神状態の回復から始めてみることも大事でしょう。

心療内科については深くは説明しませんが、まずは国の運営する「こころの耳」というサイトで情報を得つつ、最寄りの心療内科に通うといいでしょう。

【厳選】オススメの転職サービス

最後まで読んでくれた方限定で、当サイトで厳選した「本当に使っておくべき転職サービス」を紹介していきます。

サイト運営7年以上、
人材業界の動向にも詳しい運営者
サービス実態市場ニーズも踏まえて
厳選しました!

理想の転職を実現する
「ポジウィルキャリア」

本気で向いてる仕事を探すなら「ポジウィルキャリア」がオススメです。

今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれるサポートを行ってくれるからです。

▼こんな人にピッタリ

  • 今の仕事を続けるべきか転職するべきか…
  • 自分のキャリアで将来も通じるか不安…
  • 年収アップしたいけど自信がない…
  • スキルアップしたいけど何をすればいいかわからない…
  • 本当にやりたいことがわからなくなった…
  • 自分の適性や才能をもっと活かしたい…

キャリアコーチングでは、転職活動を行う前に必要な

  • 自己分析
  • 目標設定
  • 行動計画
  • 問題解決
  • モチベーション維持

などを徹底的に行います。

これにより、キャリアに関する悩みを解消して、理想のキャリアを目指すサービスです。

「コーチング」という言葉が意味する通り、マンツーマンでプロが自分に合ったサポートを行ってくれます。

スポーツジムでは、プロが筋トレや身体づくりをアドバイスしてくれます。その「キャリアバージョン」のイメージです。

これまでの転職サービスは「自己申告した経歴や希望条件をもとに求人紹介を受ける」ことになります。

なので、自己分析ができておらず経歴をしっかり書けなかったり、希望条件が固まっていないと、良い求人の提案やサポートが受けられないことが多いです。

また「転職サービス側が経歴のある人物を探す」というビジネスモデルなので、企業側が求めてる経歴でないと、中々良いサポートを受けられない実態があります。

一方で、キャリアコーチングは「自分の強みや適性」「自分が本当にやりたかったこと」を見つけ出します。

その上で、自分が向いてる仕事や就くために必要な方法を探っていくので、新たな選択肢が広がります。

また、転職サービスとキャリアコーチングでは「ゴール地点」が異なります。

既存の転職サービスでは「転職先から内定をもらう」ことがゴールです。

なので、入社後に上手くいくかどうかは保証がありません。

悪質な業者であれば「利用者が転職すれば自社の利益になるから」という理由で、強引に転職させようとしてくる場合もあります。

キャリアコーチングはあくまで「理想のキャリアを実現すること」です。

場合によっては「今の職場で活躍する」という選択も提示してくれます。

ポジウィルキャリアは初回相談(カウンセリング)は無料で受けられるため、適職選びで悩んでいるなら相談してみるといいでしょう。

それ以外にも、様々な診断ツールやLINE相談も用意されており、気軽に相談しやすくなっているので、試しに活用してみてください。

今の業界から抜け出し異業種へ
「WorX(ワークス)」

次に異業種への転職を実現させる、次世代型転職エージェント「Worx(ワークス)」の紹介です。

▼こんな人にピッタリ

  • 仕事の将来に期待ができない
  • 別の職業へ転職したい
  • だけど、どの職業が向いてるかわからない…
  • 年収アップしたい
  • 将来性の高い職業に就きたい
  • スキルアップして無理のない転職がしたい

Worx(ワークス)の魅力は、なんと言っても「異業種へ転職できる」こと。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとに求人紹介される
  • 異業種転職を希望しても「難しい」と言われる
  • スキルアップはサポート対象外

など、異業種への転職は難しいのが実情です。

しかし、Worx(ワークス)では、

  • どの職業が向いてるか診断してくれる
  • その仕事に就くためのスキルアップ支援もある
  • スキルアップは自宅学習とオンライン面談
  • なので、空いた時間に無理なく転職活動できる

といった、他にはないサポートが用意されています。

これにより、

  • 接客業→大手IT企業
  • ウェディングプランナー→外資系企業
  • 保険営業→インサイドセールス

といった、今までにない転職の選択肢を実現可能となります。

また、Worx(ワークス)は「IT/WEB系」の転職にも強いところが特徴です。

IT/WEB系の企業は、在宅ワークに対応している職場も多く、将来性も高く、年収アップも実現しやすいです。

なので、今の会社から抜け出したい人にとっては大きなチャンスを得られると言えます。

また、今までの転職エージェントでは最短3ヶ月と十分な期間が得られないことが多かったですが、Worx(ワークス)は半年~1年と、計画的で無理のない転職活動ができます。

さらに、スキルアップや業界研究をした上での転職となるので、入社後も業務についていけるようになり、転職に失敗するリスクが減るところも魅力です。

Worx(ワークス)は、相談はもちろんスキルアップから転職支援まで無料で受けられるため、気になった方は試しに使ってみてください。

Worx(ワークス)の登録はこちら
【相談無料/登録1分】

経歴に自信のない20代なら
「UZUZ(ウズウズ)」

仕事に就こうと思っても、

  • 学歴や経歴がない…
  • 短期間で辞めた経歴がある…
  • 正社員としての経歴がない…
  • フリーターやニート期間が長い…
  • 資格やスキルがない…

などのハンデがあると、良い求人が見つからなかったり、書類選考や面接に通らないことも増えます。

そういった方の中でも、20代のうちなら「UZUZ(ウズウズ)」がオススメです。

20代は「若いから」という理由だけでも、未経験職に採用されやすい年齢層となります。

とくに、

  • 既卒:就職しないまま卒業してしまって3年以内
  • 第二新卒:新卒3年以内に短期離職した人

は、圧倒的に就職・転職に有利です。

なぜなら、企業側に国から助成金が出ており、若手の採用に積極的だからです。

また、UZUZ(ウズウズ)では、ブラック企業排除の取り組みも行っており、その証拠に利用者の「定着率(辞めないで会社に居続ける割合)」も高めです。

20代の若手の場合、向いてる仕事を探す以上に「できる仕事」「就ける仕事」を現実的に選び、まずは経験を積んだ方がいいこともあります。

社会人経験が浅かったり、経歴がなく自信がないことで悩んでいるなら、まずはUZUZ(ウズウズ)に相談してみましょう。

もちろん、相談から就職・転職まで完全無料です。

UZUZに相談してみる
【完全無料・登録1分】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました