仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

ミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

編集長
転職業界オタクの
スコシテン編集長です

今回、皆様にご紹介したい転職サイトが「ミイダス」です。

ミイダスと言えば、カジュアルな年収査定で「えー?こんなに年収上がるの…?」とビックリするぐらい高額の額が提示されます。

※後述しますが、自分と同じような条件でもっとも経歴が高く、さらにそこから高年収での転職を成功させて人の実績になるので、かなり釣り上がった額が提示されております。

ぶっちゃけ、私も当初は「どうせ年収査定で釣るだけのカジュアルな転職アプリでしょ?」とナメていたのですが、使ってみて感想が変わりました。

精度の高い適性・適職診断ツール。
かなり充実した求人情報。
日経の手がける業界分析情報の閲覧。
企業と直接コンタクトのとれる便利さ。

見かけのカジュアルさや年収査定による集客に寄らず、かなり情報がしっかりしている転職サイトです。

おまけに、最近主流となっているSNS式・マッチング式の転職サイトですので、オファーが来た企業と直接コンタクトが取れます。

ですので、面接に行く前に情報交換・コミュニケーション・交渉も可能になるので、効率的に転職活動が可能となります。

ただ、ミイダスを使ってて「惜しい…」と感じる部分は、情報が抽象化されすぎて業界分析・自己分析が出来ていないと、100%使いこなすのは難しいかなぁ…というところです。

ですが、情報の読み方さえ理解しておけば、間違いなく転職活動を効率的に進められること間違いなしなツールですので、気になる方は最後まで読んでみてください。


ミイダスの特徴や仕組みとは?

市場価値・適性年収がわかりやすく表示される

ミイダスの最大の特徴となるのが、自分の性年収・市場価値が一目でわかるという点です。

ミイダスを使ってみるとわかりやすいですが、画面の左上に「現在の市場価値」として、自分の適性年収が表示されます。

ただし、注意点としては転職したからといって必ずしもその市場価値=年収になるわけではないことは知っておきたいです。

あくまで、ミイダスを上手く使いこなして自分が成長できる職場に就けば、将来的にその年収に達する可能性がある…ぐらいに考えておくといいでしょう。

一般的な経歴の方であれば、ミイダスで表示されている市場価値よりも相場は下がりますので、そのつもりで利用しておくのがベストでしょう。

ミイダス適性チェックで自己分析が出来る

私が一番注目しているのが「ミイダス適性チェック」という、本格的な診断ツールです。

上の記事でも解説している通り、診断ツール開発会社が開発・管理しているので、精度は非常に高いです。

適職チェックで未経験職・異業種・異職種の転職先候補を絞れる

ミイダス適性チェックで最も参考にしたいのが「職務適性」の項目です。

自分の性格・気質から、適正の高い職種が表示されるので、意外な天職と出会うきっかけになります。

もし、読者の方で、

「自分の知らない転職先候補が知りたい」
「自分に向いている仕事がわからない…」

…という方がいましたら、この職務適性を抑えておくためだけでも、ミイダスを使っておく価値はあります。

また、適性の低い職種も合わせて診断できますので、今の仕事に向いていないと感じている方は参考にするといいでしょう。

企業から直接オファーが届く

ミイダスの特徴としては、企業から直接オファーが届く点も強み。

ミイダスのオファー機能のメリット

  • 企業側からオファーが届くので受け身でも使える(自分で求人を探す必要がない)
  • 「トーク」「フォロー」などSNS的に段階を追って企業と交流することが可能
  • 自分の経歴でオファーが届く企業の傾向から、年収相場や職種・業種などの把握が可能

総じて言えば、受け身で自分に合った求人・自分の経歴に興味のある企業がオファーしてくるので「待ちの姿勢」で使える点がミイダスの圧倒的強みだと言えるでしょう。

私も利用していますが、職歴なしでもかなりのオファーが届くので、経歴のある方はさらに有効活用できるかと思います。

※よく勘違いされている方もいますが、多くの転職サービスでは職歴なしでも問題なく使えるので、以下の記事などでその理由についてご確認ください。

ミイダスでオファーをたくさん受けるコツとしては、

  • 希望条件(勤務地・年収・職種)を広くとっておく
  • プロフィール・職務経歴書の記入をしておく
  • オファーの届いた企業や気になる企業をフォローしておく

…など、ちょっとした工夫をしておくだけでオファー数が増えます。

ちなみにミイダス画面内でも紹介されているので、時間がある時にコツコツ試しておくといいでしょう。

初期の頃は「自分の経歴でどれぐらいの企業に興味を持ってもらえるか?」を探る意図で使い、自分の希望が固まって来たら希望条件を細かく設定する…という使い方が一番でしょう。

面接確約オファーあり(履歴書・職務経歴書不要)

ミイダスのオファー求人の多くは、そのまますぐに面接の日程を組めるという強みがあります。

受け身で使えるミイダスですが、初期対応の速さでは企業側にガンガンアプローチできるツールにもなるので、受かる気や転職意欲が低くても「とりあえず、話だけでも聞いてみるか…」ぐらいの感覚で使ってみるといいと思います。

※私は外に出るのめんどくさい系なので、面接前にトーク機能・電話をはさんで、面接を受けるかどうかの判断をしております。

オファーの来た企業の求人情報は非常に充実している

個人的に、ミイダスでもっとも気に入っている部分は、オファーの来た企業の求人情報が非常に充実しているという点です。

ミイダスのオファー求人の情報内容

  • オファー内容(事業内容・募集要項の説明)
  • ポジション詳細(役職・仕事内容・雇用条件など)
  • 企業概要(従業員数・企業名・社風など)
  • 事業・組織概要(事業領域の詳細な説明)
  • 人事関連(モデル年収・休日数・出勤の有無・社内の評価基準など)
  • その他(福利厚生など、企業のアピールポイント)
  • レポート(日経バリューサーチ提供)

ある程度の分析力があれば、その会社の状況や社風がわかるレベルで情報が充実しているので、詳細な求人情報を取得する目的でも活用しておきたいです。

私のように、仕事で関わる相手や企業は事前に徹底リサーチしたいタイプの方であれば、ミイダスは情報源としてもかなり参考になるはずです。

フォローすれば直接連絡が来る場合も

ミイダスのいいところは、オファーの来た企業に対してフォローしておけば、高い頻度で直接連絡が来るという点です。

このあたり、SNS・マッチングサイトとしても機能しており、ネットを介して企業と連絡がとれるので、スムーズに転職活動が進めやすい感じております。

企業側によっては、

  • 電話・ビデオチャットでの気軽なミーティングや相談
  • ミイダス上での連絡のやりとり

…など、面接に行き着く前のコミュニケーションを提案してくれることもあるので、面接確約オファーを使わずとも、転職活動が進められます。

とくに私の場合「長い目で考えれば転職する気はあるけど、すぐに転職する気はない…。だけど企業の話は聞いておきたい」という感じのスタンスで、なおかつ地方住まいなので面接に参加するのは旅費が…という立場です。

ですので、ネット上で気軽にやりとりできるミイダスは、かなり便利だと感じております。

また、ミイダスの場合は転職エージェントと違って、人材会社の仲介が入らない都合上、自分で自由にアプローチ・交渉もできますので、エージェント側に気をつかう必要もないのもメリットです。

仲介業者挟まず、自分のペースで企業側にアプローチ・交渉したい方であれば、ミイダスは必ず使っておくといいでしょう。

気になる企業へのアプローチも可能

ミイダスの特徴としては「フォロー」という機能を使って、気になる企業にアプローチが可能だというところです。

先述の通り、オファーの届いた企業をフォローしておけば、結構な頻度で直接メッセージが届きます。

また、気になる企業を検索で見つけ出してフォローすることも出来るので、企業側に自分の情報をチェックしてもらえるチャンスにもなります。

ネット系の仕事をしているとわかりますが、企業側も登録者の情報を意外とチェックしているので、試しに使っておくと運が巡ってくるかもしれませんよ。

大企業・有名企業に転職するチャンスもあり

ミイダスでは、大企業・有名企業の求人の取扱いもあります。

たとえば、私の場合は東京ディズニーリゾートを手がける「オリエンタルランド」からのアプローチも来ております。

職務経歴・登録内容、あるいはミイダスの使い方次第では、大企業・人気企業と接点を持てる可能性もゼロではないので、気になる方は試しに使っておいて損はないでしょう。

ミイダスの登録方法は?

最後にミイダスの登録方法をご紹介していきます。

ミイダスは登録から利用まで完全無料で、以下の手順で利用可能です。

  1. ミイダス公式サイトへアクセス
  2. 手順に従って登録情報を入力(個人情報、簡単な職務経歴など)
  3. 以下の年収査定画面が出たら「ミイダスに登録してオファー内容を見る」をタップする

登録後に職務経歴は修正可能ですので、登録段階ではアバウトでOKです。

ちなみに文中でもご紹介している通り、年収査定機能はかなり釣り上がっているので、あまり参考にしすぎないようにしておくといいでしょう。

その分、登録後に使える機能の情報量や質はかなり高いので、見た目や集客方法に惑わされず、効果的に活用してみてください。

また、当サイトにお越しの方は今の職場に不満や不安があって転職を検討している方も多いでしょうが、ミイダスではそういった転職動機にも対応しています。

上の画像のように、登録段階で今の職場の不満についても記入でき、ミイダスを通した面接でも話題にしやすくなります。

関連:仕事に不満があって我慢できない!職場に不満があるならしておきたいことは?

また、ミイダスは今はまだ転職する意欲がない方や、既に転職活動中の方でも、問題なく利用できます。

オファー求人の情報の質や、ミイダス適性チェックの精度の高さが無料で使えるので、少しでも転職に興味があるのであれば、この機会に登録しておくといいでしょう。


関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ、三下どもが。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。