実際どうなの?未経験からプログラマー転職を考えているなら知っておきたい6つの不都合な事実

「未経験からプログラマーになりたい!」
「プログラマーになれば年収が上がるので勉強したい!」

このように思われている方は少なくないかと思います。

プログラミングのできる人材は年々増加傾向で、学んでおいて損はないことは間違いありません。

一方、プログラマー需要に乗じて情報が蔓延し、未経験者では情報の真偽や有用性を正しく判断しにくい情勢になっている現状も無視できません。

たとえば、以下の動画のように「プログラミングスクールに通ったら、望まない形でブラックな会社に斡旋され、短期で辞めてしまった…」という話も散見されます。

未経験エンジニア転職は無理ゲー【実体験を基に解説】

だからと言って、ITなしでは仕事が回らない現代において、プログラミングを学ばないことは今後の仕事の幅を狭めることにもなりかねません。

そうわかっていても、プログラミングを勉強したり、未経験からエンジニアとして転職することに抵抗があり、中々踏み出せない方もいらっしゃるはず。

当記事では、そのような「プログラミングを学びたいのに踏み出せない人」に向けて、IT業界の現状の解説も交えて、プログラミングを効率よく勉強していくために大事なことを解説していきます。

スポンサーリンク

未経験からのプログラマーになることの不都合な6つの事実

未経験からプログラマーを目指す、事前に知っておきたいことは以下の6つです。

  • プログラマーになったとしても安定・高収入になるわけではない
  • プログラマーに関する間違った情報がネット上に蔓延している
  • プログラミングの勉強は挫折しやすい
  • 何から学ぶべきかわかりにくい
  • 最初に学んだプログラミング言語でキャリアが決まってしまう
  • 未経験者と理系大卒とでは埋められない差がある

それぞれ、詳しく実情や背景について説明していきます。

プログラマーになったとしても安定・高収入になるわけではない

未経験からプログラマーを目指す人に多い理由として

  • 年収が高い
  • 安定性がある
  • 将来性が高い

という3つの理由が目立ちます。

これは一部の優秀な人材に限って言えば正解かもしれませんが、その他の一般人材に関しては当てはまらないことも非常に多いです。

というのも、プログラマーとして働く際の実情として、

  • ブラックな勤務体制が多い(長時間勤務、出向が多いなど)
  • 日々、勉強して転職しなければ年収アップが見込めない
  • キャリアを間違えると延々と下請けの仕事をし続けるハメになる

などのリスクもあるからです。

年収に関しては非常に誤解が多く、有名大卒から世界規模の超有名IT企業(Googleなど)に就職するキャリアでも歩まなければ、年収1000万という数字は現実的ではありません。
完全未経験からプログラマーとして就職(転職)しても年収300万~400万円ほどが現実的な数字です。

安定性に関しても疑問が多く残ります。

一部の上場企業クラスのIT企業(NTTなど)に正社員として働くでもなければ、プログラミングスキルやビジネススキルを向上させて転職していくキャリアが一般的ですので、従来的な「一つの会社で定年退職後まで働き続ける」という終身雇用的な考え方でいること自体が非常にリスクが高いです。
あのGoogleですら待遇や年収に恵まれているにも関わらず数年内に退職していく社員が多いぐらい、プログラマーは転職していくことが当たり前の業界です。

プログラマーに関する間違った情報がネット上に蔓延している

そもそもが「安定性や高年収を求めてプログラマーになる」という考え方自体が間違っています。

ですが、プログラマー人材が圧倒的に不足している都合上、多くの人材会社やマーケティング会社が「プログラマーは稼げる!」とイメージを植え付けなければならない事情もあります。

その結果、高額なプログラミングスクール広告により間違った情報が蔓延したり、その広告情報に対する批判で極端な情報が出回るなど、本来、プログラミングを学びたい人にとってノイズとなる情報があふれているわけです。

プログラミングの勉強は挫折しやすい

プログラミングは普段は使わない言葉や単語が多く出るため、勉強し始めても挫折しやすいという事情があります。
筆者自身、プログラミングを学ぼうと思って挫折したことが何度もあります。

そして残念なことに、プログラマーとしても働き出した後も自発的に学習し続けなければならないことが非常に多いため、未経験からラッキー入社できても早期に離職してしまうリスクも無視できません。
事実、一部のプログラミングスクールでは、スキル未習得の状態の人材を強引に就職させるような手口を行っていることもあります。
そのような状態でプログラマーとして就職(転職)できたとしても、業務内容についていけずに早期離職していくことが目に見えています。

ですので、プログラミングを勉強する以前に、

  • プログラミングの勉強の仕方を感覚的に覚える
  • プログラミング勉強に集中できる環境を作る
  • プログラミングの勉強を支援してくれる仲間を見つけ出す

など、挫折しにくい状態を作ることも大事になってくるのです。

何から学ぶべきかわかりにくい

プログラミング言語を学ぶ際、何から学ぶべきかわかりにくいという点も挫折しやすい理由の一つです。

実務でよく使われる主要な言語でも「C++」「C#」「Java」「PHP」「JavaScript」「Ruby」「Python」「Swift」などのプログラミング言語がありますが、未経験者には違いがよくわからないはずです。

目的意識が明確であれば、それぞれのプログラミング言語特性や実業務での使用頻度からどれを学ぶべきか判断できるかもしれませんが、未経験者からすれば「何がわからないかわからない」状態だと思います。

ですので、プログラミング言語自体を学ぶ難しさに加え、プログラミング言語の特性や実務で活きるかどうかの調査も必要となるため「プログラミングを学ぶべきかどうか?」の段階で悩むことになり、プログラミングを実際に学ぶまでに至らない人が増えるわけです。

最初に学んだプログラミング言語でキャリアが決まってしまう

最初に学んだプログラミング言語で、今後のキャリアの方向性がおおよそ決まってしまうという事情も無視できません。

たとえば、Appleスマホアプリの開発でよく使われる「Swift」を最初に勉強すると、Appleスマホアプリの開発関連の仕事にしか関われないことになります。

逆に使用率の高い「Java」から覚えれば、選べる求人の幅が必然的に増えることになります。

後ほど説明しますが「プログラマー」と一言に言っても、

  • 自分が使えるプログラミング言語
  • 働く会社の仕事内容
  • 実際にプログラムを使う環境
  • プログラミングを活用して実際に制作(開発)するもの

によって、選べる仕事は変わってきます。

就業後に様々なプログラミング言語を身につけていくにしても、プログラマーとしてのファーストキャリアでおおよその方向性が決まってしまう側面は無視できません。

ですので、後ほど説明するプログラマーの業界内情を踏まえた上で、本当に自分が進みたい道を見極める必要があります。

未経験者と理系大卒とでは埋められない差がある

未経験からプログラマーを目指す方には、最終学歴が高卒・専門卒の人、あるいは文系大卒の人も少なくないと思います。

その場合、プログラマーとしての経歴は理系大卒の人にはどうしても敵わない部分が出てきます。
とくに最近のトレンドである「AI」「ディープラーニング」という分野では、高度な数学知識や統計学などの基礎教養を求められるため、単にプログラミングを学んだだけではキャリアアップできないことも考えられます。

逆に「プログラミングスキル × 他のスキル」というキャリアでいけば、プログラミングスキルはほどほどでも、ITコンサルタントなどとしてのキャリア形成ができるかもしれません。

いずれにしても、正攻法で技術を極めていくだけのキャリアでは、未経験からプログラマーになるだけでは将来に不安が残ります。

ですので、

  • 自分の経歴や適性
  • 働きたい業界や会社
  • プログラミングを学んでやりたいこと

を明確にし、自分自身のプログラミングスキルをどう活かすかも考えておくといいでしょう。

プログラマーを目指すなら知っておきたい業界内情

プログラマーになる上でプログラミングを学ぶことは重要ですが、ただスキルを身につけるだけではなく、

  • 業界の内情を知っておく
  • プログラマー内の職種分類や業務範囲も把握しておく
  • 業界内の課題や最新環境を知っておく

といった要素をも、プログラマーとしてキャリアアップしていく上では大事なことです。

入社後に身につけていけばいい要素でありますが、転職活動中に意識しておくだけでも今後のキャリアの在り方が変わってくるはずです。

とくに、以下の3点は事前に知っておくといいでしょう。

「プログラマー」になるだけではなく「エンジニア」目線を持つ

当記事内では「プログラマー」という言葉を使っていますが、業界内では「エンジニア」と呼ばれることも非常に多いです。

両者に厳密な定義はありませんが、実際の仕事の範囲や社内での役割には差があります。

また、プログラマーの代わりに「コーダー」という職種分類もありますが、コーダーの場合はプログラマーよりも狭い「プログラミング言語(コード)を打つ人」という仕事を行う人に対して用いられます。

イメージとしては

  • コーダー(指示書通りにプログラムを打ち込むだけの人)
  • プログラマー(プログラム全般を扱う人)
  • エンジニア(プログラムを活用するシステム環境全般に関わる人)

という構造になり、こなせる仕事に応じて「コーダー→プログラマー→エンジニア」とキャリアアップしていくことになります。

ですので、ただ「プログラミングを使えるだけのプログラマー」ではなく「プログラミングが使われる環境全般に理解のあるエンジニア」を目指すことが、将来的な安定性につながるわけです。

事実、企業では「ただ、誰かに言われた通りにプログラミングを打ち込むだけ」のプログラマーがいますが、このタイプのプログラマーは年収が上がらない傾向にあります。

逆にエンジニア目線を持って、プログラミングだけではなくシステム環境全体を理解した上で仕事に臨めば、役職がついたり年収が上がっていく傾向にあります。

いずれにしても、プログラミングを学ぶだけではなく、業界内の事情を理解した上でシステム全体を理解していく姿勢こそ、プログラマーとしてのキャリア形成していくために必要不可欠なことだと言えるでしょう。

フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアでは役割が大きく異なる

プログラマーは大きく分けて「フロントエンドエンジニア」「バックエンドエンジニア」の2つの方向性に分かれます。

フロントエンドエンジニアは、主にWEBサービスやスマホアプリの開発および実装を行うため、一般のユーザーでも仕事で作るもののイメージが湧きやすいかもしれません。

関連:フロントエンドエンジニアに向いてる人の特徴

一方で、バックエンドエンジニアはサーバの構築から保守・管理を行う、言わば「裏方」とも言うべき存在です。

関連:バックエンドエンジニアに向いてる人の特徴

バックエンドエンジニアと役割の重なる業務範囲の言葉として「インフラエンジニア」という言葉もあります。

これらの言葉はややこしくはありますが、覚え方としては

フロントエンドエンジニア~一般ユーザーでも目につくWEBサービスやアプリの制作を行う人
バックエンドエンジニア~サーバなどの一般ユーザーでは目につかないシステムの設計に関わる人

ぐらいに覚えておくといいでしょう。

フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアは、仕事における役割から業界・社内での立ち位置、学ぶべきプログラミング言語から年収傾向まで異なってきます。

そのため、予めどちらのエンジニアとしてのキャリアを歩むかは事前にしっかり検討しておくと将来のためになるはずです。

学ぶプログラミング言語をしっかり見定めること

フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアの違いで説明した通り、歩みたいキャリアによって学ぶべきプログラミング言語は変わるのは何度も紹介した通りです。

フロントエンドエンジニアになりたいのであれば、開発したいアプリやサービスに適したプログラミング言語を学ぶべきですし、バックエンドエンジニアとして堅実なキャリアを歩みたいならJavaやphpと言ったプログラミング言語の他、MySQLなどのデータベースに関する理解も必要となります。

どのプログラミング言語を学ぶにしても、やりたいことや目的を持って学んだほうが習得度が高くなることは言うまでもありません。

プログラミング未経験者ならともかく、普段からパソコンに使い慣れていない人であればプログラミングを勉強する環境の構築ですら一苦労ですので、事前にどのプログラミングを学ぶべきかをしっかりと考えておくと間違いないことでしょう。

未経験からプログラマーを目指すなら計画的な転職を

「プログラマーは稼げる!」「プログラマーは自由に働ける!」という広告文が目立つご時世になってきましたが、それは一部の側面であって、しっかりとした学習やキャリア計画がなければ、遠回りするばかりか、取り返しのつかないキャリアを歩むハメにもなりかねません。

当記事の要点をまとめますと、以下の通りになります。

  • IT業界の内情を理解しておく(職種や役割など)
  • 就きたい仕事から逆算して学ぶべきプログラミング言語を選ぶ
  • プログラミング言語を学ぶ環境を作る(自分に合った教えてくれる人や教則本を探す)

筆者には多数のプログラマーやエンジニアの友人が社員・フリーランス関わらずいますし、自分自身もプログラミング言語を勉強中ではあります。

その中で感じることは、しっかりとした基礎教養がある人や学べる環境にいる人ほど良い仕事に恵まれている一方で、独学で学んだり、あるいは業界の事情を無視したキャリアを歩んでいる人は上手く行ってない人も多いです。

大事な人生の時間、とくにキャリアの自由が利きやすい20代のうちに失敗しないためにも「プログラミングを学ぶべきかどうか?」「どのプログラミング言語を学ぶべきか?」「学んでどう活かすべきか?」は、自分に合ったものを早いうちに見つけ出すべきです。

そういう意味でも、プログラミングスクールに通い効率よくプログラミングを学習し、後のキャリアに関しての相談もしっかり行ってくれるサービスを活用するのは立派な選択肢です。

ただ、冒頭にもご紹介した通り、プログラマー不足による人材需要増加で、プログラミングスクールは年々増え続けています。
プログラミングスクールは無料のものから高額のものまで数たくさんあり、プログラミングを学ぶ以前に「どのプログラミングスクールに通うべきか?」の段階で悩んでしまい前に進めない方もいるはずです。

プログラマーとしてのキャリアを歩みたいならウズウズカレッジの利用の検討を

もし、読者の方が未経験からプログラマー・エンジニアとしての転職を本気で考えているのであれば「ウズウズカレッジ」の利用をオススメいたします。

ウズウズカレッジは「プログラミングコース」と「CCNAコース」に分かれており、安定した就職・転職先を見据えたプログラミング学習を行っているサービスです。

元々、ウズウズカレッジを運営する株式会社UZUZ自体が20代向けの転職支援を手がけてきた実績もあり、就職・転職支援に関しては間違いのない会社で、社員が若いためIT・WEB業界に関しての理解度も高い会社です。

「わざわざ時間やお金をかけてプログラミングを学ぶ必要あるの?」

このように思われる方もいらっしゃるかと思いますが、確かに、今の時代はYouTubeで調べれば独学でプログラミングを学ぶことも可能です。

ですが、記事内で何度もお伝えしている通り、学ぶプログラミング言語や働く会社選びを間違えれば、大幅な遠回りをしてしまうリスクも存在します。

また、プログラミングには「何度も間違えて原因を特定しながら学んでいく」という性質があるため、誰かに教えてもらえる環境で学んだほうが何倍も効率がいいのです。

プログラミング自体を学ぶことは教則本を読めばできますが、効率良く学んだり、モチベーションを維持し続けるのは一人では至難の業です。

いずれにしても、一人で「学ぶべきかどうか?」の段階でぐるぐる悩み続けても答えは一向に出ません。
ウズウズカレッジは有料ではありますが、事前の登録や相談は無料で行え、キャリアに関する相談からどのプログラミングを学ぶべきかまでプロからアドバイスを受けられ、しかもオンライン相談も対応可能です。
もし、読者が本気でプログラミングを学んで安定したキャリアを歩もうと考えているのであれば、この機会にぜひウズウズカレッジに登録してみてオンラインで説明会でも体験してみてください。

関連:ウズウズカレッジ・プログラミングコースについて徹底解説!Javaを身につけるメリットとは?

関連:ウズウズカレッジ・CCNAコースについて徹底解説!CCNAって何?学ぶメリットは?

タイトルとURLをコピーしました