ミミズによる廃棄物処理業者になるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

ゴミ問題の解決策の1つとして注目されているのが、ミミズを使って有機廃棄物を処理する仕事である
日本では1970年代から、食品加工工場などが自らの工場が排出する有機廃棄物の処理にミミズを用いるようになり、最近では食品関係以外にも製糸、繊維、木材、製薬などさまざまな企業がこの処理方法を用いている
ミミズによる廃棄物処理業者は、産業として立派に成立しているのだ

一方、廃棄物処理によって繁殖したミミズは、薬品会社、釣り餌用として釣具店、あるいはミミズコンポスト(堆肥)用として園芸店などへ卸売され、またミミズの出す糞も肥沃な土壌を作る高級な肥料となることから園芸店などへ販売される
ミミズによる廃棄物処理はアメリカ、カナダ、オーストラリア、フランスなどでは一般家庭にも導入されている
経済的にも有機廃棄物処理の費用が低くなるというメリットがあることが確認されていることから、今後の需要が期待されている

タイトルとURLをコピーしました