【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

仕事でもやもやしたら転職タイミング!理不尽でモヤモヤが晴れない時に転職活動するべき理由とは?

「なんでこんな理不尽な仕事を押し付けられるの?」
「もやもやとした不満をどう解消したらいい?」
「この仕事のもやもや、本当に晴れる日が来るのかな…」

こんな悩み、あなたにとって馴染み深いものではないでしょうか?

仕事の中で理不尽な出来事や不明瞭な指示、予測外のトラブルに遭遇すると、私たちの心は「もやもや」とした気持ちに包まれることがあります。そして、その感情をどう処理したらいいのか、どう対処したらいいのかが分からなくなることも…。

でも、安心してください。この「もやもや」を解消し、クリアな心で仕事を進めるための方法が存在します。そして、その方法を知っていれば、仕事の中での理不尽な状況やストレスも、もっと上手に乗り越えることができるようになるでしょう。

この記事では、仕事での「理不尽」による「もやもや」を解消するための具体的な方法を紹介します。

  1. 仕事でモヤモヤする瞬間の代表例
    1. 善意で労力を割いたことに対し感謝や対価が一切なく、やってもらって当たり前という態度をされる
    2. 聞いてもないアドバイスやお節介で他者を従わせようとしてくるヤツ
    3. 問題から目を背けて他人事のように振る舞うような職場や上司
    4. 他人の言葉を都合良く受け取り意図や要望を汲む気がない
    5. 自分たちの理屈や都合で他人を丸め込もうとする
    6. 後出しジャンケンで言い訳がましい言動をされる/答えになってない答えばかり
    7. 自らは発言しないのに批判や指摘だけはいっちょ前の人物に邪魔された時
    8. 自ら提言や提案をした人物に責任を押し付けて悪者にされた時
    9. 必要な手配や調整を一切行わないで勝手に話を進められた時
    10. 自分たちの仕事の目的/なぜ?を言語化できない
  2. 【危険の兆候かも…】もやもやの正体や原因とは?
    1. 雰囲気だけで仕事している「ちいかわ」みたいな職場【ワッワッ】
    2. 理不尽かつ一方的な決定で自身の存在を軽視されているため
    3. 相談や報告を完全に無視されコミュニケーションを放棄しているため
    4. 自身の努力や善意を無下にし自身の思いを踏みにじられているため
    5. 納得のいく説明や言語化を怠けている相手に対する不信感
    6. 根本的に他人任せで無責任な態度に対する呆れと怒り
    7. 忖度要求を促し責任を回避しようとするズルい態度
    8. 話のまとまらない場面や決定を下すべき場面で誰もリーダーシップを発揮しない
    9. 意見の対立する場面に共通の原則や前提が存在しない
    10. 仕事に対する価値観やビジョンのすれ違いが大きくなっている
    11. 自分の感情を軽視して他人都合ばかり優先していることの反動
  3. 仕事のもやもやを解消するためには?モヤモヤした時はどうするべき?
    1. 飲み屋でしがらみのない相手に愚痴ってスッキリする/頭の整理にもなる
    2. 本屋で悩みを解消できそうなヒントになりそうな本を読み漁る/自分のモヤモヤの正体が思いがけず突き止められるかも?
    3. モヤモヤすることが多い相手に理解や共感、変化や改善を一切求めない
    4. モヤモヤする相手や職場に見返りを求めず必要最低限の仕事だけ行う
    5. 面倒事はすべて突っぱねて安請け合いしない/安易に介入しない
  4. もやもやするなら転職活動しておくべき!
    1. 転職活動とは「自分探しの旅」である
    2. 転職エージェントに相談して”もやもや”の正体を知ろう!

▼3人に2人が年収アップ転職を実現
LHH転職エージェント」の紹介

外資系企業ならではのレベルの高いプロに相談できる転職エージェント。
登録から転職が決まるまで完全無料で徹底サポート。
全職種・業種対応、5万件以上の求人保有。
経歴のある方はもちろん、卒業後3年以内の早期離職を考える「第二新卒」にも対応。
不満の多い現状の職場から抜け出し、理想の転職を成功させたいなら一見の価値あり。

→詳細はこちら

仕事でモヤモヤする瞬間の代表例

仕事は人生の大部分を占め、多くの成就感や満足感をもたらす場所である一方で、時にはモヤモヤやフラストレーションを感じることもあります。どの職場でも避けられない困難や課題があり、それらは日々の業務を通じて表れることがあります。

このような瞬間は、個人の能力やチームワーク、さらには組織全体の効率に影響を与える可能性があります。

ここでは、「仕事でモヤモヤする瞬間の代表例」を取り上げ、その原因と対処法について考察します。これらの情報を通じて、読者がより効果的にこれらの瞬間をナビゲートし、職場での満足度と生産性を向上させる助けになることを願っています。

善意で労力を割いたことに対し感謝や対価が一切なく、やってもらって当たり前という態度をされる

仕事の場では、自らの専門知識や時間を利用してプロジェクトやタスクを遂行することが求められます。その労力は、自分やチーム、さらには組織全体の成果に貢献するものとして評価されるべきです。

しかし、時として、善意で労力を割いたにも関わらず、その貢献が周囲から十分に認知されず、感謝や対価を受けることなく、まるで「やってもらって当たり前」という態度を取られることがあります。

これは、職場でモヤモヤを感じる典型的な瞬間であり、多くの読者も共感する場面かもしれません。このような状況は、個人のモチベーションを低下させ、さらなる努力を投じる意欲を削ぐ可能性があります。

聞いてもないアドバイスやお節介で他者を従わせようとしてくるヤツ

仕事の場において、チームメンバーや同僚からの協力やフィードバックは非常に重要です。

しかし、求めてもいないアドバイスやお節介が行き過ぎると、非常に不快なものになることもあります。

特に、自分の意見やアプローチを押し付けてくる人がいる場合、その不必要な干渉はプロフェッショナルな環境においてもやもやする要因となります。

また、これらの行動は往々にして尊重の欠如を示しているように感じられ、個人の自主性や創造性を無視するものであるかのように映ります。

誰もが専門家として認められ、尊重されることを望んでいます。

不必要な干渉や聞いてもいないアドバイスは、その願いとは裏腹に、個人の価値や専門知識を無視するものと感じさせてしまうことがあります。

このような瞬間は、職場の調和を乱し、ストレスや不満を生む可能性があり、読者の多くも共感するであろう点であると言えるでしょう。

問題から目を背けて他人事のように振る舞うような職場や上司

仕事の場において問題が起こった時、それに対処し解決に向けて動くのは重要な責務であり、これがプロフェッショナルな職場環境を形成します。しかし、問題が生じた際にそれを無視したり他人事のように振る舞う上司や職場は、従業員にとって大変モヤモヤとフラストレーションを感じさせる要因となります。このような態度は、責任の放棄や無関心を示し、それが組織の文化となると、従業員の信頼やモチベーションを低下させる可能性があります。

読者の中にも、こうした状況に直面し、「どうして上司や組織は問題を直視しないのだろう」と感じたことがある人は少なくないでしょう。問題解決への積極的な取り組みは、職場の信頼と連帯感を育む重要な要素であり、これが欠けることで個人は孤立感を感じたり、職場に対する愛着を失うこともあります。

他人の言葉を都合良く受け取り意図や要望を汲む気がない

コミュニケーションは職場の円滑な運営の基盤となる要素です。しかし、時折、他人の言葉を都合良く解釈し、相手の意図や要望を理解する努力を示さない同僚や上司に出会うことがあります。このような状況は、仕事の進行においてモヤモヤとフラストレーションを生じる原因となります。

読者の皆さんも経験があるかもしれませんが、自分の意見や要望が正確に理解されず、都合良く解釈されてしまうことは非常に心苦しいものです。特に、プロジェクトの進行やタスクの実行に影響を与える重要な情報が正確に伝達されない場合、仕事の効率や成果に悪影響を与える可能性があります。

コミュニケーションは相互理解を基盤とし、意図や要望を明確に伝え、受け取る努力が必要です。しかし、このような基本的なコミュニケーションが欠けると、不信や誤解が生まれ、職場の雰囲気やチームワークに悪影響を与える可能性があります。職場での信頼と理解は、効率的な仕事の進行と良好な関係の構築に不可欠であり、これらの要素が欠如することは、大きなモヤモヤを生む典型的な瞬間であると言えるでしょう。

自分たちの理屈や都合で他人を丸め込もうとする

仕事の進行において、時折、自分たちの理屈や都合で他人を丸め込もうとする同僚や上司に出会うことがあります。このような行動は、他人の意見や立場を無視し、一方的な利益の追求を試みるもので、非常に不快でモヤモヤとする瞬間となります。

読者の皆さんも感じたことがあるでしょう、自分の意見が十分に考慮されず、あるいは無視されてしまうことは非常にフラストレーティングな経験です。特に、自分たちの考えを押し付けられ、その結果に対して責任を求められる場合、不公平さを感じることがあります。

効果的なコミュニケーションと協力は、異なる意見を尊重し、共通の目標に向かって協力することを前提としています。しかし、自分たちの理屈で他人を丸め込もうとする行動は、この原則を無視し、職場の調和と効率を損なう可能性があります。対話と相互理解の欠如は、職場環境を毒する可能性があり、長期的には組織全体のパフォーマンスと従業員満足度に悪影響を与える恐れがあります。これらの瞬間は、多くの読者にとって共感を呼ぶもやもやする瞬間であると言えるでしょう。

後出しジャンケンで言い訳がましい言動をされる/答えになってない答えばかり

仕事の場において明確かつ具体的なコミュニケーションは非常に重要です。しかし、時折、後出しジャンケンのように、言い訳がましい言動を取る同僚や上司に出会うことがあり、また、具体的な答えが得られずに曖昧な返答ばかりされることもあります。これらの瞬間は、仕事の進行において大きなモヤモヤを感じる原因となります。

読者の皆さんも経験したことがあるでしょう、明確な指示やフィードバックを求めた際に得られるのが言い訳や不明瞭な回答だけだと、作業の効率や成果が大きく影響を受けることがあります。さらに、このような言動は、信頼と尊重の欠如を示唆し、職場の関係性にも悪影響を与える可能性があります。

自らは発言しないのに批判や指摘だけはいっちょ前の人物に邪魔された時

仕事の場でコラボレーションは重要ですが、自らは意見を言わないのに、批判や指摘だけはいっちょ前に行う人物に出会うことがあります。このような人物は、プロジェクトやチームの進行を妨げ、モヤモヤ感を生む原因となることが多いです。

読者の皆様は、このような状況で自分の提案や努力がいつも批判され、しかもその批判者が実際には有益な意見を提供しないことにフラストレーションを感じたことがあるかもしれません。このような状況は、創造性やイノベーションを阻害し、チームモラルを低下させる可能性があります。

効果的なフィードバックとは、建設的かつ具体的な提案を伴うものであり、単なる批判ではありません。しかし、一部の人物はこの原則を無視し、批判的な意見だけを表明し続けることで、チーム全体の進行と生産性に悪影響を与える可能性があります。このような行動は、プロジェクトの進行を妨げるだけでなく、職場の信頼と尊重の欠如を示すもので、仕事の満足度と効率を低下させる可能性があります。

自ら提言や提案をした人物に責任を押し付けて悪者にされた時

仕事の場では新しいアイデアや提案を募ることが、進歩やイノベーションを促す重要な要素です。しかし、自ら積極的に提言や提案を行ったにも関わらず、後になってそれらの責任を押し付けられ、悪者にされる瞬間があります。このような瞬間は、多くの職場で共感を呼ぶモヤモヤとする瞬間でしょう。

読者の皆様も感じたことがあるかもしれませんが、自分のアイデアや提案を勇気を持って表明し、それが受け入れられた時の喜びはひとしおです。しかし、予期せぬ困難が起こったり目的が達成されなかったりした時に、責任を一方的に押し付けられることは非常に不快です。

このような状況は、職場の信頼やオープンなコミュニケーションの環境を損ない、個人の自信とモチベーションを低下させる可能性があります。良い職場環境は、失敗から学び、連携して解決策を見つけることを奨励するものであり、個人を悪者にすることで責任逃れを図るような文化は非生産的であり、チーム全体の成長と進歩を阻害します。

必要な手配や調整を一切行わないで勝手に話を進められた時

仕事を進める上で、適切な手配や調整は必須のステップです。しかし、時には他者がこれらの重要なプロセスを無視し、勝手に話を進めてしまうことがあります。これは、仕事の進行において混乱を引き起こし、計画の遅延や失敗につながる可能性があります。

読者の皆様も感じたことがあるでしょう、事前の調整や手配なしにプロジェクトやタスクが勝手に進められた時の驚きと不安。このような状況は、まるで自分の努力や意見が無視されているかのように感じさせ、仕事の質やチームの協力を低下させる可能性があります。

特に、関係者全員の承認やフィードバックを得ていないまま進行されるプロジェクトは、後で大きな問題を引き起こす恐れがあります。このような不注意や無配慮な行動は、職場での信頼とコミュニケーションを損ない、結果として仕事の効率と満足度を低下させる可能性があります。職場におけるオープンで効果的なコミュニケーションの重要性を再認識し、全ての関係者が連携し合うことで、このようなモヤモヤする瞬間を減らし、より効果的かつ円滑な仕事の進行を促すことができるでしょう。

自分たちの仕事の目的/なぜ?を言語化できない

仕事を効果的に進めるためには、自分たちの仕事の目的やその理由を明確に理解し、言語化できることが重要です。しかし、時として、目的やその背景が不明確で、言語化できない瞬間があります。これは、職場のモチベーション低下や混乱を招く可能性があります。

読者の皆さんは、このような状況を経験したことがあるかもしれません。仕事の目的が不明確で、何のためにこのタスクを実行しているのか理解できないと、仕事の意義を見失い、モヤモヤとした感情が生まれることでしょう。

また、仕事の目的や背景を言語化できないことは、チーム内のコミュニケーションの障壁となり、効率的な進行や問題解決に影響を与える可能性があります。このような状況は、明確なゴール設定や目的の共有が不十分であることを示しており、組織全体としてこの問題を解決するための努力が求められます。

明確な目的の設定と共有は、職場の満足度を向上させ、結果的にはプロジェクトの成功につながります。それにより、自分の仕事が大きな目標にどのように貢献しているのかを理解し、より意味のある仕事を実現することができるでしょう。

【危険の兆候かも…】もやもやの正体や原因とは?

「”もやもや”する気持ち」を説明するなら、複雑怪奇・奇妙奇天烈にして、心の中に魑魅魍魎が渦巻き、思考回路はショート寸前、言ってることもやってることも支離滅裂で精神分裂状態、もはや意味不明ですよね。

そうなんです。

もやもやする気持ちは言葉に出来ないんですよ。

なんというか「おかしい」とわかっていても、上手く言葉に出来ないので相手に上手く伝わらない。

伝わらないこそ必死に伝えようとすると誤解されちゃう。

そうすると増々、もやもやする結果になっちゃうんですよね。

抜け出せないんですよ、もやもやの連鎖から。

ですが、私は心の中の少女のもやもやする気持ちを研究するうちに、原因を特定することが出来るようになりました。

以下、もやもやの正体を解説していきます。

雰囲気だけで仕事している「ちいかわ」みたいな職場【ワッワッ】

「ちいかわ」とは、朝のニュース番組で放送されている人気アニメです。主人公である「ちいかわ」はいつも何かに怯えているような表情をしていて「ワッワッ」と意味のない言葉しか喋れません。その友人である「ハチワレ」は、ちいかわの話を翻訳したり、状況説明をしたりと、ちいかわの橋渡し的な役割を担っています。

雰囲気だけで仕事を進める「ちいかわ」みたいな職場は、明確な指示や明確なコミュニケーションが欠如しています。そのため「ハチワレ」のような「何も言わずに雰囲気だけで仕事している人の代弁者」がいなければ、コミュニケーション不全に陥りやすくなります。

確かに何も言わない上司の代わりに

自分ばかりが話すシーンが多いかも…

こうした環境では、具体的な目標や期待が伝わらず、結果的に個人やチームの生産性を損なう可能性があります。また、勘違いや誤解が生じやすく、個人のストレスが増大する原因となります。

読者の皆さんの中にも、「なんとなく…」の雰囲気で仕事が進められ、何を求められているのか不明瞭な状況に苛立ちを感じたことがあるかもしれません。この”もやもや”は、時として危険信号であり、職場のコミュニケーションが不透明であることを示しています。

何も言わない人たちの代わりに

意見をまとめたり提案する場面が多いと
モヤモヤが募るかもしれません…

実際、明確なコミュニケーションは効率的かつ効果的な仕事の進行にとって不可欠であり、この点で欠けている職場は、仕事の質や従業員の満足度に影響を与える可能性があります。これは、職場の「ちいかわ」状態を解消し、明確で効果的なコミュニケーションを確立する重要性を改めて認識させる良い機会でしょう。

理不尽かつ一方的な決定で自身の存在を軽視されているため

「もやもや」という感情は、理不尽さから生まれるものです。

「大人になったら理不尽のことでも我慢しなさい」とは言われるものの、やっぱりおかしいものは声を出して「そんなの絶対おかしいよ!」と叫びたいものですよね。

…でも叫べないんですよね、主に世間体とか人間関係のいざこざの問題で。

それで言いたいことも言えずに、もやもやを抱えることになる。

愚痴を吐くにも、吐くべき相手も見つからない。

彼氏や友達も「へえ~」「そんなこともるよね~」「みんな辛いんだから耐えよう」という感じで、文字通り「他人事」って感じ。

そして、次第に貯まったもやもやは膨れ上がり、いつしか破裂しそうに。

そう、もやもやは溜まりに溜まって爆発しちゃうものなんです。

「芸術は爆発だ」と言った芸術家もいますが、それと同じ。

「転職は”もやもや”の破裂だ」

世の中の理不尽さに耐えかねたら、自分のもやもやを爆発させるつもりで、転職活動にエネルギーを費やしましょう。

相談や報告を完全に無視されコミュニケーションを放棄しているため

コミュニケーションは職場での成功の基石であり、無視されたり放棄されたりすると、個人やチームにとって大きなストレスとなります。相談や報告が完全に無視される場合、それは明らかなコミュニケーションの欠如であり、これが「もやもや」の原因となることがあります。

「報告や相談をしたのに誰も耳を傾けてくれない…」と感じる読者は、この点で共感を覚えるかもしれません。この無視は、従業員が価値を感じなくさせ、努力が無駄になると感じさせます。結果として、モチベーションの低下やチームワークの破壊につながる可能性があります。

自身の努力や善意を無下にし自身の思いを踏みにじられているため

仕事場における個人の努力や善意は、プロジェクトの成功とチームの絆を築く重要な要素です。しかし、これらが無下にされ、自身の思いが踏みにじられると感じると、深い失望やフラストレーションを体感することになります。

「どれだけ努力しても、どれだけ心を込めても、それが全く評価されない…」と感じる読者は、この”もやもや”の感情に繋がることが容易に理解できるでしょう。無下にされた感情は、自信の喪失やモチベーションの低下につながり、長期的には仕事の質や生産性に悪影響を与える可能性があります。

また、自分の思いや意見が無視されると、チームとの連帯感や信頼関係が崩れる可能性もあります。これは、個人が価値ある貢献をしていると感じることの重要性を明示し、尊重と認知の文化を築くことの重要性を職場に提示するための警告信号となります。

自身の努力や善意を無下にされ、思いを踏みにじられる感覚は、職場の環境やコミュニケーションに大きな問題があることを示しています。これは、「もやもや」を解消し、より健全で支援的な職場環境を構築するための重要なステップとなるでしょう。

納得のいく説明や言語化を怠けている相手に対する不信感

仕事の進行において、明確な説明や適切なコミュニケーションは絶対に欠かせない要素です。しかし、「納得のいく説明や言語化を怠けている相手」に対しては、不信感や疑念が生まれ、もやもやとした感情が募ることがあります。

「なぜ彼/彼女はちゃんと説明してくれないのだろう?」「何を隠しているのだろう?」と心の中で疑問に思う読者も少なくないでしょう。この不信感は、相手の意図や考えを理解することが困難になり、その結果、予期せぬ誤解やコンフリクトが生じる可能性があります。

根本的に他人任せで無責任な態度に対する呆れと怒り

仕事の場では、それぞれの責任を果たし、コミュニケーションをとりながらタスクを進めることが求められます。しかし、中には「根本的に他人任せで無責任な態度」を取る人がいるかもしれません。このような態度は、周囲の人間に呆れと怒りを感じさせる要因となり、深刻なもやもやを生む可能性があります。

「なぜ私ばかりが負担を感じなければならないのだろう?」、「彼/彼女には一体何の責任感があるのだろう?」と、読者の心の中で不満や怒りが渦巻いていることでしょう。無責任な態度は、仕事の遅延やミスの増加、さらにはチーム内の信頼関係の毀損につながりかねません。

忖度要求を促し責任を回避しようとするズルい態度

忖度要求とは、相手が何を望んでいるかを察して、それにおもねった行動をとることを要求することです。

たとえば、上司が部下に対して「何も言わなくても自分の意向を察して行動するように要求する」ことがあります。

2018年、日本では、森友学園問題や加計学園問題をきっかけに、この「忖度要求」が社会問題化しました。

仕事においては明確なコミュニケーションと責任の取り合いが重要です。しかし、時には「忖度要求を促し、責任を回避しようとするズルい態度」を持つ人が存在することも。このような態度は、職場の雰囲気や信頼関係に悪影響をもたらし、感じるもやもやが絶えなくなります。

読者は思うかもしれません、「なぜ私たちが彼/彼女の責任まで負わなければならないのだろう?」。ズルい態度は、他人に責任を押し付けるだけでなく、仕事の過程で生じる問題や困難に対して、解決策を見つける意欲を失わせてしまいます。

話のまとまらない場面や決定を下すべき場面で誰もリーダーシップを発揮しない

業務の効率と成果は明確なリーダーシップに大きく依存します。しかし、「話のまとまらない場面や決定を下すべき場面で誰もリーダーシップを発揮しない」状況は、プロジェクトの遅れや混乱を招き、職場のもやもやを増幅させます。

読者はこう感じるかもしれません。「なぜ誰も責任を取って前に進めないのだろう?」「リーダーがいないと何も進まない…」と。この不透明な状態は、どの方向に進むべきかの不確かさと、チームの連携失効を生む可能性があります。

「なぜ誰も引き受けてくれないのか、はっきりとした指示が欲しい。」と求めています。明確なリーダーシップと適切な決断は、効率的な業務進行と職場の安定をもたらし、もやもや感を解消する鍵となります。

意見の対立する場面に共通の原則や前提が存在しない

仕事の場において意見の対立は日常的に発生しますが、共通の原則や前提が設定されていない場合、対話が困難になり、もやもやとした不満が生まれることがあります。

「なぜ基本的なルールさえ決められないのだろう?」
「対立するだけの時間がもったいない…」

そう感じることが多くなったら、話が噛み合わなばかりか対立が深まる構図にモヤモヤが募ることでしょう。

共通の原則や前提がなければ、議論は徒労に終わり、生産的な結論に至らない可能性が高くなります。

仕事に対する価値観やビジョンのすれ違いが大きくなっている

仕事においては、共に働く仲間との価値観やビジョンの一致が重要です。しかし、時としてこれらの価値観やビジョンが大きくすれ違ってしまう瞬間があります。これにより、チームの協力と効率が失われ、もやもやとした不満や疑念が生まれる可能性があります。

読者は、「なぜ私たちの目指す方向が合わないのだろう?」、「共通の目的の下で働くはずが、まるで別の方向を向いているようだ」と感じるかもしれません。このすれ違いは、個人やチームのモチベーションを低下させ、最終的にはプロジェクトの成功を危うくする可能性があります。

自分の感情を軽視して他人都合ばかり優先していることの反動

働く中で自分の感情や意向を軽視し、他人の都合や要求ばかりを優先してしまうことは、内心のもやもやを生む大きな要因となります。このような状況では、読者は「自分の意向はいつも後回しにされ、他人の要求を優先させられる…」と感じるかもしれません。

このもやもやは自分の真の感情や意志に気づく機会を奪ってしまいます。職場で常に他人の期待に応えようと努力する中で「本当の自分」から遠ざかり、「私の人生、こんなはずじゃなかった…」と後悔する可能性があります。

他人の要求ばかりを優先することは、長期的には自身の満足感や幸福を犠牲にするだけでなく、ストレスや疲労を増加させ、仕事のパフォーマンスにも悪影響を及ぼします。このような反動は、「もっと素直に私らしく生きたかった…」という心の叫びとなって現れます。

自分の感情や意向を無視し続けることは、結果として「本当の自分」を見失い、毎朝鏡の前でやつれた顔を見つめ、「仕事辞めたい…」と溜息をつく日々を送ることにつながります。

若いうちにこのもやもやを認識し、解消することで、「本当の自分」に出会い、人生をより豊かにする価値は計り知れないものがあります。

仕事のもやもやを解消するためには?モヤモヤした時はどうするべき?

飲み屋でしがらみのない相手に愚痴ってスッキリする/頭の整理にもなる

仕事のストレスやもやもやは、日常のパフォーマンスや心地よさを著しく低下させる要因となります。特に、職場内での人間関係やプロジェクトの進行に関する悩みは、感情を抑え込むことが求められる環境でなかなか発散できません。そんな時、飲み屋でしがらみのない相手に愚痴ることは、非常に効果的なストレス解消法となることがあります。

読者は「誰にも気兼ねなく話せる相手がいる飲み屋は、仕事のもやもやを吐き出す場所として最適…」と感じるかもしれません。このアプローチは、気軽に心の中を話すことで、感情の解放を促し、頭の中を整理する機会を提供します。愚痴を言うことで、自身の思いや状況を明確に理解し、それに対してどう対処するかを考える基盤を築くことができます。

また、親しみやすいバーの雰囲気は、リラックスし、他人との対話を通じて新たな視点やアイデアを得る場となることもあります。さらには、異なる背景を持つ人々との交流は、仕事の困難や課題に対する新しい解決策を見つけるきっかけとなりえます。

そのため、時には外の世界で気軽に愚痴をこぼし、自分の感情を理解し、次の一歩を考えることも大切です。仕事のもやもやを持ち帰らず、飲み屋での心地よい交流を通じて、心の負担を軽減し、新しい日に向けてエネルギーを充電することが重要と言えるでしょう。

本屋で悩みを解消できそうなヒントになりそうな本を読み漁る/自分のモヤモヤの正体が思いがけず突き止められるかも?

仕事におけるもやもやは、時には一歩引いて事態を冷静に考察する必要があります。本屋を訪れ、関心を引く本を手に取ることは、新たな視角を提供し、自分の悩みを外から見つめ直す良い機会になります。

読者は「本を通じて他人の経験や知識を学べるのは、心を開き新しい可能性を模索するステップ…」と感じるかもしれません。自分にとって関連性のあるテーマやストーリーを読むことで、日々のルーチンから一時的に逃れ、仕事の悩みの核心を理解する手助けになるかもしれません。

また、さまざまな本から得られる知識やインスピレーションは、仕事の問題解決に独自のアプローチを提供する可能性があります。さらに、読書は心を静め、リフレッシュする時間を提供し、仕事のもやもやと向き合う新しいエネルギーを得ることができます。

本屋での読書体験は、単なる逃避ではなく、自分の悩みや疑問に向き合い、それらを超えて成長する機会を提供することがあります。読書を通じて、読者は自分のモヤモヤの正体を突き止め、仕事における新しい解決策や視点を見つけ出す手がかりを得ることができるかもしれません。

モヤモヤすることが多い相手に理解や共感、変化や改善を一切求めない

仕事場での人間関係は、時にはモヤモヤ感を生む原因となることがあります。特定の人との交流は、理解や共感を求めることでエネルギーを消耗し、ストレスを増加させる可能性があります。このような状況では、「彼らを変えることはできないけれど、自分の反応はコントロールできる…」と自分に言い聞かせることが重要です。

読者は「私は彼らから理解を得たい、でもそれは難しい…」と感じるかもしれません。

この小見出しは、そうした心情を受け入れ、他人に対する期待を減らし、自分の感じ方に焦点を合わせる方法を提案します。理解や共感、変化や改善を求めないことで、読者は心地良い距離を保ちながら、プロフェッショナルな関係を維持することができます。

また、期待を手放すことで、読者は自分自身の感情と向き合い、よりクリアな心で仕事の課題に焦点を合わせることができます。自分の感情と対処方法に意識を向けることで、仕事場でのモヤモヤを効果的に管理し、仕事の満足度を向上させる可能性があります。自分の反応と感じ方をコントロールすることで、読者は仕事のモヤモヤを少しでも軽減し、より積極的な職場環境を作り出す助けとなるかもしれません。

モヤモヤする相手や職場に見返りを求めず必要最低限の仕事だけ行う

仕事における人間関係や環境のもやもやは、見返りを期待することからしばしば生じます。読者は時として、「私の努力は評価されているのだろうか?」と思うかもしれません。この小見出しは、見返りを求めずに必要最低限の仕事だけを行うことで、仕事のもやもやを軽減し、精神的な負担を減らす方法を提案しています。

このアプローチは、自身のエネルギーと時間を他の重要な側面に集中させることを可能にし、職場の不満を抱えながら仕事をするのではなく、自分自身を守りながら、仕事の要件を満たす方法を模索します。読者は、「私はこれ以上エネルギーを無駄にしたくない、でも責任を果たさなければならない…」と感じるかもしれません。

必要最低限の仕事を行うことで、読者はモヤモヤの原因となる要素から距離を置き、その結果、より明確で効果的な仕事の方法を見つけることができるかもしれません。これは、職場のストレスを軽減し、仕事の満足度を向上させ、最終的には職場での成功につながる可能性がある方法です。このアプローチは、現実的な期待を持ちながら、自分の仕事に対する満足度と効果を保つ方法を提供するかもしれません。

面倒事はすべて突っぱねて安請け合いしない/安易に介入しない

仕事におけるモヤモヤの多くは、多くの責任やタスクを引き受けすぎることから生まれることがあります。読者は、たびたび「なぜ自分がこんなにも多くのことをしなければならないのだろう?」と感じるかもしれません。この小見出しでは、安請け合いを避け、無計画に仕事を引き受けないことで、仕事のもやもやを解消する方法を提案しています。

面倒な事柄を突っぱね、自分の限界を理解することは、仕事におけるストレスや疲労を大幅に軽減することができます。安易に介入や納期を承諾することは、期待と現実のギャップを生むため、結果的には満足度の低下やモヤモヤの原因となります。「また自分に余計な仕事が降りかかってきた…」と感じる読者も少なくないでしょう。

このアプローチは、仕事の質を保ちながら、自分の精神的な健康を保護することを重視しています。仕事の優先順位を明確にし、安請け合いせずに必要な仕事に集中することで、読者は仕事のもやもやを減らし、より効果的かつ効率的に仕事を行うことができるようになるでしょう。

もやもやするなら転職活動しておくべき!

転職しようか悩んでもやもやしている方は、思い切って転職しちゃいましょう。

転職して、本当の自分を開放するんです!

今転職しなければ、そのうち仕事もマンネリして頭打ち、成長することもなく、新しい自分に出会う喜びもないまま、冴えない人生を送る毎日が続きます。

一方で、転職すれば「新しい自分」「変わっていく自分」に出会え、運が良ければいい出会いにも巡り会えますよ。

少なからず、転職活動しなければ一生今の仕事が続くと考えてもいいです。

もやもやした感情を抱えたまま「なんか違うんだよなあ…」「本当はこんなことしたくないのに…」と、毎日やりたくもない仕事で間違えて怒られるだけの日々が続きます。

自分の人生にも後悔しないためにも、勇気を持って自分を変える転職活動に挑戦してみましょう。

転職活動とは「自分探しの旅」である

転職活動を一言で言うのであれば「自分探しの旅」ですね。

多くの人が「本当の自分」と出会えないまま、やりたくもない仕事をダラダラしてもやもやを抱え、我慢しながら生きています。

一方で、一部の人間は「本当の自分」「本当に自分のやりたい仕事」と出会って、毎日を活き活きと過ごしています。

その違いは何か?

答えは簡単ですよ。

”もやもや”の正体を突き止め、本当の自分を見つけ出すために妥協せずに転職したかどうかの違いのみです。

もしあなたも”もやもや”して生活に不満を抱えているのであれば、ぜひ転職活動=自分探しの旅に挑戦してみてくださいね!

きっと、新しい自分に出会えますよ。

ああ 日本のどこかに
私を待ってる人がいる
いい日旅立ち 幸せをさがしに

by いい日旅立ち/山口百恵

転職エージェントに相談して”もやもや”の正体を知ろう!

もやもやを解消するために転職活動を始めるのであれば、転職エージェントでプロに相談しておくのが一番です。

転職エージェントとはアドバイザーが自分に合って転職先を紹介してくれるサービスのことで、無料で利用できます。

プロがカウンセリングで自分に合った仕事を導き出してくれるので、きっとあなたの心の中のもやもやも解消すること間違いなし!

プロに相談することで、今まで心の中になかった新しい思いや感情が言葉として浮かんできて、自分の本当にやりたいことや就きたいし仕事が見えてくることも珍しくはありません。

とくに働き盛りのOLは、今の仕事に疲れて転職エージェントを使ってみて、意外な天職と出会う人も多いと好評です。

もやもやした感情は、他人に話すことで一気にその正体を突き止めることが出来ます。

ぜひ、転職して新しい自分を開放したい方は、思い切って転職エージェントを使ってみてくださいね!

そのためにも、転職エージェントなどの転職支援サービスに登録しておき、プロからキャリアに関するアドバイスをもらっておいたり、求人を紹介してもらって今の自分でも転職できる企業の条件を客観的に把握しておくことをオススメします。

とくに、20代のうちは未経験の職業にも転職しやすいし、30代でも2~3年以上の勤務経歴があればキャリアアップ転職しやすい時期なので、転職支援サービス側のサポートも充実している傾向にあります。

また、若いうちは思っている以上に人材会社や採用企業からの需要が高いため、数多く登場している様々な転職支援サービスの中から自分に合ったものを選びやすいという点で、早めに転職支援サービスを活用して使用感を確かめておく価値は高めです。

サービス登録後も、面談をしっかりと受けてアドバイスどおりに転職活動すれば思っている以上に簡単に内定がもらえるものですから、早いうちに利用しておいて損はないでしょう。

仮に、すぐに転職する気がない場合でも、

  • 転職すれば、本当に年収や待遇が良くなるのか知れる
  • 今の自分の職歴でどんな求人が送られてくるか実態を掴める
  • 自分が就きたい職種や会社に転職するためのスキルや経歴の条件を知れる
  • 情報を得ることで将来自分が目指したい人材像に合わせてキャリア計画を建てられる

というメリットもあり、自分のペースに合わせた使い方もできるため、今の仕事内容や職場環境に満足できていないのであれば、登録しておいてプロの話を聞いたり求人紹介を受けるだけでも、転職に対して一歩前進できます。

なお、転職支援サービスの大半は、採用企業側が費用負担していることから利用者側は完全無料で使えるため、今回、少しでも転職の可能性が気になった方は、この機会にぜひ登録だけでも済ませてみてください。

当サイトで独自に転職サービスの調査をした結果、オススメできる転職支援サービスを以下に解説付きでご紹介していきます。

※多くの転職サービスの情報や人材業界の動向を調査した上で、当サイトの読者層やその悩みを分析し、その上でもっとも転職成功率や利用満足度が期待できそうなサービスを選定しています。

厳選!オススメの転職支援サービス!

  • LHH転職エージェント ←満足度重視なら必見!
    外資系企業アデコの運営する転職エージェント。国内企業運営の転職エージェントと異なり、担当者となるコンサルタントが求職者-企業双方の調整や交渉を行うため、詳細な求人情報の提供やきめ細やかな転職サポートに期待できる。取り扱い求人は全業種・職種対応なので、国内大手エージェントに満足できない人は使ってみる価値あり。
  • ポジウィルキャリア人生設計レベルでキャリアサポート!
    転職エージェントではサポート範囲外となる「転職しないで現職で成功する方法」「自己分析」からフリーランス・起業など、人生設計レベルでキャリア形成の支援を行ってくれるキャリアコーチングサービス。本格的なキャリアアップ転職を志すなら利用価値大。
  • WorX(ワークス) ←未経験でも異業種転職できる!
    他の転職サービスと異なり、未経験者でも異業種転職のサポートを行っているのが最大の強み。また、登録後に適職診断も行っているため、どんな仕事が自分に向いているか悩んでいる人も利用してみる価値あり。

ここで紹介する転職支援サービスは、事務的な対応が目立つ大手転職サービスとは違い、

  • 利用者に合わせて求人提案や情報提供を行ってくれる
  • 必要に応じて研修やスキルアップ講座も提供
  • 他社にはない独自の転職ノウハウや求人情報を保有している
  • 大手転職サービスだと相手にされない経歴の人でもサポートに期待できる

など、多くの転職サービスがあふれている中、ここで紹介するサービスは「どこを選んでもいいかわからない…」「有名な転職サービスに登録してみてもサポートが不十分…」と悩んでいる人でも満足できる可能性が高いです。

以下に、各サービスの特徴や登録すべき人などの情報を紹介していきますので、気になった方はぜひ最後まで読んでみてください。また各サービスの紹介ページに登録後に他の利用者と差をつけて有利になるためのサービス利用方法も解説しているので、こちらも合わせて参考にしてみてください。

ぜひ、当サイトの情報を有効活用し、読者ご自身のより良いキャリアや働き方につなげるきっかけにしていただければ幸いです。

担当者個人の高い提案力に期待できる
「LHH転職エージェント」

次にご紹介したいのが、世界60カ国に展開している外資系の人材企業アデコが運営する「LHH転職エージェント」です。※2023年4月に名称を「Spring転職エージェント」より「LHH転職エージェント」に変更

LHH転職エージェントは、国内有名転職エージェントと同じで全職種・業種、幅広い年齢層が対象の総合型転職エージェントですが、国内エージェントと違い「360度式コンサルティング」と呼ばれる運営体制により、担当者個人が求職者と紹介先企業双方をつなぐため、密接なサポートやより精度の高い求人情報の提供に期待できる点が強みです。

国内の有名転職エージェントですと、分業型なので「担当者が紹介先企業を求人情報でしか判断していない」ということもあり、事務的な対応になりやすいという欠点があります。また、紹介先企業の情報について詳しく知りたいと質問しても、回答をはぐらかすといった事態にも出くわしやすいです。

加えて言えば、紹介される求人情報も登録時の希望条件や職務経歴書から機械的に選別されるため、本当に自分に合った求人情報が得られにくいという実情もあります。そればかりか、希望とズレた求人が一度に数十件も送られてくる…という事態も国内大手エージェント利用時にはよくある事態です。

その点、LHH転職エージェントでは、担当者が直接受け持っている紹介先企業の求人を精査して紹介してくれるため、求人情報の質も高く、本当に自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる可能性が高いため、良質な転職サポートを受けたい方にはオススメです。

また、国内有名エージェントですと、求人応募時や面接時のサポートも「とにかく応募して」と適当になりやすく仲介価値に疑問が残ることも多いですが、LHH転職エージェントは担当者個人が求職者-紹介先企業双方を受け持っていることもあり、細かな調整や交渉も行ってくれます。

たとえば、当サイトで得ているLHH転職エージェントを利用して転職を成功させた者の報告では「面接前に、面接官の事前情報を伝達してもらい、面接対策がスムーズに進んだ」といった声があります。

加えて、LHH転職エージェントでは、担当者となるコンサルタントとして業界・職種に詳しい専門知識の豊富な者が配置されているため、自分の経歴や希望と噛み合えば非常に頼もしいサポートが得られることもあります。

いずれにしても、機械的な求人紹介や事務的な対応になりやすい国内有名エージェントと異なり、外資系企業ならではの担当者個人の提案力や調整力に期待できるエージェントという点で、転職を検討しているなら一度は使っておくべき価値が高いのがLHH転職エージェントだと言えます。

登録後の案内・求人紹介段階から、国内エージェントとは違った色合いがすぐに実感できると思いますので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

なお、LHH転職エージェントの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

本格キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

人生100年時代、転職が前提のキャリア意識が求められる現代では本質的な転職スキルやキャリア戦略が必要な時代になったと言えます。

そのため、

「ただ転職すればいい」
「年収さえ上がればいい」
「会社の知名度が高ければ安泰」
「職種の安定性があれば将来に不安はない」

という考えだけでは、キャリアに不安が残り、仕事に対する満足度も高くなりません。

一つの会社で働き続けるだけの
時代遅れの考え方じゃ
将来が不安かも…

「いつでも転職できるように備えたい」
「より自分が適性を発揮できる仕事に就きたい」
「キャリアを見直して年収アップや待遇向上を目指したい」
「スキルアップして未経験職にチャレンジしたい」
「将来のキャリアアップ計画を持って人生設計したい」

もし、このようにお考えなら根本的な転職の思考法人生設計レベルでのキャリア計画が必要となります。

なので、単に「転職サイトに登録して良い求人を見つけて応募するだけ」「転職エージェントの言う通りに転職活動するだけ」では、理想の転職を成功させにくいのが実情です。

転職したいけど
どのサービスを使えばいいか
どういう基準で
転職先を選べばいいか
わからないかも…

そうお悩みの方にオススメしたいのが「ポジウィルキャリア」に相談してみるという選択肢です。

ポジウィルキャリアは、これまでの転職エージェントと異なり「キャリア・コーチングサービス」「パーソナルトレーニング」と呼ばれるサービスです。

キャリア・コーチングサービスとは、キャリアに関する悩みや課題を抱える人を対象に、キャリアカウンセラーやキャリアコンサルタントなどの専門家が、一人ひとりの状況やニーズに合わせて、キャリアの方向性や目標設定、キャリアプランの策定、転職支援などをサポートするサービスです。

ポジウィルキャリアの最大の特徴は「今の仕事を辞めるべきか?続けるべきか?」といった転職しない選択肢にもサポートを行ってくれるところにあります。

転職することが前提の
エージェント系サービスと違い
より利用者個人に合わせた
本格的なキャリアサポートが受けられます

逆にエージェント系のサービスは
転職の方針が明確に定まってないと
良質なサポートを受けにくいという欠点があるぞ

ポジウィルキャリアは以下のような方にオススメできます。

●ポジウィルキャリアはこんな方にオススメ!

  • 今の仕事が向いているかどうか自信がない
  • 今の会社を辞めるべきか転職するべきか迷っている
  • 年収を上げたいけどスキルや経歴に自信がない
  • 人生計画やキャリア設計に悩んでいる
  • 転職の選択肢が多すぎて決め切れない
  • 転職サービスを利用しても良い求人が見つからない
  • 職務経歴書の書き方がわからないで通過率も低い
  • 転職エージェントのサポートが不十分と感じている

転職しようかどうか

漠然と悩んでいるなら

使ってみる価値ありです!

転職は人生の大きな決断となります。

しかし、流されるままに妥協して転職してしまったり、事前の準備が不十分で、転職して後悔する方も少なくありません。

そのため、現職を続けるべきかどうか、転職するべきかどうかから決めたい人にとっては、転職エージェント利用前にキャリアコーチングサービスを使うほうが間違いのないキャリアを歩めることでしょう。

うーん…
でもイマイチ使った後のイメージが
湧かないかも…

本当にキャリアコーチングで
相談する価値ってあるんですか?

キャリアコーチングはマンツーマンのサービスとなるため、一概にすべての人が同じ成果を得られるとは限りません。

しかし、適切に使いこなすことで、以下のような未来に期待できます。

●ポジウィルキャリアを使うとどうなる?

  • キャリアに関する悩みを話して自分を客観視できる
  • 未経験転職で年収アップを実現可能
  • 現状の課題や人生の目標が見えてきてキャリアが明確になる
  • 自己分析を通して自分の強み・弱み、スキルの価値が見えてくる
  • 企業分析から職務経歴書作成まで転職を有利にするスキルが身につく
  • 転職だけでなく今の仕事で成功する方法まで見つかる

他の転職エージェントとの最大の違いは、現職に留まったりフリーランスや起業などの選択も取り入れることで、根本的なキャリア設計や転職スキルが身につく点です。

そのため、転職という決断に対して正確な判断がしやすくなることでしょう。

自分自身が納得できるまで

キャリアについて
深く考えるサポートをしてもらえるぞ!

LINEで無料相談できるから
試しに使ってみようかな…

今の仕事や将来に悩みや不安があって、転職しようかどうか、キャリアに悩んでいるなら、ぜひ一度ポジウィルキャリアに相談してみて、新時代のキャリアサポートを体験してみてください。

ポジウィルキャリア公式サイトはこちら
【相談無料】

未経験からの異業種転職を成功に導く
「WorX(ワークス)」

最後にご紹介したいのが、未経験からの異業種転職を手厚くサポートする「WroX(ワークス)」です。

多くので転職サービスの弱点として、今までの経歴が転職市場で高いものでなければ中々良い求人を紹介してもらえないことや未経験の異業種への転職が成功しにくいというものがあります。

ですので、転職サービスを利用したとしても、現在地点で需要の高い経歴やスキルを持っているでもなければ、異業種への転職や年収アップを目指すには利用者側のスキルアップや業界・企業研究など求職者側の努力が必須なのが実情です。

また、昨今では大手転職エージェントは表面上は誰でも登録可能に見えても、実際には高年収人材でなければ手厚いサポートを受けられないことや、そもそものハイキャリア向けの転職サービス化が進んでいるため、経歴が足りない人や現在地点の年収が低い職種の人は不遇な扱いをされやすいという課題があります。

その点、WorXはスキルアップ支援やキャリア支援を通して、未経験からの異業種転職を成功に導く点に最大の強みが理由で、厳選して紹介している転職サービスです。

登録後には適職診断が実施されているため「転職したいけど就きたい職業がわからない…」「転職先にどういった企業を選ぶべきか判断できない…」と悩んでいる方でも、自分に向いている仕事が見つけられる点で安心です。

なお、登録対象者としては20代~30代の若手が中心となります。また、他転職サービスでは中々サポートしてもらえない年収200~300万円台の層の転職支援実績が多数な点でも、多くの読者の方に理想の転職を実現してもらえる可能性が高いと考えています。

また、転職先の業種・職種傾向としては、需要が高く高年収・在宅ワークが実現しやすいIT/WEB系の仕事が多めです。とくにブラックな労働環境が多いことで知られる、ブライダルや保険業界などの個人(toC)営業、アパレルや飲食業界などの販売・接客業から、IT/WEB系の仕事への転職実績が豊富という点で、将来性の高い業界に転職したいなら、使ってみる価値は高いと言えます。

こちらも他転職支援サービス同様、登録や相談は無料となるので、気になった方はぜひこの機会に確認してみてください。

なお、WorXの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

会社環境
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sukoshiten
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました