仕事で向いてないと言われたらどうする?遠回りに辞めろと言われたら辞めた方がいい?

「この仕事向いていないよ?」と言われて悩んでいませんか?

筆者は当サイトを運営する中で、色んな方の仕事の向き・不向きを見極めるために、様々な情報を集ております。

仕事の向き・不向きに関して、一般的に言われているのは以下のような結論です。

  • 就業後3年以内だと向き・不向きは判断しにくい
  • 素人の「向いている」「向いていない」の判断はアテにならない
  • 自分自身の「向いている」「向いていない」の判断もアテにならない

ですので、もし読者の方が就業後3年以内で上司や同僚に「この仕事向いていないよ?」と言われたとしたら、あまり気にする必要はないでしょう。

とは言われても、やはり心の中では「向いてないのかな…?」と不安だとは思います。

そこで当記事では、仕事の向き・不向きについて日々研究中の筆者の視点から、今の仕事が向いてないと言われた場合の対策や考え方をご紹介していきます。

仕事が向いてないで辞めたいと悩んでいる人は
以下の記事も参考に判断してみてくださいね

スポンサーリンク

【新人の場合】就業後3年以内だと向き・不向きは判断しにくい

就業後3年以内の場合、向き・不向きを判断するのはまだ早いかもしれないです。

それには、以下のような理由があります。

  • 向き・不向きがわかるほど、難しい仕事がこなせる段階ではない
  • 人によって吸収スピードが異なるため、長くやってみないと判断できない
  • 上記の事情もあり、転職市場でも「勤務歴3年以上」が目安となる

とくに、キャリアアップを目指す場合は、3年間耐えて働いた方が転職市場でも有利になりやすいです。

ただし、以下のようなケースの場合は、3年未満でも辞めてもいいかもしれません。

  • ブラックな労働環境(サービス残業が多い、給料が安すぎるなど)
  • 上司や先輩がハラスメント気質
  • 仕事に行くのが辛い・苦しい感じるレベル

新卒3年以内に辞める場合、転職市場では「第二新卒」という扱いになります。

第二新卒となると、紹介される求人範囲が就活生と被る分、採用ハードルは低くなる傾向があります。

その一方で、就職活動の反省や現職の適性相談を兼ねて、より自分に合った転職先を見つけ出せるチャンスが生まれやすいので、既卒・第二新卒向けの転職支援サービスを使っておくといいかもしれません。

上司や先輩の「仕事向いていない」という発言は気にしなくていい

上司や先輩に「この仕事向いていない」と言われた場合は、とくに気にする必要はないでしょう。

なぜなら、上司や先輩だからと言って、必ずしも部下や後輩の適性を見抜けるわけではないからです。

また、それ以前の問題で、多くの上司や先輩はとくに考えることなくイラっとしてて「この仕事向いていない」と心ない一言を放ってるだけの可能性もあります。

ですので、上司や先輩の一言ですべてを判断する必要はありません。

むしろ「いつかあの上司(先輩)を見返してやる!」ぐらいの強い気持ちを持って、仕事のモチベーションにつなげるぐらいがいいかもしれません。

しっかりやるべきことやって成果を出しておけば、いつか上司や先輩も認めてくれるようになることでしょう。

自分自身の「向いている」「向いていない」の判断もアテにならない

仕事経験が少ないうちに、自分だけで「向いている・向いていない」の判断をするのも、判断を誤る可能性があります。

そもそも、人の適性や仕事の向き・不向きを判断するのは、人材会社のプロでも非常に難しいもので、多くの人の意見やアドバイス、本人自身の経験や分析力も必要とされます。

たとえば、人材会社の運営する転職エージェントでは「カウンセリング→面接応募→情報のフィードバック→応募先を調整していく」という形の繰り返しでサポートしてくれますが、それでも必ずしも自分に100%向いている仕事が見つかる保証はありません。

また、就職・転職サイトでは「適性診断」などもありますが、あれもあくまで参考程度に留めておく必要があります。

最近では「ミイダス」の適性チェックが参考になります。

これも「正しい使い方」がわからなければ、使いこなせずに終わってしまう可能性もあるので、上記の関連記事を確かめた上で、利用してみるといいでしょう。

「この仕事向いていない」はパワハラか?

この記事に訪れる方の検索ワードを見てみると「この仕事向いていない パワハラ」と入力して訪れている方もいらっしゃるみたいです。

上司や先輩に「この仕事向いていないよ」と言われたら、多くの人が傷ついたり、ムカつくことでしょうし、パワハラ認定したくなる気持ちもわかります。

ですが、たった一言だけでパワハラ認定していては、仕事はスムーズに進みません。

ですので、一旦冷静になって、以下の点を考えてみてください。

  • 言われた状況や相手の意図は何なのか?
  • 言った相手の決定権・裁量権はどれぐらいあるか?→上司や先輩も大した権限を持ってないことが多い
  • 相手をパワハラ認定して訴えたみたところで、何か得るものはあるのか?

前述の通り、上司や先輩が何も考えずに感情的に「この仕事向いていない」と言っているだけのことの方が多いと思うので、冷静に受け流して考えてみることも大事です。

あまり些細なことで「パワハラだ!」と騒ぎ立てても、今度は自分が「ハラハラ(ハラスメント・ハラスメント)」扱いされるだけです。

なので、やはり「仕事の結果で見返す」という強い心を持った方がスマートだと言えるでしょう。

「仕事向いていない」と言われた場合の対策は?

以上のように、上司や先輩の言うことは絶対ではありませんし、向き・不向きは誰かのひとことで決まるものでもありません。

ですので、向いていないと言われても仕事は続けた方がいいと言えるでしょう。

もちろん、向いていないと言われたことが原因でモチベーションが低下したり、心身壊すレベルであれば、誰かに相談してみたり、休職や転職を考えるのも手です。

この記事で紹介した内容を参考に、自分の今後の仕事との向き合い方を考えなおすきっかけにしてみてください。

仕事の悩み
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました