仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

「この仕事向いてないよ?」と言われたら辞めるべき?それとも続けるべき?

転職アドバイザー
転職アドバイザーのヒビキです

「キミ、この仕事向いてないよ?」

上司や先輩にこう言われたことはありませんか?

もし言われたことがあるなら、それは運が良い証拠です。

なぜなら、最近は「この仕事向いていないよ」と言うと、パワハラ認定されかねないため、なかなか表に出して言ってくれる人がいなくなったからです。

というのも、会社において新人は「七五三現象」と言う言葉もある通り、一定数辞めていくのが常です。

七五三現象(しちごさんげんしょう)とは、就職して3年以内に中卒の7割、高卒の5割、大卒の3割が離職する現象のこと。7・5・3現象とも表記する。

出典:七五三現象|Wikipedia

ハッキリ言って、入社数ヶ月も経つと「この人はちょっと向いてないなあ~」という人は、職場の中でも話題になります。

何年も同じ仕事を続けている上司からすると、今まで何人もの新人を見てきているわけで、伸びる人と伸びない人って数ヶ月でわかっちゃうんですよ。

直接、表立って声に出さないだけで。

んで、そういう子って誰かが「この仕事向いてないよ」と言わずとも、ほぼ数年内に芽が出ずに辞めていきます。

とくに最近の若い子は仕事に対する熱意もそこまでなく、新卒採用した会社に愛着もない上、日本の将来自体が暗いものですから、辞めやすいんですよね。

つまり「この仕事向いてないよ」と上司が言われたら、早々に今の仕事の適性がわかっただけラッキーだと前向きに考えましょう。

今の仕事に向いていないと感じている人の特徴。自分に向いている転職先を見つけ出すために必要なこととは?
私は日々、性格診断・エニアグラムなどの理論を研究し、より皆様に「本当に自分に合った仕事」に出会って頂くために、日々弛まぬ研鑽...

上司や先輩に「向いていない」と言わせるのは適性のない証拠

上司や先輩に「この仕事向いてないよ」と直接言わせてしまう人、致命的にその仕事に向いてません。

周りに「向いていない」と思わせる人の特徴

  • あからさまに周りの同僚に劣っている
  • 仕事自体にやり甲斐や充実感を感じていない
  • 自分の才能や適性をまったく活かせていない
  • 職場に自分の居場所や役割を見い出せていない
  • そもそも入社前の自己分析・業界分析・企業研究が不十分だった

以上のような特徴があるので、数ヶ月も経てば「あ、この人向いてないな…」と思っちゃうんですよね。

ですが、最近はハラスメント対策で会社もうるさいので、表立って声に出せないわけですね。

上司や先輩の評価は間違っていない

上司や先輩の評価って、まず間違っていないんですよ。

同じ職場で何年も勤務経験がある上に、何人もの部下や後輩を見てきているわけです。

その中でも「この仕事向いてないよ」なんて言わせちゃう人、よっぽど出来が悪いか才能や適性がないと言ってもいいぐらいです。

そして、一度社内で「ダメな子」「無能」とレッテルを貼られたら最後、あとは辞めるまでいじめの標的にされるか、不当に低く評価されるかのどちらかしかありません。

職場でいじめられるタイプの特徴。職場いじめの標的にされないために知っておきたい処世術とは?
私は元職場いじめの女王。 ついつい、職場で絶好のカモを見つけちゃうと、いじめたくなっちゃうの♪ 抑えられない! ...

向いていない仕事を続けても足を引っ張り続けるだけ

「向いていない仕事でも続けてみよう…」と考える人もいるかもしれませんが、やめておいた方がいいです。

なぜなら、上司や先輩の足を引っ張り続けて他人に迷惑をかけ続けるだけの未来しか待ってないからです。

明らかに向いていない部下って、さっさと潰して辞めさせたほうが会社のためになるんですよ。

わざわざ向いていない人に仕事を教える時間も無駄ですし。

上司や先輩からすれば、向いていない人に仕事を教えるより、適性のある人や自分の時間に使ったほうが何倍も効率的です。

赤点の落ちこぼれに補習して成績上げる必要のある学校じゃないんですからね。

だというのに「自分は向いてない…」「自分はみんなの足を引っ張っている…」という罪悪感を感じながら仕事し続けるなんて、あまりにつらすぎますよ。

「向いていない」と言われて悔しさを感じないなら辞めたほうが絶対に後悔しない

「この仕事向いてないよ?」と言われて辞めてもいい理由は、そもそも「向いてないよ?w」と煽られて悔しさを感じないようであれば、今の仕事にその程度の愛着しかないからです。

悔しさを感じて「クソ上司ども!見返してやる!」「少し勤務経験が長い程度で、エラソーに他人を評価してんじゃねェぞ」という気持ちがあるなら、続ければいい。

しかし、それぐらいの気持ちが湧かないなら、すぐに辞めることを考えるべきです。

なぜなら、仕事にその程度の愛着しかないのであれば、どの道、長く続かないでそのうち辞めたくなるから。

そんな仕事は、本来あなたの就くべき天職ではないんです。

恐れることはありません。

勇気を持って辞める決断を下しましょう。

新卒数年以内ならやり直しはいくらでも出来る

なぜ「この仕事向いてないよ?」と言われたら辞めてよいかと言うと、新卒数年以内の若いうちならいくらでもやり直しが利くからです。

新卒社会人1年目で辞めたい時の注意点と転職方法|働きたくない、辞めると言いづらい、向いていない、勇気が出ない
「社会人一年目だけど辞めたい…」 「入社一日目だけど速攻で辞めたい」 「新社会人一年目だけど辞めたい…」 このよう...

とくに新卒3年以内であれば「第二新卒」として扱われ、未経験職への転職も比較的容易

既卒・第二新卒が企業に歓迎される理由「若ければチャンスはある」は本当なのか?その真相に迫る!
「既卒・第二新卒」の言葉の定義と定着していった背景、またその実情や企業・社会側の取り組みについて解説していきます。

最近は多くの若者が「正社員終身雇用なんて時代遅れ」「どうせ年金とか老後出ないし…」とわかりきっていると思います。

そして、今や日本は若手不足でどこもかしこも「優秀な若者が欲しい!」と言っています。

その「優秀な若者」とは、すなわち「向いている仕事で高いパフォーマンスを発揮できる人」のこと。

一方で、向いていない仕事に就いてしまうと、自他共に「向いていない」「自分は無能だ…」と感じながら、毎日罪悪感を感じながら仕事しなければいけません。

30代以降でもチャンスはゼロではない

30代以降で社内環境が変わり「向いていない」と言われることがある方もいるかもしれません。

しかし、そんな方でも転職は十分成功可能です。

とくに管理職クラスともなると、仕事で求められる能力が激変する時期ですので、この機会にキャリアを見直す頃合いかもしれませんよ。

管理職を向いていない人の特徴。中間管理職を降りるべきかで悩んでいるなら読んでおこう
中間管理職は平社員とは違い、明らかに別軸の能力を求められる役職となります。 そのため、安易に引き受けると苦労することは間違いの...

また「35歳以降は転職は厳しい」という通例もありますが、最近ではこの説はだいぶ覆されて来ています。

30代後半からの未経験者の転職は厳しい?35歳からの転職難しい理由と成功させるためのコツは?
「35歳からの転職は厳しい…」 こうした一般論がはびこっています。 実際「35歳限界説」という言葉があるぐらいです。 ...

30歳以降であれば、社内で積み上げてきた実績もあるので「すぐ辞める」わけにはいきませんが、転職活動を行い「本当に自分に向いている仕事」を見つけ出す頃合いであることは間違いありません。

しかも、30歳以降になると「今の会社の組織的な問題点=物理的に出世や給料アップが見込めない」「今の会社の環境では、将来的に挑戦したい仕事はほぼ出来ない」という、現実が見え始めている時期です。

そして何より、30代以降の管理職クラスともなれば、より自分に合った転職先からでなければ内定はもらえません。

そのため、転職活動をしっかり行えば、より自分に向いている天職と出会えるチャンスです。

「30代以降の転職は厳しい」という先入観にとらわれず、自分の納得のいく仕事を見つけ出しましょう。

「向いていない」と言われたら次につなげるチャンス

最近では「この仕事向いてないよ?」と言う上司や先輩はパワハラ容疑がかけられるようになってきているようですが、むしろ率直に口にしてくれるだけかなり良心的だと言えます。

ハッキリ言って、職場のみんなが「こいつ向いてないだろ…」という人なんて、変に気をつかって「臭いものに蓋をする」状態になるか、あるいは職場いじめで自主的に辞めさせるかの結果にしかなりませんからね。

であれば、適性がない向いていない人なんてさっさと辞めてもらった方が、会社からしても本人にとっても幸せな結果になることは簡単に想像できます。

逆に「今の仕事向いてない…でも続けなきゃ…」という人ほど、見当違いの努力をして周りに迷惑をかけて、挙げ句の果てにうつ病・過労死につながるわけです。

しかも、今の日本は働き方改革の影響で「自分で努力しない奴は報われない」という方向になってきているので、自発的に育てない部下は会社側からすればお荷物でしかありません。

仕事辞めたいと思う奴は弱い。雑魚はそこで干からびていけ…。
「仕事を辞めることは弱いこと?」と、お悩みで消耗し切っている方もいることでしょう。 手っ取り早く、結論から言います。 ...
仕事についていけないならどうする?周りが優秀過ぎて辛い場合は?レベルの高い職場へ転職してしまった時の対策とは?
「今の職場についていけない…」 「周りの能力が高すぎて、追いつけない…」 「周りのレベルが高くてついていけない…」 こうお...

ですが、そういう職場に就いてしまったとしても「自分に向いてなかっただけだ!」「面接なんて採用方法で適性なんてわかるわけない!」と、切り替えていくことが一番大事ですよ。

それも上司や先輩が直々に「この仕事向いてないよ?」と言ってくれるのですから、これはもう感謝するしかありません。

もっと自分の適性や才能を活かせる仕事へ転職しよう

「この仕事向いてないよ?」と会社で言われたら、むしろ「ラッキー!上司から言質どった!」と前向きに考えて、転職活動を始めてみるべきですよ。

やっぱり、仕事には「向き・不向き」が確実に存在します。

しかも、それはいくら自己分析や業界分析を重ねたところで「入社してみて働くまで、適性があるかどうかなんてわからない」わけです。

そして、上司や人事も表立って「向いていない」とは言えないわけですよ。パワハラ扱いされるリスクもあるから。

そんな中で「この仕事、自分に向いてないかも…」と気づけたわけですから、これはもう思い切って転職活動するしかありません。

仕事選びなんて「運命の仕事と出会うまで、転職し続ける」という感じで、恋愛結婚みたいなものなので、合ってない・向いていないと感じたらもっと自分の能力を活かせるやり甲斐のある仕事を見つけるべきですよ。

とくに最近の若者は「やり甲斐のある仕事」「自己実現」という風に仕事の価値観が変わってきているので、本当に自分に向いている天職を見つけ出すべきでしょう。

運命の仕事と出会う人とそうでない人の違い。天職に巡り会うためにみんながこっそり行っていることとは?
突然ですが、あなたは”運命の仕事”に出会えていますか? 運命の仕事とは、以下のように感じる仕事のことです。 ...

自分に向いている仕事に就くと、やり甲斐も感じられる上に、周りからも評価されるのでさらに仕事に意欲が湧いてきて、プラスのスパイラルを感じられます。

一方で向いていない仕事を続けると、周りからも邪見に扱われ、仕事も上手く行かずモチベーションも低下、挙句の果てに仕事に行きたくなり、無理に働き続けるとうつや過労死につながるリスクすらあります。

ぜひ、自分に本当に向いている天職と出会って、充実した人生を手に入れてくださいね。

今の仕事に向いていないと感じている人の特徴。自分に向いている転職先を見つけ出すために必要なこととは?
私は日々、性格診断・エニアグラムなどの理論を研究し、より皆様に「本当に自分に合った仕事」に出会って頂くために、日々弛まぬ研鑽...

自分に向いている天職を見つけるなら転職エージェントは必須

ただし、転職活動で「本当に自分に向いている仕事」を見つけ出すためには、並々ならぬ知識や労力が必要となります。

この事実を知っているからこそ、多くの人が「今の仕事でもいいや…」「転職活動する時間がもったいないから、今の仕事で我慢しよう…」と考えてしまうわけです。

しかし、最近では「転職エージェント」を使うことで、効率よく本当に自分に向いている仕事を見つけ出せるようになってきているので、わざわざ向いていない仕事を我慢し続けてやり続ける必要はありません。

転職エージェントとは、プロがカウンセリングしてくれた上で、本当に自分に向いている仕事を厳選して紹介してくれるサービスのことで、完全無料で利用できます。

転職エージェントの仕組み・特徴・メリット・デメリットを徹底解説!転職サイトとの違いは?
みなさまは「転職活動を始める」と決心した場合、まず何から始めますでしょうか? おそらく、多くの方が以下のようにお考えか...

また、自分に向いている仕事の紹介だけでなく、書類作成から応募手続き、面接の指導から内定後の手続きまでサポートしてくれるので、転職初心者で自信がない人でも転職成功率がグーンと上がります。

今の仕事を続けても「この仕事向いてないのかな?」ともやもやした気持ちで働く毎日が続きますが、転職して自分に向いている仕事をすると自信もみなぎり周りからも評価され、自分に自信を持った充実した人生を送るきっかけになります。

ぜひ、転職エージェントを有効活用して、本当に自分に向いている転職と出会ってくださいね。

タグ:仕事辞めたい

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ