なぜ無欲な若者が増えたのか?現代日本の抱える課題を一発で解き明かそうと思う

編集長
無欲オブ無欲のスコシテン編集長です

「なぜ無欲な若者が多いのか?」

答えはベリーイージー。

なぜなら「大企業勤めか公務員勤めの安定した人生が勝ち組、それ以外は欲張らずに最低限稼ぐのがかしこい選択」と若者は気づいているからです。

実際、就活生の多くは「大企業!」という安定志向である一方、そこからあぶれたものは「出来るだけ楽な仕事で必要な分だけ稼げればいいや」と堅実に考える。

なぜなら、それがスマートな生き方だからですね。

しかし、この「最近の日本の若者は無欲」問題、調べてみると色々と根が深い上に、現代の日本の課題が見えてくるんです。

そこで今回は私自身の経験や考え、あるいはこのブログのビジネス面「転職・キャリア」も交えた上で、考察していきます。

日本の今の子どもたちは元気がない
生きることがイヤなのである

「モラル・ハラスメントの心理構造/加藤諦三」より

資本主義の限界と欺瞞

まずなぜ若者は無欲なのか?」を論ずるに当たって言及しておきたいのが「資本主義の限界と欺瞞」という問題です。

…誤解のないように言っておきますが、私は基本的には資本主義大好きですよ。

優秀な人間と力のある資本家が支配階級となれば、社会主義とか共産主義よりかはマシですからね。

本当に優秀な人間が支配階級となるなら…ね。現実はそうも行かないけど。日本の逃げる気満々のクソ権力者どもとか。

資本主義の問題点として、上位層が「数字動かすだけのマネーゲームだけで稼げちゃう」という欠点があるんですよ。

その結果「バブル崩壊」とか「サブプライムショック」とか、起こっちゃうわけです。

今、マイナス金利で政府が金融・保険・不動産をゆるやかに殺しにかかってますけど、そういうことです。

資本主義という構造上、数字動かすだけで稼げちゃう層が上位プレイヤーに属すると、もはや中層以下は搾取されまくるしかなくなるわけです。

まあ、この資本主義の限界はイギリスにしろ、日本のバブル崩壊にしろ、すでに露呈しちゃってますよね。なんとか、国や経済界、あるいは政府がバランスとっているから成り立っているわけで。

んで、この問題点に挑戦しようとしているのが、最近の「ポスト資本主義社会」という、いわゆる「価値社会」という発想ですね。

外部参考リンク:ポスト資本主義社会を考えてみた:『価値主義』と『情報経済』|HUFFPOST

この思想が生まれてきた背景には「リサイクル」「リフォーム」などが広く受け入れらていることや、あるいは「モノよりコト消費」という”見えない価値”に若者の関心が移っていったことも原因にあるのではないでしょうか。

つまり「お金」という数字・貨幣価値にとらわれなくなった結果、バブル期のように「とにかく仕事して稼ぐのが美徳!」みたいな価値観がなくなり、結果として「無欲な若者」が増えたと考えられるわけです。

…まあ、もっとも「マイホーム持ち」「幸せな家庭」「年金生活で老後は楽に過ごせる!」という発想自体が、企業にとって一番都合のいい理屈であり、その欺瞞を肌感覚で見抜いちゃった若者も多いからとも言えますがねぇ…。

宗教なき国の「モラルハラスメント」問題

暴論ですが、日本の若者が無欲になってしまったのは無宗教国家だからです。

んで、無宗教国家だから各家庭や教育課程でバカなモラハラ女が「他人に迷惑をかけてはいません」「子供はお利口さんにしておきなさい」など、根拠のないマナーや迷信で子供をナチュラルに洗脳するから「あれもこれもしちゃダメ」だと思って無欲になるわけですよ。

しかも当の本人は「これが愛情だ!」「私は正しい!」なんて本気で思い込んでいるからタチが悪い。

フタを開ければ「自分たちが責任取りたくないから、子供相手にモラハラしてた」と大人になれば気づくのですが、気づかないまま育つ大人も実に多いのではないでしょう。

んで、そのモラハラの根拠はだいたい「儒教精神」に根ざしているわけですが、これを自覚していない大人は結構多い。

だから「自分は無宗教だ!」と言っているにも関わらず、謎ルールや家庭ルールを押しつけてくる大人も多く、企業も独自の社風で社員を洗脳するから、ブラック企業問題や不正隠蔽が耐えなくなるわけです。

「協調性という名の同調圧力」で多様性を否定するのも、権威や大人側の手口ね。

関連:仕事に「協調性」って本当に必要?「チームワーク」を言い訳にするのはいい加減やめたほうがいい

…ダメですよ、ちゃんと「自分は宗教に毒されている」って自覚しなくちゃ。

別に宗教は悪じゃありません。

少なからず、多くの宗教は「統治のための権力者の都合のいい教義」があって、それが信者に還元される形に出来ています。

ところが、日本はどうでしょうか。

クリスマスのマーケティング流用といい、ユダヤ教のビジネス流用といい、一部の支配階級が搾取用に他宗教の都合のいい部分だけ取り入れている形なんですよね。

とくに「儒教がクソ」なのは、論じておかないといけないでしょう。

基本的に「儒教=日本人のモラル」とか、バカをだまして統制するための都合のいいルールですから。

これは「学問のすすめ」にも書いてありますし、伊達政宗も家訓に残してます。

関連:欧州筆頭!戦国DQN四天王伊達政宗推して参る!破天荒に生きた戦国風雲児の魅力に迫る!

その結果、モラルを無視して利益第一の会社が得をしているのは無視できない事実ですし、モラハラ教育で無欲な若者が増えているのも現実です。

…ただまあ、この事実に気づく人間は少数の方が都合がいいので、あえて黙っている権力者も多いのではないでしょうか。

情報化社会・広告がもたらす悪影響

んで、無宗教国家+無自覚モラハラ大人で抑圧された子供の拠り所として、今度は情報化社会=マスコミ・ネット情報が入り込んでくるわけですが、当然これらは「広告ビジネス」ですので、偏った情報ばかりが扱われています。

日本のテレビなんて、どの局も似たり寄ったり。

芸能人のどうでもいいゴシップ。
ステレオタイプの政治家叩き。
ナントカ評論家のバカでも話せるような浅はかな討論。

それをあたかも「こういう大人がすごい」「こういう大人になっちゃダメ」と過剰に演出するから、間違った社会や大人に偏見を持ったまま育つ子供も一定数出てきますよ。

で、その逃げ道として生まれた新勢力「インターネット」ですが、これも本質はマスコミと変わりありません。

自分で情報が選べる分、マスコミよりかはマシですが、高度にビジネス・広告的側面が入り乱れているので(無論、このサイトも例外ではない)、もはやわけのわからん状態になってます。

んで、ネットとかとりあえず極端なこと言っときゃ目立ちますし、逆にネガティブになれば同じ穴のムジナで陰鬱なコミュニティで世間の愚痴を言い合っておけばいいだけですから、何一つ進歩しない人間たちの巣窟になるのですよ。

そりゃあ、だって「若者が無欲なのは社会が悪い!」と言って、みんなが「いいね!」しておけば「あ~オレは悪くないんだ」って安心できますからね。

だってさ、人が失敗するの見て「ざまあwww」って安全地帯から笑うのは、最高に気持ちいいもん。

しかも、無料で人の不幸でメシウマできちゃうし。

下を見れば安心するし、上の奴が失敗すると気持ちいいから、叩きたくなっちゃうわけね。

毎日、そんなお手軽エンターテイメントがスマホひとつで楽しめるんだから、そりゃあもう若者は無欲オブ無欲になって然るべきです。

「目的のない社会」が閉塞感を生む

若者が無欲になるのは、そもそも国にも大人にも「目的らしい目的」がないからじゃないでしょうか?

ほら、大人だって「今の日本を立て直すためにはどうすればいいかわからない!」「とりあえず親孝行してね(大企業勤め・公務員とかいうハードル高い要求)」と、ちゃんと目標設定出来てませんから。

上に立つリーダーが明確な指針も目標も設定できていないのに、決定権もない若者に「変革を!」「活力を!」なんて、高望みしすぎですよ。

大人な恋愛に憧れる女子中学生の恋愛じゃないんですから、理想を見るのはやめてくださいよ。

若 者 に 理 想 を 押 し つ け 過 ぎ で す 。

しかも、若者に理想を押しつけてくる企業や中高年サイドも、割と知識も勉強量もガバガバなわけ。

「とりあえず大学行っておけばどうにかなるよ」程度のキャリア認識で進学して、高学歴ニートになっちゃう子とか、まさにその典型例じゃないですか。

関連:高学歴ニートになってしまう人の特徴6つ。高学歴から脱出するための手がかりとは?

…まあ、親世代がバカで時代についてこれていないから、その程度のガバ認識になるんですよ。

今、正規・非正規問題が相当ヤバイことになってますけど、昭和生まれ世代で正社員・派遣社員・契約社員の違いとメリット・デメリットを即答できる人ってどれぐらいいるんでしょうか?

関連:契約社員だと採用されやすい?中途採用で契約社員から働くメリットとは?

関連:契約社員と派遣社員の違い。派遣から契約は給料が下がる?断ったほうがいい?

なんか会社の経理や人事に関わっている人ですら、中抜き搾取食らっている派遣社員の手取り額知って「え?給料それしかもらってないの?」みたいな話もよく聞くので、そりゃあ正規・非正規差別も加速するわな…ちゅう話ですよ。

無学な親世代が勉強もせずに「とりあえず正社員になれ!」なんて押しつけて、無理に正社員にこだわってブラック企業勤めで実質時間給最低賃金以下、その挙げ句にうつ病・過労死なんてことは、今どき珍しくもありませんから。

んで、その改善案として、官僚が「僕の考えた最強の机上論」を考案して施行するも、現場の人間がその崇高な計画を実行できるわけもないから、ゆとり教育みたいな過ちが起きるわけですね。

仕 事 や 国 策 は お 前 ら の お も ち ゃ じ ゃ ね え !!

つまり、大半の日本人が真面目に誇ってやっている仕事って、フタを開けれみれば「全部ギャグ」だなんてことがあり得るんですよ、信じられないことに。

穴を掘って埋める仕事と変わりないレベルの仕事で給料もらうことに、なんの疑問も恥も感じない人もいるわけ。

それもこれも「目的らしい目的がない」からではないでしょうか。

ほら、地方創生加速化交付金とかばら撒いてますけど、あれちゃんと対費用効果集計とか競合分析とかしてるんですかね?

テレビ局の都会マンセー広告戦略に、リクルートの圧倒的人材情報力に太刀打ちしないといけないわけですが、地方自治体に金ばらまくだけでどうにかなると思ってるんなら頭がお花畑としか言うほかありませんよ。

関連:地方・田舎住まいで「仕事がない…」と悩んでいるフリーターの方へ。若いうちに上京して就職しておこう!

若者よ、大志を抱け!

以上、若者が無欲になる理由をざっくり挙げていきました。

…が、あくまでこの記事で皆様に行ってほしいのは「問題認識」でしかありません。

決してあなたが無欲でいていい理由ではありませんので、その点は勘違いしないでください。

だいたい、ネット上とか問題や課題を挙げるだけ挙げて「誰か代わりにやって!」って奴らばっかりじゃないですか。

ここまでの説明を理解できた読者の方がいましたら、一つだけ言っておきたいです。

ここまで気づいているなら、誰かがやらなきゃならなねェんだよ。

ちなみに私は社会起業家みたいに「一緒に社会を変える仲間募集!」とか言う気は一切ありません。

自分の課題と使命ぐらい、自分で見つけろや!!

関連:人間として正しい生き方を考える。仕事での生き方がわからないで悩む現代人に捧ぐ

関連:働く意味と出会える転職エージェント5選!生きる意味を知って仕事に意義を見出したいなら転職するしかないッ!