仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

マイナビクリエイターは未経験者でも利用可能か?面談では何をするのか?

ども。スコシテン編集長です。

私はデザイン学校卒業後、とくにクリエイティブ系の仕事に関わらず、だらだらとフリーター生活をしてきた経歴を持ちます。

そんな私ですが、2016年からサービスの開始した「マイナビクリエイター」について「未経験者でも利用できるのか?」と、登録して試してみました。

結論から言っておきます。

マイナビクリエイターは未経験者でも、全然利用OKです。

というか、学校卒業後制作実績なしの私でも、それなりに求人を紹介してもらえたので、クリエイティブ系の経歴が少しでもあれば、全然チャンスはもらえますよ!

まずは、恐れずに登録してみましょう。

…と言われても、不安な方は多いはずですので、今回私が担当者さんに聞いた「マイナビクリエイターは、どれぐらいの未経験者でも利用できるのか?」をまとめて紹介します!

マイナビクリエイターは未経験者でも利用可能!

もう一度結論を言っておきますと、マイナビクリエイターは未経験者でも利用可能です。

求人内容を見ればわかりますが「クリエイティブ系に関わる営業や企画」「クリエイティブ系企業の一般業務」も多数扱っていますので、別に技術や経歴がなくても、いくらでもクリエイティブに関する仕事は紹介してもらえます。

クリエイティブ系(IT・WEB・ゲーム業界)に関する仕事なら、なんでも扱っている…わけですね。

このあたり、さすがマイナビの情報力だと感じます。

私のような「実務経験ゼロ」「制作実績なし」「ポートフォリオなし」みたいな経歴でも利用できたので、ちょっとでもクリエイティブ系の仕事に興味があるのであれば、登録しておくといいですよ。

まあ、転職系サービス全般に言えるのですが「モチベーションの低い人を振り落とすために、わざとハードルを高く感じさせる」ように出来ているので、登録してみたら、意外と紹介して貰える仕事がたくさんあった…ということはよくあることです。

どれぐらいの”未経験”でもOKなのか?

とはいえ「未経験ってどれぐらいまでOKなの?」と、心配な方も多いと思います。

…まあ、巷にはバリバリの意識高い系、クリエイティブ経歴のノウハウにあふれてますからね。

自分にはちょっと無理かも…」と不安になってしまう気持ちもわかります。

というわけで、実際に面談に行ってきた私が、それとなく「今度、友人にもマイナビクリエイターをオススメしたいので、どれぐらい未経験でもOKなんでしょうか?」と、こっそり聞いてきました。

「未経験」でも作品制作実績さえあればチャンスあり!

まず結論から言っておくと「作品制作実績」さえあれば、未経験者でも全然チャンスありとのことでした。

  • 同人やネットでのクリエイティブ活動経歴
  • フリーター・一般職の傍らの制作活動
  • WEBデザインについての技術と制作実績

…などなど。

仕事と並行して行っている「クリエイティブ経験」があれば、どうとでもなる感じでした。

やはり、一番大事なのが「ポートフォリオを作成できるほどの、作品量があるかどうか」ですね。

…まあ、クリエイティブ系を仕事にするなら当たり前なのですが、クリエイターさんは制作に夢中で「どうやったら仕事にできるか?」についての意識が欠けている方も多く感じます。

とくに「ポートフォリオをどうつくればいいかわからない…」と悩んでいる方はかなり多いですよね。

そういう方にこそ、ぜひマイナビクリエイターを利用してほしいと感じました。

編集長
ポートフォリオの作品数が
少ないことでお悩みの方は
以下の記事もどうぞ!

クリエイティブ系学校卒業の「未経験」ならありです

また、クリエイティブ系の専門学校に通っている方や、既に卒業して数年内の方なら、多くの場合は転職先を紹介できるとのことでした。

専門学校では、実戦レベルの技術を教えている学校が多いため、実務経験がなくても採用したいという会社は多いそうです。

ただ、その場合でも専門学校での制作実績がかなり重要になります。

ここでも当然ながら、ポートフォリオを作れるほどの作品量は重要になってきます。

専門学校は、修了過程が簡単にもらえる学校も多い分、制作実績や作品などの”実力”がしっかり評価されます。…まあ、金払って適度に通っておけば卒業できるのが専門学校なので。

ただ、先方もプロクオリティを要求しているのではなく、現段階での実力や作品や技術の応用力、専門学校で学んだことを見ているため、決して作品自体の優劣が重要というわけでもありません

ですので、専門学校時代に高い評価をもらった経験のない方でも、コツコツ努力を重ねてきた方なら転職先が見つかる可能性は高いですよ。

「作品に自信がない」「ポートフォリオに自信がない」という方でも、しっかり指導してくれるとのことなので、クリエイティブ系の学校在学中および、就職が決まらずに卒業した方は、一度相談してみるといいですよ。

完全にクリエイティブ経験なしの「未経験」の場合

私はグラフィックデザイン科卒だったのですが、卒業後はだらだらフリーターとして過ごし、デザインは趣味の範疇でしか行っていませんでした。

…ていうか、ほとんど実制作はしてませんでしたね。

つまり「クリエイティブ系の卒業経歴だけしかない」という意味で「未経験」でした。

当然、ポートフォリオなんて作ってもいません。

超意識低い系、なんちゃってクリエイターレベルですよ。

そんな私でも、マイナビクリエイターはしっかりと対応してくれ、仕事を紹介してくれました。

一般職でもクリエイティブへの理解があれば全然OKでした

まず言っておくと、私はポートフォリオなし・実務経験なし・制作実績もなしとかいう、ダメダメ経歴なので、ハッキリと「実制作の仕事の紹介は厳しいですね」と言われました。

編集長
まあ、
しょうがないわな

しかし、私は不足している経験を絞りに絞って「オレはめっちゃクリエイティブな人材やで!」と自己アピールをかましてやりました。

編集長
2chでのSS制作経歴あるから
ソシャゲのライター紹介してよ
転職アドバイザー
制作物ないからダメですね
編集長
一時期
作曲もしてたで
転職アドバイザー
制作物ないからダメですね
編集長
ニコ動に投下もしてたで
転職アドバイザー
制作物しょぼすぎてダメですね
編集長
pixivに絵師のフレたくさんおるで
転職アドバイザー
なるほど
ではネット越しの
イラストレーターへの
営業なんてどうですか?
編集長
ほーん
そんな仕事あるんか〜

…という感じで、ない経験を必死に絞って、ナントカいくつか仕事を紹介してもらったという感じです。

まとめ:マイナビクリエイターで未経験者はどこまでOKか?

それでは、最後に今回の要点をまとめてみましょう。

  • クリエイター職経験なしでも、紹介先はある
  • クリエイティブ系の技術がなくても、営業・企画系の求人もある
  • クリエイティブ系の学校に在学・卒業しているなら利用しておくべき
  • 趣味や創作活動でも、制作実績持ち込める作品数があればOK
  • ポートフォリオを作成できる程度の、作品制作実績・技術力が最重視される

…という感じで「クリエイティブ系の仕事はなんでも紹介するよ〜」というスタンスでしたね。

意外と登録基準もゆるいので、迷っているなら登録しちゃうべきですよ。

クリエイティブ業界自体が、

「制作実績」
「技術力があればとりあえず職にはありつける」
「バイトで制作現場に入って勤めていたら、大きなチャンスが舞い降りてきた」
「コネでよくわからん形で仕事にありつけた」

という感じで、一般職とはかなり違ったキャリアコースを歩んでいる人も多いので、人脈や営業力不足で仕事にありつけない方には、かなり助けになる転職サービスだと感じましたね。

ただし、マイナビクリエイターのデメリットとしては「WEB・IT・ゲーム系の求人」がメインなので、ガッチガチの広告代理店・出版業界志向のクリエイター(デザイナー)に関しては「マスメディアン」を使っておくといいかもしれませんね。

また、マイナビクリエイターと同様にWEB・IT・ゲーム系の転職エージェント「Geekly」はフリーターや既卒、転職回数の多い人でもサポートしてもらえるので、余裕がある方はこちらも併用しておくといいでしょう。

ともあれ、クリエイティブ系の経歴のある方や、クリエイティブ系への転職を考えている方は、いくらでもチャンスがもらえるので、まずは登録してみて、面談で色々聞いちゃうのが一番ですよ。

→マイナビクリエイターの詳細を知りたい方はこちらの記事もどうぞ!

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ、三下どもが。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。