【適職診断あり】内向的な人に向いてる仕事12選!人見知りにもオススメできる仕事とは?

内向的な人にとって、この世にはコミュニケーション能力が求められる仕事が多いと感じ、自分の適性が活かせる仕事が少ないと感じるかもしれません。

ですが、世の中には内向的な性格の人の強みを活かせる仕事はたくさん存在します。

最近ではコロナウイルスの影響により、テレワーク導入会社も増えたため、内向的な人の活躍機会も増えてきています。

当記事では、内向的な性格で悩んでいる方に、向いてる仕事や具体的な仕事選びのコツまで、まとめてお伝えしていきます。

▼未経験からIT業界への転職を考えてる方へ

IT業界は将来性が高く平均年収476万円が見込める人気職です。
ただし、IT業界へ未経験から転職するのは難しくスキルや専門知識が必要となります。
もし、読者がIT業界への転職に興味があるのであれば、まずは「ウズウズカレッジ」のご活用をオススメします。
ウズウズカレッジでは「プログラミング(Java)」「CCNA」の2コースから選べ、自分の経歴や生活スタイルに合わせて、最短一ヶ月でのスキル習得が可能です。
ウズウズカレッジは無料相談も受け付けているので、スキルを身につけてIT業界へ転職したいと悩んでいる方は、この機会にぜひご利用を検討してみてください。

→ウズウズカレッジに無料相談してみる

内向的な性格の人に向いてる仕事は?

ここからは内向的な性格の人に向いてる仕事をご紹介していきます。

  • マーケティングリサーチャー
  • データアナリスト
  • 証券アナリスト
  • バックエンドエンジニア
  • ライター
  • 事務職
  • 農業技術者
  • 生物学者
  • 考古学者
  • デザイナー
  • CGクリエイター
  • 伝統工芸職人

一つだけ注意点を説明しておくと「”向いている・向いていない”よりは”自分がどう内向性の強みを発揮したいか?”が重要になる」ので、内向性だからと言って職場にこもって1人で作業する仕事がすべて向いているわけではありません。

ただ、傾向としては「作業に打ち込む仕事>人との関わることが主な仕事」というだけなので、場合によっては人と関わることが主な職種で、要領よく分析や下準備などに回る方がかえって成果を出しやすくなることもあります。

また、内向性は良く悪くも他人に流されない強い自我も持つため、将来的にはリーダーシップを発揮しやすい性格であることも考量に入れておく必要があります。

筆者自身、別にリーダーシップを発揮したいわけではないのですが、能力的に実行可能というだけでリーダーポジションを担わされることが増えているので、将来的にマネージャー・管理職になることも視野に入れて、短期的には苦手な人とのコミュニケーションに注力した働き方を経験しておくという考え方も重要です。

なお、自分の性格傾向か向いてる職種・業種を診断したり、リーダー適性を診断するには転職サイト「ミイダス」の「コンピテンシー診断(旧:ミイダス適性チェック)」が非常に精度が高いので、使っておくといいでしょう。

ミイダスのコンピテンシー診断に関する解説は、以下の記事に詳しくまとめてあります。

関連:ミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

マーケティング職(分析・解析・コンテンツ制作など)

内向的な人に一番向いているのは「マーケティング職」だと思っております。

今後の業界動向や将来性、身につくスキルも踏まえた上で、以下のような大きなメリットがたくさんあるからです。

  • 日頃の勉強・情報収集・分析が役に立つ
  • 今後の市場拡大規模に期待できるため年収も上がりやすい
  • 職種・業務内容が多岐に渡るので、自分の能力を活かせる仕事が見つけやすい
  • 身につくスキルが他の職種・業種でも応用しやすい

内向性の人の場合、社内調整や営業よりは、分析・解析、リサーチからコンテンツ制作など、後方支援の方で高い適性を発揮できる可能性があるはずです。

ただ、マーケティング職は業務範囲が広すぎて、会社によって仕事内容がまちまちで、なおかつ未経験者には仕事内容がわかりづらいという特徴もあります。

ですので、仕事内容にあまりこだわらず、直観的に選んでしまうことも、内向的な人がマーケティング職に就く上では重要なことだと言えるでしょう。

マーケティングに向いているかどうかもっと知りたい方は、以下の記事もお読みください。

関連:【適職診断あり】マーケティングに向いている人の性格8選!マーケティングに必要な能力とは?

企画・広報職

マーケティング職に次いで、企画・広報関連の仕事も内向性の人には適性が高いと言えるでしょう。

企画・広報の仕事は、広義ではマーケティング領域に含まれることもありますが、主に以下のような仕事が該当します。

  • プロモーション戦略を考えて実行する仕事
  • 企業、または企業の製品を宣伝する仕事
  • 社内広報誌などを作成する仕事
  • 上記の仕事を他の企業に代わって行う仕事

マーケティング職になれば、広告業になることもあるため、企画・広報と言っても実際に行う仕事は多岐に渡ります。

内向的な人は、企画・広報でも戦略やアイデアを考えたり、実際の制作物を作る仕事で高い適性を発揮できるかもしれません。

開発・研究職

理系卒の方であれば、開発・研究職は定番でしょう。

開発・研究職は現場仕事と違い、長期的な視野での開発・研究が主な仕事となり、予算さえ降りてしまえば納期や売上などの数字に追われ続けることは少ないため、内向的な人でも自分のペースで仕事したい人には向いていると言えます。

問題は、開発・研究職は高度な知識・教養を求められることも多く、理系大卒でなければ入社するのが厳しい仕事も多いという点です。

逆に言えば、理系大卒であればそれだけでチャンスを得られることもあるので、該当する経歴のあるなら開発・研究職を目指すのもありでしょう。

なお、開発・研究職を目指すのであれば、開発メーカーやエンジニアが選択肢となるので、専門性の高い人材サービス、たとえば「メイテックネクスト」や「パソナキャリア」などの利用をオススメします。

クリエイター

内向的な人にオススメの仕事として定番なのが、クリエイターと言えるでしょう。

ただ、専業クリエイターとして未経験から入社するのは時間がかかる上、ポートフォリオを作れるほど作品実績がないと厳しいという現実があります。

ですので、妥協案として「クリエイター+α」という仕事ができる会社に入社することをオススメします。

たとえば、Adobeソフトウェアを使っての制作はできるが、実際に作品を完成させるほどのスキルがない場合は、アシスタントポジションで入社するか、雑務で軽いバナーを作れる程度の仕事が求められる職場を選べばいいわけです。

というよりも、私が知る限りでも、クリエイティブ領域のすべての仕事をこなせるような人は勤務期間数年以上のクリエイターぐらいですので、未経験から目指すクリエイターを場合は「まずは現場で実践経験を積む」方が現実的でしょう。

その場合、未経験からの就職や転職もサポートしている「マイナビクリエイター」の利用がオススメです。

ITエンジニア・プログラマー

内向的な人に向いている仕事と言えば、エンジニアやプログラマーも定番です。

ただ、これには以下のような点には注意が必要です。

  • 未経験からプログラマーに就職しても入社後はかなり苦労する
  • 日々の技術の進歩が早いため、入社後も勉強が必須
  • エンジニアを目指す場合は理系の学歴があった方が有利

筆者もサブスキルとしてプログラミングを勉強中ではありますが、基礎部分がしっかりしてなければ、その場しのぎのスキルとなりやすいため、個人的には完全未経験から目指すのはあまりオススメはしていないです。

また、簡易的なプログラミングであれば、一般職でも使う機会は十分あるので、必要だと感じたらその都度学ぶのもありでしょう。

それでもプログラマーやシステムエンジニアを目指したいのであれば、まずは「なぜ、プログラマーを目指して、将来どのような人材になりたいか?」を考えてみてください。

「統計情報を分析するAIを作りたい」「自分が使いたいと思っているスマホアプリを開発したい」というような具体的な開発目標があるのであればプログラマーを目指す価値はあるでしょうが、そうでない「流行りだから目指す」という動機であれば、スキル面で経験者や理系卒に負けてしまうので、他の職種を選んだ方が将来性は高いはずです。

事務職

内向的な人に向いている仕事と言えば、事務職も定番でしょう。

ただ、事務職には以下のようなデメリットがある点には注意。

  • 将来AIに奪われる仕事の筆頭となっている
  • 派遣社員での採用が増えており、正社員の求人枠は増加傾向
  • 「楽な仕事」のイメージが強いため求人倍率が高く面接通過率が低い
  • 女性の採用率が高い通例があるので、男性が目指すのは困難
  • キャリアのツブシが利かないので年収増加に期待しにくい

将来的にも事務職として生き残る人材を目指すなら「貿易事務」「経理事務」などの高度なスキルを習得する必要があり、生半可な考えで事務職を選ぶのは避けた方がいいです。

逆に言えば、年収アップにこだわらない、あるいは派遣社員も許容できるのであれば、事務職も選択肢としてはありだと言えます。

ただ、内向的な人の特性を踏まえた場合、クリエイティブ能力が高い人にとって、ルーチンワークが主な事務職はキャリアの選択肢を狭める結果にもなりやすいので、とくに20代で未経験職に就きやすい人は慎重に選んだ方がいいでしょう。

事務職として働く場合は、大手派遣会社「JOB NET(マンパワーグループ)」と「テンプスタッフ」の2社がオススメです。

営業職

内向的な人でも、人付き合いがそこまで苦でなく、やろうと思えばできるのであれば、営業職は意外とオススメです。

というのも、営業職で高い成績を出すのであれば、分析力や察しの良さが必要となるので、内向的な人が向いているということもよくある話だからです。

注意点は、新規ルート開拓営業やノルマ意識の激しい会社は、営業として成績を出す前に潰れてしまう可能性がある点には注意。

とくに不動産業や金融関連の営業はキツイことで有名なので、他の業種を選ぶといいかもしれません。

また、営業職は比較的自分1人で動きやすく、事前の段取りや計画、自社製品の勉強等、内向的な人のポテンシャルを活かしやすい環境が用意しやすいこともあるので、向いてる人にはとことん向いてるはずです。

売上や成績次第では、年収アップも比較的見込みやすい職種ですので、今まで営業職を避けてた人は、営業職も選択肢に入れてみるといいでしょう。

接客業

営業職同様、対人職としては接客業も内向的な人に向いている可能性があります。

ただし、接客業は要所でだけ愛想良くしておけばいい営業職と違い、常時接客モードを維持しなければならない点では、内向的な人にはやや厳しい部分があるかもしれません。

筆者も接客業経験がありますが、売上アップのための細かい施策から業務効率化にはやりがいを感じてた一方で、クレーム対応や笑顔でハイテンションの接客対応を長時間維持するのは苦痛だったので、これも働き方次第だと言えるでしょう。

接客業を目指すメリットとしては、入社ハードルの低さや全国チェーン規模の大企業なら地方でも転職チャンスがあるという点です。

個人的には、長期で働くのには接客業はあまりオススメできないのですが、アルバイトとして短期で働いたり、店長としてマネジメント経験を積むのには内向型にとっても悪くはない選択肢だと思うので、興味があるなら以下の記事もご確認ください。

関連:接客業に向いている人の特徴|接客の上手い性格、必要な能力やスキル、接客業に必要なことは?

内向的な人が自分に合った仕事を見つけ出すコツ

ここからは内向的な人が自分に合った仕事を見つけるために意識しておくことをご紹介していきます。
面接時のアピールや求人選びの際に参考になる情報も交えているので参考にしてみてください。

人と関わることが中心ではない仕事を選ぶ

内向的な人の特徴として「他人との関わりよりは自分の内面に関心がある」という性質があります。
ですので、人と関わることが中心の仕事よりは作業に打ち込める仕事を選んだ方が合う可能性が高いと言えるでしょう。

具体的には「エンジニア」「クリエイター」などの仕事や「事務職」などのホワイトカラーは人と関わるよりは作業に打ち込む時間の方が多いです。逆に「営業職」「接客業」「医療従事者」「介護職」などの仕事は、不特定多数の人を相手する時間が多いため、内向的な人にとってはストレスに感じるかもしれません。

ただ、組織で働く以上は人と一切関わらないということはあり得ないので、あくまで「仕事の内容そのもの」に焦点を当て、
人と関わる比重の少ないものを意識的に選ぶとよいでしょう。

誰とも関わりたくない人に向いてる仕事28選【人と極力関わらず作業に打ち込める仕事がオススメ】
「人と関わらずに済む仕事に付きたい…」 「仕事で誰とも関わりたくない…」 このようにお悩みではありませんか? 仕事では対人関係の悩みがつきものですので、中には誰とも関わりたくない・人と関わりたくないと思われている方もいらっしゃ...

個人プレイが重視されやすい職場を選ぶ

人と一緒にいるよりは1人でいる方がパフォーマンスが上がるところも内向的な人の特徴です。
具体的には、以下のようなことに当てはまるなら、個人プレイがしやすい職場を選ぶべきでしょう。

  • 他人にアレコレ指図されるよりは自由にやる方が伸び伸びとできる
  • 他人の目や評価が気になる
  • 他人に足を引っ張られると感じる
  • 自分の段取りや計画を崩されるのが苦手

個人プレイがしやすい職場は、以下のような特徴があります。

  • 個人の裁量が強い職種(営業職、店長職など)
  • 外資系・ベンチャーなど個人の資質が問われやすい職場
  • 一人で打ち込める仕事(クリエイター・エンジニア・コンサルタントなど)

逆に、大手企業や公務員など、組織が大きくなればなるほど個人の重要性は低下し、協調性の高さが重視されやすくなるの個人プレイを重視したいなら避けるべきでしょう。

個人主義な人に向いてる仕事16選
個人主義な人には、この世には集団生活の得意人向けの仕事が多いと感じるため、自分に合った仕事が見つからずに悩んでいるかもしれません。ですが、世の中には個人主義であることが有利に働く会社もたくさん存在します。自分に向いてる仕事を見つけて活躍するには、自分の性質をよく理解し、自分を活かしてくれる職場を見つけ出すことです。このページでは、個人主義な人に向いている仕事をいくつか紹介していきます。

社員の仲が良すぎない会社を選ぶ

社員の仲が良すぎる会社も、内向的な人にとっては避けるべきかもしれません。
社員の仲が良すぎる会社は、不特定多数の人を相手にするコミュニケーション能力とは別の、閉じた関係内で上手く立ち回る能力が必要とされるので、内向的な人にとってはストレスと感じやすいかもしれません。

とくに中途採用から入社する場合、社内の人間関係に馴染めないと不遇な扱いを受けることもあるため、社員同士の一体感が強すぎる会社には注意が必要です。

また、会社の社風が社内の人間関係重視であればあるほど、飲み会などのイベント参加が半強制的になったり、仕事の評価に上司や他の社員との相性が重視されるなど、内向的な人の強みが活かせない可能性が出てきます。

職場の仲良しごっこがうざい…そう感じている人に知っておいてほしいこと
会社では学生レベルの馴れ合いばかりで、仕事に集中しない残念な社会人もいるものです。仲良しこよしで気持ち悪い職場にはどのような特徴があるのでしょうか?また対策はどうするべきなのでしょうか?

専門知識やスキルを極められる仕事を選ぶ

内向的な人の特徴として、行動して経験で覚えていくよりは知識や理論に頼るという性質もあります。また、内省的で向上心が高いことから、スキルアップを常日頃から求められる仕事も向いてます。

ですので、エンジニアや技術職などはもちろん、勉強が大事な士業・コンサルタントも向いてる可能性は高いです。

また、大学卒相当の知識・教養があるなら、研究・開発職にも適性が高いかもしれません。
ただ、20代のうちは「知識や専門性よりは経験や行動量」が求められることも非常に多いため、専門知識やスキルが活かせるかどうかにこだわりすぎない仕事選びも大事なことは覚えておきましょう。

学者肌な人に向いてる仕事16選
あなたは学者肌ですか?そうであれば、自分に合った仕事がまだ見つかっていないので、いかに早く反応するものを作るかを考えます。しかし、世の中には学者肌であることを利用した企業がたくさん存在しています。自分に合った仕事を見つけて活躍するためには、...

内向的な人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました