内向的な人の特徴と向いてる仕事について

「内向的な性格だけど向いてる仕事がわからない…」

そうお悩みの方に向けて、この記事では以下のようなことをご紹介して参ります。

  • 「内向的」の言葉の意味や定義、使われ方について
  • 内向的と呼ばれる人の特徴
  • 内向的な人に向いてる仕事

筆者も内向的な性格で、関わっている人にも内向型が多いです。

その中で見えてきた内向的な人に向いてる仕事について、お伝えします。

スポンサーリンク

そもそも「内向的」とは?

まずは「内向的」の言葉の定義について解説していきます。

「内向」という概念は、心理学者カール・グスタフ・ユングが提唱した言葉です。

ネットでの使われ方を見てみると、広い使われ方をされており「非リア充」「陰キャ」「コミュ障」といった、人と関わるのが苦手な人間全般に対しても「内向的」とされる傾向もあります。

当記事では、心理学的見地からの「内向性」という言葉をベースにしつつ、広くネット上で扱われている「内向的」という意味も含めて考えていきます。

他人との関わりより自分の精神状態に関心がある

内向的な性格の指標として「他人の関わりよりは自分の精神状態に関心がある」という性質があります。

集団行動や他人と関わるよりかは、一人で作業に打ち込む方がパフォーマンスが上がると感じているのであれば内向的な性格だと言えるでしょう。

チームワークで何かを成し遂げたり、仲間と盛り上がるよりは、一人で黙々と作業をこなして積み上げていくことに価値を感じる人の方が多いはずです。

行動して経験するよりは知識や理論に頼る

内向的な人の特徴として、行動して経験で覚えていくよりは知識や理論に頼るという性質も強調しておきたいです。

とくに、性格診断ツール「MBTI」で「I(内向)」が出る人はこの傾向が強いと言えます。

MBTIは以下のサイトで、簡易的な診断が行えます。

参考リンク:無料性格診断テスト| 16Personalities

  • 事前の知識や理論がしっかりしないと行動に移せない
  • 共通の趣味がないと他人と関わり方がわからない

人と関わるのが苦手というよりは人と関わるきっかけづくりが苦手と考えた方が、内向性の性質を正確に理解できるはずです。

その証拠に、内向型でもコミュニケーション能力が高い人や、人脈が広い人もいます。

当記事内でも「内向型≠人と関わるのが苦手」という位置づけでははなく「内向的な人は仕事でどう他人と関わるべきか?」という視点で紹介していきます。

内向的な性格の特徴は?

内向的な性格の人の特徴をご紹介していきます。

人と関わるのが苦手

内向的な性格の人は、他人と関わるのが苦手です。

厳密には人と関わるのが苦手というよりは人と関わるきっかけづくりが苦手と表現した方が正しいでしょう。

逆に言えば何かしらのきっかけや理由さえあれば、人付き合いをこなせるのであれば、内向性であってもコミュニケーション能力は高いと言ってもいいかもしれません。

中には以下のような、他人と関わるのが無理なレベルの人もいます。

  • 一切空気を読まない
  • 失礼な言動が目立ち他人に疎まれる
  • 自分の世界の追求しない/興味がない

ここまで極端な人はレアケースで、大半の人は「ちょっとコミュニケーションに自信がない」ぐらいだと思います。

まったく人と関わらないで済む仕事を見つけ出すのは非常に困難です。

しかし「自分に合った仕事におけるコミュニケーションの仕方」を把握しておけば、選択肢は広がります。

人と関わらないで済む仕事の見つけ方は、以下の記事でも紹介しております。

関連:仕事で誰とも関わりたくない…。人と関わらないで済む仕事を見つけるためのコツとは?

人見知りで初対面の人と打ち解けるのに時間がかかる

内向的な性格の人は、初対面の人と打ち解けるのに時間がかかる傾向があります。

いわゆる「人見知り」です。

そのため、多数の初対面の人と話す必要のある就職活動や営業等は、どうしても気乗りしないため、機会を逃しがちです。

対策としては、以下のような手段が有効でしょう。

  • 紹介・仲介者を通して自分の意見や要望を伝えてもらうことを覚える
  • コミュニケーションが得意な人の多い職場で働き、サポートしてもらう
  • 自分と興味・関心が近い人同士で集まり情報交換する(依存にならない範囲で)

筆者は、人見知りがほぼなくなったため、今は上記のような仲介・サポートを行う立場になってますが、それは「内向的で人見知りな過去があったから」こそ出来ることです。

ですので「人見知りだから…」という理由で人付き合いを避けるよりは、多少は無理してでも新たな人間関係を構築することに意識を向け、仕事の選択肢を増やした方が後々のためだと言えるでしょう。

とはいえ、そう簡単に割り切れない方もいらっしゃるかと思います。

どうしても人見知りに向いてる仕事を探したいという方は、以下の記事も合わせてお読みください。

関連:人見知りに向いている仕事を見つけ出すコツ。コミュ障でも無理なく転職出来る職種とは?

集団行動が好きではない

集団行動が好きでない人も、内向的な人には多いはずです。

筆者も学生時代から集団行動が大嫌いで、周りに合わせない性格でした。

幸いにも「周りに合わせてるフリ」はできるので、社会生活を送ることにさほど苦労はしてません。

単に「集団行動が嫌い」「いちいち、周りの足並みに合わせていられない」というだけです。

出来る・出来ないで言えば出来る方なので、同じような考えの読者であれば「集団行動が苦手なだけで出来ないわけではない」程度に捉えておくといいでしょう。

仕事をしていく上では集団行動に合わせるスキルはほぼ必須ですので、できるに越したことはありません。

「周りに合わせるのが嫌い」という性質は、ゆくゆくはリーダーシップを発揮する機会にもなり得るので、前向きに捉えましょう。

集団行動に合わせるのが嫌いな人は、以下の記事も参考にしてみるといいでしょう。

関連:本当に優秀な人はいつも孤独…。孤独な人の特徴や仕事での考え方は?

他人に興味・関心がほとんどない

内向的な性格の人は、他人に興味・関心がほとんどない人が多いです。

厳密に言えば「自分が理解できる範囲/自分に影響がある範囲でしか他人に興味・関心を示さない」とした方が、正確かもしれません。

たとえば、就職する会社がどのような事業を手がけていて、どんな人が多く集まっているかに興味・関心を持つよりも、待遇や条件を先に気にするような人は、他人(あるいは会社)への興味・関心が低いと言えます。

これは社会活動を送る上では大きな損失となります。

筆者が内向型と関わると、異常に他人に興味・関心を示さない、あるいは自分に利がある範囲でしか他人を理解しようとしないという傾向が強いと感じます。

内向性特有の「自分自身の精神への追求」が強いためだと思いますが、関わる他人からすれば、

  • 捉えどころがない
  • 自身(自社)への関心が低く積極性がない

…と感じさせてしまうため、あまり印象の良い性格だとは言えないでしょう。

この性質を治そうと思っても、すぐに治すのは非常に難しいです。

というのも、興味・関心の対象が自分にとって有益である、あるいは当事者意識が芽生えるまでは、自分から興味・関心を持って接触するのは難しいからです。

逆に言えば、一度興味・関心を持ってしまえば爆発的な集中力や理解力を発揮できるのが内向性の強みでもあるので、自身の強みと弱み、どちらも理解しておくといいでしょう。

1人でいる方がパフォーマンスが上がる

他人と一緒にいるよりは1人でいる方がパフォーマンスが上がるところも、内向性の特徴です。

以下のような「他人と一緒にいるデメリット」が過剰に気になるからです。

  • 他人にアレコレ指図されるよりは自由にやる方が伸び伸びとできる
  • 他人の目や評価が気になる
  • 他人に足を引っ張られると感じる
  • 自分の段取りや計画を崩されるのが苦手

筆者も、上記のような傾向が強かったのですが、経験する中で受け流し方を身につけ、最近では他人と関わる方がパフォーマンスが上がりやすいように変化しています。

それでも、他人と一切接触を絶って集中した方が仕事のパフォーマンスが上がることもまだまだ多いので、根の部分は内向型でしょう。

組織で働く場合、一人で完全集中する環境を作るのは難しいと思いますが、以下の点に注目すれば理解を得られやすいかもしれません。

  • 在宅ワーク導入実績のある職場
  • クリエイター・エンジニアなどが独立して働ける職場
  • 営業職など個人の裁量が強い職場
  • 外資系・ベンチャーなど個人プレイ主義の強めの会社

会社の社風や経営方針、上司の裁量にも寄りますが、コロナによる在宅ワーク導入の影響もあって、上記のような働き方ができる会社も増えています。

「企業=1人で自由に出来ない」と先入観にとらわれず、自分の性質を活かしやすい環境を用意してくれる会社を見つけることも大事でしょう。

内省的な性格で向上心は高い

内向的な人は、内省的で向上心が高いことも特徴です。

向上心の高さが自身の能力に向かい、社会的な評価にはそこまで執着がないので、傍目から見れば「やる気がない」「努力してない」と思われることも少なくはありません。

筆者も、年収や数字などのわかりやすい実績はあっても、さほど大事なこととは思ってないので、それが努力や向上心の賜物かと問われれば、そこまで実感はないです。

あくまで「社会的評価評価はおまけ」だと考えています。

わかりやすく言うなら、競争で一位を目指すよりは、日々の鍛錬や新しい型を見つけ出していく方に価値を感じるのが、内向型の特徴だと言えます。

自分が追求して努力している分野と社会的な価値や評価が重なれば、爆発的な評価を得られるかもしれないのが、内向的な人の特徴です。

向いてる仕事を見つける際は「社会的評価の得られやすい努力」よりは「自分の中で頑張り続けたこと」に焦点をあて、自身を高く評価してくれる企業を見つけ出すことが、内向的な人にとって働きやすい環境が見つけられるコツとなります。

慎重でリスクを避けがち

慎重でリスクを避けがちなのも内向型の特徴です。

これは「経験よりは知識・理論に頼る性質」の影響でしょう。

内向的な人は就職活動で失敗したり、退職したら長い間立ち直れないことも多いです。

他人とのコネを持っている人や、行動を上手くサポートしてくれる人と出会えれば良いのですが、そうでなければ悩んだまま行動するのが遅くなりがちで、無職期間を延々過ごすことにもなりがちです。

筆者も長いニート期間を経験しているため、同様の経験をしている内向型に対して行動を促すのは上手くなっております。

たとえば、

  • 事前にリスクを説明して事前に心構えを身につけさせておく
  • 就職後の行動方針を教えたり、社内の人間の思惑を説明する
  • 内向型の強みや特性を認識させ、中長期での活躍ビジョンを思い描かせる

…など、入社後にすぐ打ち解けられる外向型とは異なる指針を示します。

「リスクを取らない」のではなく「リスクを事前に把握して計画的に行動する」方に意識を向けた方が、内向的な性格の人は動きやすくなるのです。

面接の時もあらかじめ会社側の課題や面接官について調べておき、それが許容できるなら入社…という方向性でいけば、過剰なリスクに怯えて行動しなくなることは抑えられるはずでしょう。

元々、内向型は自分で勝手にハードルを上げしまいがちなので、行動してしまえばなんとかなることが多いです。

内向的な性格の人に向いてる仕事は?

ここからは内向的な性格の人に向いてる仕事をご紹介していきます。

一つだけ注意点を説明しておくと「”向いている・向いていない”よりは”自分がどう内向性の強みを発揮したいか?”が重要になる」ので、内向性だからと言って職場にこもって1人で作業する仕事がすべて向いているわけではありません。

ただ、傾向としては「作業に打ち込む仕事>人との関わることが主な仕事」というだけなので、場合によっては人と関わることが主な職種で、要領よく分析や下準備などに回る方がかえって成果を出しやすくなることもあります。

また、内向性は良く悪くも他人に流されない強い自我も持つため、将来的にはリーダーシップを発揮しやすい性格であることも考量に入れておく必要があります。

筆者自身、別にリーダーシップを発揮したいわけではないのですが、能力的に実行可能というだけでリーダーポジションを担わされることが増えているので、将来的にマネージャー・管理職になることも視野に入れて、短期的には苦手な人とのコミュニケーションに注力した働き方を経験しておくという考え方も重要です。

なお、自分の性格傾向か向いてる職種・業種を診断したり、リーダー適性を診断するには転職サイト「ミイダス」の「コンピテンシー診断(旧:ミイダス適性チェック)」が非常に精度が高いので、使っておくといいでしょう。

ミイダスのコンピテンシー診断に関する解説は、以下の記事に詳しくまとめてあります。

関連:ミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

マーケティング職(分析・解析・コンテンツ制作など)

内向的な人に一番向いているのは「マーケティング職」だと思っております。

今後の業界動向や将来性、身につくスキルも踏まえた上で、以下のような大きなメリットがたくさんあるからです。

  • 日頃の勉強・情報収集・分析が役に立つ
  • 今後の市場拡大規模に期待できるため年収も上がりやすい
  • 職種・業務内容が多岐に渡るので、自分の能力を活かせる仕事が見つけやすい
  • 身につくスキルが他の職種・業種でも応用しやすい

内向性の人の場合、社内調整や営業よりは、分析・解析、リサーチからコンテンツ制作など、後方支援の方で高い適性を発揮できる可能性があるはずです。

ただ、マーケティング職は業務範囲が広すぎて、会社によって仕事内容がまちまちで、なおかつ未経験者には仕事内容がわかりづらいという特徴もあります。

ですので、仕事内容にあまりこだわらず、直観的に選んでしまうことも、内向的な人がマーケティング職に就く上では重要なことだと言えるでしょう。

マーケティングに向いているかどうかもっと知りたい方は、以下の記事もお読みください。

関連:マーケティングに向いている人の特徴。マーケターになるために必要な能力とは?

企画・広報職

マーケティング職に次いで、企画・広報関連の仕事も内向性の人には適性が高いと言えるでしょう。

企画・広報の仕事は、広義ではマーケティング領域に含まれることもありますが、主に以下のような仕事が該当します。

  • プロモーション戦略を考えて実行する仕事
  • 企業、または企業の製品を宣伝する仕事
  • 社内広報誌などを作成する仕事
  • 上記の仕事を他の企業に代わって行う仕事

マーケティング職になれば、広告業になることもあるため、企画・広報と言っても実際に行う仕事は多岐に渡ります。

内向的な人は、企画・広報でも戦略やアイデアを考えたり、実際の制作物を作る仕事で高い適性を発揮できるかもしれません。

開発・研究職

理系卒の方であれば、開発・研究職は定番でしょう。

開発・研究職は現場仕事と違い、長期的な視野での開発・研究が主な仕事となり、予算さえ降りてしまえば納期や売上などの数字に追われ続けることは少ないため、内向的な人でも自分のペースで仕事したい人には向いていると言えます。

問題は、開発・研究職は高度な知識・教養を求められることも多く、理系大卒でなければ入社するのが厳しい仕事も多いという点です。

逆に言えば、理系大卒であればそれだけでチャンスを得られることもあるので、該当する経歴のあるなら開発・研究職を目指すのもありでしょう。

なお、開発・研究職を目指すのであれば、開発メーカーやエンジニアが選択肢となるので、専門性の高い人材サービス、たとえば「メイテックネクスト」や「パソナキャリア」などの利用をオススメします。

クリエイター

内向的な人にオススメの仕事として定番なのが、クリエイターと言えるでしょう。

ただ、専業クリエイターとして未経験から入社するのは時間がかかる上、ポートフォリオを作れるほど作品実績がないと厳しいという現実があります。

ですので、妥協案として「クリエイター+α」という仕事ができる会社に入社することをオススメします。

たとえば、Adobeソフトウェアを使っての制作はできるが、実際に作品を完成させるほどのスキルがない場合は、アシスタントポジションで入社するか、雑務で軽いバナーを作れる程度の仕事が求められる職場を選べばいいわけです。

というよりも、私が知る限りでも、クリエイティブ領域のすべての仕事をこなせるような人は勤務期間数年以上のクリエイターぐらいですので、未経験から目指すクリエイターを場合は「まずは現場で実践経験を積む」方が現実的でしょう。

その場合、未経験からの就職や転職もサポートしている「マイナビクリエイター」の利用がオススメです。

ITエンジニア・プログラマー

内向的な人に向いている仕事と言えば、エンジニアやプログラマーも定番です。

ただ、これには以下のような点には注意が必要です。

  • 未経験からプログラマーに就職しても入社後はかなり苦労する
  • 日々の技術の進歩が早いため、入社後も勉強が必須
  • エンジニアを目指す場合は理系の学歴があった方が有利

筆者もサブスキルとしてプログラミングを勉強中ではありますが、基礎部分がしっかりしてなければ、その場しのぎのスキルとなりやすいため、個人的には完全未経験から目指すのはあまりオススメはしていないです。

また、簡易的なプログラミングであれば、一般職でも使う機会は十分あるので、必要だと感じたらその都度学ぶのもありでしょう。

それでもプログラマーやシステムエンジニアを目指したいのであれば、まずは「なぜ、プログラマーを目指して、将来どのような人材になりたいか?」を考えてみてください。

「統計情報を分析するAIを作りたい」「自分が使いたいと思っているスマホアプリを開発したい」というような具体的な開発目標があるのであればプログラマーを目指す価値はあるでしょうが、そうでない「流行りだから目指す」という動機であれば、スキル面で経験者や理系卒に負けてしまうので、他の職種を選んだ方が将来性は高いはずです。

事務職

内向的な人に向いている仕事と言えば、事務職も定番でしょう。

ただ、事務職には以下のようなデメリットがある点には注意。

  • 将来AIに奪われる仕事の筆頭となっている
  • 派遣社員での採用が増えており、正社員の求人枠は増加傾向
  • 「楽な仕事」のイメージが強いため求人倍率が高く面接通過率が低い
  • 女性の採用率が高い通例があるので、男性が目指すのは困難
  • キャリアのツブシが利かないので年収増加に期待しにくい

将来的にも事務職として生き残る人材を目指すなら「貿易事務」「経理事務」などの高度なスキルを習得する必要があり、生半可な考えで事務職を選ぶのは避けた方がいいです。

逆に言えば、年収アップにこだわらない、あるいは派遣社員も許容できるのであれば、事務職も選択肢としてはありだと言えます。

ただ、内向的な人の特性を踏まえた場合、クリエイティブ能力が高い人にとって、ルーチンワークが主な事務職はキャリアの選択肢を狭める結果にもなりやすいので、とくに20代で未経験職に就きやすい人は慎重に選んだ方がいいでしょう。

事務職として働く場合は、大手派遣会社「JOB NET(マンパワーグループ)」と「テンプスタッフ」の2社がオススメです。

営業職

内向的な人でも、人付き合いがそこまで苦でなく、やろうと思えばできるのであれば、営業職は意外とオススメです。

というのも、営業職で高い成績を出すのであれば、分析力や察しの良さが必要となるので、内向的な人が向いているということもよくある話だからです。

注意点は、新規ルート開拓営業やノルマ意識の激しい会社は、営業として成績を出す前に潰れてしまう可能性がある点には注意。

とくに不動産業や金融関連の営業はキツイことで有名なので、他の業種を選ぶといいかもしれません。

また、営業職は比較的自分1人で動きやすく、事前の段取りや計画、自社製品の勉強等、内向的な人のポテンシャルを活かしやすい環境が用意しやすいこともあるので、向いてる人にはとことん向いてるはずです。

売上や成績次第では、年収アップも比較的見込みやすい職種ですので、今まで営業職を避けてた人は、営業職も選択肢に入れてみるといいでしょう。

接客業

営業職同様、対人職としては接客業も内向的な人に向いている可能性があります。

ただし、接客業は要所でだけ愛想良くしておけばいい営業職と違い、常時接客モードを維持しなければならない点では、内向的な人にはやや厳しい部分があるかもしれません。

筆者も接客業経験がありますが、売上アップのための細かい施策から業務効率化にはやりがいを感じてた一方で、クレーム対応や笑顔でハイテンションの接客対応を長時間維持するのは苦痛だったので、これも働き方次第だと言えるでしょう。

接客業を目指すメリットとしては、入社ハードルの低さや全国チェーン規模の大企業なら地方でも転職チャンスがあるという点です。

個人的には、長期で働くのには接客業はあまりオススメできないのですが、アルバイトとして短期で働いたり、店長としてマネジメント経験を積むのには内向型にとっても悪くはない選択肢だと思うので、興味があるなら以下の記事もご確認ください。

関連:接客業に向いている人の特徴|接客の上手い性格、必要な能力やスキル、接客業に必要なことは?

まとめ

今回は内向的な人に向いている仕事を紹介してきましたが、大切なのは「内向的だからこの仕事しかない…」というネガティブな考え方ではなく「内向的だから自分をこう活かす!」と前向きに様々な職業に興味を持って、自分の適性が活かせる職場を見つけ出すことです。

最近ではインターネットの発達に伴い、引きこもりがちで内向的な性格が増えているため、チャンスは至るところにあるはずです。

ぜひ、この記事や当サイト内の情報を参考に、自分に向いている仕事を見つけ出すきっかけにしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました