仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

なんとなく直感で仕事を辞めるのはありか?なんとなく転職したい人は読んでおこう

「なんとなく仕事辞めたい…」

そう考えている社会人の方は、意外と多いです。

しかし、当然ながら「なんとなく」で仕事を辞めることは許されませんよね。

ですが、仕事辞める時の動機というのは、意外と「なんとなく」から生まれることもあるんです。

考えてもみてください。

恋愛感情が上手く言葉に表せないように、仕事を辞めたいという気持ちも、簡単には言葉には表せなくて当たり前のものなのです。

恋愛において「相手の好きなところ」を長々と語る人がいても、ちょっとうさんくさく感じるように、仕事を辞める動機もそう簡単に言葉としてまとめられないものなのです。

ですので「なんとなく仕事辞めたい」と感じるのは、恋愛において「気づいたら好きになっていた」ぐらいの、無意識のうちに湧き上がってくる衝動的な感情だと言えますね。

そこで今回は「なんとなく仕事辞めたい」と感じた時が、絶好の転職タイミングである理由を紹介していきます。

人生において”直感”は死ぬほど大事です

まず、ひとつ言っておくと、人生を充実させるには”直感”というのは死ぬほど大事です

「この仕事はなんか違う…」
「この会社は居心地が悪い…」
「職場の人間関係・社風が合わない…」

数年間勤めて、こういった直感を感じているのであれば、それはまず間違いのない感覚です。

社会人としての経験に裏打ちされた直感ですので、自信を持ってもいいでしょう。

言葉に出来ない”衝動”ほど、感覚としては正しい

言葉に出来ない衝動ほど、実は感覚としては正しいことは、よくありますよね。

恋愛感情や、好きなものが理屈や言葉で説明できないように、本当に大切な感覚とはそう簡単に言葉に言い表せないものなのです。

そのため、仕事を辞めて転職する最初の動機とは、実はほとんどの人が「なんとなく」から始まるものなんです。

むしろ、簡単に言葉にできてしまう感情ほど、実は対して心では思っていない感情であることも多いですからね。

就活の時にとってつけて志望動機として語っていた「御社の理念に惹かれて~」「グローバルな人材に~」といった薄っぺらい動機ほど、実際の感覚からかけ離れているものです。

本当に大切な感情は「なんとなく」というところから生まれてくるものです。

”なんとなく”を突きつめてみよう!

しかしながら「なんとなく」というふわふわした動機では、転職する際のも志望動機としては曖昧すぎて、まず相手にされません。

大切なのは「なんとなく」という感情を掘り下げて、自分の動機や欲求を、しっかりと掴んで言葉にしていく能力です。

「なんとなく」で仕事を辞めるのは問題ですが、それはあくまで「”なんとなく”という言葉でしか説明できないなら」という意味合いで言われている一般論ですね。

つまり「なんとなく」という動機から転職活動を始めるにしても、最終的にしっかりと言葉で説明できるようになれば、それで問題なくなるわけです。

それでは「なんとなく」という動機の正体を突き止めるべく、具体的な動機を掘り下げていきましょう。

大きな不満はないが小さな不満は溜まっている

「なんとなく仕事辞めたい」という動機は、小さな不満が徐々に溜まってから生まれるものです。

たとえば、

  • 出来る仕事が増えたのに給与や評価に反映されない
  • 周りと比べて明らかに業務負担が多いのに、同僚の方が評価されている
  • スキルが上がっているのに、任される仕事がしょぼいまま
  • 営業が仕事を取りすぎて、現場の負担がキツイ

…など、ひとつひとつで見れば、そこまで大きな不満でなくても、いくつも重なれば仕事が割に合わないと感じる要因はたくさんあります。

「仕事を辞める」というと、さも”大きなきっかけ”があって初めて行動するように思いがちですが、実はそうではありません。

実際は、小さな不満が積もりに積もって、徐々に今の職場を辞めることを意識しだす人の方が圧倒的多数です。

恋愛においても「会って話す度に心惹かれていった」「一緒に暮らして徐々に冷めていった」ということが当たり前ですよね。

仕事も同じようなもので、ドラマや成功者のドキュメンタリーのような”大きなきっかけ”なんてものは早々なく、実際は小さな不満が溜まりに溜まって「なんとなく仕事辞めたい」と徐々に感じていくものなのです。

仕事内容にマンネリや限界を感じている

「なんとなく仕事辞めたい」と感じているのは、仕事内容にマンネリや限界を感じているからかもしれませんね。

社会人数年も経ち、一通り仕事をこなせるようになると、必ずマンネリや限界というものは訪れます。

本来なら、この段階でワンランク上の仕事を任されたり、新しい部署やプロジェクトに関われるなどのステップアップの段階になるのですが、上司や人事の方針次第では、そういったチャンスに恵まれないこともよくあります。

もし、今の仕事内容のマンネリや限界が辞めたい動機であるなら、一度転職についてしっかり考え直すべきでしょう。

会社の人事や上司も完璧ではないので、あなたが社会人として成長していても、適切にステップアップできるチャンスをくれるとは限りません。

今の職場でチャンスが与えられないのであれば、転職して他の企業でチャンスがもらえる環境に行くしかないですからね。

関連:仕事にマンネリを感じた場合の5つの対処法

内に秘めた挑戦心が荒ぶっている

「なんとなく仕事辞めたい」と思っているのであれば、それはあなたの内に秘めた挑戦心が荒ぶっているのかもしれません。

「もっと自分のスキルを活かしたい!」
「ワンランク上の仕事をしてみたい!」
「まったく別分野の仕事に挑戦してみたい!」
「密かな夢や野望を叶えるためにステップアップしたい!」

こういった向上心や挑戦心は、大なり小なり誰もが秘めているものです。

現状に満足せず、新しい挑戦の場を求めるのは、社会人としてはごく当たり前の欲求ですからね。

「なんとなく仕事辞めたい」という動機が、向上心や挑戦思考から生まれてくるものであったら、それは間違いなく転職する好機だと言えますね。

こういった動機は転職においても「キャリアアップ」として高く評価されやすいため、自信を持って転職にチャレンジするべきです。

転職の動機は”なんとなく”からでもOKです

今回紹介したように、転職を始めるなら「なんとなく仕事辞めたい」という動機からスタートしても、全然OKです

むしろ、あなた自身の経験から生まれる「なんとなく」という直感ですので、他人の言葉を借りた動機よりも、何倍も間違いのない感覚なので、自信を持つべきですね。

あとは「なんとなく」の正体を突きつめていけば、自分の進むべき道は自ずと見えてくるはずです。

前向きに、今の仕事を辞めてから、新しく挑戦できる職場を探してみましょう。

転職エージェントに相談して”なんとなく”の正体を突き止めてみよう!

「なんとなく仕事辞めたい」と思っているのであれば、転職エージェントでプロのキャリアアドバイザーから具体的なアドバイスをもらうこともオススメですよ。

今回紹介したような「”なんとなく”の原因」というのは、あくまで一例でしかなく、突きつめていけば、もっと強い転職の動機として有利にアピールできる要素に変えていけます。

転職エージェントでは、そういった転職希望者の「なんとなく」という動機をカウンセリングし、強みとして引き出してくれるため、本当に自分に合った転職先も見つかりやすくなりますね。

転職エージェントを利用する大半の人が、最初は「なんとなく仕事辞めたい」「なんとなく転職を考えている」という軽い気持ちで利用しています。

「なんとなく仕事辞めたい」と悩んでいるのであれば、一度転職エージェントにしっかり相談して、自分の今後についてしっかり考え直すタイミングです。

ぜひ、転職エージェントでプロの方に相談してみて、もっと上の職場で働けるチャンスを掴みましょう!

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職系Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

現実の転職はクソ、これからはVR世界での転職の時代

これが新時代の転職活動だ!!!!

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。