ニートが未経験でデザイナーになることは可能か?デザイン学校卒ニートからWEBデザイナーとして雇われた私が真相を語る

私はデザイン専門学校卒業後、就職先が見つからずに数年間ニート生活をしていました。

その後、なんとかWebデザイナーとして中小企業から採用してもらえました。

そんな私の経歴から、よく「ニートから未経験でデザイナーになることは可能か?」と聞かれます。

結論から言いましょう。

誰でもデザイナーにはなれます。

一重に「デザイナー」と言っても、自分から一からアイデアまで出して制作指導するようなレベルの人は、業界内でもごく一握りです。

ほとんどの場合は、上のデザイナーの指示にしたがって組立作業を行いながら、経験を積んで指示したりアイデアを出す側に回るわけですね。

そうなると、よく言われる「デザイナーはセンスや才能が必要」と言われるのも、間違いだとわかってきます。

デザイナーは勉強すれば誰でも就ける職です。

とくに近年求人の増えた「Webデザイナー」については、デザインについての基礎などなくても、誰でも勉強すれば簡単に就ける仕事だと言えます。

私がこの結論に至った経緯や体験談をこれからご紹介します。

未経験やニートからデザイナー職を目指す方の、励みになれば幸いです。

デザイン科卒の私の来歴

まず、簡潔に私の来歴を紹介します。

私は専門学校のグラフィックデザイン科に2年間通っていたため、厳密に言うと未経験ではありません。

ただし、Webデザイナーには、あまりデザイン学校の経歴は関係ありません。

というのも、現場仕事で使うWebデザインの技術は、学校で習ったものとはまったく別物だからです。

グラフィックデザイン科で学んだのはデザインの基礎や、現場でもよく使うAdobeのIllustratorやPhotoshopなどの使い方であり、それらを即戦力として使うのであれば、実際はDTPの現場の方が多くなりますからね。

ところがDTP業界というのは経営が傾いている業界ですので、今の若い人にはまったくオススメできない業界です。私の友人もDTP業界に早期に見切りをつけ、Web業界に転職した人が多いです。

ニート期間について

私は学生時代、制作などの夢中で、就職タイミングを逃してしまいました。

思えば、当時は完璧主義で作品作りに熱中していたため「デザインを仕事にする」という具体的なビジョンがまるでありませんでしたね。

そのため、ニート期間中も「とにかくいい作品を発表して一発当てれば仕事になる」という、甘い考えが抜け切れていなかったですね。

残念ながら、一発当ててデザイナーになれる人はほとんどいません。

クリエイター職の本質を理解してない人ほど、この罠に陥ります。

ビジネスにならない人イベントなどに参加したり、ネットの投稿したり…など、一発逆転を狙うパターンですね。

もちろん、そういった地道な営業活動も大事ですが、趣味レベルですといつまで経っても仕事には結びつきません。私の友人も、趣味でイベントや創作している人も多いですが、ほとんどの方が仕事に結びつかずに趣味やよくて副業レベルで、とても生計を立てるレベルには至っていません。

私はそういった現実に気づき「いいものを作っても仕事にはならない」という、当たり前の事実に気づきました。

「デザイナー」には誰でもなれます

私がニートから、本格的に仕事としての「デザイナー」を目指す中で、色々なことを知りました。

まず、一般的に「デザイナー」と言われる仕事は、実に幅広いんです。

極端な話、お店のポップをエクセルで作るような作業でも「デザイナー」と呼ばれることもあります。

冒頭にも述べたとおり「アイデアを出したり、センスを要求される」ような世間のイメージとは違い、PCソフトを使ってセオリー通りに制作物を仕上げるような地道な作業をしている「デザイナー」の方が多いのです。

クライアントと話し合って、こちらからアイデアを提案していくレベルの仕事は、現場経験が長くないとまず出来ません。

そのため、まずは実務でも、ソフトを使いこなしたり基本を覚えていくことが、多いので、研修や社内教育のしっかりしている会社なら、未経験からでも挑戦できる仕事なわけです。

私の場合はとくにデザイン科卒の経歴もあったため、あっさりデザイナーとして定職に就くことができました。

ニート(未経験者)がデザイナーになる方法

業界内で働くうちにわかってきたんですが、割とニートからデザイナーになった人って多いんです。

とくにWeb・ゲーム業界では、Pixivでイラスト投稿していた人や、2chでSS書いていたニートがスカウトされた話なんかはしょっちゅう聞きますね。

GEEKLY(ギークリー)という、Web・ゲーム業界特化の就職・転職支援サービスでは、そういった創作活動に熱中しているニート・フリーターの方でも採用したい会社が見つかりますので、実務経験のなさで仕事にありつけない方は、是非とも利用してみてください。

また、一切デザイン経験や技術のない方でも、Webデザイナーになるチャンスはいくらでもあります。

というのも、Webデザインの求人は、今やバブル枠で多くのIT・Web業界で求められている職種だからです。

今や、職業訓練校でもWebデザインコースがあるぐらいですからね。失業中の方は、保険金受給手当を受けながら勉強できるので、是非とも利用してみてください。

また、現在働いている方はWeb講座でWebデザインを学ぶことができます。

TechAcademy [テックアカデミー]という通信講座では、実践的なWebデザインの技術が最短4ヶ月で習得可能です。私も就職後、この講座を受けて技術を習得しました。

こういったネットサービスを有効活用すれば、今やニートでもデザイナーになるチャンスはたくさんある時代になったわけです。

クリエイティブ思考ならポートフォリオがあると有利

技術面でWebデザイナーを目指すならともかく、クリエイティブ思考でデザイナーを目指すのであれば、ポートフォリオをつくっておく必要があります。

早い話、実務経験がなくとも、作品制作実績さえあれば、デザイナーになることは可能です。

とくに、二次創作やイベントへの出典、Web上での作品発表で活動している方は、ポートフォリオを作っておくことを強くオススメします。

当サイトに『クリエイター転職を成功させるポートフォリオ作成テクニック。すべての面接官を魅了するポートフォリオの作り方をご紹介』という記事がありますが、あまり難しく考えずに今までの作品すべてぶっ込むぐらいがいいですね。

もっとも、企業ウケを良くするなら、就職・転職支援サービスのコンサルタントに相談するのが一番ですね。

Webサイトを持っている人は、こまめに作品をまとめていくといいでしょう。フリーのイラストレーターさんも、ほとんどWebサイトで営業していますからね。

逆に、私のようなデザイン科卒にも関わらず、ポートフォリオをしっかり作成していなかったタイプは、クリエイティブな仕事につくのはかなり難しくなりますね。そういう方の場合は、とにかく現場仕事に就いて、実地での経験を積んでいくほうが手っ取り早いです。

「就活のための作品作り」をしているようでは、クリエイティブ系の就職は厳しいです。ですので、まずは技術面重視のWebデザインに就くことを推奨します。

デザイナーは甘い仕事ではない

ここまで説明しておいて難ですが、デザイナーは厳しい仕事です。

納期前の徹夜張り込みはもちろん、トレンドを抑えたり、常に新しい情報にアンテナを張り巡らせなければなりません。そういった、常に変化し続ける努力をしていないと、定職にありつけても数年後には食えなくなることもある仕事です。

その上、年収も低めの傾向です。単純に、労力の割にあわないのです。

私の友人の多くも、デザイナーは「やりたいこと」であったにも関わらず、ついていけなくなって辞めてしまう人も多かったです。

逆に、何が何でも食らいつく覚悟があれば、ニートでもフリーターでもチャンスはいくらでもある仕事がデザイナーです。

もし、それだけの覚悟があるなら、ぜひデザイナーを目指してみてください。

デザイナーを目指したくなくなった人へ

この記事を読んで「やっぱりデザイナーは無理かな?」と迷っている方は、他の仕事に就いたほうが絶対に後悔しません。

「無理かな?」と迷っている人って、採用側からしても透けて見えてくるので、採用される確率は低いです。そういった方は、せめて、技術面の勉強をしておかないと、未経験からの採用は厳しいですね。

ただ、Webデザイナーとして働いている私からの視点からしても、この記事を読んで「デザイナーは無理そう」と思っている方は、無理にデザイナーにこだわらない方がいいと思います。

センスや技術以前に、何が何でもデザイナーになりたいという維持とやる気がないと、長く続かない仕事でもあるからです。そういった方は、多くの場合は趣味や副業でデザイン制作をすることで、折り合いをつけています。

私も「デザイン科卒だから…」と思って、無理にデザイナー職にこだわってしまいましたが、今は他業界の転職も視野に入れています。年収の低さの割に、仕事がハードなのは精神的にも肉体的にも堪えますからね。

自分の適性や可能性に縛られず、就職・転職支援サービスなどを上手く使って、他の業種にも目を向けてみることをオススメします。

フリーター・ニート(既卒・第二新卒)

本気で就職・転職したい方必見!

最近では若手不足に伴い、フリーター・既卒・第二新卒・大学中退者向けの就職支援サービスが充実してきています。

ハローワークと違い、民間企業がビジネスでやっているサービスなのでサポートの質や内定率が高く、就職・転職後のアフターフォローもバッチリです。

就職支援サービスで受けられるサポート内容の例

  • 面談の指導や模擬練習
  • ビジネスマナー・身だしなみなどの基本講座
  • 履歴書・職務経歴書なしで直接応募可能
  • 事前に推薦状を書いてもらえるので面談に自信がなくてもOK
  • 内定後のアフターフォローもしっかりしてくれるので安心
  • 無料なので納得できる求人がなければいつでも利用をやめてOK

これらのサービスは最初から最後まで無料で受けられるので、就職や転職でお悩みの方は登録して使っておくといいでしょう。

「なぜ?無料なの?」と不安な方もいるかもしれませんが、それは紹介先企業が費用を負担しているからで、それだけ人材採用の経費をかけている優良企業が多いということです。

また、よく「就職や転職を急かされそうで怖い」「強引に勧誘されたらどうしよう…」「説教されたら嫌だなあ…」と不安の方もいるでしょうが、そういった人材を無理に企業に紹介してもすぐ辞められては困るため、事前の面談やカウンセリング、さらに企業との面接もじっくり時間をかけてくれる業者がほとんどです。

なぜかと言うと、既卒・第二新卒層向けの就職支援はビジネスとしてはあまり効率がよくない一方で「長く働ける人材が欲しい」「ポテンシャルのある人をじっくり育てたい」という会社からは需要があり、時間をかけた方が結果として利益や満足度につながるからです。

ですので、まずは気軽に相談するつもりで、利用してみてください。

とくに、当サイトでオススメしたい優良な就職支援サービスは以下の3つです。

就職ShopオススメNo.1…大手リクルートグループ運営のため信頼性バツグン。求人数が圧倒的に多い。人柄・人間性重視の会社の紹介が多い。→「就職Shop」の解説はこちら

ウズキャリオススメNo.2…第二新卒の経歴を持つ社長が運営する、ベンチャー系人材サービス。面談に平均20時間をかけるほど、対応の丁寧さに力を入れている。→「ウズキャリ」の解説はこちら

DYM就職オススメNo.3…全国展開している就職支援サービス。最短1週間で就職先が決まることもあるので、早く正社員になりたい方にはオススメ。→「DYM就職」の解説はこちら

就職・転職支援サービスの登録方法と使い方のコツ

紹介した就職支援サービスは、職務経歴書の記入が不要なので登録1分で終わります

ただし、登録するだけで終わっては、優良企業を紹介してもらえない可能性も大きいです。

なぜなら、登録後にまったく返信をしない人が多いため、業者側も登録者のモチベーションを試しているからです。

ですので、既に登録段階で選考が始まっているぐらいに考えておくといいでしょう。

具体的には、以下のポイントに気をつけておけば、しっかりとサポートしてもらいやすくなりますよ。

  • 登録後の返信メール・電話対応をしっかりしておく
  • 担当者から直接連絡が届くので、すぐに返信をしておく(平日中に返答すると相手も対応してくれやすい)
  • 面談や説明会の紹介があったら積極的に参加しておく(服装指定がなければ私服でも可)
  • どうしても面談に参加できない場合は、代わりに参加できそうな日を伝えておく
  • わからないことがあったら、メールの担当者や公式サイトの問い合わせから聞いてみることも大事

以上のことはビジネスでは当たり前のことですが、意外と出来ていない方も多いです。

しかし、上のような”基本”が出来るだけで一歩リード出来ますので、就職・転職に意欲がある方はしっかりとしておきましょう。

このサイトの情報を参考に、一人でも多くの読者が就職・転職のきっかけにしていただければ、うれしい限りです。

その他の人材サービス

その他にも、20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに向けた人材サービスが、多数登場しています。

JAIC(ジェイック)…既卒・第二新卒向けの、営業職特化の就職支援サービス。研修が厳しいことで有名だが、その分、社会人としての心構えやビジネスマナーが身につく。→「JAIC」の解説記事はこちら

ハタラクティブ…都内近郊の求人に強みを持つ、既卒・第二新卒向けの人材サービス。中卒者など、対応してくれる範囲が広いところが強み。→「ハタラクティブ」の解説記事はこちら

TokyoDive無料で東京都内の住まいを無償提供してくれる上に仕事を紹介してくれるサービス。20代の若者から30代前半までがサポート対象。→「TokyoDive」の解説記事はこちら

東京みらいクルー東京都内の求人と都内の不動産物件を紹介してくれるサービス。TokyoDiveと違い、住まいは自費負担。→「東京みらいクルー」の解説記事はこちら

テンプスタッフ…全国展開の国内最大手の人材派遣会社。派遣社員に興味があるなら、使っておこう。→「テンプスタッフ」の解説記事はこちら

JOBNET(マンパワーグループ)…アメリカ発の派遣会社。こちらも全国展開。英語系のキャリア支援に強みを持つ。→「JOBNET(マンパワーグループ)」の解説記事はこちら

色んな方の悩みや需要に応えられるサービスも多いので、気になるものがあったら解説記事を参考にしてみて、ぜひ利用を検討してみてください。

関連コンテンツ