ニートのための求人サイト・就職サイトで自分の適職を見つけ出すコツ

「ニート向けの求人サイトとか怪しすぎるだろw」
「どーせ情弱ニートをだまして搾取するブラック企業ばっかなんでしょ?w」
「なんでわざわざ無能なニートを採用するんだよ…」

ニートのみなさん、このように考えていませんか?

私も若い頃は、そんな浅はかな決めつけをしていました。

しかし、現実はどうもそうではないみたいです。

以下の記事にはニート向け(既卒・第二新卒・フリーター含む)の全情報をまとめておりますが、ネットの情報と現実には”認識の差”があります。

ですが、社会経験のないニートの方であれば、やはり「ニートでも採用される求人なんて信用できない…」と不安ですよね。

そこで今回は元ニートの管理人が集めた情報から「ニートを採用したがる企業の実態」について解説してまいります。

日本の若手不足が深刻でニートでも採用したい会社多数

読者の皆様は、新聞や経済誌は読まれるでしょうか?

多くの方は「そんなもん、興味ない」という感じだと思います。

逆に、新聞を読まれる方であれば「今の日本の人手不足が深刻」という話は、聞いたり読んだりしたことぐらいはあるはずです。

…ここまで説明すれば、実はちょっと頭がいい人であれば「ああ、確かに20代のニートでも、正社員になるのは難しくないかもね」と気づくんです。

それはなぜか?

今の若手不足の世の中、次の世代を担う若い人材を確保しておかなければ、将来的につぶれかねない会社が多数存在するからです。

たとえば、テレビでよく「伝統工芸の継承者が不足している!」なんてニュースが取り上げられますが、あれと同じです。

伝統工芸だけでなく、企業の仕事も上司から先輩、先輩から後輩へと、仕事内容を受け継いでいく必要があるわけですね。

そうなると、企業側も「出来るだけいい大学を出た優秀な人材に来て欲しい」「職歴なしのニートはちょっとなあ…」なんてワガママは言っていられなくなるのです。

これが、今の日本でニートでも採用されやすくなっている根本的な理由でもあるわけですね。

「既卒・第二新卒」という言葉が意味することとは?

また、最近では「ニート」という言葉は、ほとんど使われなくなってきています(ネットではよく使われますが…)。

なぜかというと「既卒・第二新卒」という、新しい言葉が生まれたからです。

この「既卒・第二新卒」という言葉、実質的には「ニート」なのですが、なぜこのような言葉の言い換えが行われているかというと、単純に「すぐに辞める若者」「働かない若者」が増えたからです。

昔なら「プータロー」「フリーター」「ニート」として、社会的には認められにくい存在で、国からの支援や人材サービスでの支援対象にもなりにくい存在でした。

それが最近になって、少子高齢化に伴う若手の人材不足が社会問題化し、ようやく国全体でフリーター・ニート層の支援態勢が整ったのです。

たとえば、筆者が就活していた時期は「リーマンショック」で就職難であったにもかかわらず「正社員にならない奴は負け組、怠け」みたいな風潮が強く「既卒・第二新卒」という言葉も一般的ではありませんでした。

しかし、今では「新卒3年以内に辞めても問題ない」「決して正社員になることだけが正解ではない」と、働き方の価値観もかなり多様化しております。

…というよりも「新卒後、入社した会社で最後まで働き続ける=終身雇用制度」自体が色々とおかしかったので、そこの化けの皮が剥がれ続けているのが、今の日本の雇用問題の実態です。

ですので、別段若者がニート(既卒・第二新卒)となること自体は、珍しくもなんともないし、それこそ「社会のせい」と言ってもいいのです。

ですので、社会全体で既卒・第二新卒層の支援に力を入れているわけでもあります。

ニートを雇う企業の本音とは?

上記で紹介したのは、あくまで「社会や国の状況から、ニートが求められている理由」であり、必ずしもすべての企業がそう考えているとは限りません。

現実問題として「ニートには根性が足りん!」「ニートは採用したくない…」みたいな偏見を持った企業も存在します。

しかし、そうでない企業も多いのです。

では、ニートを雇う企業とはどのような企業なのでしょうか?

それは以下のような企業。

  • 人手不足過ぎて、人材の経歴にこだわっていられない企業
  • 経営者自身がニート期間あり(あるいは大きな挫折や失敗あり)の企業
  • ニートのポテンシャルに賭けたい企業

…まあ、ネット民(とくにtwitterあたり)はやたらとエリート意識が高くて「無能なニートに仕事なんかない!」みたいな感じですが、現実ではそんな人間ばかりではありません。

むしろ、余裕のある会社や大人であれば「若いからいくらでもチャンスはある」という感じで、応援してくれる人間の方が多いです(本人が気づいていないだけで…ね)。

でも、どうせブラック企業ばかりなんでしょ?

…まあ、ブラック企業がないとは断言できません。

なぜなら、ブラック企業とはその時々の経済状況や取引先との関係によって生まれるもので、一概に”悪”とは決めつけられないからです。

だいたい、今日日「大企業でも過労死…」「公務員でも超絶ブラック」など普通にありえる世の中なので「絶対にブラック企業を避けるぞ!」と思っていては、まともな仕事にありつけるチャンスも逃してしまいます。

そして、仮にブラック企業に就いてしまった場合、法律を根拠に徹底的に戦い抜く覚悟で社会に挑めばいいのです。

最悪「ブラック企業に入社しちまったら逃げればええや…」と思っておけば、大抵のことはなんとかなります。

ニートにオススメの就職サイトは?

上記の背景を踏まえて、ニートにオススメの就職サイトをご紹介したいのですが…最近の人材業界では、純粋な求人検索サイトは下火傾向にあります。

これは転職(再就職)の場合、就職活動と違って業界分析や企業研究などが大事になり、採用ハードルが上がる傾向にあるからです。

代わりに「転職エージェント」と呼ばれる、プロのアドバイザーが自分にあった求人を紹介してくれるサービスが主流となっています。

ニート層の場合、面談においては身だしなみや話し方、あるいは志望動機や自己アピールまでしっかりとプロから指導してもらった方が採用確率はグッと高くなるので、基本をしっかりしておく意味でも転職エージェントを活用しておくべきでしょう。

…まあ、逆に言えば基本以外で勝負すべきことがあまりないので、基本をしっかりしなければならないということでもあります。

また、ニート向けの(既卒・第二新卒・フリーター含む)専門の人材サービスも多数生まれてきており、それぞれ特徴があるので、複数社使ってみるのもありでしょう。

以上のような事情も踏まえ、ニートでも利用できる就職サイトをご紹介しておきます。

Re就活

ニート向けの就職サイトの先駆けといえば「Re就活」でしょう。

求人傾向としては、成長中のベンチャー企業が多い印象です。

また、営業職や販売職などの成果報酬(インセンティブ)での高年収求人も多いので、若干体育会系寄り。

セミナーの開催にとくに力を入れており、企業の担当者と直接出会えるチャンスが多いのも魅力ですね。

ただし、最近のエージェント制主流の傾向を見ると、やや時代遅れの感は否めません。

就職活動をしっかりしていた人なら活用できるかもしれませんが、そうでない場合はやや不安が残りそうです。

doda(デューダ)

とくにニート向けと言うわけではありませんが、総合転職サイトとして国内最大級の「doda(デューダ)」もご紹介しておきます。

以下の記事で説明している通り、dodaはニートでも登録可能です。

dodaに登録しておくと、キャリアカウンセリングの利用からセミナーの案内まで利用できるので、とりあえず登録しておくだけ便利です。

もちろん、求人検索も出来ます。

ただし、求人メールがスパムレベルで送られてくるので、じっくり選びたい人にはやや不向きかも。

求人傾向としては、有名企業も多数あるのですが、やや広告面が強いのであまり期待しすぎない方が良さそうです。

リクナビNEXT

就活生御用達「リクナビ」の社会人版が「リクナビNEXT」です。

リクナビNEXTは求人検索機能もあるものの、目玉の機能は「スカウト」「オファー」「グッドポイント診断」などになっていて、求人検索はおまけ程度という感じ。

中でも本格的な自己分析ツール「グッドポイント診断」は、自分の性格を客観的に知っておくためにも一度使っておくべき価値あり。

Spring転職エージェント(アデコ運営)

個人的にオススメなのは世界No.1外資系企業アデコ運営の「Spring転職エージェント」です。

求人情報は広告面が一切なく、より正確な求人情報が得られますので、しっかりと情報を吟味したい人にはかなりオススメ。

求人メールもピンポイントで送られてくるの上に、詳細も詳しく書かれている点もグッドです。

…ただ、一般キャリア層向けなので、純粋なニート向け求人は少ないかも(既卒・第二新卒層はサポート対象に入っているけど)。

Indeed(インディード)

求人検索型エンジン「Indeed(インディード)」も、効率よく求人検索出来るのでオススメ。

「ニート」と言うワードで検索してみると、色々な情報が出てくるのでそれだけで「あ、ニートでも普通に応募できる求人あるんだな」と、非常に参考になります。

ただし、検索エンジンという性質上「玉石混交」ですので(掲載内容の審査と実態調査、ちゃんとしてないはず…)、ある程度情報収集力が必要な点には注意。

求人サイトのご利用は計画的に

以上、ニートでも使えそうな求人サイトをご紹介しておきました。

…が、転職業界では「エージェント制」が主流になっているので、面接対策や書類の添削などの指導を受けておくためにも、まずはエージェント制を使っておくことを強く推奨します。

エージェント制で紹介してもらえる求人に納得いかないのであれば、自分で求人サイトを使って地道に使う方法が堅実です。

以下の記事に、転職エージェントを使っておくべき理由を解説していますので、プロに相談するのが乗り気でない方は読んでおくといいでしょう。

私も頑なに「他人に相談なんかするものか!!」という感じでニートこじらせて、挙句の果てに転職情報マニアになるハメとなりました。トホホ…。

ニートでも使える転職エージェントを使っておこう

ニートの方で自分に合った求人を使いたい方は、転職エージェント…というよりも20代向けの就職支援サービス(就職エージェント)を使っておくのが、一番間違いないはずです。

転職エージェントと就職エージェントの違いは、

  • 転職エージェント→キャリア層がメインターゲット
  • 就職エージェント→新卒・第二新卒・既卒・フリーター・ニートなどがメインターゲット

…という形で、業者側で想定している利用者層が違い、対応方法や紹介先求人の傾向も変わってきます。

ですので、ニートの方で転職エージェントを使いたい方は、まずは就職エージェント(就職支援サービス)を使っておくのが、間違いないでしょう。

ニート訴求

とくにオススメの就職支援サービスは、以下の3つです。

就職ShopオススメNo.1…業界No.1のリクルートの手がける就職支援サービス。求人数が多く、人柄・人間性重視の小さめの企業の紹介が中心。意外な穴場求人と出会えるチャンスなので、必ず利用しておきたい。→就職Shopの解説記事

ハタクティブオススメNo.2…急成長中の人材会社レバレジーズの手がける、20代向けの就職支援サービス。中卒~大学中退者まで対応してくる層が厚く、面談通過率・内定率も高く効率がいい。面談拠点は全国展開。→ハタラクティブのオススメ記事

DYM就職オススメNo.3…若手の就職支援業者として、根強い実績を持つDYMが手がける。効率重視で最短1週間で内定がもらえることも。有名企業とのコネも強く、意外な優良企業と出会えるチャンス。こちらも面談拠点は全国区→DYM就職の解説記事

これらの就職支援サービスは、無料で登録できて就職先が決まるまで丁寧にサポートしてくれます。

なぜ、無料なのか?

理由は単純で「企業側がお金を払ってでも、将来性のある若者を採用したい」と考えているからです。

人材会社の運営する就職支援サービスでは、人件費に余裕のある企業ばかりなので、ブラック企業はなく、働きやすい企業と出会える確率がグッと高くなります。

また、利用者にすぐ辞められたら就職支援サービス側の信用にも関わるので、対応が丁寧で、決して強引な勧誘や無理な就職を押しつけてくることはありません。

途中で利用をやめることもできるので「思ってたのと違う…」「いい仕事を紹介してもらえない…」と思った場合も安心です。

とくにこれらの就職支援サービスは「既卒・第二新卒・フリーター・ニート」といった、レールから外れた人向けのサポートを行っているサービスで、読者と同じような悩みを持つ人を数多くサポートしてきた実績もあります。

さらに就職支援サービスは効率面も重視しているので、履歴書作成の手間がかからず、すぐに面接に行き着くことも多いので、就職活動で余計な手間をかける時間も省けます。

もちろん、面談のアドバイスもしっかりと行ってくれるので、安心して利用できますよ。

無料でここまでサポートしてくれると「怪しい…」と思う方もいるでしょう。

しかし、日本は若手が不足していて、それだけ「お金と時間をかけてでも、しっかりと若い人材を採用したい」と思っている企業が多いということです。

これらのサービスをしっかり活用しておけば、今まで1人で抱え込んで悩んでいたことがバカバカしくなるほどスムーズに就職・転職先が決まりますので、ぜひ登録だけでも済ませておいてください。

※現在は景気がよく買い手市場で非常に内定がもらいやすく、紹介してもらえる求人も多いので、早めの行動をオススメします。

その他の就職支援サービス

日本では20代の若手人材が不足しているため、上の3社以外にもきめ細やかな対応に期待できる就職支援サービスが登場しております。

以下に紹介する就職支援サービスは人を選ぶ反面、自分に合ったものを使えば意外な天職にも出会えるチャンスですので、気になる方はチェックしてみてください。

ウズキャリ

20代の若手でとくにIT・WEB業界に興味があるなら「ウズキャリ」がオススメ。

ウズキャリの特徴は、ざっと以下の通り。

ウズキャリの特徴

  • 社長がニート・フリーター経験ありのため、利用者目線に沿った運営方針
  • IT・WEB系の紹介に強い
  • 面談に平均20時間もかけるほど対応が丁寧
  • 若手中心のベンチャー企業のため、20代目線に近いサポートに期待できる
  • 「ウズカレ」という研修講座を受けた上での就職も可能

良くも悪くも「若手中心のITベンチャー」という会社なので、気になった方は使っておくといいでしょう。

※当サイトの読者限定で、ウズキャリ様より「Amazonギフト券2,000円分」のキャンペーンの案内を頂いております。利用される方はぜひご活用ください。

Amazonギフト券獲得の流れ

  1. 会員登録をする
  2. 本人確認の電話の際に【キャンペーンコード「uz20」】伝えていただく
  3. 面談後、3週間以内にAmazonカードをメールにて送付

JAIC(ジェイック)

20代向けの就職支援サービスとして根強い実績を持つのが「JAIC(ジェイック)」です。

JAIC(ジェイック)の特徴

  • 正社員の紹介限定(他業者だと契約・派遣がある場合も)
  • 研修・講座でビジネスマナーなどを徹底指導してくれる
  • 全国展開
  • 地方から東京までの交通費と宿泊費を全額支給

ウズキャリとは対照的で、古風な体育会系の就職支援という感じです。

また、JAICの場合は「研修や講座でみっちり社会人の心構えを作った上で、就職先を紹介」という方針ですので、効率面はやや劣ります。

社会人としての心構えや基礎をしっかり身につけた上で、腰を据えて働ける会社を探したい方であれば、使っておきたいサービスです。

GEEK JOB(ギークジョブ)

東京近郊在住の方で、未経験からIT・WEB業界のプログラマー・エンジニアを目指したい方は「GEEK JOB」がオススメ。

GEEK JOBの特徴

  • 20代なら無料で本格的なプログラミング研修が学べる
  • IT・WEB業界で働くために必要なコミュニケーションスキルも学べる
  • ただし、東京都内の拠点に通う必要あり

GEEK JOBは、プログラミング研修を学んで本格的にプログラマー・エンジニアを目指したい方なら、非常に向いているサービスだと言えます。

もちろん、最初は無料で体験講座を受けてから、長期間の研修を受けるかどうか判断することも可能ですので、気になる方はぜひ参加してみてください。

TokyoDive(トーキョーダイブ)

東京への上京就職を考えている方なら「TokyoDive」もオススメ。

TokyoDiveの特徴

  • 地方在住でも、東京都内の仕事を紹介してもらえる
  • 東京の住まいを無償で提供してもらえる
  • ただし、派遣社員の紹介も多め

TokyoDiveの魅力はなんと言っても「東京の住まいも無償で提供してもらえる」という点にあり、上京就職を考えている方にとっては非常に心強いサービスだと言えます。

ただし、難点は派遣社員の紹介もあるところで、東京都内で正社員として長く働ける職場を探たい方にはやや不向きかも。

逆に「派遣社員でもOK」という方であれば、TokyoDiveは非常に魅力的です。

地方住まいの方でも、まずは電話面談と履歴書送付からでもサポートを受けられますので、興味のある方は使っておくといいでしょう。

東京みらいクルー

こちらも東京での就職・転職を考えている人にオススメの「東京みらいクルー」。

東京みらいクルーの特徴

  • 東京都内の正社員求人を中心に紹介してもらえる
  • 東京の不動産物件も同時に紹介してくれる

TokyoDiveはかなり緩めの感じのサービスですが、東京みらいクルーは正社員求人中止なので誠実な印象が強めです。

欠点としては、まだ運営期間が短く、知名度が低いところ。

そのため、あまり具体的な信用できる口コミ・評判も出回っていない点には注意。

関連コンテンツ