既卒・ニートは就職できない?何も出来る気がしない・どうすればいいのかわからないなら読んでおこう

編集長
元ニートの
スコシテン編集長です

「自分はニートだから就職は無理…」
「一度ニートになったら就職は厳しい…」
「世間はニートに冷たい…」

このように、悩んでいませんか?

私もニート時代、同じような思いをしていました。

ですので、ニートの気持ちは誰よりもわかります。

しかし、今回紹介する「ニートが就職出来ない3つのシンプルな理由」を知ることで、カンタンに就職を決めることが出来ました。

ニートの方で、就職したいのになかなか採用されなかったり、あるいは怖くて踏み出せない人は、ぜひ最後まで読んで試してみてください!

「ニートが就職できない…」というのは思い込み

まず、最初にニートの読者に知っておいて欲しいことがあります。

それは「ニートが就職できない…」というのは、ただの思い込みだということです。

私もニート時代、以下のようなつらい思いをしました。

筆者がニート時代に経験したつらい体験

  • 時間をかけた履歴書・職務経歴書が一切読まれた形跡さえなく、書類選考で落とされる
  • せっかく書類選考が通ったのに、面接でしっかり自己アピールできない
  • 面接で説教されてしまい、自信を失くす

こういった経験をして「やっぱり、ニートの自分に就職なんて無理だ…」と、いつしか本気で信じ込むようになったんです。

また、ネットで情報を集めたり、求人情報を見ても「どうせ自分はニートだから、受からないや」と、行動するのもイヤになってました。

「世界はニートの自分に、興味がない…」

本当にそれぐらい、悩んでいたんです。

ですが、それは今思い返せば「全部思い込みだった…」「自分の就職の方法が間違ってたんだ…」とモーレツに反省しております。

もし読者のあなたも私と同じ思いをしているのであれば、それは「単に就職活動のやり方が間違っているから」です。

たとえば、以下のような就職活動方法を行っていませんか?

  • ハローワークや求人サイトで手探りで仕事を探している
  • 面接の対策や自己アピールの方法を、自分で調べて一から考えている
  • 仕事を選ぶ基準が「ブラックか?ホワイトか?」「楽かキツイか?」という二択だけで考えている

もし当てはまるのであれば、残念ながらすべて誤った考え方ですので、今日限りでその考え方はやめましょう。

私は以上のような誤った考え方を知って正すのに、なんと10年以上もの時間をかけてしまい、結果として貴重な20代の時間を無駄にしてしまう結果となりました。

知った時にはすでに遅く、選べる仕事の幅も狭くなっております。

ですが、まだ将来のある若い20代の方は別です。

私自身の人生の失敗を参考にしてもらい、早めに「自分の悪いところ」「自分の間違った考え方」に気づいていただくことで、確実に就職を成功させることができます。

ですので、私自身のニート期間の反省をもとに見つけ出した「ニートが就職出来ないシンプルな3つの理由」を、しっかりと覚えておいてください。

ニート就職できないシンプルな理由3つ

それでは、さっそく私が長いニート生活から見つけ出した「ニートが就職出来ない3つのシンプルな理由」をご紹介していきます。

ニートが就職できない理由は、

  • 行動しないから
  • 他人を頼らないから
  • 情報・知識を信じすぎているから

…という、3つだけです。

他の細かい理由や原因は、すべてこの3つの中に含まれております。

ですので、この3つの理由だけを知っておけば、あとは自分の悪い面を知って改善していくこともできるんです。

とは言っても、読者のニートの方はこう考えているはず。

「自分の何が悪いかわからない…」
「具体的にどうすればいいかわからない…」

私も過去にそのように悩んでおり、結局「どうすればいいのか?」という答えを見つけ出すまでに、10年の時間をかけました。

しかし、私が見つけ出した答えを知っておけば、ニートの人でもカンタンに就職を成功させることが出来ます。

ただし、読者が「そんなのウソだろ…」「どうせ、自分なんて無理…」と思っていると、理由を知っても行動せずに何も変わらずじまいで終わる可能性があります。

ですので、一度読者のあなたに、確認しておきます。

あなたは、本当に心の底から就職したいと思っていますか?

仮に「NO」と思う方であれば、この先は読んでいただかなくて結構です。

たとえば「どうせ、ウソだろ」「そんなもん知ってもニートが就職できるわけがない」と思っている方などですね。

そういう人は読んでも何もしないので、ここから先を読むのも時間の無駄ですので、これは親切で言っているのです。

…というのも、私自身、ニート時代はずっとそういう考え方から抜け出せませんでした。

そういう人は、残念ながらこれから紹介する「ニートが就職できない3つの理由」を知っても、おそらく何も変わりません。

ですので、事前に「読むだけ無駄」と言っておきます。

なぜなら、私自身が人生で失敗した経験から導き出した”答え”ですので、本気じゃない人が読んだところで何も伝えられないからです。

なにせ、私自身は知ってしまっても「もう、遅い」わけですので、わざわざ他の人に教える必要がありません。

しかし、私としては「自分と同じ悩みを経験している若者には、同じ失敗をして欲しくない…」という、強い思いがあります。

「ニートだけど本気で就職したい!」
「自分の悪いところを受け入れて、前向きに就職に挑戦する気がある!」
「これを読んで、絶対に就職を成功させる!」

こういう思いを持っている方だけ、続きを読んでください。

ニートが就職できない理由1「行動しないから」

ニートが就職できない理由のひとつは「行動しないから」です。

「いや、自分は行動してるんだけど、採用されない…」

もしかしたら、何社も応募して採用されずに「自分は就職できない…」と悩んでいる読者もいるかもしれませんね。

そういうニートの人は「行動の仕方が間違っている」のです。

たとえば、以下のような「就職・転職の基本」をしっかり行っていますか?

ニートが就職で行うべき「正しい行動」

  • 業界分析・企業研究などの「働き先を知るための行動」
  • 面接対策・自己アピール・ビジネスマナーの指導を受けるなどの「面接で受かるための行動」

これらの基本を徹底せずに、手探りで就職活動を行っていては、採用されるものも採用されません。

たとえるのであれば、野球の経験もないのに練習もせずに、いきなり試合に出るようなものですからね。天才でもなければ、まず本番(面接)で実力が発揮できるわけもありません。

就職活動・転職活動は他人に見えないところで行うことが多いので気づきにくいでしょうが、就職を成功させているニートの方は「見えないところで、しっかり行動し続けている」のです。

一方で、就職できないニートは「就職サイトに登録したからもう満足…」「ハローワークで求人を見たからこれで行動した…」と、他人から見ればまったく行動できていない人が多いです。

ですので、今一度就職できないニートの方は「本当に自分はしっかり行動出来ているか?」を考え直しましょう。

ニートが就職できない理由2「他人を頼らないから」

ニートが就職できないシンプルな理由、それは「他人を頼らないから」です。

仕事の出来る人は他人に頼み事をするのが、とても上手です。

なぜなら、自分一人で出来る仕事なんて、この世にはないからとわかっているからです。

そこに気づけずに、いつまでも白馬の王子様を待つように自分から他人に頼れないニートは、いつまで経っても就職出来ずに人生を終えてしまいます。

…とは言っても、ニートの方はなかなか勇気を持って、他人に頼ることが出来ませんよね?

たとえば、以下のように考えていませんか?

「他人に頼ったら、利用されるだけ…」
「人材会社の人は金儲けでやっているので怪しい…」
「どうせ他人を頼っても説教されるだけだ…」

「自分一人で就職先を決めないと、かっこ悪い」

残念ながら、これらはすべて間違いです。

かくいう私も、ニート時代は「自分一人で就職先を決めないとダメだ…」と思い込んでおり、素直に他人を頼ることが出来ずにいました。

しかし、仕事をするようになって他人と関わるようになってからは「自分に出来ないことは素直に他人に頼ったほうがいい」「わからないことは自分より詳しい人に聞いたほうが早い」と身にしみて実感しております。

もちろん、他人に頼ったからといって、すべての人がアドバイスをくれたり、助けてくれるとは限りません。

ですが、余裕のある人や助ける実力がある人、あるいは仕事でやっている人は、しっかりと助けてくれます。

実際、私がこのような記事を書いているのも「文章を書くことで、過去の自分と同じ思いしている人を助ける力があるから」です。

これは「自分自身が社会人として、一人前の力を身につける経験」をしてみなければ、本当の意味では実感できません。

就職できないと悩んでいるニートの方は、一度冷静に「しっかり他人に頼っているか?」を考え直してみましょう。

人間一人の力などはたかが知れています。

ましてや、経験も実績もないニートが自分一人の力でどうこうできることなど、ありません。

ですので、素直に他人に頼りましょう。

ニートが就職できない理由3「知識・情報を信じすぎているから」

ニートが就職できないシンプルな最後の理由、それは「知識・情報を信じすぎているから」です。

これは「学歴のある人」「勉強の出来る人」に多く見られる傾向です。

たとえば「高学歴ニート」と呼ばれる人も、このタイプに当てはまります。

関連:高学歴ニートの俺が就職したあるきっかけ…。踏み出す勇気が欲しいならぜひ読んで欲しい。

仕事では勉強・知識・情報はたしかに役に立ちますが、それはあくまで「基礎」の部分でしかありません。

しかし、そこに気づけない人が陥る罠が「事前にしっかり勉強して就職活動しないといけない…」「転職サイトを完璧に読んで、その通りにしないといけない…」という間違った考え方です。

それがなぜ間違いか?

企業側も求人票をしっかり書いてなかったり、あるいは大して履歴書や職務経歴書をチェックしていないことが、割とよくあるからです。

私も文章を書く仕事をしているからわかりますが「文章・知識・情報で伝えられることには、限界がある」のです。

文章や情報は、読者が分かる範囲でしか理解できない上に、一方通行ですので、そんなものに時間をかける企業はそう多くありません。

仕事している人の多くは「わからないことがあったら電話して相手に確認した方が手っ取り早い」「大事な話は直接会ってから」と考えています。

この事実を知っておけば、どれだけ勉強が出来て知識があっても、他人と会ってコミュニケーションする気がない人が、就職できない理由は明らかでしょう。

ですので、就職できないニートは「知識や情報に頼りすぎて、頭でっかちになっていないか?」を今一度考え直してみましょう。

もっとわかりやすく言えば「ちゃんと他人と会って、しっかりと話し合え」ということです。

まとめ:ニートが就職できない理由はシンプル

以上のように、ニートが就職できない理由はシンプルに3つだけです。

最後にもう一度まとめておきましょう。

  • 行動しないから
  • 他人に頼らないから
  • 情報・知識を信じすぎているから

私自身、ニート時代の反省を踏まえると「あまりに自分は世間知らずだった…」と、モーレツに反省しております。

しかし、気づいたときにはあまりに遅すぎて、取り返しのつかないことになってしまいました。

ですが、今この記事をお読みの読者で20代の方であれば、本当に「若いうちは行動し続ければどうにかなる」ので、自信を持って一歩踏み出してみてください!

就職支援サービスを活用して、プロの力を借りよう!

とは言っても、社会経験のないニートの方は、結局この記事を読んでも「具体的にどうすればいいかわからない…」と悩んだ挙げ句、何も行動せずに終わってしまうことかと思います。

そういう方は、素直に人材会社が運営する就職支援サービスを使ってみることをオススメしますよ。

就職支援サービスは、今回紹介した「行動しない」「他人に頼らない」「情報・知識を信じすぎている」というニートが就職できない理由を、すべて解決できる力を持っております。

ニート訴求

とくにオススメの就職支援サービスは、以下の3つです。

就職ShopオススメNo.1…業界No.1のリクルートの手がける就職支援サービス。求人数が多く、人柄・人間性重視の小さめの企業の紹介が中心。意外な穴場求人と出会えるチャンスなので、必ず利用しておきたい。→就職Shopの解説記事

ハタクティブオススメNo.2…急成長中の人材会社レバレジーズの手がける、20代向けの就職支援サービス。中卒~大学中退者まで対応してくる層が厚く、面談通過率・内定率も高く効率がいい。面談拠点は全国展開。→ハタラクティブのオススメ記事

DYM就職オススメNo.3…若手の就職支援業者として、根強い実績を持つDYMが手がける。効率重視で最短1週間で内定がもらえることも。有名企業とのコネも強く、意外な優良企業と出会えるチャンス。こちらも面談拠点は全国区→DYM就職の解説記事

これらの就職支援サービスは、無料で登録できて就職先が決まるまで丁寧にサポートしてくれます。

なぜ、無料なのか?

理由は単純で「企業側がお金を払ってでも、将来性のある若者を採用したい」と考えているからです。

人材会社の運営する就職支援サービスでは、人件費に余裕のある企業ばかりなので、ブラック企業はなく、働きやすい企業と出会える確率がグッと高くなります。

また、利用者にすぐ辞められたら就職支援サービス側の信用にも関わるので、対応が丁寧で、決して強引な勧誘や無理な就職を押しつけてくることはありません。

途中で利用をやめることもできるので「思ってたのと違う…」「いい仕事を紹介してもらえない…」と思った場合も安心です。

とくにこれらの就職支援サービスは「既卒・第二新卒・フリーター・ニート」といった、レールから外れた人向けのサポートを行っているサービスで、読者と同じような悩みを持つ人を数多くサポートしてきた実績もあります。

さらに就職支援サービスは効率面も重視しているので、履歴書作成の手間がかからず、すぐに面接に行き着くことも多いので、就職活動で余計な手間をかける時間も省けます。

もちろん、面談のアドバイスもしっかりと行ってくれるので、安心して利用できますよ。

無料でここまでサポートしてくれると「怪しい…」と思う方もいるでしょう。

しかし、日本は若手が不足していて、それだけ「お金と時間をかけてでも、しっかりと若い人材を採用したい」と思っている企業が多いということです。

これらのサービスをしっかり活用しておけば、今まで1人で抱え込んで悩んでいたことがバカバカしくなるほどスムーズに就職・転職先が決まりますので、ぜひ登録だけでも済ませておいてください。

※現在は景気がよく買い手市場で非常に内定がもらいやすく、紹介してもらえる求人も多いので、早めの行動をオススメします。

その他の就職支援サービス

日本では20代の若手人材が不足しているため、上の3社以外にもきめ細やかな対応に期待できる就職支援サービスが登場しております。

以下に紹介する就職支援サービスは人を選ぶ反面、自分に合ったものを使えば意外な天職にも出会えるチャンスですので、気になる方はチェックしてみてください。

ウズキャリ

20代の若手でとくにIT・WEB業界に興味があるなら「ウズキャリ」がオススメ。

ウズキャリの特徴は、ざっと以下の通り。

ウズキャリの特徴

  • 社長がニート・フリーター経験ありのため、利用者目線に沿った運営方針
  • IT・WEB系の紹介に強い
  • 面談に平均20時間もかけるほど対応が丁寧
  • 若手中心のベンチャー企業のため、20代目線に近いサポートに期待できる
  • 「ウズカレ」という研修講座を受けた上での就職も可能

良くも悪くも「若手中心のITベンチャー」という会社なので、気になった方は使っておくといいでしょう。

※当サイトの読者限定で、ウズキャリ様より「Amazonギフト券2,000円分」のキャンペーンの案内を頂いております。利用される方はぜひご活用ください。

Amazonギフト券獲得の流れ

  1. 会員登録をする
  2. 本人確認の電話の際に【キャンペーンコード「uz20」】伝えていただく
  3. 面談後、3週間以内にAmazonカードをメールにて送付

JAIC(ジェイック)

20代向けの就職支援サービスとして根強い実績を持つのが「JAIC(ジェイック)」です。

JAIC(ジェイック)の特徴

  • 正社員の紹介限定(他業者だと契約・派遣がある場合も)
  • 研修・講座でビジネスマナーなどを徹底指導してくれる
  • 全国展開
  • 地方から東京までの交通費と宿泊費を全額支給

ウズキャリとは対照的で、古風な体育会系の就職支援という感じです。

また、JAICの場合は「研修や講座でみっちり社会人の心構えを作った上で、就職先を紹介」という方針ですので、効率面はやや劣ります。

社会人としての心構えや基礎をしっかり身につけた上で、腰を据えて働ける会社を探したい方であれば、使っておきたいサービスです。

GEEK JOB(ギークジョブ)

東京近郊在住の方で、未経験からIT・WEB業界のプログラマー・エンジニアを目指したい方は「GEEK JOB」がオススメ。

GEEK JOBの特徴

  • 20代なら無料で本格的なプログラミング研修が学べる
  • IT・WEB業界で働くために必要なコミュニケーションスキルも学べる
  • ただし、東京都内の拠点に通う必要あり

GEEK JOBは、プログラミング研修を学んで本格的にプログラマー・エンジニアを目指したい方なら、非常に向いているサービスだと言えます。

もちろん、最初は無料で体験講座を受けてから、長期間の研修を受けるかどうか判断することも可能ですので、気になる方はぜひ参加してみてください。

TokyoDive(トーキョーダイブ)

東京への上京就職を考えている方なら「TokyoDive」もオススメ。

TokyoDiveの特徴

  • 地方在住でも、東京都内の仕事を紹介してもらえる
  • 東京の住まいを無償で提供してもらえる
  • ただし、派遣社員の紹介も多め

TokyoDiveの魅力はなんと言っても「東京の住まいも無償で提供してもらえる」という点にあり、上京就職を考えている方にとっては非常に心強いサービスだと言えます。

ただし、難点は派遣社員の紹介もあるところで、東京都内で正社員として長く働ける職場を探たい方にはやや不向きかも。

逆に「派遣社員でもOK」という方であれば、TokyoDiveは非常に魅力的です。

地方住まいの方でも、まずは電話面談と履歴書送付からでもサポートを受けられますので、興味のある方は使っておくといいでしょう。

東京みらいクルー

こちらも東京での就職・転職を考えている人にオススメの「東京みらいクルー」。

東京みらいクルーの特徴

  • 東京都内の正社員求人を中心に紹介してもらえる
  • 東京の不動産物件も同時に紹介してくれる

TokyoDiveはかなり緩めの感じのサービスですが、東京みらいクルーは正社員求人中止なので誠実な印象が強めです。

欠点としては、まだ運営期間が短く、知名度が低いところ。

そのため、あまり具体的な信用できる口コミ・評判も出回っていない点には注意。

関連コンテンツ