【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

ニートが空白期間に何もしてない場合はどうする?履歴書作成から面接対策まで対処法を徹底解説!

「ニート生活が続いていて職歴のブランクが気になる…」
「職務経歴書を作成しているけど空白期間をどう埋めるべきかわからない…」
「空白期間に何もしていないのでどう書けばいいかわからない…」
「面接でブランク期間について聞かれたらどうしよう…」

転職活動(中途採用狙いの再就職も含む)において、人によっては頭を抱える要素が「空白期間(ブランク期間)」だと言えます。

とくに、うつ病などの病状でやむなく何もしない期間が出てきたり、あるいは単に何もやる気が起きなくてニート*状態の期間があった場合は、堂々と理由を書けない/言えない心理に陥りやすいかと思います。

※本記事内では無職状態について「ニート」という表現を使うこともありますが、これは厳密な定義で言えば「NEET-Not in Education, Employment, or Training(学校に通わず、働きもせず、職業訓練も受けない)」となり、職歴上の空白期間で悩む方が該当することを踏まえて使用しております。ただ、実際には「就業意志はあったにも関わらず何らかの事情があって働けなかった人」もいることも十分に考慮し、卒業後3年以内にに職歴のない者を指す「既卒」や新卒後3年以内に早期離職した「第二新卒」に加え、それ以外の年齢層でも職歴上ブランク期間が長く続いていることに引け目や不安を感じている方全般を対象に想定しているため、そのつもりでお読みいただければ幸いです。

もしそのようなにお悩みであるなら、結論から言えば「自分自身の考え方や価値観で空白期間をどのように捉えるか?」によって、回答方法は変わってくることでしょう。

たとえば、何かしら復活する予定や段取りがあって計画的に休んだのであれば「充電期間」とも言えますし、仕事とは関係ない活動や趣味を行っていたなら何かしら理由をつけて「より仕事を充実させるために他の活動に集中していた」と応えることができます。

また、人事や採用担当者によっても空白期間の印象や評価は変わってくるものです。

求職者側の今までの経歴に興味がなくこれから何ができるかに関心がある相手なら空白期間の話は数秒で終わるでしょうし、逆に空白期間がなく長く続けることが当たり前の会社環境であればしつこく理由を聞いてくるかもしれません。

どのような状況にあるとしても、一つだけ言えることは「自分自身の考え方で、経歴上の空白期間をプラスな印象に持っていけるか?」が大事になるということです。

そこで本記事では、転職活動における空白期間についてお悩みの方に向けて、履歴書・職務経歴書の書きから面接対策、また、空白期間に対してネガティブに思われない面接担当者や企業の見分け方まで、知りたい情報をまとめてお伝えしていきます。

【20代向け】オススメの就職支援サービス

経歴に自信がない人でも利用可能な「いい就職ドットコム」の紹介です。
20代なら既卒・第二新卒・フリーター・ニートでも学歴・経歴不問で利用可能。
正社員求人限定」「ブラック企業徹底排除」「経歴より人柄重視」と優良企業の求人多数!
創業者が既卒経験者なので利用者目線の親身な対応に期待できる。
安定した会社に就職して正社員として長く働きたい人にオススメ!

→詳細はこちら

空白期間を正直に話した方がいい理由は?

当サイトを運営する中で、色々な人事や人材会社の中の人の意見を見てきていますが、共通して言えるのは「面接では正直に質問に答える」ということが最重視されているということです。

経歴偽装やウソをつくことは論外だとして、変に取り繕ったり、答えに詰まると、一発で面接官に見抜かれます。

ですので、空白期間を変に気にするぐらいなら、思い切って正直に話したほうが、自分の気持ち的にも、人事の印象的にも、プラスになると言えるでしょう。

面接でのニート期間・空白期間の回答例は?

私が参考にした、あるいは人事・人材会社側が紹介している例でもよく言われている、空白期間に対する上手な回答の仕方をご紹介していきます。

生活に困ってなかったから(働く必要がなかったから)

ニート期間・空白期間で、もっとも楽に回答可能なのが「生活に困ってなかったから」「働く必要がなかったから」という答え方です。

これは具体的には、

  • 実家暮らしでとくに生活に困っていない
  • 失業保険受給期間にゆっくり次を探していた
  • 前職の貯金があったので、とくに焦ってなかった

…など、多くの方が当てはまるかと思います。

よく「空白期間が長いとマイナスになる」と言われますが、そうでないこともあります。

別に、生活に余裕のある人が、空白期間に怠けていても犯罪ではないので、堂々としてもいいのです。

世の中の全員が土日まで費やして、仕事や勉強の時間に当てているという人間ばかりではないのですから、面接官だからと言って他人の空白期間を責めてもいい道理などありません。

病気で療養していたから

ニート期間・空白期間が長い方には、うつ病などで体を壊して長期間離職している方もいらっしゃるかと思います。

そういった方は、素直に「病気で療養していたから」と答えておくといいでしょう。

仮にうつ病などの精神的な理由で求職していたとして、通院するなどして前向きに療養に取り組んでいたのであれば、まずマイナス評価になりません。

メンタルヘルスが知れ渡っている現代では「うつ病=甘え」みたいに決めつけてくる面接官の方が問題ありです。

ですので、むしろこちらから相手の反応を伺ってブラックな企業を判断する指標として考えておくといいでしょう。

例外は診断も療養もしておらず、自分の判断だけで「うつ病だ…」とふさぎ込んで空白期間が長引いた場合は、病気アピールしない方がいいです。

理由は「この人は病気のせいにしているだけで、行動しなかっただけだ」と思われ、まったくプラスになる要素がないからです。

自分探しで悩んでいたから

ニート期間・空白期間が長くて、なおかつ在職期間が少なかったり、そもそも職歴がない人は「自分探しで悩んでいたから」という理由を、正直に告白するのもありでしょう。

以下の記事などでも書いておりますが「やりたいことがわからない…」「自分に向いている仕事がわからない…」などの理由で、就職・転職に時間がかかってしまう人も少なからず存在します。

そういった方は、単に自己分析がしっかり出来ていなかったり、業界・企業研究不十分で仕事についてわかってないだけです。

ですので、まずは正直に「やりたいことが見つからなかったので、興味ある御社の仕事に挑戦してみようと思いました」やる気や熱意で勝負した方が、結果として上手く行くはずです。

働くのが嫌だったから

これはかなりギャンブルになりますが「働くのが嫌だったから」という理由も、空白期間の説明としてはありかもしれません。

空白期間に対する質問にこう答えると、まず相手は「じゃあ、なんで働く気になったのか?」と疑問に思います。

そこで「これまでは働く意欲がなかったのですが、こういったきっかけがあって、御社で働きたいと思いました」と言えば、人事の心を動かす立派な志望動機となります。

たとえば、私が気に入った動機としては「猫を拾って、この子を育てるために自分が働かなきゃいけないと思った」という理由です。

意外かもしれませんが、こういった単純な動機の方が、かえって面接官の印象に残り、本気度が伝わることもあるのです。

ただ、本心にない言葉ですと、薄っぺらくなって見透かされてしまうので、本気でない面接では乱用しない方がいいでしょう。

空白期間に不安が残るなら20代就職支援サービスを活用しておこう

空白期間が原因で不採用が続いたり、不安で転職活動に踏み切れないなら、20代向けの就職支援サービスを活用してプロのアドバイスを受けておくのが一番でしょう。

20代向けの就職支援サービスは、通常の転職サービスと異なり、

  • 完全未経験からでも正社員として採用してもらえる
  • ブラック企業排除に力を入れており紹介先は優良企業ばかり
  • 書類選考なしで面接に行きつける
  • 今までの経歴関係なく採用してくれる企業が多め

など、将来性やポテンシャルに期待して採用してもらえる企業を紹介してもらえるため、空白期間がハンデになりにくいです。

当記事でご紹介している通り、自力で就職/転職活動しようとなると空白期間を不信に思われないための効果的なアピールを考える手間が増えるため、職務経歴書不要の20代向け就職支援サービスは、効率良く就職先を見つける意味でも、使っておく価値は大きいと言えます。

空白期間が不利にならない上に

ブラック企業に就くリスクも

下げることができます

就職支援サービスといっても、いきなり企業相手の面接したり、求人応募を無理に急かしてくるわけではないので、まずは気軽に悩みを相談する感覚で利用してみるといいでしょう。

以下に紹介する就職支援サービスは、当サイトで厳選した優良企業に就ける可能性の大きいサービスばかりなので、この機会にぜひ活用してみてください。

安定した正社員になりたいなら
「JAIC就職カレッジ」

「就職に失敗したくない…」
「ブラック企業に入社したくない…」
「正社員として安心して働ける会社がいい…」

このように悩まれている方に、ご紹介したいのが「JAIC(ジェイック)就職カレッジ」です。

JAIC就職カレッジは1991年から運営されている老舗で長い実績を持ちます。

20代向け(既卒・第二新卒向け)の就職支援サービスは数多くあります。その中でもJAIC就職カレッジは高い内定率高い入社後定着率を誇ります。

「内定率」と「定着率」って
どういう意味ですか?

内定率は、その支援サービスを使った場合、最終的に内定をもらえる割合を指します。

JAIC就職カレッジの内定率は「81.1% *1」なので、約8割の人が最終的に内定をもらえる計算となります。*1:2005/5/1~2022/4/30の弊社主催の面接会参加人数

定着率は、その支援サービスを使って就職した後、その会社を辞めずに長く働き続けられるかを表す指標です。

JAIC就職カレッジ入社後定着率は「91.5% *2」なので、約9割以上の人が就職後に入った会社に満足して辞めないで続けている計算となります。*2:2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

「内定率が高い=面接通過率が高い」
「定着率が高い=従業員が辞めない優良企業」
…だと言えるな!

高い内定率・定着率となるのは、時代に合わせてブラック企業排除の方針を徹底してきた歴史があったり、紹介先企業の実態調査もしっかり行っているからです。

入社してもすぐ辞めたくなる
ブラック企業を紹介される
不安はなさそうですね!

さらに、他の若手向けの就職支援でサポート対象となりにくい35歳までの人なら経歴問わずにサポート対象となる点も強みで、長い運営実績に裏打ちされた安定的な正社員就職を実現しているのが、JAIC就職カレッジだと言えます。

JAIC就職カレッジは
下のボタンから
公式サイトで登録できます

未経験からでもITエンジニアになれる
「Next Career(ネクストキャリア)」

次に未経験からのIT人材を目指せる「Next Career(ネクストキャリア)」の紹介です。

IT人材は需要が高く経験を積めば自由な働き方や高年収も実現可能です。

一方、ブラックな働き方の現場が多かったり、スキルを身につけるのに高額のスクールに通う必要があるなど、未経験からIT人材になるには多くの問題もあります。

その点で、NextCareerでは20代であれば未経験から無料でプログラミング学習も提供してもらえ、就職先選びや就職後のサポートも1年間してくれるため、確実にIT人材になりたい20代の人向けだと言えます。

優良中堅企業の紹介多めの
「いい就職ドットコム」

最後に「いい就職ドットコム」ですが、2001年からの運営実績がある老舗サービスです。

面談前提の就職支援サービスと違い、あらかじめ求人情報も閲覧できたり、定期的なセミナー開催があるなど、無理なく自分のペースで就職活動を進めたい20代向けです。

これらのサービスはすべて無料で使え、似たような20代向けサービスと比べて長い運営実績があるので他と比べても内定率は高めの傾向です。

また、高い内定率の理由として研修制度親身なキャリア相談などのサポート面も充実しているため、経歴に自信のない方でも安定して利用しやすいと思います。

さらに、就職後も長く働けるための保証ブラック企業排除の取り組みも徹底しているので、正社員として安定して長く働ける会社をお探しの方は、ぜひ、活用してみてください。

既卒・ニート
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました