面接が怖いニートが絶対に失敗しないためのマニュアル。面接に行きたくないなら読んでおこう。

編集長
元既卒ニートの
スコシテン編集長です

「ニートだけど面接が怖い…」
「外に出て人と話すのが久々で怖い…」
「面接の日程を組んだけど、急に行くのが怖くなった…」

このように悩んでいませんか?

まぁ、私も不登校・引きこもりと散々な過去を持ちますので、気持ちはよーくわかります。

実際、面接とか超怖いし、今でも初対面の相手と話すのは緊張します。

また、就職活動時代、クソ人事にみんなの前で説教されるとかいうクソみたいな仕打ちを受けたトラウマもあり「Fuck You!採用」みたいに思っている節もあります。

そんな私ですが、今や企業セミナーに参加して、バリバリ営業トークかます程度には、仕事での対人関係はそんなに怖くなくなっています。

それはなぜか?

世間はニートが思っているほど甘くはないのは確かだが、思っているほど厳しくもないからです。

だいたい、ニートが面接に来たって、人事の大半は「仕事でやっているだけ」なので、別にそんなに大したことは考えてません。

ですが、普段から人と関わっていないと、

「ニート期間を責められたらどうしよう…」
「余計なこと言って、相手を怒らせたらどうしよう…」

…と、不安になってしまう方も多いことかと思います。

そこで当記事では、私自身に引きこもりニート期間の思い込みや不安も踏まえて、ニートが面接で恐怖を克服する方法について、お伝えしてまいります。

ニートが面接を怖くないと思うためには?

面接が怖くてプルプル震えているニートが、恐怖を克服するには以下の考え方を心に刻んでおけばOKです。

  • 「失敗してもいいや」…と考える
  • 完璧な方法・確実に受かる方法は考えない
  • 面接官に気をつかう必要はない
  • 質問攻めにして興味を引け!
  • とにかく笑え!
  • 説教してくる面接官がいたら途中で帰ってOK

もちろん、ある程度は経験を積まないとどうしようもない部分もありますが、知っておくだけで心が楽になることもあるので、読んでおくに越したことはないでしょう。

「失敗してもいいや…」と考える

面接に限らず、対人関係で楽になるための方法は「失敗してもいいや…」と考えることです。

冷静に考えて欲しいのですが、一度失敗しただけでネチネチ揚げ足取ってくるような会社で、長く働きたいと思いますでしょうか?

私は、絶対にそんな会社では働きたくありません。

日本人…とくにネット上では、他人に失敗やミスを揚げ足取って責める風潮が強いですが、あれは仕事のできないバカが暇つぶしでやる所業であり、まともな社会人はあんなことしません。

※政治家が国会答弁でやっているのは、ちゃんと官僚が脚本を書いているからであり、普通の会社であんなことしたら、まずうざがられます。

普通は「失敗したらどうフォローするか?」「失敗したらどう巻き返すか?」という考え方をします。

世間知らずの若造…しかも社会経験がないニートがちょっと失礼なこと言おうが、まともな社会経験のある人間なら笑って受け流せますから。

ですので、面接が怖くて怖くてしょうがないニートの方は、まずは「面接では失敗してもいいや」と気楽に構えましょう。

失敗しても採用してくれたり、リラックスして面接に臨める会社でなければ、どの道採用されても辛いだけですから。

完璧な方法・確実に受かる方法なんて考えなくていい

面接が怖いと感じているニートは、おそらく「完璧な方法で受かろう!」「面接に行くための時間や費用がもったいないから、絶対に採用されなきゃ!」と、色々と力を入れすぎていると思います。

私も、就職・転職サイトの「絶対に受かる面接方法!」なんていうのを熟読していましたが、あんなもん完璧にやったところで、逆に落とされます。

なぜなら、面接なんてただの運ゲーなので、落ちる時は落とされますし、逆にワケのわからん理由で採用されることもあります。

結局、何をやっても上手く行く保証なんかないから、テキトーにやっておくのが一番なのです。

学校のテストじゃないんだから、別に面接で100点取る必要はありません。

…というよりも、どうせ落ちると思って言いたいこと言っておくほうが、返って自分の本音をぶちまけられて、人事の心に響く可能性のほうが大きいぐらいです。

どいつもこいつも、Googleの検索結果で上の方に出てくる模範解答しか言わない中、自分の言葉だけで話せる人材は、それだけ注目されるに決まってます。

面接官に過度に気をつかう必要はない

ニートが面接を怖いと感じているのは、

「失礼なことをしてまったらどうしよう…」
「余計なこと言って、怒られたら嫌だなあ…」
「嫌われたくないなあ…」

…と、無意識で悪い方向に考えているからだと思います。

しかし、面接官相手にそこまで気をつかう必要はまったくありません。

あまりに失礼過ぎる態度でもなければ、意外と面接官もそこまで気にしていません。

仮に面接で地雷を踏むような発言をしても、社内で「なんか変な人が面接に来たよ」と話題になって終わりです。

むしろ、それがきっかけで「見どころがあるから採用してみよう」と社内で評判になる可能性だってあります。

逆に「余計なことを言わないようにしよう…」とオドオドした態度で無難なことしか言わない人材は、面接官の記憶にも残らず、社内でも「とくに個性も特徴もない人材でした」と見向きもされません。

恋愛でも、無難なことしか言わないような人材は「つまらない奴」「ただのいい人」で終わるように、面接でも無個性でマニュアル通りのいい子ちゃんは、かえって落とされやすくなるのです。

だいたい、上司や取引先に気をつかったり忖度することなんか、会社に入って失敗しながら覚えりゃあいいだけの話で、ンなものは面接段階では出来なくも問題なのです。

質問攻めにして興味を引け!

ニートが面接で上手くいくためには、面接で質問攻めにしてやることです。

真剣に「この会社で働いたら、自分は一体どうなるんだろうか?」と考えていたら、その会社に対する質問だらけになることかと思います。

面接で質問をすることは、すなわち「自分はこれだけその会社に興味がある!」とアピールすることを意味します。

ですが、面接に慣れていないニートの方は「面接の質問って何をすればいいの?」と悩んでいることかと思います。

ですが、そんなに難しく考える必要はありません。

たとえば、

「なぜ、ニートである自分と面接しようと思ったのですか?」
「御社に無職期間の経験者はいますか?」
「自分が採用されたら、最初はどのような仕事をすることになるのでしょうか?」

…など、相手に気を使わず、ガンガン質問攻めにしちゃってもいいのです。

ちなみに面接時に緊張して頭が真っ白になるような人は、スーツのポケットに事前に質問項目を書いたメモ帳を忍ばせておくのがオススメです。

私も仕事で誰かと関わる際は、しつこいぐらいに質問攻めにしますが、嫌な顔をされることはないどころか、意外と相手も色々と話してくれることが多いです。…というか「え?そんなこと聞いちゃっていいの?」という裏話まで聞けたりするので、意外とこちらからガンガン攻める方が、仕事では好まれます。

やはり、自分の会社に興味を持って色々聞いてくれる人がいるということは、それだけ働いている人からすればうれしいものなのです。

逆に最後の方で質問すらしない人は、

「この人、あんまりうちの会社に興味ないんじゃ…?」
「事前に確認すらしてこないと、就職した後も不安だなあ…」
「受け身すぎるなあ…」

…など、落とされる可能性が高くなります。

これは本当にやっておくだけで意外と効果があるので、ぜひ試してみてください。

とにかく笑え!

面接にしろ、仕事の人間関係にしろ、最強の処世術は「辛くても苦しくても、余裕を持って笑うこと」です。

それはなぜか?

自信なさげにオドオドしているよりは、笑って謎の余裕感を醸し出している方が、頼もしく見えるに決まっているからです。

たとえば、ニートがもっとも面接時の不安だと悩んでいる「空白期間」についても、ありのままに「とくになにもしてませんでした(キリッ」と笑顔で答えておけばいいだけです。

実際、ニートから復帰するために面接を受けてみればわかりますが、意外と空白期間は気にしていない面接官が多いです。

それがなぜかと言うと、採用する側は「応募者の過去よりも”これから”」の方が何百倍も大事なので、過去の空白期間なんかどうでもいいのです。

ニート期間からの面接は、不安も恐怖もあるでしょうが、そんなものは笑って吹き飛ばしてしまえばいいだけの話です。

ですので、失敗しても笑って受け流すぐらいの気持ちを持って、強気で面接に臨みましょう。

説教してくる面接官に出くわしたら帰ってOK

面接が怖いと感じているニートの方は、説教してくる面接官や圧迫面接にビビっているのかもしれません。

ですが、ネット上で書かれている圧迫面接や説教の体験談なんて、ごく一部の極端な話でしかない上に、書いている人の人格に問題があるケースも多めです。

少なからず、真面目に面接に臨んでいるニートの方であれば、気にしなくていいでしょう。

最近では、企業側ではハラスメント行為の風当たりも強くなっているので、圧迫面接や説教してくる人事なんて、そこまでいません。

ブラック企業への風当たりも強くなっている今の日本で、初対面で説教かましてくる大バカのいる会社なんか働く価値もないので、さっさと帰ってOKという強い気持ちを持っておけば、面接にビビらずに済むはずですよ。

ニートが面接で上手くいくためのコツは?

以上の説明は、あくまで「面接に怯えなくて済む心構え」の話です。

より面接を上手く進めたいのであれば、さらに基本的なことが出来た方がいいので、以下のこともしっかり行っておきましょう。

身だしなみ・第一印象はしっかりしておく

面接が怖いニートの方は、まずは身だしなみ・第一印象はしっかりしておくといいでしょう。

何も「アルマーニスーツを買って着て行け!」「成人式・結婚式並に身だしなみにこだわれ!」と言っているのではありません。

就活生と同じぐらいには身だしなみ・第一印象に気を配っておけば、得をすることはあっても損をすることは絶対にないという、普通のお話をしているのです。

…というよりも、経歴がないニートであれば、消去法で身だしなみ・第一印象をしっかりしておくぐらいしか選択肢はないのです。

ちなみに、私は身だしなみとか第一印象とかめんどくせェので「事前に根回ししておく」「会って5秒以内に第一印象を覆す」というセコい方法を使いますが、高度なテクニックが必要になるので、オススメはしません。

対人関係においては、どうあがいても「見た目や第一印象で勝手に人柄を判断される」ことはよくありますので、出来る限りしっかりしておくに越したことはないでしょう。

ハローワーク・ジョブカフェで面接の模擬練習をしておく

面接が怖いと感じている方は、ハローワーク・ジョブカフェなどで無料で面接の模擬練習で経験を積んでおくのもいいでしょう。

とくにジョブカフェでは、40歳未満の就業支援のために様々なサポートを行ってますので、まずはジョブカフェで就職活動に取り組むための準備をしておくといいでしょう。

引きこもり期間が長い方は、人との話し方や発生方法すら忘れてしまっていることもありますが、これは他人から見たら不自然です。

私もたまに外に出て友人と話すと「お前、どんだけ外出てねェんだよww」と、話し方が不自然であることを指摘されることも多々あります。

しかし、面接ではわざわざ指摘してこないため、自分の不自然さに気づかない可能性も十分考えられます。

それぐらい、ニートの本格的な社会復帰は時間のかかるものですので、気長に取り組むという考え方も持っておけば、焦って空回しせずに済むはずですよ。

面接が上手くいかないなら就職支援サービスでプロからサポートしてもらう

ニートで面接が怖くて中々上手くいかない方は、就職支援サービスを活用しておくのも手でしょう。

就職支援サービスを活用しておけば、

  • 履歴書・職務経歴書なしで面接まで行き着けるので、書類選考の手間が省ける
  • 担当者が事前の根回しや、面接後にアピール出来なかった部分のフォローまでしてくれるので、採用確立が高くなる
  • 就職・転職活動の不安も相談できるので、自信を持って面接に臨める

…など、コミュニケーション面・採用面でも、プラスになることばかりです。

ニート訴求

とくにオススメの就職支援サービスは、以下の3つです。

就職ShopオススメNo.1…業界No.1のリクルートの手がける就職支援サービス。求人数が多く、人柄・人間性重視の小さめの企業の紹介が中心。意外な穴場求人と出会えるチャンスなので、必ず利用しておきたい。→就職Shopの解説記事

ハタクティブオススメNo.2…急成長中の人材会社レバレジーズの手がける、20代向けの就職支援サービス。中卒~大学中退者まで対応してくる層が厚く、面談通過率・内定率も高く効率がいい。面談拠点は全国展開。→ハタラクティブのオススメ記事

DYM就職オススメNo.3…若手の就職支援業者として、根強い実績を持つDYMが手がける。効率重視で最短1週間で内定がもらえることも。有名企業とのコネも強く、意外な優良企業と出会えるチャンス。こちらも面談拠点は全国区→DYM就職の解説記事

これらの就職支援サービスは、無料で登録できて就職先が決まるまで丁寧にサポートしてくれます。

なぜ、無料なのか?

理由は単純で「企業側がお金を払ってでも、将来性のある若者を採用したい」と考えているからです。

人材会社の運営する就職支援サービスでは、人件費に余裕のある企業ばかりなので、ブラック企業はなく、働きやすい企業と出会える確率がグッと高くなります。

また、利用者にすぐ辞められたら就職支援サービス側の信用にも関わるので、対応が丁寧で、決して強引な勧誘や無理な就職を押しつけてくることはありません。

途中で利用をやめることもできるので「思ってたのと違う…」「いい仕事を紹介してもらえない…」と思った場合も安心です。

とくにこれらの就職支援サービスは「既卒・第二新卒・フリーター・ニート」といった、レールから外れた人向けのサポートを行っているサービスで、読者と同じような悩みを持つ人を数多くサポートしてきた実績もあります。

さらに就職支援サービスは効率面も重視しているので、履歴書作成の手間がかからず、すぐに面接に行き着くことも多いので、就職活動で余計な手間をかける時間も省けます。

もちろん、面談のアドバイスもしっかりと行ってくれるので、安心して利用できますよ。

無料でここまでサポートしてくれると「怪しい…」と思う方もいるでしょう。

しかし、日本は若手が不足していて、それだけ「お金と時間をかけてでも、しっかりと若い人材を採用したい」と思っている企業が多いということです。

これらのサービスをしっかり活用しておけば、今まで1人で抱え込んで悩んでいたことがバカバカしくなるほどスムーズに就職・転職先が決まりますので、ぜひ登録だけでも済ませておいてください。

※現在は景気がよく買い手市場で非常に内定がもらいやすく、紹介してもらえる求人も多いので、早めの行動をオススメします。

その他の就職支援サービス

日本では20代の若手人材が不足しているため、上の3社以外にもきめ細やかな対応に期待できる就職支援サービスが登場しております。

以下に紹介する就職支援サービスは人を選ぶ反面、自分に合ったものを使えば意外な天職にも出会えるチャンスですので、気になる方はチェックしてみてください。

ウズキャリ

20代の若手でとくにIT・WEB業界に興味があるなら「ウズキャリ」がオススメ。

ウズキャリの特徴は、ざっと以下の通り。

ウズキャリの特徴

  • 社長がニート・フリーター経験ありのため、利用者目線に沿った運営方針
  • IT・WEB系の紹介に強い
  • 面談に平均20時間もかけるほど対応が丁寧
  • 若手中心のベンチャー企業のため、20代目線に近いサポートに期待できる
  • 「ウズカレ」という研修講座を受けた上での就職も可能

良くも悪くも「若手中心のITベンチャー」という会社なので、気になった方は使っておくといいでしょう。

※当サイトの読者限定で、ウズキャリ様より「Amazonギフト券2,000円分」のキャンペーンの案内を頂いております。利用される方はぜひご活用ください。

Amazonギフト券獲得の流れ

  1. 会員登録をする
  2. 本人確認の電話の際に【キャンペーンコード「uz20」】伝えていただく
  3. 面談後、3週間以内にAmazonカードをメールにて送付

JAIC(ジェイック)

20代向けの就職支援サービスとして根強い実績を持つのが「JAIC(ジェイック)」です。

JAIC(ジェイック)の特徴

  • 正社員の紹介限定(他業者だと契約・派遣がある場合も)
  • 研修・講座でビジネスマナーなどを徹底指導してくれる
  • 全国展開
  • 地方から東京までの交通費と宿泊費を全額支給

ウズキャリとは対照的で、古風な体育会系の就職支援という感じです。

また、JAICの場合は「研修や講座でみっちり社会人の心構えを作った上で、就職先を紹介」という方針ですので、効率面はやや劣ります。

社会人としての心構えや基礎をしっかり身につけた上で、腰を据えて働ける会社を探したい方であれば、使っておきたいサービスです。

GEEK JOB(ギークジョブ)

東京近郊在住の方で、未経験からIT・WEB業界のプログラマー・エンジニアを目指したい方は「GEEK JOB」がオススメ。

GEEK JOBの特徴

  • 20代なら無料で本格的なプログラミング研修が学べる
  • IT・WEB業界で働くために必要なコミュニケーションスキルも学べる
  • ただし、東京都内の拠点に通う必要あり

GEEK JOBは、プログラミング研修を学んで本格的にプログラマー・エンジニアを目指したい方なら、非常に向いているサービスだと言えます。

もちろん、最初は無料で体験講座を受けてから、長期間の研修を受けるかどうか判断することも可能ですので、気になる方はぜひ参加してみてください。

TokyoDive(トーキョーダイブ)

東京への上京就職を考えている方なら「TokyoDive」もオススメ。

TokyoDiveの特徴

  • 地方在住でも、東京都内の仕事を紹介してもらえる
  • 東京の住まいを無償で提供してもらえる
  • ただし、派遣社員の紹介も多め

TokyoDiveの魅力はなんと言っても「東京の住まいも無償で提供してもらえる」という点にあり、上京就職を考えている方にとっては非常に心強いサービスだと言えます。

ただし、難点は派遣社員の紹介もあるところで、東京都内で正社員として長く働ける職場を探たい方にはやや不向きかも。

逆に「派遣社員でもOK」という方であれば、TokyoDiveは非常に魅力的です。

地方住まいの方でも、まずは電話面談と履歴書送付からでもサポートを受けられますので、興味のある方は使っておくといいでしょう。

東京みらいクルー

こちらも東京での就職・転職を考えている人にオススメの「東京みらいクルー」。

東京みらいクルーの特徴

  • 東京都内の正社員求人を中心に紹介してもらえる
  • 東京の不動産物件も同時に紹介してくれる

TokyoDiveはかなり緩めの感じのサービスですが、東京みらいクルーは正社員求人中止なので誠実な印象が強めです。

欠点としては、まだ運営期間が短く、知名度が低いところ。

そのため、あまり具体的な信用できる口コミ・評判も出回っていない点には注意。

関連コンテンツ