【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

引きこもりニートでもいきなり正社員になるべき理由。アルバイトや派遣で妥協するべからず

引きこもり期間が長いから正社員は無理かも…
体力に自信がないからフルタイムは嫌…
いきなり正社員になってついていけないかも…

このように悩む人に向けて、本記事では「ニートからでもいきなり正社員になった方がいい理由」について解説していきます。

この記事を最後まで読むことで、引きこもりやニートでも無理なく正社員になるための心構えや方法が習得できることでしょう。

【20代向け】オススメの就職支援サービス

経歴に自信がない人でも利用可能な「いい就職ドットコム」の紹介です。
20代なら既卒・第二新卒・フリーター・ニートでも学歴・経歴不問で利用可能。
正社員求人限定」「ブラック企業徹底排除」「経歴より人柄重視」と優良企業の求人多数!
創業者が既卒経験者なので利用者目線の親身な対応に期待できる。
安定した会社に就職して正社員として長く働きたい人にオススメ!

→詳細はこちら

正社員だからといって非正規よりつらいとは限らない

多くの人が、正社員という働き方を選択する際に、「責任の重さや勤務時間の長さなど、非正規雇用よりも大変ではないか」と懸念します。しかし、実際のところ、正社員であるからと言って必ずしも非正規雇用よりつらいわけではありません。

なぜなら「正社員であるかどうかは、仕事の辛さや大変さに比例しない」というのが最大の理由です。

逆に言えば「アルバイトや派遣でも正社員並に大変なこともあるし、正社員でもめちゃくちゃ楽なこともある」ということです。

社会に出てみればわかりますが「正社員だから〇〇」「アルバイトや派遣だから〇〇」というシンプルな論理ではなく、実際には「この職場でこの上司だから楽」「適性の高い仕事だから何時間も集中できる」などの要因の方が大きいです。

つまり、大事なのは「正社員or非正規」で考えるのではなく「自分がどんな働き方をしたいか?」を見極め、理想の働き方を見つけ出すことです。

長期的に見れば正社員の方が得なことは多い

ニートからいきなり正社員になるのは、短期的には苦労することも多いです。

しかし長い目で見れば、正社員になるメリットは大きいです。

まず、経済的な安定が挙げられます。正社員は不安定な収入に悩まされることなく、定期的に給料を受け取ることができます。

そうは言っても
「正社員なのに生活保護受けたほうがマシ」な
月給の求人もあるんだけど…

求人票の月給だけを見てると見落としがちなのが「正社員はボーナスや昇給など、給料以外の収入が意外とある」という視点です。

ボーナスは年2回、月給の1~3ヶ月分が支給されることが多いため、月給が低く感じても年収はそれなりに高いのが正社員の特徴です。

また、社会保険や雇用保険などの福利厚生を受けることができます。これにより病気や怪我をしたときの経済的な負担が軽減されます。住宅手当や交通費も出してくれる会社だと、出費が浮くので貯金もしやすいです。

さらに、また、転職が前提となった今のキャリアの時代、若いうちに正社員としての経験があることは貴重です。専門的なスキルを身につけたり、正社員として特定の職業の経験を積んでおくだけでも、将来の選択肢が広がります。

そして、最後に触れたいのが「会社からすれば一度雇った正社員は解雇しにくい」というメリットです。

これは法律によって定められており、たとえ無能な怠け者であっても、会社が正社員を解雇するのは非常に難しいのです。一方で、非正規雇用である「契約社員」「派遣社員」は、会社からすれば契約期間終了時に簡単に切れるため、安定性に欠けます。

若いうちに無理してでも
正社員になっておけば

会社が潰れない限りは
安心して働けるというわけだな

ブランク期間があっても働き出せば嫌でも慣れる

ニート期間があった方が正社員として職場に復帰することに対して不安を感じるのは自然なことです。

しかし、人間は環境に適応する能力が非常に高いため、一度働き始めれば、多くの人が思っているよりも早く職場に慣れることができます。

最初のうちは戸惑うことも多いかもしれませんが、日々の業務を通じて徐々に仕事の流れや職場の人間関係を理解していきます。

また、適切なサポートや指導を受けながら、自分のペースで徐々に仕事に馴染むことが可能です。ブランク期間を経たからといって、職場で活躍できないわけではありません。

実際、多くの場合、そうした経験が逆に新たな視点や価値を職場にもたらすこともあります。

プライベートの時間は無理にでも確保すればOK

働き方を選択する上で、多くの人が重視するのが「プライベートの時間の確保」です。

正社員として働く場合、仕事の責任や役割が増えることで、プライベートな時間を確保することが難しいと感じるかもしれません。

しかし、時間管理を適切に行い、仕事とプライベートのバランスを意識することで、十分にプライベートな時間を確保することは可能です。

重要なのは、自分自身でプライベートの時間を大切にし、趣味やリラクゼーションの時間を確保することです。働き方を選択する上で、多くの人が重視するのが「プライベートの時間の確保」です。

また、勤務先の企業文化やチームの協力も重要な要素となりますので、仕事と私生活のバランスを重視する企業選びも大切です。

また、仕事とプライベートの境界を明確にすることで、オフの時間をより有意義に過ごすことができます。

多くの企業もワークライフバランスの重要性を認識しており、柔軟な勤務体系やリモートワークなどを導入しているところも増えています。

ニートがいきなり正社員でも長く続けるコツ

ニートからいきなり正社員になることは、高いハードルを感じるかもしれません。

しかし、適切なアプローチと準備を行えば、成功への道は開けます。

ここでは、いきなり正社員として働き始めたとしても、無理なく長く続けるためのコツをいくつか紹介します。

自分にとってストレスが少なく長時間できる業務内容を選ぶ

最初に考えるべきは、自分がどのような仕事をしていたら幸せに感じるか、どんな業務内容であればストレスなく長時間働けるかを見極めることです。

自分の興味や強み、得意分野を理解することで、適切な業種や職種を選択できます。

また、自分自身のライフスタイルや価値観に合った仕事を選ぶことで、長期的に仕事を続けるモチベーションを保つことができます。

「仕事に合わせて生活を変える」意識を持っておく

正社員として働き始めると、生活リズムや日々の習慣が大きく変わることがあります。

成功を収めるためには、「仕事に合わせて生活を変える」柔軟な姿勢が重要です。

これは、仕事のスケジュールに応じて睡眠時間を調整したり、効率的な時間管理を身につけたりすることを意味します。

仕事と私生活のバランスを保ちながら、健康的な生活習慣を築くことが大切です。

社内教育や研修が充実した企業を選ぶ(人手不足の業界・会社は避ける)

特にニート期間が長かった場合、社会復帰の第一歩として、教育や研修制度が充実した企業を選ぶことが有効です。

こうした企業では、仕事の基礎から応用までを学ぶことができ、自信を持って業務に取り組むことが可能になります。

一方で、人手不足で業務が過密な企業では、適切な指導を受けられない場合があるため、慎重な選択が求められます。

フレックスタイム制度や有給取得実績などを見ておく

最後に、仕事とプライベートのバランスを保ちやすい職場環境を選ぶことも、長期的に働き続けるための重要なポイントです。

フレックスタイム制度や有給休暇の取得実績など、柔軟な働き方ができる企業を選ぶことで、仕事と自分の時間をうまく管理することができます。

職場の文化や制度に注目し、自分に合った働き方ができる環境を見つけましょう。

最初の一歩を勇気を持って踏み出す

ニート生活からの脱出と正社員への転身を考えた時、「最初の一歩」を踏み出すことは、想像以上に大きな挑戦に感じるかもしれません。

日本の社会では、学校を卒業し、就職し、働き続けるという、ある種のエスカレーター式のキャリアパスが一般的です。

このような社会の流れの中で、一度でもそのレールから外れると、再びその流れに乗ることは容易ではありません。

突然、上司からの指示も、仕事を通じて得られる社会的地位もなくなり、自分自身のみに依存する状況に直面します。

さらに、貯金が底をつけば動く必要に迫られるものの、それ以外の状況では、働く動機さえ見失ってしまうかもしれません。

もし、幸運にも人間関係が良好で、知り合いから仕事を紹介してもらえる環境にあるならば、まだ道はあります。

しかし、そうでなければ、社会的に孤立してしまう恐れがあります。

このような厳しい状況にあることを自覚し、それでも前に進む勇気を持つことが、ニートから抜け出すための重要な第一歩です。

誰もがあなたの手を引いてくれるわけではありません。

どの道を選べば良いのか、明確な答えは見つからないかもしれません。

しかし、この困難な状況こそが、一度レールから外れた人々にしか経験できない、貴重なものです。

自分自身の経験を軽視せず、それを糧にして次のステップへと進む勇気を持つことが重要です。

「最初の一歩」は確かに重く、恐ろしいものかもしれませんが、その一歩があなた自身の未来を開く鍵となります。

今までの経験を胸に、新たな挑戦に臨む勇気を持ちましょう。

そうすれば、いつか振り返ったときに、この一歩があなたの人生を大きく変えた瞬間であったと感じることでしょう。

就職支援サービスを利用してサポートを受けておく

ここまで紹介したように、ニートでもいきなり正社員を目指すことは悪い選択肢ではありません。

むしろ、下手にアルバイトや派遣社員など安定性のない仕事を選び、貴重な若い期間を無駄にする方がデメリットが大きいと言えます。

一方で、正社員であっても「まともに新人教育すらしないブラックな会社」「プライベートの時間が確保しにくい職業」など、ニートや引きこもりにとってはキツイ仕事があるのも確かです。

そういった会社を避け、無理なく働ける正社員の仕事を見つけ出すには、ニート向けの就職支援サービスを使うのが一番でしょう。

ニート向けのサービスなんてあるの?

怪しくない?ブラックばかりじゃない?

このように思われる方も多いでしょうから、ニート向けの就職支援サービスが成り立つ理由について少しだけ解説します。

ニートは卒業後3年以内なら「既卒」と呼ばれ、人材市場では「若いという理由だけで価値がある人材」として需要があります。また、卒業後3年以上が経過していても、20代~34歳までは未経験職への就職をサポートしている業者は数多く存在します。

企業目線で考えた際にも、若手向けの人材紹介サービスから採用するメリットは大きい点にも注目です。

「企業は完璧な採用ができる!」と思いがちですが、実際にはそうではありません。

企業からすれば、若手の採用の際に判断ポイントとなるのが「すぐに辞めないかどうか?」「社内で問題を起こさないか?」です。実は「ニート歴があるかどうか?」「経歴が足りない」「能力がない」はさほど見られてません。

「採用ノウハウがなく求人を出しても人がこない」
「応募が来ても自社に合うかどうか見抜けない」
「誰でもOKな無料求人で募集したら変な人まで来て面接の負担が増える」
「すぐ辞める社員やモンスター社員の採用だけは避けたい」

こういった悩みを抱える企業の代わりに、就職支援サービスを運営する会社が採用や面接の負担を背負っている…という構図になるわけです。

ここまで説明すれば勘の良い方はお気づきかもしれませんが、就職支援サービスを利用すること自体が「採用企業の代わりに人材の選考や教育を行う=就職支援サービスのサポートをちゃんと受ければまともな職に就ける」ということになります。

自分一人で就職活動する場合に、ゼロから「求人探し→履歴書作成→面接対策」しなければならない負担を、就職支援サービスが代わりにしてくれるというわけです。その証拠に、ほとんどの就職支援サービスでは「履歴書なしで面接可能」となっています。

自分一人で就職活動しなきゃ…」と思ってたけど
そんなことしない方が実は効率的だった…!?

企業目線で見た場合も、無料求人で「誰でも応募できる」状態にするよりは、実績のある就職支援サービスを経由して人を雇った方が「すぐ辞める人材や問題社員を採用するリスクを減らせる」というメリットがあります。

ですので、採用に慎重で「いい人ほどを雇いたい」という優良企業ほど、実は表に求人を出さず、就職支援サービスを経由して人を雇おうとするわけです。

今までハローワークや無料求人サイトで
条件の良くない求人ばかり見ていた時間が
無駄だったかも…

この記事に訪れた「いきなり正社員になるのは不安…」という人ほど、就職支援サービスに相談した方が間違いのない仕事選びができるはずなので、この機会にチェックしてみてください。

安定した正社員になりたいなら
「JAIC就職カレッジ」

「就職に失敗したくない…」
「ブラック企業に入社したくない…」
「正社員として安心して働ける会社がいい…」

このように悩まれている方に、ご紹介したいのが「JAIC(ジェイック)就職カレッジ」です。

JAIC就職カレッジは1991年から運営されている老舗で長い実績を持ちます。

20代向け(既卒・第二新卒向け)の就職支援サービスは数多くあります。その中でもJAIC就職カレッジは高い内定率高い入社後定着率を誇ります。

「内定率」と「定着率」って
どういう意味ですか?

内定率は、その支援サービスを使った場合、最終的に内定をもらえる割合を指します。

JAIC就職カレッジの内定率は「81.1% *1」なので、約8割の人が最終的に内定をもらえる計算となります。*1:2005/5/1~2022/4/30の弊社主催の面接会参加人数

定着率は、その支援サービスを使って就職した後、その会社を辞めずに長く働き続けられるかを表す指標です。

JAIC就職カレッジ入社後定着率は「91.5% *2」なので、約9割以上の人が就職後に入った会社に満足して辞めないで続けている計算となります。*2:2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

「内定率が高い=面接通過率が高い」
「定着率が高い=従業員が辞めない優良企業」
…だと言えるな!

高い内定率・定着率となるのは、時代に合わせてブラック企業排除の方針を徹底してきた歴史があったり、紹介先企業の実態調査もしっかり行っているからです。

入社してもすぐ辞めたくなる
ブラック企業を紹介される
不安はなさそうですね!

さらに、他の若手向けの就職支援でサポート対象となりにくい35歳までの人なら経歴問わずにサポート対象となる点も強みで、長い運営実績に裏打ちされた安定的な正社員就職を実現しているのが、JAIC就職カレッジだと言えます。

JAIC就職カレッジは
下のボタンから
公式サイトで登録できます

未経験からでもITエンジニアになれる
「Next Career(ネクストキャリア)」

次に未経験からのIT人材を目指せる「Next Career(ネクストキャリア)」の紹介です。

IT人材は需要が高く経験を積めば自由な働き方や高年収も実現可能です。

一方、ブラックな働き方の現場が多かったり、スキルを身につけるのに高額のスクールに通う必要があるなど、未経験からIT人材になるには多くの問題もあります。

その点で、NextCareerでは20代であれば未経験から無料でプログラミング学習も提供してもらえ、就職先選びや就職後のサポートも1年間してくれるため、確実にIT人材になりたい20代の人向けだと言えます。

優良中堅企業の紹介多めの
「いい就職ドットコム」

最後に「いい就職ドットコム」ですが、2001年からの運営実績がある老舗サービスです。

面談前提の就職支援サービスと違い、あらかじめ求人情報も閲覧できたり、定期的なセミナー開催があるなど、無理なく自分のペースで就職活動を進めたい20代向けです。

これらのサービスはすべて無料で使え、似たような20代向けサービスと比べて長い運営実績があるので他と比べても内定率は高めの傾向です。

また、高い内定率の理由として研修制度親身なキャリア相談などのサポート面も充実しているため、経歴に自信のない方でも安定して利用しやすいと思います。

さらに、就職後も長く働けるための保証ブラック企業排除の取り組みも徹底しているので、正社員として安定して長く働ける会社をお探しの方は、ぜひ、活用してみてください。

既卒・ニート
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました