【元ニート監修】ニートにオススメの就職・転職方法!

「ニートにオススメの就職先ってある?」
「ニートはどの就職サイトを使うべき?」
「ニートが就職するには何が必要?」

このようにお悩みのニートの方は、かなり多いと思います。

私自身もそうでした。

結論から言うと「人によりけり」なので、正解はありません。

…が「正解らしきもの」みたいなものは、あります。

というわけで、私自身の経験や、人材業界の事情もふまえた上で、本当にニートにオススメできる就職・転職の方法をご紹介していきます。

20代のニート向け→20代ニートのための就職情報まとめ。仕事が決まらない人は読んでおこう

30代以上の高齢ニート向け→30歳以上のニートは就職支援を受けられない?その理由と真相に迫る!

スポンサーリンク

まずは「就職・転職」の方向性を決めておこう

まずはしっかりと就職・転職の方向性を決めておきましょう

たとえば、ニートの就職・転職であっても、実は以下のように色んな悩みがあります。

ニートが就職・転職できない主な原因

  • お金がないので、今すぐに就職先を見つけたい!
  • 実家住まいで生活には困ってないけど、そろそろちゃんとした仕事探さなきゃ…
  • 一人暮らしして働きたいけど、家賃を払うほどの貯金がない…
  • うつ病や引きこもりで、社会復帰に不安がある…
  • 地方住まいでいい仕事がない…→地方住まいのニート向けの記事
  • 学歴を無駄にしたくない…もっと自分に合った仕事があるはずだ
  • 夢を追うか、諦めるか迷っている…→夢に破れたニート向けの記事

こうして見てみると、新卒採用を逃したり、一度会社を辞めてしまうと、なかなか立ち直れなくなるような”障害”が、かなりの数あると言えますよね。

なので、まずは「なぜ、自分は就職・転職に踏み切れないのか?」を冷静に考えてみてください。

そうすれば、自然と自分のすべきことが見えてきますから。

公共機関

ハローワーク(公共職業安定所)

少しでも働く意欲があるニートの方は、まずは「ハローワーク(公共職業安定所)」を使うのが定番でしょう。

ハローワーク(公共職業安定所)とは国が運営する施設のことで、職の紹介から失業時のサポートまで、雇用に関する色々な手続きを行ってくれます。

ハローワークは公式ホームページが使いにくいため、公共職業安定所まで足を運ぶことを強くオススメします。

求人検索だけでなく、職業訓練や講座などの案内もしてもらえるので、使えるものはなんでも利用しておくといいでしょう。

ハローワークの欠点は誰でも使える分、若い人に向けての対応が事務的であまり頼りにならないという評判が多いことや、求人情報が企業側の自己申告なので正確さに欠けるところです。

お役所体質が強いので、過度な期待はしないようにしましょう。

関連:ハローワークは使えない!?今どきハローワークをおすすめしない理由

また学歴や経歴に自信のない方は、職業能力開発校や就職支援講座などを効果的に活用し、段階的に働くための能力を身につける選択肢も考えてみるといいかもしれません。

ジョブカフェ

国の厚生労働省が運営する「ジョブカフェ」では、若いニート向けの就職支援サービスとして、様々なサポートが期待できます。

ジョブカフェは通称で、本当の名前は「若年者のためのワンストップサービスセンター」といいます。その名のとおり、若者が自分に合った仕事を見つけるためのいろいろなサービスを1か所で、もちろんすべて無料で受けられる場所です。

出典:ジョブカフェにおける支援 |厚生労働省

カウンセリングから職場体験など、いきなり就職を迫られることはないので、働くことに不安がある方は使っておくといいでしょう。

アルバイトから始めてみる

正社員として働くことに抵抗があるニートの方は、まずアルバイトとしてフリーターとして働くといいでしょう。

ただし、アルバイトとしてダラダラ働いてフリーター期間が増えるとキャリア的には良くないので、あくまで繋ぎの仕事と割り切って働くべき意識しておくべきです。

関連:バイトしたことないニートは正社員ならなんでもいいから働くべき?ニートからいきなり正社員はつらい?

タウンワーク

アルバイト求人を探す際の定番と言えば、リクルート運営の「タウンワーク」でしょう。

コンビニなどに無料情報誌が置いてありますが、スマホ・PCでも利用できます。

求人量は約100万件、しかも無料で使えるので、登録しておくだけ損はないでしょう。

ただし、有名すぎるせいで優良求人の応募数が増えて倍率が高くなるところが欠点です。

バイトル

アルバイト求人サービスで使いやすく求人量も多いのが「バイトル」です。

運営会社である「株式会社ディップ」は、アルバイトに関する求人情報を取り扱っている会社なので、総合人材サービス会社であるリクルートよりも情報の”質”が充実しているところが特徴です。

  • 業界最多の262職種
  • 求人先の雰囲気を動画で紹介している
  • 応募状況がわかるので人気求人を避けることも可能

タウンワーク以上に「使いやすさ」「わかりやすさ」「見つけやすさ」にこだわっているアルバイトサイトなので、こちらも登録しておいて損はないでしょう。

もちろん、無料で利用できます。

LINEバイト

あのLINE株式会社が運営している「LINEバイト」では、LINEを通じて求人先に連絡できるので、気軽に応募や質問が出来るので、とくに若者には人気です。

求人数も25万件と多く、他の有名アルバイト求人サイトにも負けていません。

こちらも登録無料なので、使っておくといいでしょう。

Indeed

検索エンジン型の求人検索サイト「Indeed」も使っておくといいかもしれません。

他のアルバイト求人検索サービスと違って、色んなサイトや運営会社の求人情報を一括検索できるので、何かと便利です。

正社員・契約社員を目指す

就業意欲のあるニートの方であれば、正社員・契約社員を目指すのもありです。

最近では中途採用枠は「契約社員」からの採用も多いですが、これは企業側にとって試用期間として採用しやすいからで、正社員候補と考えておけば、選択肢が広がります。

関連:契約社員だと採用されやすい?中途採用で契約社員から働くメリットとは?

とくに20代の「既卒・第二新卒層」であれば、未経験からのチャンスもかなり多いので、しっかりと就職・転職活動してみる価値はありますよ。

関連:既卒・第二新卒が企業に歓迎される理由「若ければチャンスはある」は本当なのか?その真相に迫る!

逆に30代以降のいわゆる「高齢ニート」となると、年齢だけで弾かれるサービスも多くなるので注意が必要です。

営利企業の場合、効率の観点から29歳までがサポート対象となっていることが多いからです。

ただし、場合によっては30代でも対応してもらえることもあるので、まずは登録して確かめてみるといいでしょう。

ニート対象の就職支援サービスを使っておく

ニートが正社員・契約社員を目指すのであれば、ニート層でも利用OKな就職支援サービスを使うといいでしょう。

厳密には就職支援サービスを利用している時点で「ニートではない」ので、正確に言えば「既卒・第二新卒・フリーター向け」のサービスを指します。

既卒・第二新卒・フリーター向けの就職支援サービスでは、20代の未経験者や就活で挫折してしまったような層を「あえて採用したい」と考えている会社を中心に紹介してもらえるので、内定率もかなり高いところが魅力です。

また、事前にカウンセリングで就職に関する不安の解消をしたり、研修や講座なども行っている業者もあり、就職した企業での定着率(辞めないで長く続けられる割合)が高めなのもポイントです。

就職Shop

既卒・第二新卒・フリーター層に一番オススメなのがリクルートグループ運営の「就職Shop」。

関連:就職Shopの特徴と強みを徹底解説!リクルートグループ運営なのに結構ゆるめでビックリ!?

就職Shopは小さめの企業の取り扱いが多く、人柄・人間性重視で人材採用したい企業を中心に紹介してくれます。

面談拠点も関東・関西と広くに渡って展開中で、立地も駅近くばかりでアクセスがいいところがポイントです。

年齢制限は原則なしのため、30代でもサポートしてもらえる可能性あり。

DYM就職

二番目にオススメなのが「DYM就職」。

関連:DYM就職の特徴と強みを徹底解説!第二新卒・既卒・フリーター層ならかなりオススメ!

DYMは就職生向けのサービスで急成長中のベンチャー企業で、勢いのあるサービスです。

最短一週間での内定実績もあり、効率も良さげ。

ウズキャリ

相談対応に時間をかけてくれるのが「ウズキャリ

2012年設立の株式会社UZUZ運営なので、ベンチャー気質が強いです。

その分、対応が早く融通もききやすいので、大手にはない対応力に期待できます。

じっくり時間をかけて就職先を選びたい方は、ぜひ利用しておきましょう。

拠点は東京と大阪の二箇所です。

JAIC

ガチ営業就職支援特化で、厳しい研修やビジネスマナー講座で好評なのが「JAIC」

関連:JAICは就職・転職に利用するべき?評価や評判、費用や紹介先求人はどうなっている?

「全国の定期説明会→都内の研修合宿後、就職活動」という、まるで部活のような流れ。

思い切って自分の甘えた根性を叩き直したいニートの方には、一番オススメ。

ハタラクティブ

第二新卒から中卒まで、学歴・経歴にネックがある方でも利用できるのが「ハタラクティブ」

関連:ハタラクティブの特徴・メリット・デメリットまとめ。登録方法から実際の流れまで徹底解説!

東京・神奈川・埼玉・千葉の関東圏の求人取り扱いのみ。

ただし、電話面談も受け付けているので、地方から関東圏で働きたい人の対応もしているようです。

ニート対象の転職サイトを活用しておく

面談に行くのがめんどくさいと感じるニートの方であれば、転職サイトで情報収集しておくのもありです。

就職支援サポートと違って、求人情報検索や経歴にあった求人が自動で届く形式なので、待ちの姿勢でも使えますよ。

ただし、登録しただけで終わってしまうリスクもある点には注意です。

リクナビNEXT

リクルート運営の「リクナビNEXT」では、経歴問わずに登録できます。

関連:リクナビNEXTのメリット・デメリットを徹底解説!登録方法やかしこい使い方もご紹介!

関連:「リクナビNEXT」は登録しておくだけで転職の可能性が無限大に広がる!受け身な人は絶対使っておこう!

企業からの「面接オファー」や、提携エージェントからの「スカウト」も届くので、職歴があれば有利になりやすいのが魅力。

その他「グッドポイント診断」で、自分の強みを知って自己アピールに活かすことも出来るので、登録しておくに越したことはないでしょう。

関連:グッドポイント診断の自己分析・自己アピール方法。リクナビNEXTの性格診断はどこまで当たっているのか?

登録から利用まで、完全無料です。

doda

パーソル運営の「doda」も、ニートの方でも登録できますよ。

関連:doda(デューダ)の特徴と強みを徹底解説!転職エージェント入門ならバランス重視のdodaが一番!

dodaは「転職サイト+転職エージェント」併合型で、様々な機能が搭載されているところが、dodaの魅力。

Re就活

20代のニート(既卒・第二新卒)特化の転職サイトが「Re就活


未経験者歓迎の企業が多く、ベンチャー気質が強い企業が多め。

運営会社である「株式会社学情」は地味に1977年から続く老舗企業で、今は東証一部上場クラスなので、信頼性も十分。

ニートでも使える転職エージェントを活用しておく

一般的なキャリア層を対象としている「転職エージェント」ですが、場合によってはニートでもサポートしてもらえます。

転職エージェントとはプロのキャリアアドバイザーが相談に乗ってくれ、自分に合った求人を紹介してくれます。

関連:転職エージェントの仕組み・特徴・メリット・デメリットを徹底解説!転職サイトとの違いは?

関連:転職エージェント初心者向けのよくある質問!読んで登録前の心配を解消しておこう!

一般キャリア層を対象としているため、経歴に自信がない方は登録に不安が残るでしょうが、場合によっては面談サポートを受けられますし、求人情報もしっかり届きます。

とくに大手の「リクルートエージェント」「doda」や、若者向けの「マイナビエージェント」あたりは登録条件が緩めですので、気になるなら使っておくといいでしょう。

また、理系卒・ものづくりエンジニアの技術・教育の経歴があれば、製造系特化の「メイテックネクスト」もオススメです。

関連:理系卒のニート・フリーターが経歴不問で就ける就職先を見つける際のコツ

派遣社員として働く

正社員としてガッツリ週5日8時間勤務働くのがキツイと感じていたり、会社の都合で出張ややりたくもない仕事を振られるのが嫌なら、派遣社員もオススメですよ。

派遣社員は正社員と違って「会社の中の一部の業務だけ」を行えばいいので、正社員と比べて負担も少ないところがメリットです。

逆に言えば、求人内容と違う仕事を振られることがないので、理不尽な目に遭いにくいとも言えます。

関連:あえて派遣社員を選ぶメリット!正社員が嫌なら派遣という働き方もありという事実

派遣社員は、雇用主が「派遣会社」となるので契約内容が複雑となりますが、派遣会社から給料が出たり福利厚生も受けられるので、しっかりとした派遣会社を選んでおくといいでしょう。

関連:派遣会社の選び方のポイント!評判の悪い派遣会社の避け方・登録方法までまとめてご紹介!

JOBNET(マンパワーグループ)

派遣会社で日本で最も古い歴史を持つのが世界No.3アメリカ発の企業マンパワーグループが手がける「JOBNET」です。

関連:マンパワーグループ運営JOBNETの特徴と評価は?口コミ・評判から徹底検証!

福利厚生の充実はもちろん、キャリア支援もしっかりしており、全国47都道府県に拠点があるので、地方の人でも利用できるのが強みです。

テンプスタッフ

国内企業の派遣会社で最大手なのが「テンプスタッフ」でしょう。

関連:テンプスタッフの特徴・強み・メリット・デメリットを徹底評価!面談から来社予約までの流れもご紹介!

テンプスタッフも歴史が古く、女性社長によって創業された経緯もあり、とくに女性の働き方に強い理解があるのが特徴です。

面談拠点は全国対応、登録さえ済ませればスマホで求人応募も出来ます。

住み込み・寮付きの仕事を探す

主要な人材サービスの面談拠点は都市部に偏っているので、地方のニートは面談に参加できないケースも考えられます。

その場合、オススメしたいのは「住み込み・寮付きの仕事」を探すという方法です。

地方は選べる仕事も少ない上に、賃金も安いので、興味のある方は住み込みの仕事も考えておきましょう。

関連:地方・田舎住まいで「仕事がない…」と悩んでいるフリーターの方へ。若いうちに上京して就職しておこう!

上京就職支援サービスを利用する

日本国内では東京の仕事の量や賃金が圧倒的ですので、地方から上京の支援をして人材採用を行っているサービスもあります。

Tokyo Dive

東京で働きたい方にオススメなのが「TokyoDive」です。

関連:TokyoDiveの特徴と強みを徹底解説!地方住まいでも無料で東京で働けるチャンス!

TokyoDiveでは、なんと住まいを初期費用無料で提供してくれるので、引越し費用なしで東京で働くことが出来ます。

面談は電話でも受け付けているので、上京に強い関心がある方は使っておくといいでしょう。

東京みらいクルー

最近注目のサービスが「東京みらいクルー」です。

関連:東京みらいクルーの特徴・評判・口コミ!運営元の株式会社キミノミライは怪しい?

こちらはTokyoDiveと違って、住まいに関しては不動産情報を提供してくれる形で、引っ越し費用のある方向けです。

工場・期間工として働く

住み込みの仕事と言えば、工場・期間工がオススメです。

日本は製造系の仕事が安定しているため、社宅や社員寮完備の会社も多いので、まず安心して利用して大丈夫ですよ。

ジョブハウス工場

工場系の求人を探すのであれば「JOBハウス工場」がオススメです。

関連:ジョブハウス工場の特徴と強みを徹底解説!工場専門の転職サイトで自分に合った働き方を見つけよう!

全国区・全年齢層・全職種形態を取り扱っているので、自分に合った求人が見つけやすいです。

また、わからないことがあれば電話やLINEでキャリアアドバイザーに相談できるのも特徴です。

タイトルとURLをコピーしました