【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

志望動機がネガティブになってしまう時はどうする?ネガティブな転職理由をポジティブに変える方法とは?

「前の会社の給料が低かった」
「人間関係が悪くて毎日が辛かった」
「成長できる環境じゃなかった」

と、転職理由がネガティブなことで不安を感じていませんか?

一般的には、転職の際、ネガティブな理由は避けるべきとされています。

しかし、そのネガティブな理由をうまくアレンジし、ポジティブな志望動機へと変えられたら、前職の不満を解消できる理想の職場環境を見つけ出すきっかけにもなります。

この記事では、ネガティブな転職理由を上手くポジティブに変える方法を紹介します。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

ネガティブな転職理由や志望動機の例【どこまで言っても大丈夫?】

転職を考えるとき、多くの人は自身の不満や不安を素直に表現したいと感じることでしょう。しかし、面接などの場でそれをどれだけストレートに伝えていいのか、不安や迷いを感じるのは当然です。ここでは、多くの人が感じるであろうネガティブな転職理由を具体的に取り上げ、どこまで伝えるべきかのガイドラインを示します。

給料が上がらない

「毎月の給与が少なくて生活が厳しい」「頑張っても給料が上がらない」と感じることは、多くの人の不満の1つです。しかし、そのままの言葉で伝えると、単に給与重視の印象を持たれる恐れがあります。代わりに、「自分のスキルや成果を正当に評価される環境を求めています」というように、自身の成長や評価にリンクさせるとよいでしょう。

上司と合わない

上司との人間関係は職場の雰囲気を大きく左右します。直接的に「上司と合わなかった」と伝えるのは難しい場合が多いですが、「チームとのコミュニケーションを重視したい」「よりオープンなコミュニケーションを求める環境を探しています」と言い換えることで、自分の希望を伝えることができます。

組織風土や経営方針とのズレ

「会社の方針に疑問を感じる」、「組織風土が自分に合わない」と感じることもあるでしょう。その際は、「自分の価値観やビジョンを共有できる組織を求めています」と具体的に何を望んでいるのかを伝える方が好印象を持たれやすいです。

挑戦ができない

新しいことへの挑戦やキャリアアップの機会が少ないと感じる場合、「もっと成長できる場所を求めています」や「新しい挑戦を欲しています」と伝えることで、自分の向上心や意欲をアピールできます。

スキルが身につかない

専門的なスキルや知識が得られない環境に不満を感じる場合、「専門性を深めるための環境を求めています」と自分の成長意欲を強調することが大切です。

周りのレベルが低い

この理由は特にデリケートです。ストレートに伝えると、他者を評価する姿勢が強くなりがち。しかし、「もっと刺激的な環境で自分を磨きたい」という方向性で伝えると、自己成長を重視する姿勢として受け取られやすいでしょう。

転職時のコミュニケーション術:ネガティブな理由を適切に伝える方法

転職を考える際、ネガティブな理由をどう伝えればよいのか迷う人は少なくありません。しかし、正しくコミュニケーションをとることで、不満や不安も資産として活かせるのです。以下では、そのための具体的な手法を紹介します。

そもそも不満がなければ転職を考えることなどないと知っておく

「不満があるから転職を考える」この当たり前の事実を、忘れてはいけません。多くの人が何らかの不満や希望を持ちながら転職活動を行います。だからこそ、自分の感じる不満は正当であり、それを伝える権利があるのです。ただし、伝え方には工夫が必要です。

不満やネガティブな感情が、実は転職の大きな推進力となることを意識しておきましょう。表面上、ネガティブな理由を強調することは避けがちですが、その胸の内の不満こそが、真の転職活動のエネルギーとなるのです。

実は多くの人々が、ネガティブな動機や感情を、前向きな転職のモチベーションに変えています。特に、現職の不満が「もっと良くなる可能性がある」という期待に変わる瞬間、そのエネルギーは増幅します。

大手転職サイト「doda」では、ネガティブな退職理由を前向きに言い換える方法を提案しています。

ネガティブな退職理由を”前向き”に言い換える方法(dodaより抜粋)

STEP 1では「現状の不満」をリストアップし、STEP 2で「それらの不満が解消されたらどうなるか」を描いてみます。そしてSTEP 3では、「不満が解消されたとしたら、どんな働き方をしたいか」を考えます。そんな理想的な会社や職場は存在しないかもしれません。けれどもそれが、あなたが転職してまで手に入れたい姿であり、転職理由なのです。

出典:<面接>ネガティブな退職理由を“前向き”に言い換える方法 |転職ならdoda(デューダ)

具体的には、まず「現状の不満」を明確にし、それが解消されたらどのような状態になるのかを想像します。そして、理想的な働き方や環境を思い描くことで、そのビジョンに向かっての転職活動の方向性が明確になるのです。

要するに、ネガティブな感情を否定せず、その感情を前向きなエネルギーに変換して、新たなスタートを切ることが、成功する転職の秘訣なのです。

現職への不満を整理する

不満を持つのは自然なこと。しかし、それをそのまま口にすると、感情的であるとか、冷静な判断ができないと受け取られることがあるでしょう。まず、不満のポイントを具体的にリストアップし、それぞれの背景や原因を明確にします。これにより、自分の考えを相手に伝える際の論拠として使えるようになります。

転職活動を進める上で、不満やネガティブな感情は無視するべきものではありません。むしろ、それをきちんと整理し、適切に表現することで、新しい職場での成功を手繰り寄せることができます。

確かに、面接で以下のような話をすることは避けるべきです。

  • 前職の不満や愚痴
  • 上司や経営陣に対する批判
  • 個人的な不安や悩み

これらの話は、面接官に不安を抱かせる要因となり、良い印象を与えることは難しいでしょう。

大手転職サイト「リクナビNEXT」でも指摘されているように、退職理由をポジティブな形で伝えることが求められています。

「ネガティブな退職理由」を「ポジティブな転職理由」に変換するには?(リクナビNEXTより抜粋)

「前職の退職理由を教えてください」──大半の面接で聞かれる定番質問だ。その際に、会社への不満を正直に話してしまう人が多いのが現状。いくら前職に不満があっても、それをそのまま伝えてしまっては、印象を悪くする恐れがある。企業は、仕事に対する前向きな気持ちを高く評価するからだ。

出典:「ネガティブな退職理由」を「ポジティブな転職理由」に変換するには?|転職ならリクナビNEXT

しかし、それを実現するためには、まずネガティブな感情や理由をしっかりと向き合い、整理する必要があります。そして、その上で「どうすればポジティブな形で伝えられるか」を考え、準備を行うのです。

ネガティブな理由をうまく活用し、それを強みとしてアピールすることができれば、他の転職希望者との差別化が図れ、より良い転職のチャンスを手にすることが可能です。

この機会に、読者の皆様もネガティブな感情や理由としっかりと向き合い、今後のキャリア構築に役立ててみてはいかがでしょうか。

会社側の問題と自身の問題は切り分けて考える

「給料が低い」「上司との関係が良くない」などの不満も、実は自分の価値観や期待とのギャップからくるものかもしれません。そのため、会社の課題と、自分の希望や価値観とのギャップを明確にすることで、具体的な改善策や求める環境を伝えやすくなります。

転職を考える際、自身と会社の双方の責任を適切に理解することは非常に重要です。不満や不満点がある場合、それが自分の責任である部分なのか、それとも会社の責任に起因するものなのかを明確にすることで、転職活動時のコミュニケーションがよりスムーズに進行します。

一般に、ネガティブな退職理由は以下のように分類されます。

自分を過度に責めてしまうタイプ:このタイプは自分に厳しく、不満や失敗をすぐに自分の責任だと感じる傾向があります。
他人や会社の責任に転嫁し過ぎるタイプ:このタイプは自己評価が高めで、周りの環境や他者を非難することが多いです。

実際には、転職の理由が全て会社の問題に起因するわけではありません。また、全てが自分の責任であるわけでもありません。客観的に、自身の経験や行動を振り返り、どの部分が自分の責任で、どの部分が会社の制度や環境に起因するのかを判断することが求められます。

例えば、ハラスメント行為を受けた経験がある場合、その行為は許されるものではありませんが、一方で、コミュニケーションの方法や対人関係のスキルにも問題があったのかを自問自答することが大切です。

ブラック企業に入社したと感じる場合、会社選びの際のリサーチ方法や情報収集の手法に問題がなかったかを振り返ることも重要です。

給与が低い、待遇が悪いと感じる場合、自身が取得したスキルや経験を適切にアピールできていたか、また業界の平均的な給与を事前に調査していたかなど、自分の行動や努力にも目を向けるべきです。

転職活動を成功させるためには、ネガティブな理由をポジティブに変換するための努力が不可欠です。そのためにも、自身の問題と会社の問題を正確に切り分け、それぞれに対する適切なアクションを考えることが必要です。

本音と建前は使い分ける

面接などの公式な場では、必ずしもすべての本音をストレートに伝える必要はありません。しかし、それを隠すだけではなく、適切に建前を使って自分の意見や希望を伝えるスキルも重要です。例えば、「給料が低い」の本音を、「もっと自分のスキルを評価してもらえる環境を求めている」という建前に変えることで、より受け入れられやすくなるでしょう。

ネガティブな退職理由をポジティブな志望動機に変えるための考え方:後ろ向きな転職を前向きな転職に

私たちが仕事のストレスや不満を感じる時、その感情をどこかで発散したくなるのは自然なことです。しかしその気持ちを適切に扱う方法を知ることは、後ろ向きな転職活動を前向きなものに転換する鍵となります。

適切な相談相手を選ぶ

仕事の愚痴や不満を吐き出す際には、聞いてくれる相手を選ぶことが肝心です。筆者も経験から言えますが、直接関わりのない第三者、例えば友人や知人に話すことで、不要な心配や過度なアドバイスを避けることができます。

実際、多くの人は仕事の愚痴や不満を話す時、「具体的な解決策」を求めているわけではありません。それよりも「話を聞いてほしい」「理解してほしい」という感情が強いのです。

もちろん、解決策を探している場合は、転職エージェントやキャリアカウンセラーのような専門家に相談するのが最良です。彼らは、具体的な転職先の提案や活動方法のアドバイスをしてくれます。

愚痴や不満を話すべき場面を分ける

仕事の愚痴や不満を話すこと自体は悪いことではありません。しかしそれを話す相手を選ばないと、自分のキャリアや職場の人間関係に悪影響を及ぼす可能性があります。逆に、適切な相手に自分の感情を共有することで、ストレスを軽減し、新しい視点や意見を得ることができるかもしれません。

最後に、ネガティブな退職理由や仕事の不満を話すことは「タブー」というわけではありません。ただ、それを共有する相手は慎重に選ぶべきです。後ろ向きな転職活動を前向きに変えるための第一歩として、自分の感情を適切に扱う方法を知ることが大切です。

ネガティブな理由を払拭して理想の転職先を見つけ出すコツ

働いている中で、多くの方が「この会社にはもういたくない」という強いネガティブな感情を抱くことがあります。その理由は様々。しかし、このネガティブな感情を払拭し、理想の転職先を見つけ出すにはどうすればよいのでしょうか?

今の職場にどのように不満や退職理由を伝え関係を断つか想定しておく

「今の職場に不満があるから辞めたい」と感じるのは自然なこと。しかし、その気持ちをどのように伝えるかは、今後のキャリアに大きな影響を及ぼす可能性があります。いきなり感情的になって「ここは嫌だ!」と言ってしまうと、後々の人間関係にも影響が出ることが考えられます。

転職の際、特に在職中の方が悩むのは「どれだけの理由を現職場に伝えるべきか」という問題です。明確に言うと、深いネガティブな感情や不満をそのまま伝える必要はありません。以下の理由で、ネガティブな退職理由を詳しく伝えることには慎重であるべきです。

  • 感情より事実:退職する理由を淡々と伝えることで、双方が冷静に事を進めることができる。
  • 余計な情報は避ける:具体的な不満を伝えると、引き留められる可能性や不快な場面が増えるリスクがある。
  • 禍根を残さずに:感情的な決別よりも、スムーズな退職を心掛けることで、今後のキャリアや人間関係に悪影響を及ぼすことを避けられる。

実際、怒りや不満をそのまま伝えると、以下のような不都合が考えられます。

  • 退職の申し出が認められない
  • 退職までの期間中に嫌がらせや差別を受ける
  • 退職後も噂や悪評が立つ可能性がある

このような事態を避け、自らのキャリアを守るためにも、ネガティブな本音を隠して建前を使い分ける技術は重要です。ただし、それは「嘘をつく」という意味ではありません。真実を適切に伝える方法として、必要な情報のみを伝え、余計な感情や詳細を省くことが求められます。

冷静に退職の意向を伝え、理由も具体的に伝えることが重要です。例えば、「新しいスキルを習得したい」とか、「もっと大きなプロジェクトに挑戦したい」といった、前向きな理由を強調することで、円滑に退職を進めることができるでしょう。

不満を解消できる職場環境が現実的かどうか把握しておく

新しい転職先を選ぶ際、理想と現実のギャップがあると、再び不満を抱えることになるかもしれません。そのため、不満を解消できる職場環境が現実的に存在するのか、事前にしっかりとリサーチしておくことが必要です。

例えば、あなたが「もっとフレックスタイム制度が整っている会社で働きたい」と思っているなら、実際にそういった制度を採用している企業があるのか、その制度を利用して働いている人の声を聞いてみることで、理想と現実のギャップを埋める手助けとなります。

ネガティブな退職理由を転職活動に活かしたいなら転職エージェントに相談しておこう

もしこの記事を読んでみて、それでもネガティブな退職理由をどうするべきかがわからないで悩んでいるなら、まずは「転職エージェント」でプロのキャリアアドバイザーに相談してみることをオススメします。

面接時にネガティブな退職理由や今の職場の不満や愚痴を話すのはNGかもしれませんが、転職エージェントは仲介役となるので、ある程度の本音は話してしまってもOKです。

事実、転職エージェントでは「キャリアカウンセリング」と呼ばれる相談も無料で受けられるので、今の職場の不満やネガティブな退職理由について話してみるだけでも、心が楽になったり、転職活動に前向きになるきっかけになるはずです。

ネガティブな退職理由をどこまで言うべきか悩んでいて、中々退職も転職も進まないでいる方は、ぜひとも一度転職エージェントに相談してみてください。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました