仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

NHK(日本放送協会)に中途採用で転職するは難しい?将来性や転職難易度を徹底分析!

NHK(日本放送協会)への転職は、皆様が思っている以上に簡単です。

今どき、動画撮影して情報発信なんて小学生でも出来ます。

ね?超簡単そうでしょ?

また、NHKは御存知の通り、国民から金を巻き上げて無駄に金持ちなんで、色々な仕事もあるので、穴場の仕事も多数あります。そして、全国にも支局があるので、場所を選ばなければまさに選び放題です。

さらに、言ってしまえば、半公務員状態なので、将来性も安定性もあるお仕事です。

テレビ局の仕事で安定性を求めるならNHK一択ですね。

NHKに入社すれば、人生勝ち組み決定です。

というわけで、NHKに転職するメリットと、実際の転職方法を紹介します。

NHKは絶対につぶれません

まず、NHKは将来超安定のお仕事です。

民放局がつぶれても、絶対にNHKはつぶれません。

というのも、国民から金を巻き上げる法律があるので、安定して経営できるからです。

【放送法第64条(受信契約及び受信料) 】

第1項  協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

出典:NHK放送受信契約・放送受信料についてのご案内

はい。

この法律が変わらない限り、NHKがつぶれることは絶対にありません。

そして、この法律が変わることはほぼないでしょう。

ついでに言うと、NHKは法人税免除されているので、国民から巻き上げたお金を自由に使い放題です。

実質、税金集めて自由に使える公務員と変わらないわけですね。

ていうか、予算案国会に通さない分、NHKの方がマジで自由に使い放題に近い環境にありますね。

NHKに入社すれば、国が潰れない限り、将来大安定です。

たとえ、ネット産業が発達しまくって民放局がつぶれても、NHKだけは法律がある限り、絶対につぶれないわけです。

そして、料金徴収問題を見ておけばわかりますが、経営危なくなるほど国民が支払いを拒否したら、それこそあの手この手で徴収してくるに決まっていますからね。

NHKは最強です。

NHKに入社するデメリット

そんな殿様商売で将来大安定なNHKですが、デメリットがあります。

それはカツアゲのような料金徴収を行っているため、国民から嫌われやすくなるということですね。

まあ、嫌われる=嫉妬ですので、安定すればするほど嫌われやすくなるのは仕方ありませんね。

仕事に誇りだとか世間体を気にするのであれば、NHKや公務員は向いてません。

逆に、他人に嫌われてでも、将来安泰コースを歩みたいなら、NHK職員は向いています。

ちなみに、私はNHK大好きです。

いやあ、国民から金巻き上げてる分、まともな番組つくってますよ。

NHKにはどんな仕事があるの?

NHKには番組制作から、社内の実務処理、果てには料金徴収に関するあれこれまで、多彩な仕事があります。

ですので、ぶっちゃけ誰でも簡単に入社できます。

NHKに入って仕事出来ない人を探すほうが難しいレベルです。

ただし、半公務員お役所仕事的な体質のある仕事なので、出世コースに乗ろうとしたら、それなりに学歴・経歴は必要になります。

また、全国に支局がある都合上、転勤の可能性もゼロとは言えません。

まあ、一般職として就くなら、普通に大企業入るようなものだと考えておく必要があるでしょう。

ただ、何度も言っているとおり、法律に守られているので将来性と安定性は、営利企業よりも断然上です。それに加え、法人税免除なので、資本金もウハウハです。

NHKに転職するなら転職エージェントを使おう!

そんなNHKに転職したい方は、転職エージェントの利用をおすすめします。

NHKの業務内容と職種は広いため、NHK内の求人情報だけ見ても、どれに自分が向いているかはわかりにくいものです。

ですので、転職エージェントに登録して、担当に相談して適性を判断してもらったほうがいいでしょう。

とくに、転職エージェントでは非公開求人も扱っているので、経歴のある方は、出世コースに乗れる将来安泰コース確定な求人も紹介してもらえる確率が上がります。そういった求人は、サイトでは公開するはずもないので、まずは転職エージェントに登録して、面談に行くのが最善の方法です。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ、三下どもが。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。