日本銀行職員になるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

日本の銀行の総元締めと言っていいのが「銀行の銀行」とされている日本銀行だ。

その日本銀行は「日本銀行法」に基づいて設立された法人で、日本銀行職員は公務員ではないものの、「公務に従事する職員とみなす」と定められている。
日本の銀行の職員は、次の4つのコースで公募している。
【総合職】日本銀行の政策・業務運営の全般にわたって高度な分析力、企画力、折衝力などが必要とされるポジション。
入行1年目に全国各地の支店に配属され、経験を積み、本店・支店、あるいは海外駐在員事務所、国際機関などで勤務する。
【特定職(業務分野特定タイプ)】入行後、一定期間の勤務経験を経て、国内の本店・支店・事務所で、決済や発券の事務業務に携わる。
【特定職(専門分野特定タイプ)】システムエンジニアリング、経済、法律、語学などを活かして特定の分野でエキスパートとして働く。
【一般職】総合職や特定職のサポート役、また実務のエキスパートとして働く。基本的に入行した本支店・事務所で勤務する。

お金に関する仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました