人間関係の悪い職場と良い職場の特徴と違い。人付き合いで疲れるギスギスした職場の原因は?

世の中には「人間関係の悪い職場」「人間関係の良い職場」の両方が存在します。

そして不思議なことに、仕事で人間関係に恵まれている人もいれば、一向に人間関係の悪い職場ばかりに就いてしまい、職を転々とする人まで存在します。

その両者を観察・研究したところ、実は両者には決定的なまでの”差”が存在することに気づきました。

もしあなたが、人間関係の悪い職場にばかり就いてしまう不幸な体質であるなら、この記事を最後まで読めば人間関係の良い職場に恵まれるきっかけになるかもしれません。

ぜひ、最後まで読んでみてください。

人間関係の悪い職場の特徴

当サイトでは各所から仕事に関する悩みを集めていますが、中でも人間関係が悪い職場に見られる特徴は以下の通り。

  • 社風や仕事内容のせいでストレスが溜まってギスギスしやすい
  • 上司や経営者、ベテラン社員の人格がひどい
  • 「正規VS非正規」「男VS女」などの対立構図・派閥争いが生まれやすい

読者の方がわかりやすいように、具体例も交えてご紹介していきましょう。

ギスギスしたストレスだらけの職場

人間関係の悪い職場って、常にギスギスしてるんですよ。

なんていうか、学校で言えば「私語禁止」「一回でも誰かが失敗したら全校集会」「廊下は走ったらダメ」みたいな、説教教師が校則で支配してる感じ。

…でも、仕事で失敗しないとかありえませんし、時には会話でコミュニケーションとって、仕事のパフォーマンスにつなげることも重要ですよね。

ギスギスした職場って、変に頭の堅い真面目さだけが取り柄の奴らが多いんですよ。

それでお互いが監視しあっている状態になって、誰かが物音立てるだけでもイライラするような環境になる。

学校のテストでも鉛筆落としただけでギスギスしますけど、あの状態が8時間以上続く職場って、冷静に考えてやばいと思いません?

サッカー選手なら、ワールドカップで90分間集中するために4年間かけてコンディション整えるわけですし、学生なら3年間勉強して数日の受験に望む。

常識的に考えて、あの状態を毎日仕事でキープするとか、アホの考える所業ですよ。

関連:仕事のストレスに耐えられない!仕事でストレスを抱える原因とリスク、対処法について。

上司がストレス発散で部下を怒るハラスメント系の職場

人間関係の悪い職場の9割は、上司が怒鳴ってばかりのストレス溜め込みまくりんぐ上司や先輩がいます。

職場の人間関係は、上司や先輩の人間性と気分で決まります。

社会人経験が長くなるとわかりますが、上司って大したことない人間や頭のおかしい人もかなりの数いるんですよ。

気分でコロコロ言うことが変わり、職場をかき乱す上司とかマジ最悪。
あと愛想も親しみもない、いつも不機嫌そうな上司も。
いじめ・パワハラ上司とか論外。

上司や年上が目下の相手にマウントとってストレス発散とか「あまりにレベル低すぎない?」って感じですからね。

関連:レベルの低い職場の特徴と原因。程度が低い会社に共通する特徴とは?

もちろん、そういう職場はだいたいレベルも低いわ、待遇も悪いわで最悪。

若いうちに抜け出す努力をしておきましょう。

陰口・愚痴・不満だらけのネガティブムードな職場

人間関係の悪い職場って、だいたいネガティブムードが漂っているんですよ。

職場の休憩時間とか、だいたい誰かの愚痴・陰口ばっかり。

「誰かの愚痴言ってないと生きてられないの?」って感じですよね。

もちろん、そういう職場では自分の愚痴も言われていると思っておいたほうがいいです。

ひどい場合は、面と向かって愚痴を言われたり、あるいは陰湿に責められたりなど。

とにかく「他人を叩かないと自分の立場を維持できない」人が集まり、職場の人間関係は最悪なものになっていくものです。

いじめっ子がいる職場

人間関係の悪い職場って、必ずいじめっ子がいるんですよ。

「いじめは学生特有のもの」と思われがちですが、違うんです。

実は社会人ほどいじめが陰湿で巧妙になるもの。

「パワハラ」
「モラハラ」
「セクハラ」

大人になってもしょーもないいじめで、自尊心を保とうとする人間レベルの低い人間がたくさんいるものです。

処世術が上手ければ職場いじめは切り抜けられますが、そうでなければいじめの標的にされる可能性もあるんですよね。

いじめの標的にされたら、最後。

一生、職場の人間にサウンドバックにされる日々が続きます。

「スケープゴート現象」という言葉もありますが、集団においては「生贄」が必要なのです。

…ちょっと怖い表現になりましたが、社会学上どこにでもある現象なので、あえて言っておきました。

いじめの標的になったら、まずは職場から逃げることを考えましょう。

いじめの標的にされたら、逃げるが勝ちです。

関連:モラルのない人と職場の特徴。モラルの低い人と関わると人間性が腐ることを知っておこう

「非を認める」「反省」の文化がない職場

人間関係の悪い職場って「非を認める」「反省して次につなげる」文化が全然ないんですよね。

学生時代、いじめがあったら「いじめはよくない」「怒らないから手を挙げてみろ」とか、しょうもないことを教師がやってましたが、当然そのような生ぬるい方法ではいじめはなくなりません。

仮にいじめっ子が教師に説教されたとしても、一週間後には反省の色はなくなり、いじめ再開。

そして、いじめっ子は総じて「自分の非を認めない」「謝らない」という、クズみたいな習性を持ちます。

一方で、人間関係の良い職場は素直に非を認める習慣があり、仕事の改善にも活かせるのでメキメキ人材が育ち、会社の環境も良くなります。

関連:仕事で謝っても許してもらえない場合の対処法。一生仲違いし続けることは覚悟しておこう

女だらけの職場

性別差別するわけではありませんが、私の経験則上、女性の多い職場は人間関係が悪い職場がかなり多いです。

とくに「看護師」「保育士」「接客業」など、他人と接する職場の裏事情は凄まじい。

私が転職アドバイザーをしていた時代にも、職場の人間の愚痴から相談が始まることすらあったレベルで、人間関係に不満を抱えている方が多めでしたね。

やっぱり、女性ばかりの職場ってドロドロしちゃうんでしょうか?

女性の場合、退職理由は9割以上が「人間関係」なので、世間体とか気にせず辞めちゃっていいですよ。

関連:20代で転職先や仕事が決まらない理由とその対策。転職活動の方法が間違っていないか再確認しておこう
関連:男尊女卑の会社の特徴。女が活躍できない職場の対処法とは?
関連:職場の女が嫌い!うざい!むかつく女の対処法と嫌われないための処世術をご紹介

人間関係の良い職場の特徴

ここからは逆に「人間関係の良い職場の特徴」をお伝えしていきます。

人間関係の良い職場は、性格が良い人がたまたま集まっているのではなく、会社の社風や方針、待遇や条件なども関係しているので、仕事で良い人間関係に恵まれたい方は参考にしてみてください。

上司や先輩が人格者

職場の人間関係が良くなる理由としては、やはり上司や先輩が人格者である場合でしょう。

また、最近の「好かれる上司の特徴」としては、

  • 否定的なことを言わない
  • 褒めて伸ばす
  • 多様性や個性を尊重してくれる
  • 部下を頼って大きな仕事を任せてくれる

…など、多くのビジネス書でも挙げられております。

ビジネス書や経済誌を読むような上司であれば、マネジメント意識が高く部下に優しくあたる傾向にあります。

しかし、そうでない上司はハラスメント行為なんて当たり前、下手をすれば「部下を育てる」「上司として職場をまとめる」という意識がまったくなく、平然と部下をつぶすわけです。

本を読んだり最新のビジネス事情を取り入れている人は、それだけ仕事に対する意識も高く、経済的にも余裕があるので、人格も良くなるのでしょう。

同僚が公私混同しない

職場の人間関係が良くなる理由としては、同僚が公私混同せずに、職場での対人関係で一線を引ける人が多い場合でしょう。

仕事においては「わざわざ、社内の人間に教える必要のない個人情報」が誰にでもありますが、それは円滑な人間関係を維持するために必要な処世術だからです。

ですので、それなりに知識や教養がある人が集まる職場ほど線引きができ、人間関係は良くなりやすいです。

逆に人間関係の悪い職場では、

  • 職場の同僚の恋愛事情やプライベートに干渉してくる
  • 上司や同僚の好き・嫌いなどの悪口・陰口で盛り上がる
  • しょうもないウワサ話やゴシップ話で盛り上がる

…など、仕事での人間関係にまでプライベートの話を持ち込んでくるので、疲れます。

また、体育会系の職場では、飲み会のどんちゃん騒ぎや競争が激しい社風であることも多く、その場合は職場での人付き合いを疎ましく感じる場合もあるでしょう。

いずれにせよ、仕事の人間関係を良くするためには「適度な距離感」が大事だということです。

待遇・給料に余裕のある会社

待遇や給料に余裕のある会社も、人間関係が良くなりやすいです。

これは仕事におけるストレスが少なく、わざわざ社内で悪意を撒き散らす必要が低いからでしょう。

給料が高くても忙しすぎたりノルマがキツイ会社であれば余裕がなくなりますし、逆に給料が安くても仕事がのんびりできる社風であれば、人間関係も良くなりやすいです。

風通しが良く意見の言いやすい会社

風通しが良く意見の言いやすい会社も、人間関係が良くなりやすいと言えるでしょう。

仕事は大なり小なりストレスを抱えるものですので、適度に愚痴や不満も吐ける職場であれば、それなりに居心地が良く感じるものです。

逆に、仕事の不満や要求なども「黙って耐えろ!」という感じの職場ですと、十中八九、他人の見えないところで愚痴や陰口を吐く結果になりかねません。

ですので、人間関係の良い職場に恵まれたいのであれば、上司や先輩にも意見や要望を通しやすい会社かどうかを見極めておくといいでしょう。

人間関係の悪い職場に疲れたら転職を考えておこう

正直、今どき転職は簡単に成功するので、わざわざ人間関係の悪い職場に居続けるメリットはありません

よっぽど将来性のある大企業でもなければ、一つの職場にこだわるメリットなんて今の日本にはないですから。

思い切って転職した方が、気持ちよく働けますよ。

人間関係が悪い職場でストレス抱え込む人って転職の仕方を知らないので、ストレス抱え込む職場で愚痴を吐き散らかしたり、職場いじめするぐらいしか解決法知らないんですよ。

ですので、人間関係の悪い職場はまるで糞溜めのようにネガティブな人間が集まり、そこから抜け出せない人がドンドン性格悪くなっていくという悪循環なんですよね。

逆にかしこい人ほど、職場で受け流しておきながら裏でコッソリ転職を決める。

今どき、スマホひとつで簡単に転職活動出来るので、やっぱりそういう細かい努力の差なんですよ、人間として快適な環境で働いて幸せになれるかどうかの違いって。

人間関係の悪い職場に悩んでいる方は、自分を変えるために転職活動を始めましょう。

転職エージェントを使うと人間関係の良い職場に転職しやすい

「え?転職ってそんなに簡単に出来るの?」と思った方もいるでしょうが、実は転職は簡単に出来ます。

それは転職エージェントというサービスがスマホからも登録可能になったおかげで、誰でも簡単にプロから転職サポートしてもらえるようになったことが大きな理由です。

日本ではあまり「転職先はプロに相談して決めてもらう」という考えが普及していませんが、最近では「キャリアコンサルタントの国家資格化」などからもわかる通り、主流の考え方になってきており、自分で一からハローワークで求人を探すのは時代遅れのやることです。

…それだけ日本は人手不足で行動すれば簡単に転職が決まっちゃうということです。

そして転職エージェントのすごいところは、求人先の企業の実態調査や聞き込みも行っているため「リアルな転職先の人間関係」を知ることができ、ブラック企業もほとんどないことです。

わざわざネットで職場の評判や口コミを参考にする手間もかからず、よりリアルな評判も聞けるのでうれしいですね。

しかも転職エージェントは完全無料で利用でき、相談だけでもOK。

ただ、非公開求人にあまりに優良求人が多すぎて、ここで転職を決意する人も多いようですね。非公開求人は登録して適性のある人だけ、面談で紹介してもらえる超優良求人のことです。

それだけ、人間関係が悪い職場で働き続けるメリットはゼロだということですね。

転職エージェントはスマホからも応募可能、すぐに転職活動を始められるので気になる方は登録してみましょう。

タグ:仕事辞めたい

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ