仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

織田信長が桶狭間の合戦前に寝た本当の理由。偉人から学ぶ、意外な睡眠の秘密とは?

時は戦国時代。1560年。

後に名を残す織田信長であったが、この時はまだ尾張(現在の愛知県)をようやくまとめきっただけの、小大名であった。

そんな小童である信長を踏み潰してやろうと、海道一の弓取りとも呼ばれる名将今川義元は、京に登るべく、大軍を率いて駿河(現在の静岡県)から京都へと進軍した。

一世一代の国の危機。

織田家の存続を脅かすことは誰の目からも明らか。

まだ若き小大名である信長は、決死の決断を迫られることは必至。

そして、今川3万の兵が尾張に向けて進行しているという報を受けた信長がとった行動とは―――

なんと、会議もせずに寝ることであった!

桶狭間の戦いとは?

桶狭間(おけはざま)の戦いとは、今川3万の兵に対し、信長は3千の兵で迎え撃ち、今川の大将である今川義元を打ち取り、一世一代の大逆転とも言える勝利を納めた合戦です。

小学校の歴史の授業でも習うほど有名で、織田信長の人生の転機とも言える合戦ですね。

合戦の経緯に関しては現代でも通説・俗説、あらゆる憶測がありますが、信長が大軍を少数で返り討ちにし、家の命運を守ると共にその後の信長の華やかしい功績の転機となった、歴史の分岐点であることは間違いないでしょう。

「桶狭間の戦い」は信長の人生でも異質な合戦

この有名な「桶狭間の戦い」ではありますが、実は織田信長の人生の中での合戦からすれば、かなり異質で特別な戦い方をしています。

桶狭間の戦いは「奇襲作戦」、つまり「負ければあとのない大博打」です。

その印象から信長は破天荒な戦いを好むと、思いがちですが、逆です。

実は「戦う前から勝ちは決まっている」という戦しか、仕掛けないタイプだったんです。

信長は「勝てる戦」しか、しない性格であった

この信長の合戦観をわかりやすく示しているのが、平野耕太作のマンガ「ドリフターズ」での、織田信長のセリフですね。

合戦そのものはそれまで積んだ事の帰結よ
合戦に到るまで何をするかが俺は戦だと思っとる
猿(ひでよし)以外 本質は誰も理解せんかったがな

出典:ドリフターズ 2巻

戦国時代では、農民が合戦になると兵士になる「兼業兵士」が一般的でしたが、信長は「兵農分離」という制度で、専業の兵士を持つことで、強い軍を組織していました。

また、その兵農分離制度を実現するためには、専業の兵士を養うためのお金が必要です。

そのために「楽市楽座」を始めとする政治制度により、国の経営を安定させる制度を実施しました。

すべて小学校の歴史に授業で習う用語でありますが、実はこうした実に合理的とも言える仕組みがあったわけです。

その他にも、鉄砲の積極的な利用・生産であったり、豊臣秀吉などに中国征伐を完全に任せるような組織経営・人事であったりと、信長の合戦は政治単位で行われていたものでした。

そうして考えた場合、桶狭間の戦いは信長の合戦観に反した戦いであるわけですが、にも関わらず大勝利を納めたのは”信長が寝た”ことが勝利の一因とも言えます。

なぜなら、信長が桶狭間の戦いで、本来の性質通りに「戦う前から勝っている戦」という考え方をしていては、絶対に桶狭間の戦いで勝利できなかったからです。

さて、多くの方が「寝たことと勝ったことに何の関係があるんだ!」と思っていることでしょう。

私は今まで、信長が桶狭間の合戦前に寝たのは「最初からあの戦略を考えて実行する気でいたから」と考えていたんですが、実はそうではないということを考えついたんです。

『すべての事は”朝飯前”。「寝る前にやらなきゃ」という考えは間違っていた!』という記事を執筆していますが、この記事では「すべてのことは朝飯前には簡単になる」ことを説明しています。

朝飯前=寝起きの直後は思考力や判断力が洗練されるという先人たちの隠された知恵を探っていった時に、信長もこの事実を知っていたとするなら、桶狭間の合戦前に寝たと後世に伝えられ続けるのも、すごく合点がいくんです。

会議がまとまらないから

まず、信長が桶狭間の戦い前に寝た理由は、絶対に会議がまとまらないことがわかりきっていた…からです。

今川3万の兵に対し、3千の兵で迎え撃たなければならないわけですが、誰の目から見ても負ける確率の方が高いです。

しかし、家・国の危機なのですから、なんとか国を守り抜くように考えなければなりません。

そうなると

  • 敵が諦めるまでちまちま迎え撃つ=消耗戦
  • 国や民を守るために交渉=降伏
  • 最後まで戦い抜く=負ければ滅亡

と、究極の選択肢を迫られるわけですが、こうなると会議で意見がまとまるわけがありません。

血気盛んなものは「撃ってでるべし!」
家の存続や命を惜しむ者は「和平交渉すべし!」
知恵の働く者や日和見がちな者は「戦力分散して様子見すべし」

と主張し続けるわけです。

ここで信長がどれかひとつの意見をとったとしても、家や己の命のかかっている家臣たちなのですから、納得できずに士気の下がる者も出てくることでしょう。

それをわかりきっていた信長は、自分が行動するまで判断は下すべきでない…と瞬時に悟ったのでしょう。

意思決定者たる大名が判断を下さずに寝たとなれば、家臣たちは勝手に身動きがとれません。

信長が寝れば、部下も寝るか待つかするしかないわけですね。

そう考えると、部下をまとめあげるという意味でも、ここで寝るのはひとつの正解だったとも言えます。

味方を欺くため

敵をだますなら味方から」という言葉もありますが、味方に「織田家の命運はこれまでか」と思わせ、その情報を敵に流して油断させる狙いもあったのでは…とも考えられます。

信長はそれまで”うつけ”として有名でしたが、それは「人を油断させるため」であったとも考えられています。

そもそも、本当のうつけであったのならば、家臣からも見放されているでしょうから、見た目や振る舞いに反し、家臣からの信頼は厚かったはずでしょう。

桶狭間の戦いの前に寝た時も「織田家の命運はこれまでか」と思いつつも「殿には何か考えがあるはずだ」と考えていた家臣も多くいたはずです。

つまり、信長は家臣を焦らしていたわけでもあります。

殿は諦めて寝たのか、それとも何か考えがあって寝たのか」とやきもきしている家臣に、ここぞというタイミングで「今から戦支度じゃ」と一喝入れることで、四の五の言わずに即座に行動するような心理状態を作ったわけです。

これは現代でもなんら変わりなく、暇を持て余し、何かにうだうだ悩んでいる人ほど、何かの目標や指示があれば、考える間もなく集中して取り組めるものです。

現代でも社長室の設置など、経営者と社員は情報を共有すべきでないと考える経営者も多いですが、社員にすべてを教えるべきではない…という事実が歴史からも学べますね。

作戦が思いつかなかったから

とはいえ、信長は直前まで作戦という作戦は思いついてなかったのではないかと思います。

というのも、先に説明したとおり、信長は基本的に「勝てる戦」しかしない性分であったからです。

おそらくですが「大将首をとるしか勝ち筋はない」というのは最初から頭にあったと思います。

降伏は相手が進軍している以上は有利な条件がとれないのでもっての外、消耗戦も問題の先送りで、美濃(現在の岐阜)には義父の斎藤道三から家督を奪い取った斎藤義龍という脅威もあったので、天下布武の野望を抱く信長には選択肢としてなかったはずです。

そうなると、どう転んでも奇襲作戦か正面衝突しかないわけです。

しかし、もともと勝率の低い戦法なのですから、いくら考え込んだとしても絶対に勝てる方法なんて思いつくわけもありません。

だから、信長は寝たわけです。

必要な情報だけ家臣に集めさせてて報告させて、あとは寝て覚めたあとに考えてしまおうと思ったわけです。

寝起き後の決断力は偉大なり

そして、信長は目覚めると、瞬時に決断し、即座に行動しました。

信長が城を出た時はわずか5騎だったとも言われています。

そして熱田神宮に参り、そこで軍が集結するのを待ちます。

一見、無謀で無計画とも思える出陣ですが、焦らしに焦らされた家臣たちにとっては帰って刺激的で士気をあげるものであったでしょう。

血気盛んなものは「誰よりも先に手柄を」
家の存続を望むものは「殿を死なせるわけにはいかない」
日和見主義者は「遅れをとったらいけない」

あらゆる家臣に「考える暇もなく行動させる」という点で、実に効果的であったと言えます。

人間の決断力が鈍る…つまり”悩む”のは、選択肢がたくさんある時ですが、この状況では「出陣する」しか選択肢がないわけですから、意思決定者=大名の信長のカリスマ性が伺えますね。

その後は誰もが知るとおり、織田軍の奇襲により、油断しきっていた今川本隊の大将である義元は討ち取られ、今川軍は撤退を余儀なくされます。

かなりアドリブ的な戦術ではありますが、これが信長本来の「戦略による、戦う前から勝っている戦」という考え方では、絶対に思いついていなかったはずです。

有無を言わさず決断するために、信長は寝て即座に行動することで、桶狭間の戦いに勝利したと考えると、この歴史的な分岐点である出来事も、また違った側面が見えてくることでしょう。

歴史を変えるような決断と行動は寝起き後に下される

このように、少し視点を変えて考えてみると、桶狭間の戦いの歴史的な大勝利は「寝起き後のシンプルな決断力・行動力」がもたらした結果であることが見えてきます。

多くの経営者や成功者は早起きの習慣を持ちますが、それも決断・行動をする際には、朝飯前の思考がクリアになった時間帯こそが一番であると、よくわかっているからでしょう。

現代の日本では、残業社会に代表されるように

「寝ないで働くことこそ美徳!」
「長い時間をかけて会議して出した結論ほど正しい!」
「夜更かしして企画やアイデアを考えました!」

というように「悩んだら寝る」なんて言語道断ですね。

まるで歴史から学んでいません。

大きな意思決定の場面や、どうしようもない悩みを抱えた時こそ、ひとまず寝るべきなのです。

寝て覚めた時にこそ、シンプルに判断・行動できるわけです。

毎晩、頭を悩ませてる人は、先人の知恵から学び、朝に決断・行動する習慣に挑戦してみるのも、一考でしょう。

”朝飯前”という言葉があるように、すべての悩みは朝飯前には簡単に解決してしまうものなのですから。