【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

センスがないと悩むデザイナーに共通する特徴。センスを磨き仕事で活躍するための考え方とは?

「デザイナーだけど自分にセンスがないと感じる…」
「クリエイターとして働いてるけど自信が持てない…」
「デザインセンスが悪い…」

このようにお悩みでありませんか?

センスとは「感性」「才能」とも訳され「何をもってセンスがあるか?」を判断するのは人によって様々です。

一概にすべてのデザイナーが高いセンスを求められるというと、決してそうとも言い切れません。

たとえば、ディスカウントストア用のチラシやPOPでは「ダサいデザインの方が合う」ということもありますし、無印良品のような「没個性」の方がかえって洗練された印象を与えることもあります。

一方で、化粧品やブランド品に関するデザインなら「高い美意識」を求められることもありますし、家具や車などのプロダクトデザインなら「機能性」を求められることとなります。

このように、一言で「センス」といっても、手がける制作物や使用シーンによって、その最適な答えは様々です。

ですので、もし読者がデザイナーやクリエイターとして「自分にセンスがない…」と感じているなら、それは自分の感性や今求められている役割を十分に理解できていないだけかもしれません。

そこで当記事では、センスがないと悩むデザイナーやクリエイターに向けて、自分自身のセンスを見直したり高めるためのヒントをご紹介していきます。

▼3人に2人が年収アップ転職を実現
LHH転職エージェント」の紹介

外資系企業ならではのレベルの高いプロに相談できる転職エージェント。
登録から転職が決まるまで完全無料で徹底サポート。
全職種・業種対応、5万件以上の求人保有。
経歴のある方はもちろん、卒業後3年以内の早期離職を考える「第二新卒」にも対応。
不満の多い現状の職場から抜け出し、理想の転職を成功させたいなら一見の価値あり。

→詳細はこちら

デザイナーとしてセンスがないと感じる瞬間は?

多くのクリエイターが通る「自分にセンスがない…」と挫折や劣等感を味わう瞬間について、解説していきます。

頭の中のイメージと仕上がった制作物にギャップがある時

デザイナーが自己嫌悪に陥る要因として「理想と現実のギャップ」があります。

自分の頭の中に思い描いたイメージと、実際に仕上がった制作物とでギャップを感じ、何度もアイデアを破棄したり、修正を重ねるような経験は、クリエイターなら誰もが通る道です。

しかし、これは裏を返せば「自分の中の完成像があり向上心が高い」ことの現れとも言えます。

少なからず、自分の制作物が仕事で明らかに使えないレベルでもない限りは、過度に気にする必要はないでしょう。

既存のデザインと自分を比べて才能の差を感じる時

他人の優れたデザイン作品を見たり、成功したデザイナーの作品を見ることで、

「自分にはあのレベルは無理だ…」
「自分が作りたかったものを先にやられた…」

と圧倒的挫折感や才能の差を感じることがあります。

そうでなくても、職場の同僚や先輩でスラスラと良いアイデアを出せるような人物と仕事する機会があり、そこで才能の差を感じることもあるかもしれません。

もし、そういった理由で自信を失くしているなら、それは「その領域に至るまでの膨大な努力や試行錯誤」があったのかもしれません。

また、他人と自分と比べることができるなら「客観的に他人の力量と自分の力量を比較できる」わけですし、冷静に観察や分析することで「実は自分の方が優れている部分」も発見できるチャンスでもあります。

才能の差を感じたときは、学びと成長の機会だと前向きに捉えるべきでしょう。

会社の上司やクライアントから良い反応が得られない時

クリエイティブな仕事によくあるのが「誰からも反応がもらえない」という悩みです。

それも仕事となると、問題がなければ無言のまま納品が終わり、問題がある時だけ批判される…というのが日常茶飯時です。

また、クリエイター職の暗黙の了解として「作品で語れ」「クライアントの要望を察して作れ」という雰囲気もあるので、ますます、作品に対する評価が得られていないと感じる機会が多くあるかもしれません。

さらに、社内で分業体制が進んでいると、営業が取ってきた仕事をワケもわからない状態から手探りでデザイン制作し、何度も修正要求されたり、最終的な制作物も微妙に終わり、しかも実際の制作物がどこでどのように使われてるかすらわかないまま…といったこともあります。

もし思い当たる場合、それは営業担当者やディレクターがクライアントと必要なコミュニケーションを行っていない」「自分自身が作業者としての役割しか求められていない」など、デザイナーが正当にフィードバックをもらえないのが当たり前の職場環境になっている可能性があります。

今後のキャリアを考えても、クライアントと直接やりとりができない社内環境クライアント要望が適切にデザイナーの元に届かない職場は、デザイナーとしての顧客対応スキルもクライアント要望を反映したデザインスキルも上がりにくいので、転職を考えておく必要があるかもしれません。

デザイナーがセンスを磨くために行うべきこと

カラーコーディネートやレイアウトなどの基礎を学び直す

専門学校や芸大に通った方ならともかく、最近ではWEBデザイナーとしてhtml/CSSなどの最低限のコードスキルだけ身につけてデザイナーになる方も多いかと思います。

その場合、色彩知識を活かした「カラーコーディネート」や、配置に関する「レイアウトデザイン」といった、デザインをよく見せるための基礎ができていないことがあります。

ですので、学生時代にデザインに関する基礎を学んだ人なら教科書を読み直したり、再学習がてら本を買ったり資格取得を行うなどしてみるといいでしょう。

たとえば、色彩に関する資格なら「カラーコーディネーター検定」があります。

レイアウトに関しては資格検定はありませんが、王道パターンやテンプレートパターンの資料やデータなどが無料配布されていたり、レイアウトデザイン集が市販されているので、参考にしてみるといいでしょう。

タイポグラフィやキャッチコピーを学ぶ

文字に関するデザインを「タイポグラフィ」と呼び、広告に使う文言を決めることを「キャッチコピー」と呼びます。

WEB広告バナーなど、文字を頻繁に使うデザイナーならタイポグラフィは履修しておきたい項目ですし、広告文言も自分で考える必要があるならキャッチコピーセンスも磨いておきたいです。

また、単純に「使えるフォントの幅を広げておく」というのも、文字デザイン面で他より有利になるためのシンプルな方法です。

フォントは無料フォントが大量配布されていることもあれば、無料フォントをパッケージ化して付録化された書籍も販売されています。

また、有償フォントなら「モリサワフォント」「ダイナフォント」といった、多くの有名企業の文字デザインで使用されているフォントもあるので、こういった選択肢を知っておくことでデザインの幅が広がります。

アイデア出しや実制作のための引き出しを増やす

センスがあるかどうかはともかく、プロとして「それっぽい成果物」が作れるかは「どれだけアイデアの引き出しが多いか?」が問われます。

たとえば、背景素材として「パターン」や「テクスチャ」を大量に引き出しとして持っておくだけでも、同じIllustratorやPhotoshopを使っている者同士でも差が出るものです。

また、多くのデザイン業務で使われているAdobeソフトの使い方や機能のレパートリーを増やすためにも、定期的にソフトのテクニックを磨いたり、仕様を把握しておくのもいいでしょう。

UI/UXについて学ぶ

UIとは「User Interface(ユーザーインターフェイス)」の略称、UXとは「User Experience(ユーザーエクスペリエンス)」の略称です。

UIの目的は、ユーザーがシステムやアプリケーションを簡単に使え、直感的に操作できるようにすることです。ユーザーフレンドリーなUIは「使いやすさ」「直感的」「一貫性」「効率性」などに基づいて設計されます。

とくにWEBデザイナーの区分として「UIデザイナー」「UXデザイナー」と呼ばれる概念が出てくるほど、UI/UXは近年では重視されている要素です。

UX(ユーザーエクスペリエンス)は、ユーザーが製品やサービスを使用する際の総合的な体験や感情を左右する要素です。UXデザインは見た目や操作性に関することだけでなく、ユーザーが持つ感情や心理的な要素も考慮に入れてデザインされます。

優れたUXデザインは顧客満足度を生み出し、ビジネスの成功にもつながるものとして考えられ、近年、非常に重要なテーマとして注目されています。

WEBデザイナーとしてセンス不足を感じているなら、最近のビジネストレンドを踏まえても、UI/UXに対する理解はキャリアに大きなプラスになるのは間違いなほど重要な概念なので、学んでおいて損はないでしょう。

プレゼンテーション能力や顧客対応能力を高める

デザイナーの中でも、クライアントへの対応を頻繁に行うことが多かったり、ビジネス資料のデザインを手がけることが多いなら、プレゼンテーション能力や顧客対応能力などのビジネスコミュニケーションスキルを高めておくといいでしょう。

とくに、一般職でもプレゼン資料の制作を行うことが多い「営業職」「コンサルタント」に対し、デザイナーとしてプレゼン資料制作スキルで連携することができれば、ビジネスにおいて大きな相乗効果をもたらせる可能性が上がります。

また、自分自身が制作したデザインのプレゼンを行う際にも、プレゼンテーションスキルを底上げすることは効果的にデザインをアピールする上で身につけておきたいスキルです。

マーケティングや広告について学ぶ

デザイナーによって制作されたデザインは「ただ見栄えがいいだけ」でなく広告に使用されたりマーケティング的なメッセージが込められることが大半です。

よって、デザインがどのように使用されどのような目的を持つかを理解するためにも、マーケティングや広告についても学んでおくことも、デザイナーとしてのセンスを底上げする手段です。

たとえば、マーケティングでは「ブランディング」の一環として、企業カラーやロゴイメージが統一されることがあります。

そのようなブランディングに関するデザイン業務に関わる際、クライアント企業のマーケティング戦略を理解できるかどうかで、出せるデザイン案の質もレベルも変わってくるものです。

ディレクション・マネジメント志向を身につける

ディレクションとは、プロジェクトやチームの目標を達成するために計画や指示を考える役割を指します。デザイナーの場合「アートディレクター」、WEBデザイナーであれば「WEBディレクター」など、管理職相当の役職となります。

マネジメントも似たような意味を持ちますが、こちらは「経営に関する管理スキル」と、よりビジネス思考が強い役割を求められるニュアンスが強いです。

デザイナーの中でも、インハウスデザイナーとして一般業務や顧客対応能力も身についたり、勤務経歴が長くなりデザイン業務以外に時間を割くことが多くなったら、ディレクターとしてマネジメントスキルを身につける判断も求められます。

あえて「自分自身はデザイナーとしてセンスを求めない」という選択も必要となるのです。

この方向性になると「自分ではなく他人にセンスを発揮させる」という視点が必要になってくるので、一デザイナーとして伸び悩んでいるなら、ディレクターレベルに昇進するキャリア段階に来ている可能性を考慮しておきましょう。

デザイナーがセンスを活かせる仕事をするには?

どんなにセンスや才能のあるデザイナーであっても、そもそもが「今の職場でセンスを求められていない」「求められている制作物とギャップがある」という状態では、センスが思うように発揮できません。

ですので、センスを活かしたいなら「自分のセンスが発揮できる職場」や「自分の才能を伸ばせる職場」を選ぶことも重要です。

ここからは、デザイナーがより自分のセンスを伸ばせる職場を見つけるためのヒントを解説していくので、今の職場環境が本当に自分に合っているかを見直す機会にしてみてください。

自分の求めるセンスを発揮できる職場環境で仕事をする

どんなに素質があるデザイナーでも、クライアントが求めるデザインの方向性と自分のやりたいことがズレていたり、そもそもクライアント要望がしっかり届かない職場では、センスの磨きようがありません。

たとえば、応用力の高いオールラウンダーなら、クライアントと密接なコミュニケーションを重ねて相手に合わせた提案ができる環境の方がセンスを伸ばしやすいかもしれません。

あるいは、美意識の高いデザイナーならブランド思考の強いクライアントと仕事した方がセンスを発揮しやすいですし、感受性豊かなデザイナーなら情緒的なデザインが求められる職場環境の方がセンスを活かしやすいでしょう。

このように「自分の職場は本当に自分のセンスを発揮できる環境か?」と見直すことは、デザイナーとしての自信を持つと同時に、将来活躍するために重要なことです。

逆に、一番最悪なのが「無難なテンプレみたいなデザインの仕事ばかりさせられる」「クライアント要望がしっかり届かないので修正ばかりでいつも微妙な仕上がりになる」といった職場で働き続ける事態になることです。

そういった職場でのデザインの仕事は、せいぜい「なんかいい感じのものができればいい」としか考えてなく、デザインの可能性や目的を理解していないため、センスが磨かれようもありませんし、働き続けても自信を失くす結果になるだけです。

自分の強み・弱みを理解しておく

自分の強みや弱みを理解する、いわゆる「自己分析」を行うことも、自身のセンスを発見して伸ばすために重要な取り組みです。

ただ、自己分析を的確に行うには時間がかかりますし、的確な評価を行ってくれる相手もいるため、1人で考え込んでも難しめです。

なので、コツとして「自分がとくに興味関心を持って取り組んだ仕事」と「自分がデザイナーとして行った仕事の領域が転職市場でどのような職種やスキルで呼ばれているか?」を意識してみましょう。

たとえば、先ほど紹介したセンスを磨く方法の中でも「色選びに自信がある」という人はカラーコーディネーターとしての適性が高く徹底して色を追求するデザインの仕事が向いてると言えますし、「タイポグラフィに興味がある」ならコピーライターと組んで仕事することで真価を発揮しやすくなるかもしれません。

UI/UX面に関心があるなら、アプリ開発段階からデザインに関われるプロジェクトに参加することで、今までのデザイン経験を活かせるチャンスです。

こういった「何が得意でどう活かすか?」は、自分自身のスキルの把握はもちろん、世の中にどんな仕事があって転職市場にどんな求人が出回っているかがわからないと想像もできないことです。

なので、自分自身のスキルの把握と転職市場での求人情報の把握を定期的に行うことで、自分の適職を見つけ出しましょう。

定期的な作品整理やポートフォリオ制作で自分の成長を客観視する

デザイナー関わらず、日々の仕事が忙しすぎて振り返る余裕もないと、自分の成長を実感できないまま月日が過ぎてしまいがちです。

たとえるなら、毎日筋トレやランニングして身体が成長しているにも関わらず、鏡を見る習慣がないので、身体の成長に気づかないようなものです。

そういった意味でも、自分自身の過去の作品を整理したり、整理した上でポートフォリオ作成しておくことは、自分の成長を実感できる上に、転職したくなった時にスムーズに動ける準備にもなります。

デザイナーを採用する企業側の意図を理解する

デザイナー関わらず、人材というものは企業側の求める人物像や採用意図に沿って成長していくものです。

良い上司に期待されて入社したのであれば期待に応えようとして育ちますし、とくに期待もされないで事務的に入社した社員は事務的な仕事しか振られません。

デザイナーのようなクリエイティブな仕事は「それらしい制作物だけ仕上げてくれればなんでもいい」という会社と「こだわりを実現するために相応しい会社やクリエイターに仕事を振りたい」という会社では、磨かれる能力も求められるスキルも異なります。

前者は「ただ技術さえあればいい作業者」としてしか見られていませんが、後者は「自分たちの要望やイメージを形にしてくれるパートナー」を求めています。

極論、センスを求めていない会社・クライアントとの仕事では、どれだけ努力したところでセンスは磨かれないものです。

ですから、デザイナーとしてセンスがないと悩んでいたり、自信がないのであれば、そもそもの「今の会社ではデザイナーとしてのセンスを求められているのか?」から見直してみる必要もあるでしょう。

クリエイター向けの転職エージェントに相談してキャリアを見直す

今回ご紹介したいことを踏まえ、センスがないと感じる原因が今の会社環境にあると思えたなら、一度転職エージェントにキャリアについて相談してみて、客観的に自分のスキルやセンスを見直す機会をつくりましょう。

とくにクリエイターは自分のセンスが会社と合うか合わないかが問われるため、クリエイター向けの専門転職エージェントを利用しておきリアルな転職情報を得ておくといいでしょう。

WEB系の求人やゲーム業界のクリエイターの転職に強い「マイナビクリエイター」は、定期的に大手企業のセミナー開催などが行われているなど、より大きな仕事に関わりたいならチャンスを掴みやすいエージェントです。

次に、運営実績が長くマスコミ業界とも強いコネのある「マスメディアン」は、宣伝会議という会社が運営しており、マス広告・マスマーケティングに対する理解が深い企業の一つです。

派遣社員などクリエイターとして自由な働き方ができる求人から、大手広告代理店と関われる案件まで老舗ならではの優良求人を保有しているため、自分に合ったキャリアを見つけるための参考になるアドバイスを受けられることでしょう。

最後に、クリエイター向け転職エージェントの中でも、ゲーム業界特化の「シリコンスタジオエージェント」は、運営会社が多くのゲーム会社向けに派遣事業を手がけた実績もあるため、ゲーム業界向けの人材行として抜群の信頼性があるエージェントです。

いずれも弊サイトを運営する中で、多くの人材サービスの情報や運営実態を精査した上で、変化する人材市場や採用ニーズに合わせたものを紹介しているため、自分のキャリアに合った転職サービスを有効活用し、ぜひ高年収人材を目指してみてください。

大手総合転職エージェントも併用しておき自分のセンスを確かめる

広告・WEB業界などのクリエイター特化型の転職エージェントと同時に、大手人材会社の運営する総合型転職エージェントも併用しておくと万全です。

総合型転職エージェントは「登録者の業種・職種、年齢や経歴は問わない」ため専門性はやや弱めになりますが、

  • 求人数が圧倒的に多い
  • 専用アプリがあるなど利便性に優れる
  • 応募から選考までがスムーズ
  • 担当者個人の専門性が高い場合がある

などのメリットがあります。

求人数が圧倒的に多く効率的に閲覧できたり、担当者個人レベルの専門知識や業界内情への理解が高い場合はサポートにも期待できるなど、使ってみなければわからない差があります。

昨今、「転職が当たり前」な時代になっています。

ですので、転職エージェントなどを活用しプロからアドバイスを受け、日頃から求人情報を見てデザイナーが転職市場から求められているスキルを知っておくことで、より高いセンスを身につけられる会社と出会える可能性があがります。

ぜひ、この機会に転職エージェントのご利用を検討してみてください。

そのためにも、転職エージェントなどの転職支援サービスに登録しておき、プロからキャリアに関するアドバイスをもらっておいたり、求人を紹介してもらって今の自分でも転職できる企業の条件を客観的に把握しておくことをオススメします。

とくに、20代のうちは未経験の職業にも転職しやすいし、30代でも2~3年以上の勤務経歴があればキャリアアップ転職しやすい時期なので、転職支援サービス側のサポートも充実している傾向にあります。

また、若いうちは思っている以上に人材会社や採用企業からの需要が高いため、数多く登場している様々な転職支援サービスの中から自分に合ったものを選びやすいという点で、早めに転職支援サービスを活用して使用感を確かめておく価値は高めです。

サービス登録後も、面談をしっかりと受けてアドバイスどおりに転職活動すれば思っている以上に簡単に内定がもらえるものですから、早いうちに利用しておいて損はないでしょう。

仮に、すぐに転職する気がない場合でも、

  • 転職すれば、本当に年収や待遇が良くなるのか知れる
  • 今の自分の職歴でどんな求人が送られてくるか実態を掴める
  • 自分が就きたい職種や会社に転職するためのスキルや経歴の条件を知れる
  • 情報を得ることで将来自分が目指したい人材像に合わせてキャリア計画を建てられる

というメリットもあり、自分のペースに合わせた使い方もできるため、今の仕事内容や職場環境に満足できていないのであれば、登録しておいてプロの話を聞いたり求人紹介を受けるだけでも、転職に対して一歩前進できます。

なお、転職支援サービスの大半は、採用企業側が費用負担していることから利用者側は完全無料で使えるため、今回、少しでも転職の可能性が気になった方は、この機会にぜひ登録だけでも済ませてみてください。

当サイトで独自に転職サービスの調査をした結果、オススメできる転職支援サービスを以下に解説付きでご紹介していきます。

※多くの転職サービスの情報や人材業界の動向を調査した上で、当サイトの読者層やその悩みを分析し、その上でもっとも転職成功率や利用満足度が期待できそうなサービスを選定しています。

厳選!オススメの転職支援サービス!

  • LHH転職エージェント ←満足度重視なら必見!
    外資系企業アデコの運営する転職エージェント。国内企業運営の転職エージェントと異なり、担当者となるコンサルタントが求職者-企業双方の調整や交渉を行うため、詳細な求人情報の提供やきめ細やかな転職サポートに期待できる。取り扱い求人は全業種・職種対応なので、国内大手エージェントに満足できない人は使ってみる価値あり。
  • ポジウィルキャリア人生設計レベルでキャリアサポート!
    転職エージェントではサポート範囲外となる「転職しないで現職で成功する方法」「自己分析」からフリーランス・起業など、人生設計レベルでキャリア形成の支援を行ってくれるキャリアコーチングサービス。本格的なキャリアアップ転職を志すなら利用価値大。
  • WorX(ワークス) ←未経験でも異業種転職できる!
    他の転職サービスと異なり、未経験者でも異業種転職のサポートを行っているのが最大の強み。また、登録後に適職診断も行っているため、どんな仕事が自分に向いているか悩んでいる人も利用してみる価値あり。

ここで紹介する転職支援サービスは、事務的な対応が目立つ大手転職サービスとは違い、

  • 利用者に合わせて求人提案や情報提供を行ってくれる
  • 必要に応じて研修やスキルアップ講座も提供
  • 他社にはない独自の転職ノウハウや求人情報を保有している
  • 大手転職サービスだと相手にされない経歴の人でもサポートに期待できる

など、多くの転職サービスがあふれている中、ここで紹介するサービスは「どこを選んでもいいかわからない…」「有名な転職サービスに登録してみてもサポートが不十分…」と悩んでいる人でも満足できる可能性が高いです。

以下に、各サービスの特徴や登録すべき人などの情報を紹介していきますので、気になった方はぜひ最後まで読んでみてください。また各サービスの紹介ページに登録後に他の利用者と差をつけて有利になるためのサービス利用方法も解説しているので、こちらも合わせて参考にしてみてください。

ぜひ、当サイトの情報を有効活用し、読者ご自身のより良いキャリアや働き方につなげるきっかけにしていただければ幸いです。

担当者個人の高い提案力に期待できる
「LHH転職エージェント」

次にご紹介したいのが、世界60カ国に展開している外資系の人材企業アデコが運営する「LHH転職エージェント」です。※2023年4月に名称を「Spring転職エージェント」より「LHH転職エージェント」に変更

LHH転職エージェントは、国内有名転職エージェントと同じで全職種・業種、幅広い年齢層が対象の総合型転職エージェントですが、国内エージェントと違い「360度式コンサルティング」と呼ばれる運営体制により、担当者個人が求職者と紹介先企業双方をつなぐため、密接なサポートやより精度の高い求人情報の提供に期待できる点が強みです。

国内の有名転職エージェントですと、分業型なので「担当者が紹介先企業を求人情報でしか判断していない」ということもあり、事務的な対応になりやすいという欠点があります。また、紹介先企業の情報について詳しく知りたいと質問しても、回答をはぐらかすといった事態にも出くわしやすいです。

加えて言えば、紹介される求人情報も登録時の希望条件や職務経歴書から機械的に選別されるため、本当に自分に合った求人情報が得られにくいという実情もあります。そればかりか、希望とズレた求人が一度に数十件も送られてくる…という事態も国内大手エージェント利用時にはよくある事態です。

その点、LHH転職エージェントでは、担当者が直接受け持っている紹介先企業の求人を精査して紹介してくれるため、求人情報の質も高く、本当に自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる可能性が高いため、良質な転職サポートを受けたい方にはオススメです。

また、国内有名エージェントですと、求人応募時や面接時のサポートも「とにかく応募して」と適当になりやすく仲介価値に疑問が残ることも多いですが、LHH転職エージェントは担当者個人が求職者-紹介先企業双方を受け持っていることもあり、細かな調整や交渉も行ってくれます。

たとえば、当サイトで得ているLHH転職エージェントを利用して転職を成功させた者の報告では「面接前に、面接官の事前情報を伝達してもらい、面接対策がスムーズに進んだ」といった声があります。

加えて、LHH転職エージェントでは、担当者となるコンサルタントとして業界・職種に詳しい専門知識の豊富な者が配置されているため、自分の経歴や希望と噛み合えば非常に頼もしいサポートが得られることもあります。

いずれにしても、機械的な求人紹介や事務的な対応になりやすい国内有名エージェントと異なり、外資系企業ならではの担当者個人の提案力や調整力に期待できるエージェントという点で、転職を検討しているなら一度は使っておくべき価値が高いのがLHH転職エージェントだと言えます。

登録後の案内・求人紹介段階から、国内エージェントとは違った色合いがすぐに実感できると思いますので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

なお、LHH転職エージェントの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

本格キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

人生100年時代、転職が前提のキャリア意識が求められる現代では本質的な転職スキルやキャリア戦略が必要な時代になったと言えます。

そのため、

「ただ転職すればいい」
「年収さえ上がればいい」
「会社の知名度が高ければ安泰」
「職種の安定性があれば将来に不安はない」

という考えだけでは、キャリアに不安が残り、仕事に対する満足度も高くなりません。

一つの会社で働き続けるだけの
時代遅れの考え方じゃ
将来が不安かも…

「いつでも転職できるように備えたい」
「より自分が適性を発揮できる仕事に就きたい」
「キャリアを見直して年収アップや待遇向上を目指したい」
「スキルアップして未経験職にチャレンジしたい」
「将来のキャリアアップ計画を持って人生設計したい」

もし、このようにお考えなら根本的な転職の思考法人生設計レベルでのキャリア計画が必要となります。

なので、単に「転職サイトに登録して良い求人を見つけて応募するだけ」「転職エージェントの言う通りに転職活動するだけ」では、理想の転職を成功させにくいのが実情です。

転職したいけど
どのサービスを使えばいいか
どういう基準で
転職先を選べばいいか
わからないかも…

そうお悩みの方にオススメしたいのが「ポジウィルキャリア」に相談してみるという選択肢です。

ポジウィルキャリアは、これまでの転職エージェントと異なり「キャリア・コーチングサービス」「パーソナルトレーニング」と呼ばれるサービスです。

キャリア・コーチングサービスとは、キャリアに関する悩みや課題を抱える人を対象に、キャリアカウンセラーやキャリアコンサルタントなどの専門家が、一人ひとりの状況やニーズに合わせて、キャリアの方向性や目標設定、キャリアプランの策定、転職支援などをサポートするサービスです。

ポジウィルキャリアの最大の特徴は「今の仕事を辞めるべきか?続けるべきか?」といった転職しない選択肢にもサポートを行ってくれるところにあります。

転職することが前提の
エージェント系サービスと違い
より利用者個人に合わせた
本格的なキャリアサポートが受けられます

逆にエージェント系のサービスは
転職の方針が明確に定まってないと
良質なサポートを受けにくいという欠点があるぞ

ポジウィルキャリアは以下のような方にオススメできます。

●ポジウィルキャリアはこんな方にオススメ!

  • 今の仕事が向いているかどうか自信がない
  • 今の会社を辞めるべきか転職するべきか迷っている
  • 年収を上げたいけどスキルや経歴に自信がない
  • 人生計画やキャリア設計に悩んでいる
  • 転職の選択肢が多すぎて決め切れない
  • 転職サービスを利用しても良い求人が見つからない
  • 職務経歴書の書き方がわからないで通過率も低い
  • 転職エージェントのサポートが不十分と感じている

転職しようかどうか

漠然と悩んでいるなら

使ってみる価値ありです!

転職は人生の大きな決断となります。

しかし、流されるままに妥協して転職してしまったり、事前の準備が不十分で、転職して後悔する方も少なくありません。

そのため、現職を続けるべきかどうか、転職するべきかどうかから決めたい人にとっては、転職エージェント利用前にキャリアコーチングサービスを使うほうが間違いのないキャリアを歩めることでしょう。

うーん…
でもイマイチ使った後のイメージが
湧かないかも…

本当にキャリアコーチングで
相談する価値ってあるんですか?

キャリアコーチングはマンツーマンのサービスとなるため、一概にすべての人が同じ成果を得られるとは限りません。

しかし、適切に使いこなすことで、以下のような未来に期待できます。

●ポジウィルキャリアを使うとどうなる?

  • キャリアに関する悩みを話して自分を客観視できる
  • 未経験転職で年収アップを実現可能
  • 現状の課題や人生の目標が見えてきてキャリアが明確になる
  • 自己分析を通して自分の強み・弱み、スキルの価値が見えてくる
  • 企業分析から職務経歴書作成まで転職を有利にするスキルが身につく
  • 転職だけでなく今の仕事で成功する方法まで見つかる

他の転職エージェントとの最大の違いは、現職に留まったりフリーランスや起業などの選択も取り入れることで、根本的なキャリア設計や転職スキルが身につく点です。

そのため、転職という決断に対して正確な判断がしやすくなることでしょう。

自分自身が納得できるまで

キャリアについて
深く考えるサポートをしてもらえるぞ!

LINEで無料相談できるから
試しに使ってみようかな…

今の仕事や将来に悩みや不安があって、転職しようかどうか、キャリアに悩んでいるなら、ぜひ一度ポジウィルキャリアに相談してみて、新時代のキャリアサポートを体験してみてください。

ポジウィルキャリア公式サイトはこちら
【相談無料】

未経験からの異業種転職を成功に導く
「WorX(ワークス)」

最後にご紹介したいのが、未経験からの異業種転職を手厚くサポートする「WroX(ワークス)」です。

多くので転職サービスの弱点として、今までの経歴が転職市場で高いものでなければ中々良い求人を紹介してもらえないことや未経験の異業種への転職が成功しにくいというものがあります。

ですので、転職サービスを利用したとしても、現在地点で需要の高い経歴やスキルを持っているでもなければ、異業種への転職や年収アップを目指すには利用者側のスキルアップや業界・企業研究など求職者側の努力が必須なのが実情です。

また、昨今では大手転職エージェントは表面上は誰でも登録可能に見えても、実際には高年収人材でなければ手厚いサポートを受けられないことや、そもそものハイキャリア向けの転職サービス化が進んでいるため、経歴が足りない人や現在地点の年収が低い職種の人は不遇な扱いをされやすいという課題があります。

その点、WorXはスキルアップ支援やキャリア支援を通して、未経験からの異業種転職を成功に導く点に最大の強みが理由で、厳選して紹介している転職サービスです。

登録後には適職診断が実施されているため「転職したいけど就きたい職業がわからない…」「転職先にどういった企業を選ぶべきか判断できない…」と悩んでいる方でも、自分に向いている仕事が見つけられる点で安心です。

なお、登録対象者としては20代~30代の若手が中心となります。また、他転職サービスでは中々サポートしてもらえない年収200~300万円台の層の転職支援実績が多数な点でも、多くの読者の方に理想の転職を実現してもらえる可能性が高いと考えています。

また、転職先の業種・職種傾向としては、需要が高く高年収・在宅ワークが実現しやすいIT/WEB系の仕事が多めです。とくにブラックな労働環境が多いことで知られる、ブライダルや保険業界などの個人(toC)営業、アパレルや飲食業界などの販売・接客業から、IT/WEB系の仕事への転職実績が豊富という点で、将来性の高い業界に転職したいなら、使ってみる価値は高いと言えます。

こちらも他転職支援サービス同様、登録や相談は無料となるので、気になった方はぜひこの機会に確認してみてください。

なお、WorXの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

自己啓発
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sukoshiten
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました