【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

【ポンコツ化…】社会人になって落ちこぼれる人の特徴。化けるためには”仕事の本質”を意識せよ!

「社会人になって落ちこぼれて辛い…」
「学生時代は優秀だったのに社会人になってポンコツで辛い…」
「社会人になってから仕事ができないで辛い…」

このように悩んでいませんか?

学生時代は卒なく様々な物事をこなしてきたにも関わらず、社会人になって周りについていけず、落ちこぼれになってしまう方は少なからず存在します。

もし読者がそのような事態に直面しているなら、それは社内環境が悪いのか、職場の人間関係の相性が悪いのか、いずれにしても外部要因に原因があると考えるのが自然でしょう。

たとえば、どんなに学生時代に優秀な人物が会社に入ったとしても、まったく上からの指示や情報共有もなしに理不尽な指示だけ出されていては、本来のポテンシャルの一部も発揮できないことでしょう。また、会社の配属や人事が必ずしも的確とは限りませんので、運悪く苦手な業務を延々と振られ続けることも十分にあり得る事態です。

ですので、社会人になってから仕事ができないと悩んでいる方は、一度、冷静に今の会社環境が自分に合っているかどうか客観的に見つめ、一度キャリアや人生について考えた直した方がいいでしょう。

そもそもで言えば、新卒一括大量採用のような事務的な選考だけでは、企業・労働者双方とも合っているかどうかの見極めなど困難なのです。

世の中には、仕事ができないまま出世してしまい、その場しのぎの方法だけ覚えて出世してしまった管理職という残念な人も多数います。

たとえば、実質的には部下の提案や仕事で成果を出しているにも関わらず、さも自分の功績化のように振る舞うことだけは上手いといった人物です。こういった人物はマネジメント能力がないので、指示も不明瞭で揚げ足取りだけは上手く、部下に理不尽な指示や要求をしてストレスをかけて仕事させる能力だけには長けています。

もし、社会人落ちこぼれでポンコツになった自覚があるにも関わらず、今のまま会社に居続けると、将来はそのような「中身のない中高年管理職」になってしまうかもしれません。

もちろん、そういった立ち振る舞いが求められて当たり前になっているような社内環境であれば、そのような姿を目指した方が、収入には困ることがないので、悪いことだとは言えません。

しかし、実質的な仕事の能力や人としての人格や器量が育まれることなく、自分自身で何かを判断したり達成するといった本質的な社会人としての能力や経験が身につかないまま、内心では自分がずっと落ちこぼれやポンコツだとわかっていながら、それを必死に取り繕うだけの「名ばかり社会人」でい続けることは、果たして幸せなことなのでしょうか?

余裕なく部下に理不尽に当たって裏では愚痴られて尊敬されない上司や、自立心が身につくことなく会社にすがり続けるだけの存在には、決してなりたくないはずです。

そういう意味でも、社会人の早いうちから「自分は落ちこぼれだ…」「自分はポンコツだ…」「自分は仕事ができない…」と真剣に悩むことは、今の自分の状況やこれからなりたい自分像に漠然と気づけ始めているという点で、一歩前進している証拠なのかもしれません。

なぜ、冒頭からこのような辛辣な話題を出したかというと、社会人には上記で紹介したような仕事のような仕事をこなすだけでその場しのぎだけで生きている人間が驚くほど多いからです。

そこで本記事では、社会人になってから落ちこぼれになってしまったと悩む方に向けて、落ちこぼれになってしまう要因の解説も交え、どのように向き合ったり考えるべきか、また、落ちこぼれから抜け出して活躍するためにはどうするべきか、お伝えしていきたいと思います。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

社会人で落ちこぼれになって辛い思いをする人は少なくない

読者にまず知っておいて欲しいことは、社会人一年目で落ちこぼれになって辛い思いをしている人は少なくはないということです。

冒頭でもお伝えした通り、会社は実力主義の競争社会ですので、途中でついていけなくなっても誰も助けてはくれません。

「周りよりも劣ってて辛い…」
「仕事が一人前にこなせなくてしんどい…」
「仕事で失敗ばかりで怒られてばかりで辛い…」

このようなみじめな思いをしながら、落ちこぼれとして会社で自信なく働き続けるのは、非常に辛いものです。

もちろん、そこで少しでも「今の会社になんとか食らいついてやる!」という意志があるなら、落ちこぼれになっても仕事を続けるべきでしょう。

ですが、ついていく気力すらないのであれば、辞めることを前向きに考えておくのもありでしょう。

最近では、社会人1年目~3年目以内に辞める人も少なくはありません。

七五三現象」という言葉もありますが、中卒7割・高卒5割・大卒3割の比率で入社3年以内に仕事を辞めるという統計結果もあるぐらい、一定数の落ちこぼれ層が辞めてしまうのは当たり前のことなのです。

社会人になって落ちこぼれてしまったら
無理に続けずに転職を考えるのも大事ですよ

会社で落ちこぼれになってしまうと辛いと感じる原因は?

社会人になって仕事で落ちこぼれになってしまうと、なぜ辛いと感じてしまうのでしょうか?

それには以下のような原因が考えられます。

▼会社で落ちこぼれになると辛い原因

  • 周りに比べて劣っている感覚に襲われる
  • 同期にバカにされたり見下される
  • 上司や先輩に怒られる頻度が増えて嫌になる
  • 失敗が増えてポンコツ扱いされて辛く感じる
  • 周りの足を引っ張ってる罪悪感で苦しくなる
  • 自信がなくなり会社で活躍できる未来が想像できない

これらの原因を関連付けて考えるとわかりやすいですが、落ちこぼれになって周りよりも劣ってしまうことで、周りからの評価が下がって段々と仕事にも悪影響が出てくるという負のスパイラルに陥ってしまうわけです。

一度落ちこぼれて上手く行かないことが続くと
今の職場で持ち直す自信がなくなるんですよね…

しかも仕事は周りの評価も大事なので
余計に辛いですよね…

会社での仕事はチームワークが大事ですので、著しく足を引っ張るような落ちこぼれ人材は周りからも邪険に扱われてしまい、本人は罪悪感を感じてしまうため、お互いに気まずくなってしまいます。

職場では同じレベル同士の人間でないと
バランスが取れなくなるので
ついていけない人から脱落していくものだ…

また、ひどい職場の場合ですと、仕事が出来ないことを理由にいじめ・ハラスメント行為が横行することもあります。

仕事はストレスの多いものなので、明らかに周りより劣っていて足を引っ張る存在に対して、イライラの矛先が向かってしまっても仕方ない…と考えてしまう人もいるのです。

落ちこぼれ社会人のまま無理に続けるとどうなる?

社会人になって落ちこぼれのまま無理に続けるとどうなるのでしょうか?

主に以下のようなパターンが目立ちます。

  • うつ病になるまで気づかずに働き続けて身体を壊す
  • 仕事に必要なスキルが身につかずに成長できない
  • 無能感を抱えたまま成功体験が積めないので実績も得られない

とくに多いのが、世間体や周りの意見を気にするあまり、落ちこぼれても無理に続けてしまい、自分でも気づかないうちにうつ病になるまで働いてしまい、ある日突然身体が出社を拒む…というパターンです。

「自分は明らかに落ちこぼれだ…」「この仕事には向いてない…」と気づいているにも関わらず、自分にウソをついてまで無理に働くと、最終的には良くない結果になるのは間違いありません。

少しでも「自分は社会人として落ちこぼれだ…」という自覚があるのであれば、しっかりと考える時間を作って「本当に今の仕事は向いているのか?」「今の会社を続けるべきか?」を一度見直してみるべきでしょう。

また、その際には「辞めるのは甘えだ」「辞めることは逃げだ」と言った意見に流されずに、自分自身の気持ちと向き合うことも大事だと言えます。

仕事を辞めることは甘えでも逃げでもないので
以下の記事を読んで考え方を変えてみましょう

落ちこぼれ社会人から第二新卒として転職すると辛いことも?

社会人3年以内の落ちこぼれとして仕事を辞める場合、転職市場では「第二新卒」として扱われます。

第二新卒として転職する際に注意したいのは、前の職場の失敗を引きずったまま落ちこぼれとして転職するとまた次の職場でも落ちこぼれ扱いされやすいということです。

その結果、また落ちこぼれて辛いと感じてしまい、転職を繰り返し続けて長く働けない体質となってしまう恐れがあります。

それじゃあ落ちこぼれは
一生、落ちこぼれのままなんですか…?

いや、就職活動で失敗した人は
しっかりとカウセリングを受けて
落ちこぼれという意識をなくした上で転職した方がいいんだよ

社会人となって最初の会社で落ちこぼれてしまった場合、仕事に対してのトラウマや会社に対する恐怖心が強くなるため、次の職場に自信が持てない状態で転職してしまい、また同じ失敗を繰り返してしまいがちです。

ですので、落ちこぼれ社会人となってしまった方は、しっかりとカウセリングを受け、落ちこぼれ意識をなくした上で次の職場を探すことをオススメします。

カウセリングってどこで受ければいいんですかね?

うつ病寸前なら近くの「心療内科」に通うことをオススメするが
そこまでないのであれば第二新卒向けのサービスを使えば
キャリアカウンセラーの人が話を聞いてくれるぞ

第二新卒向けの就職・転職支援サービスでは、カウセリングに力を入れる方針の会社が多く、落ちこぼれ経験のある利用者が転職を成功させた実績があります。

また、相談相手となるキャリアカウンセラー自体も第二新卒からの転職経験がある場合も多いので、より親身で共感できる相談内容に期待できるかもしれません。

第二新卒からの転職なら
既卒・第二新卒経験者の社員が多く在籍する
ウズキャリ」の利用がオススメだな

落ちこぼれ社会人から第二新卒として転職したい方は、20代向けの就職支援サービスの中でも、とくにカウセリングに力を入れているウズキャリの利用をオススメします。

ウズキャリは社長自身が就職失敗から会社を立ち上げた経緯があり、社員も第二新卒・既卒経験者が多いため、落ちこぼれ社会人として辛い経験をしている方にとっては親身な相談内容に期待できるはずでしょう。

ウズキャリを見てみる【完全無料】

落ちこぼれ社会人から抜け出したいなら転職を考えておこう

読者の方が「社会人になって落ちこぼれた…」という自覚があるのであれば、転職するのもひとつの選択肢かもしれません。

あたしぐらい、不屈の意志があるのであれば環境も関わる人間なんか関係なく成長できますが、そうでない流されやすい凡人は、他人に変えてもらうのもひとつの手でしょう。

もちろん、転職したからと言って変われる保証も、落ちこぼれから這い上がれる確証もありませんが、何もしないよりかはずっとマシです。

うじうじ悩んで「自分は落ちこぼれだ…」と暗い毎日を送り続けるぐらいなら、早めに行動して転職のチャンスを知っておくだけでも違う人生が送れるはずでしょう。

第二新卒にオススメの就職支援サービス

社会人になって落ちこぼれたと思っている人で、卒業後3年以内であれば「第二新卒」に含まれます。

第二新卒層はキャリアアップ転職ではなく、どちらかというと「就活の失敗を取り戻す」という方向性の転職になりやすいです。

そのため、就職活動で間違ってしまい、今の職場で「こんなはずじゃなかった…」と悩んでいるのであれば、まずは第二新卒向けの就職支援サービスがオススメできます。

第二新卒向けの就職支援サービスは、主に以下の通りです。

サービス名 主な特徴 備考
いい就職ドットコム
  • 求人情報の閲覧が可能
  • 中堅企業の紹介多め
  • ブラック企業排除の方針が明確
  • 地方求人の扱いあり
  • 2001年から運営の実績最多
  • 社長に既卒・ニート経験あり
正社員オンリー
JAIC
  • 営業職特化
  • セミナー・講習のサポート強め
  • 全国展開(説明会の定期開催)
正社員オンリー
営業職中心
ウズキャリ
  • 若手中心の人材会社
  • ネットでの情報発信に精力的
  • 社長にフリーター・ニート経験あり
  • 職業訓練あり(ウズカレ)
  • 退職代行支援あり(リスタート)
IT・WEB系中心

この手の就職支援サービスは、担当者との相性や、会社ごとの求人取り扱い傾向で方向性が変わってくるので、数社を併用して使っておくことを推奨します。

転職エージェントを使っておくことも大事

第二新卒層でない卒業後3年以上の方や、キャリアアップ転職を考えている第二新卒の方は、転職エージェントの利用もオススメします。

転職エージェントでは年収アップが見込みやすく、条件さえ合えば比較的年収アップしやすいのが特徴です。

仮に年収アップが見込めなくても、どうすれば年収アップ出来る人材になれるかの方向性が見えてきたり、あるいは自分の望む職種や環境へ転職できるチャンスも知れますので、使っておくだけ損はありません。

転職エージェントは無料で使えて、登録しておけば優良な非公開求人もバンバン送られてくるので、早めに登録しておくといいでしょう。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

自己啓発
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました