転職4ヶ月目で退職する時の注意点|中途入社4ヶ月で辞めたい時に考えておくべき全知識

入社4ヶ月目で辞めたいと悩んでいませんか?

この記事では入社4ヶ月で辞めたいと悩んでいる人に向けて、辞めるべきか続けるべきかの判断基準から退職方法、その後の転職について紹介しています。

また、中途入社(転職後)/新卒、正社員/派遣社員など、読者の状況に合わせた退職方法もお伝えしていきます。

読者ご自身のキャリアに合わせた情報を参考にすることで、より良い転職につなげるきっかけにしてみてください。

スポンサーリンク

4ヶ月で辞めても構わないが引き留めにあう可能性は考えておく

読者の中には「そもそも4ヶ月で辞めてもいいの?」と疑問に感じている方もいるかと思います。

4ヶ月目で退職すると周りに悪く思われそう…

周りに止められるめんどくささを思うと
辞めるのですら嫌になりますよね…

4ヶ月という短期間で辞めることは、周りに迷惑をかけてしまう結果になりやすいので、心理的にも「まだ続けてみるか…」となりやすいはずです。

法律上は4ヶ月で辞めても
まったく問題ないぞ!

結論から言えば、法律上では勤務期間関わらず、辞職を申告して2週間待てば退職することは可能です。

ですので「周りに悪く思われるから」「迷惑をかけるから」という不安は一切置いておき、強気で対応しても構いません。

ただ、それはあくまで法律上や手続き上の話であって、会社によって退職手続きがスムーズに進むかどうかはまちまちです。

現実問題として、入社4ヶ月という短期間での退職であれば、退職を申し出ても社内で引き留めにあう可能性は高いです。

というのも、会社側からすれば出来る限り長く続けてもらった方が都合がいいので、上司や先輩がすんなりと退職を受理してくれることは少ないからです。

上司や周りの社員を説得して退職を受理させる自信があるのであれば4ヶ月で辞めても構いませんが、そうでなければ転職先を決めておくなどして、退職を受理させるのに十分な理由を作っておくといいでしょう。

ただし、どうしても辞めたいのであれば「一身上の都合」と退職理由を説明した上で、無理にでも退職届を受理させれば2週間待てば辞めることもできるので、読者の状況によって辞め方を考えておくといいでしょう。

「今すぐにでも会社を辞めたい」と悩んでいる人は
以下の記事も参考にしてみてくれ!

4ヶ月目で仕事ができないで向いてないと判断するのはまだ早い

入社4ヶ月目で辞めたいと考えている人の中には「仕事ができないので辞めたい…」「向いてないから辞めたい…」と悩んでる方もいるかと思います。

その場合、入社4ヶ月では会社のことも仕事のこともまだ理解できる時期ではないので、焦り過ぎかもしれません。

むしろ「転職して仕事ができない…」と悩んでいるのであれば、周りに遅れをとらないように必死になっている証拠だとも言えるので、新しい職場に適応している最中だと言えます。

仮にそうであれば、4ヶ月目で辞めたいと相談しても、周りや上司から引き留められるはずなので、辞めるかどうかを考えるよりは、目の前の仕事に集中して一日でも早く戦力になることに意識を向けた方がいいでしょう。

どうしても不安であれば、上司や先輩に相談してみて、自身の仕事の習得度合いを聞いておくといいかもしれません。

その上で仕事が出来ない・向いていないと感じるのであれば、そこで初めて転職を考えておくべきでしょう。

今の仕事が向いてないかどうか知りたいなら
以下の記事も参考にして判断してみてください

中途入社4ヶ月目で職場に馴染めないなら会社に何か問題がある

入社4ヶ月目で辞めたくなる場合、会社自体に何かの問題がないかも考えておきたいです。

▼中途採用から短期で辞めたい時に多い原因

企業も完璧ではないので、採用に関してのミスマッチも少なくなく、中途採用者を受け入れる体制がないまま入社させてしまう事態も考えられます。

目安としては、中途採用されて4ヶ月経ったにも関わらず、一切仕事を教えてもらえなかったり引継ぎがないのであれば、社内環境を疑った方がいいかもしれません。

派遣社員が4ヶ月目で辞める場合は派遣会社に連絡して契約内容を確認しておく

4ヶ月で辞めたい人の中には、派遣社員の方もいらっしゃるかと思います。

派遣社員が4ヶ月で辞める場合、契約の関係で派遣会社と働いている職場で揉める可能性が出てくるので、勝手に辞めるのは避けた方がいいでしょう。

もし、辞めたいのであれば、まずは派遣会社の担当者に連絡を入れて、辞めたいことを伝えておくべきです。

派遣社員が4ヶ月で辞めてしまうと、派遣会社にとっては契約違反となって信用問題にも関わってくるので、そう簡単に辞めさせてもらえないこともあります。

派遣会社の担当者次第では退職に関して前向きに手続きしてくれることもありますが、契約内容が優先されることの方が多いです。

ですので、派遣社員が4ヶ月で辞める場合は、以下のような手順で退職に関して相談・連絡を進めていくといいでしょう。

▼派遣社員が4ヶ月で辞める際のステップ

  1. 派遣会社に連絡してすぐに辞められるかどうか確認
  2. 契約内容や派遣期間を把握し、いつ辞められるか確認
  3. 契約期間終了まで耐える
  4. どうしても耐えられないなら派遣会社の担当者に再度相談する

派遣社員の場合、契約期間を更新しなければスムーズに退職できるので耐えておく方が、穏便に済むはずです。

また、現在利用している派遣会社や担当者からの信用がなくなり、今後同じ派遣会社を通して次の職場を見つける際に不利になるリスクもあります。

ですので、派遣社員が4ヶ月で辞める場合は更新期間まで待ちながら、次の転職先を見つけておく方が無難だと言えるでしょう。

派遣社員を辞めて正社員へ転職したい人は
以下の記事も参考に退職前から転職活動をしておきましょう

新卒入社4ヶ月目で辞めると第二新卒となるので転職は不利にならない

新卒入社4ヶ月目で辞める場合は「第二新卒」という区分として扱われ、卒業後3年以内であれば企業側に新卒同様に扱われるため、転職ではあまり不利になりません。

でも新卒4ヶ月目で辞めたら
落ちこぼれ扱いされたり

世間体が悪くなりませんかね…?

社会経験の浅い新卒生なら
そういう気持ちもあるだろう

だが、ぶっちゃけ企業側からすれば
「新しい若手人材さえ入社してくれれば関係ない」

たしかに企業側からすれば
若い人手さえ確保できれば
職歴や学歴はどうでもいいですからね!

新卒後3年以内に辞めた場合、非常に多くの企業や人材サービスが第二新卒の採用に積極的だと言えます。

また、大学(高校・専門学校含む)のキャリアサポートセンターが時代に合った職業斡旋をしていない影響もあって、下手な就職先で無理に続けるよりは、第二新卒向けの就職支援サービスを通してしっかりとした勤め先を見つけた方がいい場合も少なくありません。

たしかに大学の就職サポートって
かなり適当でしたもんね…

学校のキャリアサポートは
学生がブラック企業に就職しても
知らんぷりできる立場にあるからな

第二新卒を対象とした20代向けの就職支援サービスの多くでは、ブラック企業の排除に力を入れており、紹介先企業の聞き込み調査をしっかり行っている業者が大半です。

第二新卒向けのサービスなら
ブラック企業排除と正社員限定採用に力を入れている
いい就職ドットコム」がオススメです!

入社4ヶ月目で辞めたいなら転職先を決めた上で辞めた方がいい

もし、入社4ヶ月目で辞めたい気持ちが強いのであれば、せめて転職先から内定をもらった上で今の会社を退職した方がいいでしょう。

それには以下のような理由があります。

  • 今の職場で退職の引き留めにあった際に強気に交渉できる
  • 4ヶ月での退職は経歴的に不利なので在職中に次を決めておきたい
  • 転職活動を通じて今の職場で働くべきかどうかがより正確に判断できる

4ヶ月目で辞める際に不安なのが、早期離職で経歴に傷がついてしまい、次の転職先が見つからない・またすぐ辞めてしまう職場に就いてしまうという事態になることです。

事前に転職活動を始めて内定さえもらっておけば、最悪の事態は避けられるため、転職で失敗しにくくなると言えます。

4ヶ月目で辞めたい人でも
良い転職先は見つかるんですかね?

しっかり転職活動さえすれば
今の職場がどうであっても問題ない!

転職先となる企業からすれば、使い物になる人材さえ採用できれば4ヶ月目で辞めた経歴があったとしてもさほど問題ありません。

それも中途採用から辞める人であれば、以前の経歴や実績がしっかり活かせる職場を見つけて今よりも自分に合った転職先に出会えるかもしれない…という意味で、転職活動を早めに始めておいて損はないはずです。

う~ん…

でも入社4ヶ月目で辞めるのはマイナスになりそうなので
転職活動を上手く進められる自信がないなぁ…

それなら転職エージェントを活用しておいて
在職中に効率よく転職先を見つけておくといいかもな!

入社4ヶ月目で入社からの退職を考えている方は、転職エージェントを使って効率よく転職活動を進めることをオススメします。

転職エージェントでは、以下のようなサポートが受けられるので、在職中でも転職活動がスムーズに進められます。

  • 自分に合った転職先を紹介してくれるので求人を探す手間が省ける
  • スマホアプリ・メールだけで転職活動を進められるので時間がなくても大丈夫
  • スケジュール調整や紹介先企業との年収交渉をすべて行ってくれる
  • 4ヶ月目での退職というマイナス要素でも不利にならない転職方法を教えてもらえる

以上のようなサポートに期待できる転職エージェントですが、次の会社に入社できるまで完全無料で利用できるので、登録しておくだけ損はありません。

また、転職エージェントは紹介先企業との契約上、長く働ける人材を紹介しないといけないため、数ヶ月で辞めたくなるような会社にまた入社してしまう事態を避けやすくなります。

4ヶ月目で辞めたいと悩んでいる方は、ぜひ転職エージェントを活用してより良い転職先を見つけ出してみてください。

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

※全業者コロナウイルスに伴いオンライン面談に対応中。

  • リクルートエージェントオススメNo.1…国内第1位のリクルートのエージェント。転職成功者実績40万人。求人数20万件以上。スピーディな対応で3ヶ月の転職も可。経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。有名企業・大手企業の求人多数。
  • ウズキャリ面談対応の丁寧さNo.1…面談の丁寧さが売りの20代向け就職支援サービス。社員に退職経験者が多く親身な対応がネット上で好評。
  • ハタラクティブ未経験者にオススメ…急成長中のレバレジーズ社の手がける、20代向けのエージェント。中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

※多くの転職業者や紹介先企業でオンライン面談が進んでいるので、在宅からでも転職活動が非常に進めやすい状況になっています。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

リクルートエージェント公式サイトへ

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ウズキャリについて詳しく知りたい方はこちら

→ハタラクティブについて詳しく知りたい方はこちら

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました