4ヶ月目で仕事を辞めたい。向いてないと思ったら4ヶ月目から転職活動を始めておこう

転職マニアのイツキです。

転職回数10回以上の転職マニアで、転職について知り尽くしています。

入社4ヶ月目は会社を辞める決断を下す、大事な時期です。

というのも、研修期間3ヶ月経って一人前になり仕事を任せられる段階だからです。

4ヶ月目で「思ってたのと違う…」と感じたのであれば、間違いなく今のあなたに向いていません。

ですので、今回は入社4ヶ月目でかしこく辞める方法を教えましょう。

社会人1年目で辞めたい方はこちらも→新卒社会人1年目で辞めたい時の注意点と転職方法|働きたくない、辞めると言いづらい、向いていない、勇気が出ない

転職後4ヶ月目に辞めたい方はこちらも→もう辞めたい?転職したばかりだけど辞めたくなっている時に踏みとどまるための考え方。

「向いていない」と感じている人はこちらも→今の仕事に向いていない時の判断ポイント。辞めたいと悩んでる時に見直すべきことは?

スポンサーリンク

入社4ヶ月目で辞める際の判断ポイント

  • 社内の研修はしっかりしていたか?
  • 新人に十分な人材育成・マネジメントを行う余裕はあるか?
  • 自分の思ってた仕事内容と実際の仕事内容が一致しているか?

社内研修がしっかりしていない会社は、新人教育をしっかりする気のない会社なので、辞めちゃったほうがいいです。

あとは上司がクソな場合。

「何でこんなこともわからないの?」
「そんなんじゃやっていけねえぞ!!」
「君、この仕事向いてないよ」

こういう意地の悪い上司は、どの道仲悪くなって辞めちゃいたくなるので、早めに見切りつけたほうがいいですよ。

「この仕事、思ってたのと違うかも…」という場合も辞めちゃっていいですね。

大人も会社も嘘つきなので、面接にした時の約束や求人内容と違うことを平然と押し付けてきます。

これ、早いうちに気づかないとヤバイんですよ。

なぜなら、そういう約束を守らない会社は平然と給料をカットしてきて、都合よく面倒な仕事を押し付けてくるから。

新人の頃には気づかないと思いますが、1~2年経つとだんだん気づいてくるんですよ。

あれ?ひょっとして私都合よくこき使われてるんじゃ…?」って。

そうなった時にはもう手遅れ。

会社や上司に「お前がいなくなったら会社が回らない」と無言の圧力で威圧され、辞めようにも辞められない。

そうなる前にも、4ヶ月目に辞めるかどうかは非常に重要です。

会社側も4ヶ月目から見切りをつけ始める

入社4ヶ月目に辞めたくなるような人は、正直会社からも見切りをつけられています。

社内では「あいつ使えね―」「今年の新人は出来が悪い」「同僚の〇〇は出来るのに…」など、裏でコッソリ陰口を叩かれていると思うと、ほんとイヤになりますよね…。

大手企業や人材を大事にする会社は、4ヶ月目で辞めたくなるなんてことはありません。

新人を”人財”だと思って大事に扱い、人の良い上司が飲み方から人付き合いの仕方まで、丁寧に面倒を見てくれます。

つまり、4ヶ月目で辞めたいと思うような人は、会社に大事にされていないんですよね。

私は毎回その事実に気づく度に「こんな会社辞めてやる!」と思って、転職してます。

4ヶ月目で辞める場合の注意は?

…とはいえ、入社4ヶ月目で辞めちゃうのは色々問題があるので、以下の点に気をつけておくといいですよ。

辞めるか続けるかの決断は早めに

転職をする際に、最悪なのが「辞めたいけど他にアテもないし嫌々続けるか…」というパターンですね。

ハッキリ言って、会社側も「こんな人材雇うべきでなかった」と思っていて、働く側も「こんな仕事就くべきじゃなかった…」と思っているようでは、お互いに不幸でしかありません。

そんな職場で働き続けても辛いだけですよ。

入社4ヶ月目で見切りをつけてしまえば、会社側も自分も互いに時間も人件費も無駄にせずに済むため、前向きに辞める決断をしておくべきでしょう。

転職方法には気をつけておこう

入社4ヶ月目で転職する場合、方法もしっかり選んだほうがいいですよ。

最近の子は転職の仕方を知らない人が多いですけど、ハローワークに行ったり求人サイトを使うのはダメ。

なぜなら、絶対にいい会社に入社できないから。

「なぜ4ヶ月で辞めたんですか?」
「そんなんで、ウチの会社でやっていけるの?」
「4ヶ月で辞める根性無しはウチには要らない」

転職の仕方を知らないで手探りでやってしまうと、本当にこういう嫌味な面接官に出くわします。

そして自信もなくなり、ニート・フリーターとして「あの時、辞めなければ良かった…」などと後悔するハメになります。

そうなっちゃうと、人生転落コースまっしぐら。

キャリア組でリアルも充実していく友人に引け目を感じながら「あの時辞めなければ…」「あんな会社に入社しなければ…」と一生後悔するハメになります。

転職エージェントを使っておくと確実で間違いない

ですので、4ヶ月目で入社して転職するなら、転職エージェントを使っておくといいでしょう。

転職エージェントはプロのアドバイザーが転職のサポートをしてくれるので、確実に間違いなく転職を成功させることができます。

しかも、転職エージェントは完全無料で利用できる

最近の若い子はすぐに辞めるし、おまけに若手不足なので、かなりカンタンに転職が決まるんです。

転職エージェントはプロが転職のサポートをしてくれるので、自信のない人でも、いい会社に入社することができますよ。

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました