仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

入社5ヶ月目で辞める際のポイント。就職失敗の対価を支払うつもりで転職に挑もう!

転職アドバイザー
転職カウンセラーのヒビキです

読者からこんなメッセージが届きました。

入社5ヶ月目ですが「もう辞めたい…」と感じてます。
仕事にやる気が出なく、まったく上司からも評価されません。
…もう辞めたほうがいいでしょうか?
それとも半年待った方がいいでしょうか?
20代前半/男性

うーん。なかなか悩ましい質問ですね。

ですが、ハッキリ言っておきますよ。

入社5ヶ月目でも気にせずに辞めちゃっていいと思いますよ。

なぜなら、入社3年以内に辞めるなんて、今どき当たり前ですから。

厚生労働省のデータを見ても、大卒でも3~4割、高卒なら5割は辞めちゃってますからね。

参考:新規学卒者の離職状況 |厚生労働省

しかも、効率よく転職活動すれば次も見つかりますし。

逆に「辞めてはいけない」という理由が見当たらないぐらいです。

…と言っちゃうと無責任に感じますよね。

そこで今回は転職ノウハウを交えて「入社5ヶ月目で辞めてもいい理由」を紹介していきましょう。

社会人1年目で辞めたい方はこちらも→新卒社会人1年目で辞めたい時の注意点と転職方法|働きたくない、辞めると言いづらい、向いていない、勇気が出ない

転職後5ヶ月目に辞めたい方はこちらも→もう辞めたい?転職したばかりだけど辞めたくなっている時に踏みとどまるための考え方。

入社5ヶ月目で絶対に「辞めないほうがいい」条件を知っておくべき

まずは逆説的に「絶対に入社5ヶ月目で辞めないほうがいい」と断言できる条件から、紹介していきます。

  • 一流の大企業勤めで残業少なめ、手取り22万円以上
  • 上司や先輩の指導が丁寧でわかりやすい
  • 新しい仕事がよく割り振られ、やり甲斐がある
  • 睡眠時間8時間はとれ、土日も休み
  • 上司や先輩の姿から「将来、自分が活躍できる姿が目に浮かぶ」

これぐらいの待遇が揃っていれば「絶対に辞めない方がいい」と断言できます。

しかし、現実問題として、入社1年未満に辞めようと悩む人は、条件に当てはまらないはずです。

それぐらい、世間を知らない新卒生を都合よく使い倒そうとする、悪徳企業が世の中には多いのです。

普通の優良企業であれば、上の条件の半分以上は当たり前に満たします(手取りは学歴に左右されますが…)。

一方で、無知な新卒生をコキ使う企業は、平然と新入社員を追い詰めて使い潰す所業を行ってきます。

上の条件を確かめて、今一度「自分の会社は人材を大事にしているか?」を考え直してみましょう。

関連:社員を大事にしない会社の特徴。従業員や人を大事にしないで使い捨てる企業はなぜ減らないのか?

入社5ヶ月目で辞めたほうがいい人の条件

次に、辞めてもOKな会社の条件を教えます。

  • 手取り20万未満、自由に使えるお金も少なくてガッカリしている
  • 上司や先輩が放任主義or厳しすぎる
  • 新しい仕事が振られず、やり甲斐がまったくない
  • 睡眠時間毎日6時間未満、プライベートの時間がまったくとれない
  • 上司や先輩がまったく尊敬できない(反面教師にしかならない)

手取り額は地方や学歴により上下差もありますので「大卒・都内」目安です。

地方なら手取り15万以下あたりが最低目安でしょうか…。

関連:20代で手取り15万円以下の仕事は転職を視野に入れて年収アップを目指そう。一生貧乏生活が続きますよ

正直、こういうハズレ企業に就職してしまい「この会社で働いてもまったくいいことはない…」と感じて、辞める人はかなりの数います。

とくに珍しい話でもなく「当たり前のこと」ですので、気にせずに辞めて問題ないですよ。

要は、単に「就職活動でハズレ企業を引いてしまった」ぐらいの事でしかないですからね。

入社5ヶ月目で辞めるなら「次につなげる」転職活動をしよう

ただ、入社5ヶ月目で辞めるのであれば、ひとつだけ気をつけておいてほしいことがあります。

それは、必ず次の転職先は「絶対に辞めない覚悟で入社する」と決意を固めておくことです。

基本的に今の20代の転職は未経験者でもさほど不利にはなりませんが、転職活動で中途採用者を求めている企業は「辞めないで長く働いてくれる人材」が一番欲しいわけです。

つまり「こいつはまた辞めそうだな…」と思われることだけは、なんとしても避けたい。

そのためには、今の会社を辞める理由や次につなげる動機をしっかりと考えた上で、計画的に辞めるべきでしょう。

入社5ヶ月目で辞めるのであれば、転職先を決めてからにしよう!

入社5ヶ月目で辞めるのであれば、よほど精神・身体的に限界が来ているのでもなければ、余裕を持つために転職先を決めてからにしましょう。

無計画に「まあ、転職先なんてすぐ見つかるからいいや」と舐めた態度で辞めると、そのままニート・フリーターコースまっしぐらで、貴重な20代の時間を無駄にします。

関連:転職先が決まらないうちにとりあえず退職するのはあり?次を決めずに辞めるデメリットとは?

ですので、早めに気持ちを切り替えて転職先を決めてから、計画的に辞めるのが間違いないでしょう。

万が一、転職活動の中で「今の会社は結構条件がいい」と気づくこともあるので、辞めてしまって後悔するよりはずっとマシです。

…まぁ、入社5ヶ月目で辞めたくなる会社なんて、だいたい転職すれば「もうあんな会社には戻りたくない…」と思うほどブラックなので、早いうちに見切りをつけて正解ですよ。

転職活動の時間がない場合は?

とはいえ、新卒1年目未満で辞めたい人は、多くの人が「転職活動する時間がない」という問題を抱えています。

しかも、ブラック企業でまったく時間がない人ほど、転職活動するべきなのに出来ないで、うつ病になって辞めてしまってブランクが空くハメになる。

そこで、オススメしたいのが「転職エージェント」でプロに転職活動のサポートをしてもらうという方法です。

関連:転職エージェントの仕組み・特徴・メリット・デメリットを徹底解説!転職サイトとの違いは?

転職エージェントは無料で利用でき、最短3ヶ月での転職も可能ですので、かなり効率よく次が見つけられますよ。

転職エージェントは自分に合った求人を見つけ出してくれるので、内定確率の高い求人に狙いを絞って応募することもできます。

しかも転職エージェントは土日も面談受付していますので、一度相談すればスムーズに転職先を見つけ出すことができます。

最悪、転職エージェントで「次が見つかりそう」と確信できたら、今の仕事も躊躇なく辞められるので、今すぐ登録して転職先を見つけておくといいですよ。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職系Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

現実の転職はクソ、これからはVR世界での転職の時代

これが新時代の転職活動だ!!!!

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。