【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

入社5ヶ月での退職はあり?慣れない時に見直すべきこと、続けるべきかの判断ポイントを解説!

「新社会人だけど入社5ヶ月目でもう辞めたい…」
「転職した会社が合わなくて行きたくない…」
「正社員になったけど5ヶ月目でもう無理…」

入社5ヶ月目は、勤務期間半年という区切りが近づき「今の仕事は本当に向いてるのかな?」「思ってたより仕事が辛い…もっといい条件で働けないかな?」と悩む時期です。

その中で「思ってた仕事内容や条件と違う中でも我慢して続けてきたけどもう限界…」「仕事内容がキツいし職場環境も合わない…」と気づき、早期退職する人も一定数います。

でも、入社五ヶ月目で辞めるなんて

「甘え」と思われたり

次の仕事探しで困らないかな?

一般的には「入社5ヶ月目で辞めるのはありえない」「3年は我慢して続けろ」という意見が多いですが、数ヶ月で辞めたくなるような会社側にも問題があることが多いです。

そこで当記事では、入社5ヶ月目で退職しようかどうか悩んでる人に向けて、下記の情報をお伝えしていきます。

  1. 入社5ヶ月目で辞めたくなる理由として多いトラブル
  2. 入社5ヶ月目で辞めていいのか?耐えて続けるべきか?
  3. 入社5ヶ月目で退職する時に気をつけること
  4. 入社5ヶ月目で辞めても次は失敗しない転職活動のコツ

入社5ヶ月目で辞めても

不利にならないための

情報をお伝えしていきます

▼3人に2人が年収アップ転職を実現
LHH転職エージェント」の紹介

外資系企業ならではのレベルの高いプロに相談できる転職エージェント。
登録から転職が決まるまで完全無料で徹底サポート。
全職種・業種対応、5万件以上の求人保有。
経歴のある方はもちろん、卒業後3年以内の早期離職を考える「第二新卒」にも対応。
不満の多い現状の職場から抜け出し、理想の転職を成功させたいなら一見の価値あり。

→詳細はこちら

5ヶ月目で辞めたいと感じる主な原因は?

入社5ヶ月目という早期での退職を決心する人は、一体、どのような理由で辞めていくのでしょうか?

また、5ヶ月目で新入社員に辞められるような職場には、どのような問題が潜むのでしょうか?

「仕事が辛いと感じる…」
「向いてない仕事を振られる…」
「職場に慣れないでキツイ…」
「毎朝、通勤するのも嫌で会社に行きたくない…」

このように感じているなら、それは危険の兆候かもしれません。

無理に続けても精神的なダメージを受けて「うつ病」や「適応障害」になり、社会復帰に何年も要し、人生に悪影響をもたらすこともあります。

辞めるにしても、頑張って続けるにしても、精神的に追い込まれている理由をまずは知っておく必要があります。

この項目を読むことで

以下のような効果に期待できます

▼この項目を読むことで読者が得られるメリット

  1. 辛い理由や動機として言語化でき、退職時に理由を伝える際や転職活動の志望動機にも使える
  2. 自分の状態を言語化できることで、各種専門家に相談する際にも話がスムーズになる
  3. 自分や会社が抱える問題を認識することで、適切な対処法を見つけ出すヒントになる
  4. 「会社側の問題」を知っておくことで、次の仕事選びで合わない会社を避けられるようになる
  5. よくある事例として「みんなが辞めてる理由」を知っておくことで「自分だけではない」と気持ちが少し楽になる

精神的に余裕がない時は、ついつい、自分の状態を正しく認識できなかったり、周りの状況も見えなくなりがちです。

しかし、今自分が抱えている問題、あるいは会社側の問題を知っておくだけでも、気持ちが楽になったり、最適な対処法を考えるためのきっかけになることもあります。

ですので、これから紹介する項目の中から現在の自分の状況に当てはまるものを見つけ出してみましょう。

職場の環境に馴染めない

早期退職に多い理由が、職場に馴染めないというものです。

具体的には以下の通り。

  • 職場の人間関係が合わない
  • 企業文化や会社の社風が合わない
  • 仕事のやり方が合わない

とくに、人間関係が合わない場合は中途採用者を受け入れる土壌が整っていない職場であったり、古参社員の連帯感が強すぎて排他的など、様々な理由が考えられます。

また、企業文化や社風が合わない場合、前職と同じ仕事内容であっても、重視されることがまったく違うということもあり得ます。

仕事についていけない

仕事についていけないことも、入社5ヶ月目で辞めたい理由かもしれません。

  • 周りがハイレベル過ぎて話にすらついていけない
  • 中途採用者の自発性頼みの職場で教育が施されない
  • 効率重視かつミスの許されない仕事でギスギスしている

入社5ヶ月目ともなると、周りの能力差や自分の職場での適性が顕著に現れる時期ともなり、仕事についていけないと感じたなら、人事の配置ミスと考える必要も出てきます。

ギリギリついていけてるならともかく、完全に置いてけぼりにされているようであれば、辞めることも考えておくべきでしょう。

職場の人間関係が合わない

職場の人間関係が合わないことも、5ヶ月目で辞めたくなる理由のひとつかもしれません。

これは具体的に以下のようなケースが目立ちます。

  • 古参社員同士の連帯感が強すぎて職場に馴染みにくい
  • 企業側に中途採用者を受け入れる用意ができていない
  • 会社側に即戦力を求めすぎて教育を受けさせる余裕がない

どんな職場や人間関係でも卒なく馴染めるのが理想ですが、社内の人間関係の空気や雰囲気ではどんなにコミュニケーション能力がある人でも馴染めないことだってありえます。

既存の社員同士の連帯感が強すぎて疎外感を感じるようであれば、なおさら仕事もしにくいことでしょう。

求人内容と実際の仕事内容や契約内容に差がありすぎる

求人内容と実際の仕事内容や契約内容が違い過ぎる場合も短期離職の主な原因です。

事前の説明と実際の仕事内容が違いすぎる場合、それは会社側の説明不足であったり、人事側の採用ミスとも考えられます。

とくに、予期せぬ転勤や事前の説明とまったく違う仕事を振られるような場合は理不尽な会社だと言えるかもしれません。

この場合、会社側の採用力不足や人材配置ミスだとも考えられますので、辞めることを前向きに考えてもいいかもしれません。

5ヶ月目で辞めても大丈夫?

5ヶ月で辞めたい場合、心配になるのが「5ヶ月という短いという期間で辞めても今後の転職活動で支障が出ないか?」ということでしょう。

結論から言えば、短期離職は転職活動では不利になりやすい反面、しっかりとした理由があって辞めれば意外とどうにかなるので気にしなくてもいいです。

ただ、しっかりとした理由がないまま辞めると「この人はすぐ辞める人だ」と思われ、転職活動時に採用されにくくなるので、その点は対策必須なことだけは覚えておきましょう。

以下に、5ヶ月目で辞める際の注意点や考えておくべきことをご紹介していきます。

5ヶ月目で仕事を辞めると後々の転職活動では不利になりやすいことは知っておく

前述の通り、5ヶ月という短い期間で仕事を辞めてしまうと、後々の転職活動では不利になりがちです。
それには以下のような理由があるからです。

  • 短期離職自体があまり企業側に良い印象を与えない
  • 嫌なことや辛いことがあってもすぐに逃げて乗り越えられない人だと思われる
  • 事前の情報収集や雇用契約の確認を怠る人だと思われる

ただ、世の中には1週間という短期間で辞めてしまう人や、そもそも退職手続きすらしないで無言で辞めてしまう人もいることを考えると、辞めるべきかどうかしっかり悩んで考えている時点でしっかりしている人だとも言えます。

また、働く前に事前に仕事内容を詰めて確認することにも限界があり、場合によっては企業側が質問に応えてくれなかったっり時間を割いてくれないなど、両者に非があるケースも少なくはありません。

いずれにしても、5ヶ月で辞めても多少印象が悪くなるだけであって、辞めた理由をしっかり説明出来ればさほど障害にはならないことも多いため、気にし過ぎないことも大事でしょう。

5ヶ月目もすればその仕事が向いてるかどうかは判断できる

5ヶ月も働けば、その会社が合っているかどうか、向いているかどうかは判断できるものです。

少なからず、5ヶ月も経ってまったく仕事が覚えられなかったり、職場に居場所がなければ、明らかにその会社は合っていないと言えます。

我慢して何年も続けていれば芽が出る可能性があるかもしれませんが、それがいつかわからない不安の中で無理して働き続けるよりは、合っている会社で働いた方が何倍も自分の適性を活かせる機会に恵まれるはずです。

ただ、仕事の向き・不向きを判断するのは長い経験と客観的な評価もなければ難しいことなので、もし今の仕事が向いてないと感じているなら以下の記事も参考に、自分の適性を見直す機会にしてみてください。

5ヶ月目で職場に馴染めないなら会社側に問題がある可能性も十分ある

何度か文中でもお伝えしておりますが、5ヶ月目で辞めたくなるような仕事は会社側にも責任がある可能性も考えられます。

具体的には以下のような要因です。

  • 中途採用の扱いが雑
  • 即戦力として過剰な能力を求められている
  • 求人票と実態が違い過ぎる

いずれも、人事側の採用ミスや事前のミスマッチを防ぐための努力不足だと言えるため、必ずしも辞める側が悪いとは言い切れません。

辞める側が「企業が悪い!」と責任転嫁するのは問題でありますが、かと言って自分1人に責任があるわけでもないことを踏まえておけば、次の転職活動でも気持ちを切り替えて臨めるはずでしょう。

辞めるかどうかを最後に決めるのは自分の気持ち次第

5ヶ月で辞める際、今の会社や転職先候補で悪く思われるかもしれない心配をしている人もいるかもしれませんが、一番大切なことは自分自身の気持ちです。

仮に今の会社に少しでも期待していて続けたい気持ちがあれば、転職活動を始めたところで中々踏み切れないかもしれませんし、逆に今の仕事がどうしても向いてないと感じていて辞めたい気持ちが勝るなら、他人にとやかく言われようがそのうちいつかは辞めてしまうはずです。

いずれにしても、退職や転職には正解は存在せず、仕事に求める価値観も人それぞれな以上、最後に尊重したいのは自分自身の本当の気持ちです。

筆者も自分の気持ちを押し殺して無理して嫌な仕事を続けたことがありますが、あまりにストレスを抱え込み過ぎてプツンと糸が切れたように退職を決意しました。

それぐらい、自分の気持ちにウソをつき続けても長くは続かず、いずれ心から辞めたいと思う日が来るのであれば、後はそれが早いか遅いかだけの問題です。

今の仕事が合っていて順調に行っていたり、年収面で優遇されているのであればともかく、そうでないなら自分の気持ちを押し殺してまで無理に続けることは、自分にとっても会社にとっても辛いことだと言えます。

5ヶ月目で辞める場合はどうするべき?退職理由はどう伝える?

ここからは、5ヶ月目で仕事を辞める場合に具体的に行うべきことについてご紹介していきます。

なお、仕事を辞める際にするべきことは以下の記事でもまとめていますので、こちらも参考にしてみてください。

退職理由の伝え方は事務的に淡々と行う

5ヶ月で辞める場合、真っ先に気にするのが「今の会社に辞める際にどう退職理由を伝えるか?」という点でしょう。

結論だけ言えば、わざわざ退職理由を事細かに企業側に伝える義務はないので「一身上の都合」だけでも問題はないです。

ただし、それだけでは企業側が納得しないで引き留められるなど、すんなりと退職手続きを行ってくれない可能性も考えられます。

そうならないために、この記事で紹介しているような辞めたい理由があるのであれば、しっかりと自分の考えや意志を直属の上司に伝え、速やかに退職手続きを行ってもらうといいでしょう。

引き留めにあっても揺るがない覚悟は持っておく

退職の際には引き留めにあることが予想されますし、そうでなくても念のために辞める理由や事情は問われることでしょう。

前述の通り、淡々と退職理由を伝えることはもちろんのこと、しっかりと自分のゆるぎない意志や覚悟を見せておけば、上司も「止めても無駄だ…」とすんなりと退職を受け入れてくれるはずです。

逆に、中途半端な気持ちで退職をほのめかすように形で相談したり、退職する意志を伝えても引き留められて迷ってしまうようでは、会社側も引き留めれば残ってくれるだろうと思ってしまい、退職手続きが長引いてしまうかもしれません。

ですので、5ヶ月で辞めるのであれば、自分の中で意志が固まるまでしっかりと悩み抜き、中途半端にならない形で辞める決意をしてから行動に移すといいでしょう。

転職先は予め見つけおくと安心して辞められる

在職中に転職先を見つけて内定をもらっておけば、安心して辞められるので、できれば退職する前に転職活動を始めておいた方がいいでしょう。

ただし、どうしても今の仕事を辞めて一度気持ちの整理をしてから転職をしたいのであれば、転職先が決まる前に辞めてしまうのも手でしょう。

通常、無職期間は半年以上あると転職活動時に不利になりやすいとは言われていますが、生活できる貯金の余裕があって、なおかつ転職活動を続けられる気力さえあるのであれば、そこまで空白期間がマイナスになるわけではありません。

むしろ「空白期間も何か努力していない人は信用できない」というような会社は、書類選考時点で空白期間を見て落としてくれて弾くことができますので、マイペースに転職活動したい方は先に退職してから転職活動に本腰を入れてもいいでしょう。

転職エージェントでプロに相談して決めておくとスムーズ

ただし、今の仕事が向いているかどうか、現実的に転職先候補があるかどうかは、読者自身の年齢や職種などのキャリア状況によっても変わってきます。

それも年収や勤務地などの待遇や条件にもこだわりだすと、悩むことが多くなり、どうしても転職活動が難航しがちです。

ですので、転職エージェントに登録しておき、自分にあった求人を紹介してもらったり、プロのアドバイザーに定期的に相談しておくことを強く推奨します。

転職エージェントは無料で利用でき、自分に合ったペースで転職活動を進める際にも活用できるサービスです。

集中して利用すれば最短3ヶ月の転職も可能ですし、在職中にマイペースに効率良く転職活動を進める使い方もできます。

また、今の仕事を辞めるべきかどうかの相談もできるので、早いうちに登録しておき相談してみるだけ損はないはずです。

5ヶ月で辞めるべきかどうか悩んでいる方は、ぜひこの機会に転職エージェントに登録してみて、今度は間違いのない転職を決めるきっかけにしてみてください。

わざわざプロに相談しなくても
転職サイトで求人検索すればいいのでは?

このように思われる方も多いでしょうから、まずは「プロに相談した方が間違いのない転職ができる理由」について説明させてください。

多くの転職サービスでは、紹介される求人情報は「登録時に記入した情報やアップロードした職務経歴で決まる仕組み」になっています。

そのため、職務経歴書を作り込まないと今の職場と似たような待遇や年収の求人紹介ばかりされがちという問題があります。ですので「今の職場環境と違う待遇や条件で働きたい」と思っても、似たような魅力のない求人ばかり紹介されて、結局転職できず…という方も少なくないです。

運良く高年収の求人を紹介してもらえたとしても、多くの転職サイトでは「実際の年収よりも高い額を提示することで応募数を増やしているため、内定後に年収が下がるリスクがある」「そもそも、求人票を作っているのが、実際に働く現場ではなく、人事部門や人材会社が作成している。そのため、実態に近い情報が得られない」などの罠が潜んでいます。

これらを、何の転職知識もない人が求人情報だけで判断して見抜くのは難しいです。

利用者目線からは「求人を選べる」ように見えて

・受かる見込みのない求人ばかり見てる
・受かりやすい求人ばかり見て年収アップの可能性を閉ざしてる

など、自分では気づかない「転職失敗の罠」も多いぞ

また、そうでなくても、転職活動を行うにあたり、下記のような「面倒事」が発生します。

▼転職活動で生じる負担の例

  • 求人探しから応募までの手続き
  • 応募求人が受かるかどうか悩む負担
  • 履歴書や職務経歴書の作成
  • 応募企業に合わせた職務経歴書の添削
  • 応募企業に受かるための企業研究や面接対策
  • 面接~内定後のスケジュール調整などの細かな連絡
  • 受からない場合のスキルアップや資格取得
  • 今の会社の退職手続き

こういった面倒事を、在職中のまま行うのは負担がかなり大きいです。

また、忙しくて考えがまとまらないうちや、しっかりとしたキャリアに関する情報収集を行わないうちに、無理に転職してしまうと、失敗してしまうリスクも上がります。

なので、早いうちに転職サービスでプロに相談して、

  • 受かる見込みの高い求人に絞って紹介してもらう
  • 履歴書や職務経歴書の作成のアドバイスをもらう
  • 面接対策や面接後のフォロー、年収交渉をしてもらう
  • 今の経歴で理想の転職が難しい際のスキルアップ方法などを教えてもらう

といったサポートを受けた方が、後悔のない転職を実現しやすくなるわけです。

幸い、ほとんどの転職サービスは無料で相談できる上に、サポートに満足できなかったらいつでも利用を停止できるので、少しでも転職に興味があるなら気軽に相談してみるだけ得です。

転職してキャリアアップしてる人は

プロのサポートを得ながら

転職を成功させてるんですね…

もし、この記事をきっかけに「本格的に転職したい」「今の仕事を前向きに辞めたい」と思った方は、決断するための第一歩として、計画的に転職サービスを活用してみてください。

以下に、当サイトで厳選した「本当にオススメできる転職サービス」を紹介していきます。

LHH転職エージェント

まず多くの方にオススメしたいのが、世界第2位の業績を誇る外資系企業アデコの運営する「LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)」です。

LHH転職エージェントをオススメする理由は、全業種・職種対応取り扱い求人数も多いことや、求人選びから面談の対応・転職活動のサポートを行ってくれる担当コンサルタントのレベルが高いからです。

というのも、LHH転職エージェントは国内大手転職エージェントと違い、下記の画像のような360度式コンサルティングという形式で運営されています。

このことから、応募したい企業の詳細な情報を提供してもらったり、面接などのスケジュール調整から内定後の年収交渉まで、きめ細かなサポートに期待できます。

また、担当コンサルタントが直接応募先企業とやりとりしているため、受かる見込みのない無駄な応募の手間が減ることや面接前の対策から根回しまで行ってくれることで、そもそもの採用確率が高まることもオススメできる理由です。

これが国内の大手エージェントですと、大量の求人情報が送られてくるだけ担当コンサルタントのサポートが雑なことも多く、十分な転職サポートが得られないと感じている方も非常に多いです。

それだけでなく、大量の求人情報の閲覧に時間を取られて頭を悩ませることになったり、受かる見込みの低い求人への応募で無駄に転職活動に時間を費やしがちになるなど、限られた時間の中で転職活動を効率良く進めたい人にとって、国内大手エージェントは求人閲覧するだけで終わり…ということも多いです。

その点、LHH転職エージェントは自分の要望や経歴に合わせて厳選した求人のみを抽出して紹介してくれるため、最初から最短・最善の方法で転職活動できると言ってもいいぐらい、エージェントとしてのサービス価値が徹底されています。

ただ、中には「アデコという会社もLHH転職エージェントというサービス名も聞いたことない…怪しい…」とご不安に感じる方もいるでしょうが、それは大量の広告費を使って社名/サービス名の知名度を高める方針のリクルートやマイナビと違い、LHH転職エージェントは無駄な広告費を削ることで「本当に自社サービスの価値がわかる人」のみに利用を絞っているからです。

転職サポートの実力で言えばLHH転職エージェントは本物と言え、担当者個人のレベルも高いため、多くの方が満足行くサポートを受けられるかと思います。

ぜひ、気になった方はこの機会に登録してみて、外資系ならではのプロの転職サポートを体験してみてください。

WorX(ワークス)

最後にご紹介したいのが、未経験からの異業種転職を手厚くサポートする「WroX(ワークス)」です。

多くの転職エージェントでは、今までの経歴が転職市場で高いものでなければ良い求人を紹介してもらえないことが多く、とくに未経験の異業種への転職は成功しにくいというものがあります。

ですので、現在地点で需要の高い経歴やスキルを持っているでもなければ、異業種への転職や年収アップを目指すには利用者側のスキルアップや業界・企業研究など求職者側の努力が必須なのが実情です。

その点、WorXはスキルアップ支援キャリア支援を通して未経験からの異業種転職を成功に導くところが最大の強みだと言えます。

また、登録後すぐに適職診断が実施されているため「転職したいけど就きたい職業がわからない…」「転職先にどういった企業を選ぶべきか判断できない…」と悩んでいる人でも、自分に向いている仕事を見つけた上で転職活動が始められるため安心です。

なお、登録対象者としては20代~30代中盤までの若手が対象となります。

また、大手転職サービスでは十分にサポートしてもらいにくい年収200~300万円台の層の転職支援実績が多数なところも、今の仕事を辞めたいけど転職先についてのイメージが固まってない方にとって、理想の転職が実現できる可能性が高いと考え、ご紹介しております。。

なお、転職先の業種・職種傾向としては高年収・在宅ワークが実現しやすいIT/WEB系の仕事が多めです。IT・WEB系人材は需要が高く、今後のキャリアでも困ることはないので、将来性の高い業界に転職したいなら使ってみる価値は高いと言えます。

WorX(ワークス)が気になった方は、ぜひ、この機会に確認してみてください。

なお、WorXの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

本格キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

人生100年時代、転職が前提のキャリア意識が求められる現代では本質的な転職スキルやキャリア戦略が必要な時代になったと言えます。

そのため、

「ただ転職すればいい」
「年収さえ上がればいい」
「会社の知名度が高ければ安泰」
「職種の安定性があれば将来に不安はない」

という考えだけでは、キャリアに不安が残り、仕事に対する満足度も高くなりません。

一つの会社で働き続けるだけの
時代遅れの考え方じゃ
将来が不安かも…

「いつでも転職できるように備えたい」
「より自分が適性を発揮できる仕事に就きたい」
「キャリアを見直して年収アップや待遇向上を目指したい」
「スキルアップして未経験職にチャレンジしたい」
「将来のキャリアアップ計画を持って人生設計したい」

もし、このようにお考えなら根本的な転職の思考法人生設計レベルでのキャリア計画が必要となります。

なので、単に「転職サイトに登録して良い求人を見つけて応募するだけ」「転職エージェントの言う通りに転職活動するだけ」では、理想の転職を成功させにくいのが実情です。

転職したいけど
どのサービスを使えばいいか
どういう基準で
転職先を選べばいいか
わからないかも…

そうお悩みの方にオススメしたいのが「ポジウィルキャリア」に相談してみるという選択肢です。

ポジウィルキャリアは、これまでの転職エージェントと異なり「キャリア・コーチングサービス」「パーソナルトレーニング」と呼ばれるサービスです。

キャリア・コーチングサービスとは、キャリアに関する悩みや課題を抱える人を対象に、キャリアカウンセラーやキャリアコンサルタントなどの専門家が、一人ひとりの状況やニーズに合わせて、キャリアの方向性や目標設定、キャリアプランの策定、転職支援などをサポートするサービスです。

ポジウィルキャリアの最大の特徴は「今の仕事を辞めるべきか?続けるべきか?」といった転職しない選択肢にもサポートを行ってくれるところにあります。

転職することが前提の
エージェント系サービスと違い
より利用者個人に合わせた
本格的なキャリアサポートが受けられます

逆にエージェント系のサービスは
転職の方針が明確に定まってないと
良質なサポートを受けにくいという欠点があるぞ

ポジウィルキャリアは以下のような方にオススメできます。

●ポジウィルキャリアはこんな方にオススメ!

  • 今の仕事が向いているかどうか自信がない
  • 今の会社を辞めるべきか転職するべきか迷っている
  • 年収を上げたいけどスキルや経歴に自信がない
  • 人生計画やキャリア設計に悩んでいる
  • 転職の選択肢が多すぎて決め切れない
  • 転職サービスを利用しても良い求人が見つからない
  • 職務経歴書の書き方がわからないで通過率も低い
  • 転職エージェントのサポートが不十分と感じている

転職しようかどうか

漠然と悩んでいるなら

使ってみる価値ありです!

転職は人生の大きな決断となります。

しかし、流されるままに妥協して転職してしまったり、事前の準備が不十分で、転職して後悔する方も少なくありません。

そのため、現職を続けるべきかどうか、転職するべきかどうかから決めたい人にとっては、転職エージェント利用前にキャリアコーチングサービスを使うほうが間違いのないキャリアを歩めることでしょう。

うーん…
でもイマイチ使った後のイメージが
湧かないかも…

本当にキャリアコーチングで
相談する価値ってあるんですか?

キャリアコーチングはマンツーマンのサービスとなるため、一概にすべての人が同じ成果を得られるとは限りません。

しかし、適切に使いこなすことで、以下のような未来に期待できます。

●ポジウィルキャリアを使うとどうなる?

  • キャリアに関する悩みを話して自分を客観視できる
  • 未経験転職で年収アップを実現可能
  • 現状の課題や人生の目標が見えてきてキャリアが明確になる
  • 自己分析を通して自分の強み・弱み、スキルの価値が見えてくる
  • 企業分析から職務経歴書作成まで転職を有利にするスキルが身につく
  • 転職だけでなく今の仕事で成功する方法まで見つかる

他の転職エージェントとの最大の違いは、現職に留まったりフリーランスや起業などの選択も取り入れることで、根本的なキャリア設計や転職スキルが身につく点です。

そのため、転職という決断に対して正確な判断がしやすくなることでしょう。

自分自身が納得できるまで

キャリアについて
深く考えるサポートをしてもらえるぞ!

LINEで無料相談できるから
試しに使ってみようかな…

今の仕事や将来に悩みや不安があって、転職しようかどうか、キャリアに悩んでいるなら、ぜひ一度ポジウィルキャリアに相談してみて、新時代のキャリアサポートを体験してみてください。

ポジウィルキャリア公式サイトはこちら
【相談無料】

仕事辞めたい【勤務歴・年齢別】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sukoshiten
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました