転職活動するなら10月がオススメ!その意外な理由とは?仕事をやめるのに10月は向いているのか?

転職マニアのイツキです!趣味は転職です!

10月は転職活動を始めるのに最高に向いている時期です。

というのも、

  • 上半期明けで比較的暇になりやすい
  • 上半期明けで人員整理・新規プロジェクト発足などをしている企業が多い
  • 冬場は単純に動かない人が増えるのでライバルが少ない

などの理由があるので、比較的落ち着いて転職活動しやすくなるからです。

ですので、10月から転職活動を始めようと思っている方は今すぐ行動しましょう。

とはいえ、なかなか踏み切れない人もいるでしょうから、10月に転職活動するべき理由を、私の経験も交えて紹介します。

冬になると動きたくなくなる!

まず、10月に転職活動した方がいい理由は、単純にこれから寒くなるから(笑)

11月~2月の寒い冬の時期になると、自宅に帰ったら家から出る気もなくなりますもんね。

そうなると「転職なんてめんどくせえ!」と、だらけた気持ちになってしまうんです。

そういった甘えが生まれる前にも、10月にすぐ転職活動を始めておくべきです。

何も「転職活動を始める=今の仕事をやめる」というわけではありません。

当サイトの『「転職しない勇気」転職活動を経て、大企業に留まることにした私の体験談』という記事にわかりやすく書いていますが、転職活動をしたことがきっかけで、かえって自社に愛着と熱意を持つ人もいます。

「自分磨き」「モチベーション維持」という意味でも、転職活動に挑戦する意義は大きいですので、まずは気軽に行動してみましょう。

上半期明けで仕事が暇になりやすい

10月というと上半期明けで、比較的仕事が落ち着きやすい時期です。

落ち着いた時期にゆっくり過ごしたい気持ちはわかりますが、落ち着いた時期こそもっとも新しいことに挑戦できる時期でもあります。

私はよく知人に「どうやったらそんなに転職ばかりできるの?」と聞かれるんですが、それは単純に「暇になったら他の仕事を見つけているから」ですね。

思うのですが「暇な時期」をいかに有効に使えるかが、ビジネスで成功する秘訣だと思います。

優秀な企業や、今も安定している大企業は、暇や余裕があればすぐに新しい事業にとりかかります。

そして、優秀な人間は暇な時間にスキルアップしたり、副業をしたりもしていますね。

暇な時間の使い方こそ、人生に差がつく最大の要因です。

忙しくなれば嫌でも仕事に集中しなければなりませんし、仕事に集中している間は、仕事の分だけしか成長できません。

暇な時間は、仕事以上に成長できるチャンスです。

転職活動も、今の仕事以上に成長できるきっかけになります。

暇な時間にこそ、転職活動しましょう。

本気でやめたくなってから行動していては、間に合いません。

優良な転職求人が見つかりやすい

10月はもっとも優良求人・穴場の案件が見つかりやすい時期です。

というのも、冒頭で述べた通り「上半期に空いた分・足りなかった分の人員補充」「新しいプロジェクトの人材スカウト」など、下半期に向けての人材募集が活発になるからです。

そして、そういった企業の求人募集は、余裕を持った計画で進められているので、待遇もよく優良な求人要項が多くなるわけです。

逆に「開いた穴をすぐに埋める=即戦力求む」というような、忙しい現場の求人は少なめになります。

とくに、新規事業や上半期の問題点を埋めるために「他業界の経験がある人材」を求めている企業と出会えれば、まったく違う業界に転職するチャンスも生まれます。

ただし「余裕がある=ダラダラしている」というわけではないことを忘れてはいけません。

たとえば、同じぐらいのレベルの人材が二人募集してきた時に、10月にエントリーした人と11月にエントリーしていた人とでは、10月にエントリーした人を欲しがって当然ですからね。

そういった面も考えて、10月の暇な時期にこそ、早めに行動するべきです。

10月の転職ならエージェント制を利用しよう!

10月からの転職活動を考えている人は「転職エージェント」という、担当エージェントが企業との仲介役を担ってくれる転職サービスの利用をおすすめします。

というのも、暇な10月の時期も相まって、転職サイトの求人を眺めているだけでは、結局ダラダラしていまいかねないからです。

なので、転職エージェントに登録して、担当とスケジュールを調整しながら転職活動したほうが、スムーズに活動しやすくなりますよ。

また、転職エージェントなら、下半期に向けて新しく募集された優良な非公開求人を優先的に紹介してくれます。

ですので、10月の転職市場のおいしい求人と出会うには、転職エージェントを使うほかありませんね。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ