【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

JTC辞めたい…大企業から転職して後悔しないためには?

「大手企業は時代遅れのJTCなので転職した方がいいと言われた」
「大手企業から転職したいけど後悔したくない…」
「大手企業からの転職って実際どうなの?」

このようにお悩みではありませんか?

昨今、若者の間では「一つの会社に長く努める続けるよりも、スキルや経験を身につけてどこでもやっていけること=将来性が高い」という風にキャリア観が変化していきます。

その変化の中で、大手企業は「JTC – Japanese Traditional Company」と揶揄されることもあります。
JTCとは伝統的な日本の大企業を指す俗語で「年功序列・終身雇用制」「意思決定の遅さ」「官僚主義」「縦社会」などの特徴があります。

より具体的には「上司に意見が言いにくい雰囲気」「何かをするにしても上の承認が必要で仕事のスピードが遅い」「能力や成果に関係なく賃金や役職が上がっていくので若手のモチベーションが低下する」といった点が、JTCの批判対象となります。

「JTC」という言葉には
多くの「大企業の悪い部分」が詰まってますね…

変化の激しい今の時代に
「JTCで働き続けるのはリスク」と
考えることもできるかもしれませんね

一方で、大手企業の安定性は未だに高く、福利厚生などの待遇面が充実していたり、出世後の平均年収の高さは魅力的だと言えるでしょう。

また、そもそも日本の法律上、正社員は解雇しづらいため「大企業に入社してしまえば、仕事をサボってようがどれだけ無能だろうが解雇されない」という構造上の問題もあります。

ですので、大企業から転職するのも、しないのも、どちらが正解かはわからないものです。

もっと言えば「自分の人生は自分で決めるもの」です。

ですので「自分の会社はJTCだから辞める」「大企業だから転職しない方がいい」というより、本当に重要なのは「結局、自分はどういうキャリアを歩みたいのか?」ということになります。

そんなこと言われも
自分の人生を自分で決めるのは
怖いし考えたくないかも…

でもJTCの非効率なやり方で
一生働き続けるのも不安だなぁ…

こんな風に考えてる人にこそ、むしろ「大企業から転職するべきかどうか?」を一度真剣に考えて欲しい…そういう想いから当記事は執筆されました。

というのも、JTCと批判される大企業特有の問題を理解していれば、大企業を続けるにしてもキャリア上の意識や立ち回りは自ずと変わってくるものですし、本当に転職するなら大企業が抱える問題や他の企業がどうなのかも知っておくに越したことはありません。

当記事は、大企業から転職するべきかどうか知りたい人に向けて、後悔しないためのヒントの数々をお届けしていきます。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

大企業から転職しない方がいい人の特徴

まずは「大企業から転職しない方がいい人」「大企業から転職して後悔する人」…つまり「大企業を続けた方がいい人」の特徴について解説していきます。

なお、この項目を読む上での大前提となりますが「自分自身の人生を決めるのは最終的に自分自身」になります。ですから、あくまで「こういう人は素直に大手企業に勤め続けた方が大きな失敗する可能性は低くなる」という一つの基準となります。

少なからず、ここで紹介する特徴で「自分のことだ…」と当てはまる部分や共感する部分が多い人は「転職を成功させるための準備や知識が足りない」可能性が高いです。

ここで紹介する特徴に当てはまる人でも
転職を成功させるための秘訣は
記事後半でしっかり解説するぞ

「自分には転職は無理だ…」と
落ち込むことなく
最後まで読んでみてくださいね

転職する動機や実現したいキャリアが定まってない人

世の中には「流されながらなんとなく生きている」「何者にもなれず妥協して生きている」人が多いです。

とくに大手企業に新卒入社する人は「大手企業が安定しているから」「良い大学にいって一流企業に勤めるのが正しい人生だから」など、意外と消極的な動機で入社しています。

そういった消極的な動機であっても、正社員として入社してしまえば、どんなに平凡な人材であっても、上の指示に従っておけば給料をもらうことはできます。

なぜなら、企業側からすれば正社員として一度雇った人物は、どれだけサボっていたり問題があっても、法律的に解雇は難しいからです。

ですので「正社員として大企業で働く」というのは、「何が何でもこの会社で働きたい!」という主体的な動機がない人や、「スキルや経験を積んでこういうキャリアを歩みたい!」という実現したい将来像がない人にとっては、最も安定している人生の選択肢と言えるのです。

もっと言うと「会社に生活さえ保証してもらえればなんでもいい…」「ダラダラ働いてても給料がもらえればそれでいい…」という人にとっては、フリーターや派遣社員などの不安定な非正規雇用で働くよりは、大企業で働き続けた方がいいのです。

大企業から転職を成功させるには「大企業を辞めてでも他の会社で働きたい強い動機」や「何も考えずに上の命令通りに働いて給料をもらうだけでなく主体的に仕事に取り組む姿勢」といったものが求められます。

そういった強い動機が見つからないまま「なんとなく大企業を辞めたいだけ」「ベンチャー勤めや外資系勤めがうらやましい」という理由だけで転職したいだけなら、転職しないで続けた方がマシでしょう。

そして、大半の人はそういった人生に「満足してしまう」ため、わざわざ、大企業の安定性を捨ててまで転職する価値観が理解されず「せっかくいい会社に入ったのでもったいない」「転職しない方がいい」と言われるわけです。

一方で「上司が自分を過小評価してきてムカつくから」「あまりにブラックな労働環境すぎて何が何でも抜け出したい」というネガティブな動機は”現状を変えるために強い原動力”となります。

つまり「何が何でもこんな会社辞めてやる!」という強い意志や不満がある人は、本質的には強い動機を抱えていると言えます。

強い動機が本当に自分の中にないのか
それとも奥底に強い動機が隠れているのか
自分に向き合うことが大切です

「自分のしたいこと<世間体やステータス」な人

「良い大学に通って大企業に入社…」という典型的なエリートコースのキャリアを歩んでいる人に意外と多いのが、

  • 親に高い学費を払ってもらったから
  • 大手勤めの方が世間体がいいから
  • 大手企業は将来安定で平均年収も高いから
  • 大手勤めだと合コンでのウケも良くてモテるから

と、「自分のしたいこと」よりも「他人の目や世間体」を最重視して職業選択しているというパターンです。

それの何が悪いんですか?

こういう風に無意識レベルで考えてしまう人は、大企業から転職しない方がいいかもしれません。

なぜなら、転職するというのは、本質的には「誰かが決めたレールから外れ、自分自身の人生を自分で決める」という決断をする行為だからです。

転職先を選ぶにしても、自分が仕事で実現したいこと・やり甲斐だと思う部分を見つけるという、いわば「自分の中で仕事の価値観を見つけ出す」ことをしなければなりません。

これは実際にやってみるとわかりますが、今まで自分自身と向き合って自分の中の価値観を決めてこなかった人ほど苦痛を感じる作業となります。

しかし、そんなことしなくても、大企業でなんとなく働き続けていれば給料が出て最低限の生活は保証してもらえるし、世間体も悪くはないですから、それで満足できている人は無理に辞める必要は薄いでしょう。

安定性を求めてサンクコスト効果に囚われる人

サンクコスト効果とは、過去の回収不能なコストに固執して、さらなる無駄なコストを生み出してしまう心理効果です。

具体的には、

  • 良い大学を出て就職活動を勝ち抜いてせっかく大企業に入社したのだから辞めてしまうはもったいない
  • 大企業勤めの肩書きやステータスを捨てて自分の実力だけで生きていくのが怖い
  • 大企業を辞めたら失敗するに決まっているし、辞めて落ちぶれた者の末路は悲惨だ

など、「辞めないで続ける自分を正当化する」心理状態を指します。

もし、身の回りに「同僚や会社の愚痴ばかりで大して人生楽しくなさそうなヤツ」「部下を理不尽に詰めるだけしか能がない仕事できないおじさん管理職」がいたら、それは「会社に無理にしがみついて、サンクコスト効果に囚われるヤツ」だと考えればわかりやすいでしょう。

大企業勤めは「将来的には平均年収600万円以上」「定年退職まで働ける」「退職金2000万円以上」などと言われてますが、現実的にそうはならないことも多いです。

むしろ「出世間違いなしだと思っていたのに社内の権力者に嫌われて閑職に飛ばされる」「スキルも経験もないままエスカレーター式に出世してしまった事実に、早期リストラの対象になりそうな40代になって現実に気づく」など、「気づいた時には遅かった」という場合もあるぐらいです。

そういった現実に直面して「あの時辞めておけば…」と後悔するならまだしも、そもそも辞める選択肢自体がない人だと「自分の居場所を奪うな」「最近の若い者はダメだ」「うちの会社はダメだ」などと自己正当化のための愚痴が多くなるのです。

良い大人なのに
自分を変えるために行動するわけでもなく
愚痴ばかりで他人のせいにしている人は
めちゃくちゃダサいかも…

「過去にこうしておけば…」と得られなかったものに執着して、周りの生産性やモチベーションを下げるような行為は無駄なコストを発生させるため、サンクコスト効果に囚われていると言えます。

もし、読者の方も「大企業を辞めるのはもったいないことだ」「大企業を辞めた後の人生は悲惨だ」との思い込みが強いなら、それは「大企業入社したことや、大企業で働き続ける自分を正当化する心理」が働いてる可能性が大きいです。

そんなことはないもん!
大企業に勤め続けた方が
正しい人生だもん!

このように思われる方もいるかもしれません。

しかし、そういった一つの物の見方に囚われすぎること自体が、真っ当な判断力を失う要因となります。

たとえば、世の中には、

  • 大企業の大規模リストラの際に、率先して希望退職することで退職金を受け取り、起業した
  • 大企業内で正当に評価されず、他の企業に転職したら一気に能力相応の役職に就けた
  • ノリで大手企業を数週間で辞めてしまったけど、紆余曲折あって、今は家庭を持ちながらそれなりの会社でやっている

という人物もたくさんいます。

そういった事実に目を背けて「そんな話は聞いたことないし身近にそんな人はいない!嘘だ!」と感じるなら、大企業から転職する・しない以前に「正しい情報の取捨選択」すらできていないと言えます。

1000人ぐらいに聞き込み調査すれば
上記のような人生を送っている人物も
一定数いるだろうからね…

そういった心理状態にあるうちは、何をしても「やらなければよかった…」と後悔することの方が多いでしょうから、ダラダラ働ていても解雇される可能性が低く、せいぜい上に怒られる程度しかリスクのない「極めて安全な大企業勤め」という人生を歩むべきでしょう。

なんか毒のある言い方だなぁ…

転職しない方がいい人に
そういう考えなら本当に転職しない方がいい」と
言っているだけだからね

転職サービスでプロに相談しても
ビジネスな思惑で「転職した方がいいです」と
アドバイスされるに決まっているので
逆の考え方も知っておくに越したことはないです

大企業から転職して後悔しないためにするべきこと

転職のよくある失敗事例とは「なんとなく今の会社が嫌で辞めたもの、次の会社も合わずにすぐ辞めてしまう…」と、職を転々としてしまうパターンです。

その結果「前の企業に居続ければ良かった…」と後悔してしまうことになります。

それも大手企業は待遇が良く会社の安定性も高いわけですから、転職したことで年収・待遇面が悪化した場合、さらに後悔する可能性は高くなります。

そういった後悔をしないためにも、下記に紹介することを自分の中で考えて、慎重に転職活動を進めていくといいでしょう。

すべての問題を「大企業だから」で片付けない

すべての問題を「大企業だから」と、大きな主語だけで考えてはいけません。

単に「今の職場に問題があるだけ」「その職場の問題は上司の能力不足なせい」であれば、企業自体に問題があるとは言い切れません。

大手企業はその組織規模から多数の部署や全国区オフィスもあるわけですから、配属替えなどで職場環境が一新する機会もあります。

現状に不満があるだけなら
我慢して待っておけば
それだけで
いつか状況が変わるかもしれませんね

同様に、転職先を決める際にも「中小企業だから~」「ベンチャー企業だから~」「外資系企業だから~」「コンサルティングファームだから~」など、ステレオタイプな判断を行うことは禁物です。

一般的に「大手企業だから新しいことを行うにも承認に時間がかかる」「ベンチャー企業だからこう」という傾向はあるかもしれませんが、それも「直属の上司の判断」や「職場内の雰囲気」など、実に多くの要素で変わるものです。

最終的に自分が勤める会社が一社に絞られる以上、本当に見なければならないのは「その会社はどうなのか?」という部分です。

そのためには「企業分析」に時間をかけて、その会社の組織文化や事業内容を理解することが重要となります。

大手企業から転職して後悔しないためにも、まずは「自社を正しく知る」「転職先企業をよく知る」というステップから始めることで、続けるにしても辞めるにしても、失敗する確率は減らせるでしょう。

後ほど紹介する「転職エージェント」では
事前に企業分析レポートを読んだり
プロからリアルな企業情報を聞くことができるぞ

色んな会社のことを知ることで
自社の良さも悪さも
再発見できる機会にもなります

「大企業だから転職に有利」とは限らないと知っておく

「自分は大企業に入社できたのだから大丈夫だろう…」という”慢心”も転職して後悔してしまう要因です。
なぜなら、新卒採用と中途採用では根本的に採用基準が異なるからです。

なので、新卒採用(ファーストキャリア)から大手企業入社した経歴の方は、要注意です。

新卒採用は、学生相手なので「今まで仕事で何をしてきたか?どんな実績があるのか?」が問われることはほぼありません。なので、消去法でせいぜい「どこの大学を卒業しているか?」「問題のなさそうな人物か?」ぐらいしか見られてないことが多いです。

一方で、中途採用では「自社に入れて本当に活躍できるのか?そのための経験やスキルは十分にあるのか?」とシビアに見られることが多くなります。

この「新卒採用と中途採用の違い」を想定せずに「自分は大手に入れたのだから他でもやっていけるはずだ」と勘違いしてしまうと、痛い目を見る結果になるわけです。

ですので、ただ「大手企業勤めだから~」という理由だけでなく、

  • 大手企業でどんな経験をしてきたのか?
  • そこで得たスキルは何か?
  • そのスキルは他の業界や会社でどう評価されるか?

といったことを考え、しっかりと言語化していくことが重要となります。

たとえば、一般的に「大手企業の人材が欲しい」「大手の経歴があるから採用した」と需要があるケースは、下記のような例となります。

  • 営業部門:エンタープライズ(=大手企業)向けのセールスを行っている会社などに、経験や人脈を買われることはある。とくに法人営業は、大手企業内の独特のルールを理解している人物でないと出来ない仕事も多いためか、高年収の傾向。
  • 第二新卒(新卒採用後3年以内):大企業に入社できたポテンシャルを買われることはある。
  • 開発・技術部門:理系卒特有の専門性や、社内で培った技術力が買われることはある。大手同業メーカー間での転職事例多数。

こういった「大手企業勤務経験があるから~」がプラス方向に働く転職を実現できれば、転職しても後悔するリスクは減らせるでしょう。

採用する企業側も完璧でないと知っておく

意外と忘れがちな視点が「企業側の採用も完璧ではない」という事実です。

採用レベルがさほど高くない会社ですと「大手企業勤めだから期待できそうな人材だ」と評価してもらえる場合はあります。

ただ、そういったケースの場合、採用する会社側も求めてる人物像が曖昧なことが大半です。

なので、企業/働く側双方にとって「思ってたのと違った…」と、ミスマッチ採用となるリスクは高まります。

もちろん、運良く、その会社の人間関係や組織風土、業務内容に合えば問題ありません。

しかし、そうでない場合は、むしろ

  • 「大手企業勤めの経歴があるから~」と期待値だけ上がり、求められる業務水準が上がってしまう
  • 経歴は見られず「採用できれば誰でもいい」という理由で、人手不足のブラックな会社に採用されてしまう
  • 採用後の研修など一切なく、無理やり現場に配置され、ついていけずに辞めたくなる

といったリスクが高まります。

とくに「今の会社を辞めたい…」というネガティブ動機が強い時には、ついつい、今の環境から逃げ出したい一心で、上記のような「自分でも簡単に就けそうな求人」に飛びついてしまいがちです。

本来、計画性をもって転職活動に臨んで冷静な判断をしていれば、上記のようなミスマッチ採用は避けることができます。

「大手企業だから有利」と短絡的に考えるのではなく、しっかりと「大手企業で得た経験は何か?」「それを活かせるのはどんな仕事か?」を自己分析して、そこに合致する転職先を見つけることが重要です。

「大企業だから転職に有利だろう」と
根拠のない自信だけに頼らずに
計画的な転職をしましょう

転職活動を通して「本当に転職するべきか?」を見極める

大企業から転職しない方がいいかどうか迷っているなら、計画的な転職活動を行うことが先決です。
転職活動では、様々なプロからアドバイスを得たり、多くの求人を閲覧する機会があります。

そういった機会を経ることで

  • 今の会社を続けるべきか?
  • 自分の経歴でどういった職業に就けるのか?
  • 現実的にどれぐらいの年収になるのか?

など、リアルな情報を得て現実的な判断がしやすくなります。

とくに大企業勤めから転職する場合、会社の将来性の高さや待遇・年収面の良さなど、転職することで、様々な未来を犠牲にしなければならないことが多くなります。

本当に大企業勤めの安定性を捨ててでも転職するべきか?

この問いに明確な答えを出すためにも、転職活動でしっかりとした情報を集め、自分自身の頭で考えて人生の決断を下すことが、後悔しないために一番大切なことです。

今は終身雇用安定神話も崩れ、必ずしも「大企業勤めだから将来安泰」とは言えず、むしろ「一つの会社に縛られずにどこでも通用するスキルや経験を積む方が安定性が高い」とも言われる時代です。

一方で、大手企業の安定性や待遇の良さはまだまだ強く、その中には「転職しない方がいい人」「転職して後悔する人」がいるのも確かです。

そのどちらが正しい道かを決めるのは、他人や世間体ではなく、紛れもなく「自分自身」です。

自分自身がしっかりと考えた結果なら、大企業を辞めて安定性や年収を捨てても満足行く人生を歩むことができま。

逆に「誰かの意見」に流されたり「誰かが決めたレール」の上を歩むだけだと、大手勤めだろうがフリーランスだろうが、真の意味で「自分自身の人生を獲得する=正しい道」からは遠いと言えます。

そうして自分自身で考えて決めた結果、「やっぱり大手企業を続けていく」「転職して別の道を歩む」という答えを出せたのなら、どの道を選んだとしても、納得のいく人生を歩めるはずでしょう。

最後まで読んでくれた方に向けて、当サイトで厳選した”転職活動で心強い味方になってくれる転職サービス”を紹介します。

いずれも相談・登録無料で利用できるため
ぜひ活用してみてくださいね

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました