仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

大企業が合わないで転職したい人の後悔しないための考え方。大手企業を辞めたいと悩んでいる人は読んでおこう

「大企業が合わないから辞めて転職したい」と思い悩んでいる方は、一定数いらっしゃると思います。

日本では安定志向が強く、就活市場でも大企業・有名企業人気が高いので、考えなしに「大企業に入っておけば間違いない!」と入社してしまい、実際に働いてみて「大企業に合わない…」と感じて辞めたくなる方が出てきてもおかしくはありません。

大企業を辞めようかどうか迷っている方は、おそらく「大企業勤めの地位やステータスを捨ててまで、本当に転職するべきなの?」と思い悩んでいるかと思います。

当記事では多くの転職者の事例や、人材会社から聞いた事情などを基に「大企業に合わないと感じている人が、後悔せずに転職を成功させるための考え方」とご紹介してまいります。

大企業が合わない人の特徴とは?

大企業に合わない人・向いていない感じている人の特徴は、おおよそ以下のとおりです。

大企業に合わない人・向いていない人の特徴

  • 企業ブランドで就職先を決めてしまい、会社の業務内容を把握してなかった
  • 世間体や周りの意見を重視しすぎて、流されて大企業を選んだ
  • 安定性より挑戦心が大事だと思っている
  • 減点方式の社内評価にプレッシャーを感じる
  • マニュアル業務・ルーチンワークなどの定型作業が嫌い
  • 堅っ苦しいマナーや慣習が大嫌い
  • ステータス・肩書きよりも自分の能力や人柄を評価して欲しい

大企業・公務員は将来性や安定性はあるものの、その分融通が利かなく社員一人あたりの個性も埋もれてしまう傾向にあります。

そこにストレスを感じるのであれば、大企業はあまり向いていないと言えるかもしれません。

詳しくは以下の記事でご紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

大企業を辞めないほうが良い人・向いている人の特徴は?

逆に大企業を辞めないほうが良い人や、大企業勤めに向いている人は、どのような特徴があるのでしょうか?

私自身、大企業勤務の方と関わる中で「こういう人は大企業に必要な人材だなあ」と感じている特徴をお伝えして参ります。

自分自身の意志や考え方がない人

大企業を辞めないほうが良い人は、自分自身の意志や考え方がない人でしょう。

別に自分自身の意志や考え方がないことは、悪いことではありません。

むしろ、世の中の9割の人が「流されながらなんとなく生きている、その他大勢の何者にもなれない人間」です。

そういう無個性な人間でも、真面目にしっかりと働いておけば、それなりの安定が保証されるのが、大企業勤務のいいところです。

それも、一度大企業クラスの正社員ともなれば、成果が出せない無能であろうが、理不尽に辞めさられることはないので、会社にしがみつく生き方を選ぶのもありです。

世間体や社会的ステータスが大事だと思っている

大企業を辞めないほうが良い人は、世間体や社会的ステータスが大事だと思っている人でしょう。

たとえば、親や周りの友人に「大企業の〇〇勤めだからすごい!」なんて評価されて、誇らしい気持ちでいられて、その肩書きが重いと感じないのであれば、大企業勤めを続けるべきです。

ですが、少しでも「大企業勤めという肩書きで見られるのに疲れた」「世間体に流されて自分の欲求を押し殺して辛い」と感じているのであれば、大企業勤めであることを見直した方がいいでしょう。

辞めるのが「もったいない」などと考えてしまう

大企業を辞めるかどうか悩んでいる人に多いのが「もったいない」という基準で、転職を渋るケースです。

「辞めるのがもったいない」「捨てるのがもったいない」と感じている場合、原因としては「今の状態を維持したい」「未来の可能性を捨てたくない」という心理があります。

たとえば、大企業を辞めてしまうと「将来、役員クラスになって年収数千万円もらえる立場になって、楽に生きられる」という可能性はゼロになるわけです。

なので「せっかく大企業に入社したのに、辞めるなんてもったいない」などと思ってしまうのです。

ですが、これに関しては、

「大企業勤めでも出世できないで左遷させられて昇給が見込めないこともあるし、会社の業績が傾けば大企業でも安泰というわけではない」
「公務員でも、国家予算が変わって給与体系が変われば昇給しないどころか、退職金制度も変わる可能性もあるし、自分が悪くないのに懲戒免職クラスの不正の責任を負うことだってある」

…など、いくらでも否定材料があります。

仮にあなたが今の会社で確実に昇給・出世が見込めるぐらいに地盤が固まっており、社内評価もいいのであれば、確かに辞めるのはもったいないでしょう。

ですが、そうでなければどれだけ今の会社に尽くして努力したところで、必ず将来的により良い環境で働ける保証はありません。

今は大企業でも安定しない時代で、少子高齢化の年金問題など、国自体に不安が残る時代で、どんなに安定していると言われる会社でも先は見えないものです。

ですので、もったいないかどうかなんて「辞めた後に成功すればもったいないとは思わない」ように考えればいいだけなのです。

大企業から転職して後悔しないためには?

大企業を辞めることを考えている人の多くは「大企業を辞めて後悔しないか不安…」とお悩みのはずです。

新卒採用の切符を掴んで得た安定性なのですから、不安になる気持ちはわかります。

実際、大企業勤めは安定性・将来性の面で間違いなく中小企業やベンチャー企業よりも上ですので、後悔しないように慎重に転職活動した方がいいです。

以下の記事でもお伝えしている通り、考えなしに勢いで退職してしまうと、空白期間が伸びて転職活動でもマイナス評価になってしまい、今の企業よりも待遇も年収も安定性も下がってしまう可能性が高くなります。

ですので、出来る限り大企業勤務中に転職活動を並行しておきましょう。

仮に、今よりいい条件の求人が見つからなければ、大企業勤めのままキャリアを積む選択肢も生まれてくるので、どの道早いうちに転職活動しておくに越したことはないです。

転職エージェントを利用してプロに相談しておこう

大企業が合わないと感じていたり、大企業を辞めて後悔したくない方は、まずは転職エージェントに登録して相談しておくといいでしょう。

転職エージェントは無料で利用でき、在職中でもスキマ時間を活用して、効率よく転職活動が進められます。

転職エージェントでは、気軽な相談から、現実的に自分が内定をもらえる求人情報も提供してもらえますので、慎重に転職活動を進めて後悔したくないのであれば、必ず使っておきたいです。

私も転職意欲がそこまで高いわけではありませんが、転職エージェントの担当者さんから様々な求人情報を提供して頂いており、地道に転職活動も並行しております。

大企業勤めクラスの方であれば、慎重に納得行く求人が届くまで転職活動をコツコツ続けるという使い方をしておけば、後悔せずに済むでしょう。

また、転職エージェントは公に併用することも可能と認められていますので、仮にエージェントの紹介求人が納得行かないのであれば、他社のエージェントを使ってみるという使い方も可能です。

転職活動で失敗してしまう人は、このように在職中からリスク管理せずに猪突猛進に辞めてしまう人ばかりですが、在職中からしっかりと根回ししておけば、まず後悔することはありません。

ぜひ、転職エージェントを有効活用して、納得の行く転職先を見つけ出してみてください。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ