仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

自動車メーカーから転職先はどこがオススメ?

今回ご紹介するのは、日本の主要産業である「自動車業界からの転職」についてです。

自動車業界といえば、日本で最も安定している業界と言ってもいいレベルですが、現場で働く人には以下のような問題もあります。

  • 人手不足で「不正」「品質低下」「ブラック労働」も意外とある業界
  • 大手は安定しているが、下請けはそうでもない
  • 閉鎖的な職人気質の職場なので、人間関係が悪くなりがち→人間関係の悪い職場の特徴

正社員としての待遇の安定感は間違いないものの、職場・会社単位で問題のある会社が多いのも、自動車業界の実情だと言えるでしょう。

そんな自動車メーカーからの転職ですが、安定した業界からの転職ですので、冷静に転職先を考えたほうが失敗せずに済むのは疑いようもありません。

今回はケースごとにオススメの転職方法をご紹介しますので、ぜひ参考にみてください。

自動車メーカーからの転職は同業界が安定した選択

自動車メーカーからの転職であれば、素直に同業界を選ぶのが一番の選択肢だと言えます。

というのも、自動車業界は非常に安定している業界ですので、会社や職場を替えるだけ今の職場の不満はほぼ解消可能です。

とくに理系卒のエンジニアや、工業校・専門卒の技術者の場合は、まずは同業界の転職を視野に入れておいた方が、間違いありません。

理系卒・エンジニアの多くの場合が

「仕事自体は嫌いなわけではない」
「もっとスキルアップしたい」
「他の分野にも挑戦してみたい」

…という理由で転職するので、自動車業界自体に不満があることはそんなにないからです。

基本的に理系卒・エンジニアの場合は「実力・技術の方がコミュニケーション能力の何倍も大事」と判断されるので、人間関係が理由での転職もそう悲観的になる必要はありません。

他の業界に転職したい場合でも、自身のスキルや経歴を無駄にしないためにも、以下の転職エージェントを活用しておくといいでしょう。

転職エージェントとはプロに転職先を紹介してもらうサービスのことで、今の転職業界の主流のサービス形態なので、求人サイトを使うよりも間違いなくいい職場が見つかります。

エンジニアの転職なら「メイテックネクスト」

自動車業界からの転職を考えるのであれば「メイテックネクスト」は必ず使っておきたいです。

メイテックネクストの親会社である「メイテック」は、製造業・エンジニアの人材派遣会社として40年以上の実績がある老舗ですので、業下のコネと専門性は圧倒的です。

とくに自動車業界に転職では「CASE」への対応や、電気自動車の需要拡大に応えられる人材が求められております。

自動車業界の状況と転職のポイント(2019年1月22日更新)

昨今の求人背景から、自動車業界での電動化への取り組みが一層加速していることが理解できます。電動化に伴い、新たに発生する部品やシステムへの開発要員が、ほとんどすべての企業様からニーズとして顕在化しています。従来ですと、1月から2月で、来年度の採用計画を決めて3月から募集開始となりますが、すでに前倒し募集する企業様が散見されております。

一方で、完全なEV車(電気自動車:バッテリーとモータで駆動)は、電池性能から航続距離が伸ばせずまだまだ、普及には時間がかかります。アフリカや南米、インド、東南アジアなど世界的には需要拡大が続き、内燃機関を含んだハイブリット車が、ここ数十年は主役になることが予想されます。その為、完成車メーカ、サプライヤーでの電動化技術への取組は続き、内燃機関システムの電動化適合、純粋な電動車開発そして、CASE(Connected、Autonomous、Shared、Electric)への対応と各社、社内に無いノウハウ獲得にを中途採用を含めて、様々な対応が迫られています。

近い将来、自動車業界は新しいエコシステムに変貌する可能性があり、ご自身のご経験から参画できるチャンスがあります。是非、一度弊社にご登録いただいて、ご自身の可能性についてご相談ください。

出典:メイテックネクスト 公式サイト内より

次世代自動車産業は成長産業としても、非常に注目されていますので、自分の技術や経験が活かせるかどうかを確認するためにも、自動車メーカー勤務の方は必ず使っておきたいエージェントだと言えます。

社会事業に強い「パソナキャリア」もオススメ

国内No.3の人材サービスである「パソナキャリア」もオススメです。

関連:パソナキャリアの特徴・メリット・デメリット。対応が丁寧と評判のエージェントの強みは?

パソナキャリアは地味ながらも40年以上の実績があり、とくに公共事業・社会事業との関わりが非常に強く、エンジニア系の求人や専門性も強いです。

対応が丁寧過ぎて転職に時間がかかるのが難点ですが、その分自分のスキルや知識を最大限活かせる転職先も見つけやすいと言えます。

自動車業界で働く文系の場合は?

自動車業界で働く文系の場合、基本的には異業種への転職はそう難しくはありません。

というのも、文系キャリアのスキルと経験はどの業界でも通用するので、あとは自分と相性のいい求人を見つけ出すだけで済みます。

文系職の方の場合は、素直に大手転職エージェントを活用しておくと、他の業界の転職先も見つけやすくなりますよ。

文系なら大手転職エージェントを利用しておくのが鉄板

文系職(営業、販売、企画など)なら、大手転職エージェントである「リクルートエージェント」「doda」がオススメですね。

→リクルートエージェントをオススメする理由
→dodaをオススメする理由

どちらも「拠点の全国展開」「圧倒的求人数」と大手ならではの強みがあるので、まずは大手を使っておけば間違いないです。

また、20代・30代の転職に強くベンチャー気質のある「マイナビエージェント」も候補でしょう。担当者も若手中心なので、熱量のある若手の多い転職先と出会えるチャンスです。

先ほど理系卒向けとして紹介した「メイテックネクスト」「パソナキャリア」の二社も、自動車業界での経験を活かしやすいので、併用しておくとより自分に合った転職先を見つけられる可能性が上がります。

事務・経理なら派遣社員の選択肢も

文系卒でも「事務職」「経理」であれば、派遣社員の方がワークライフバランスの実現がしやすいので、正社員転職にこだわる必要もないでしょう。

派遣会社は外資系運営の「JOBNET(マンパワーグループ)」と、女性の働き方に強みのある「テンプスタッフ」が大手としてサポートも充実しています。

派遣社員は働き方や派遣先を選べば、残業時間少なめ+スキルを磨くことも可能な自由度の高い職務形態なので、下手に正社員として転職するよりはいい選択肢となることもあります。

関連:正社員から派遣社員はもったいない?働き方をしっかり考えれば派遣は必ずしも負け組ではないと知っておこう

まとめ:自動車業界からの転職は計画的に

自動車業界は日本ではまだまだ安定した業界ですので、慎重に転職活動して後悔のない選択をとるべきでしょう。

とくにエンジニア・技術系の方の場合、妥協した転職先を選ぶと今までの経歴や培ってきた技術を無駄にすることにもなりかねません。

そうならないためにも、今回紹介した優良な転職エージェントを効果的に活用してみてください。

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ、三下どもが。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。