【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

飲みニケーションに感じる”生理的嫌悪感”の正体。気持ち悪いお酌文化や飲み会マナーの強要がくだらない本質的な理由

「なんで飲み会でお酌なんてしなきゃいけないの?」
「飲みニケーションって本当に必要?」
「上座下座なんて気を使って楽しめない…」

こんな疑問や不満、気持ち悪さを感じているのはあなただけではありません。

実は多くの人が仕事の飲み会文化に違和感を感じています。

ニコニコとゲスな卑しい笑顔を浮かべながら、新入社員に「これが大人だ」「社会とはこういうものだ」と偉そうに説教垂れながら、お酌を強要したり、やりたくもない余興をやらせようとする光景は、アルコールを飲まずとも想像するだけで吐き気を催す方も少なくないのです。

飲み会でしか
コミュニケーションできない
企業文化って
時代遅れじゃないですか?

飲み会の無礼講騒ぎや

「ウェーイw」なノリを見るだけで

気分が憂うつになります…

このように、くだらない飲み会のマナーや参加強要にうんざりしている人にとって、当記事はスッキリする内容かもしれません。

この記事を読めば、飲みニケーションやお酌文化に感じる違和感や疑問が、誰もが持つ普遍的なものであることに気づき、それにどう対応すればよいかのヒントを得ることができることでしょう。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

飲みニケーションが気持ち悪いと感じる心理​【ここがハラスメントに感じる!】

「また飲み会か…」と思うこと、ありませんか?

飲みニケーションの場において、仕事とは一線を画すような会話や態度が求められることが、多くの人々にとって心理的負担となります。

ここでは仕事の飲み会において「生理的に無理…」「気持ち悪い…」と感じる特徴をいくつか挙げ、それぞれの背後にある心理を解説していきます。

尊敬できない相手も敬う仕草をしないといけない気持ち悪さ

飲みニケーションの中でも、とりわけ気持ち悪さを感じるのが「お酌文化」です。

お酌文化とは、日本特有の飲み会の席で、上司や目上の人に酒を注ぐ習慣です。日本で古くから行われてきた習慣で、神道の儀式にも見られます。この習慣が、飲み会の席での上司や目上の人に酒を注ぐ習慣につながったと考えられています。

「何であの上司にお酌しなきゃいけないの?」
「尊敬できない相手に敬う仕草をしたくない」

このような疑問や不満を抱える新入社員や若手社員は、実は少なくありません。

尊敬できない、あるいは不快に思う人物に対して、敬意を表すような行動を強制されることは、本当にストレスがたまるものです。

とくに、目上としての人徳も信頼もない人物が 「自分は偉いからお酌をしてもらうのが当たり前」「上の機嫌取りをするのが下の仕事」とでも言いたげな態度は、まるで上司に靴を舐めさせられるかのような屈辱的な思いを与えられます。

お酌文化に男尊女卑の風習が透けて見えるから

日本では一般的に、女性が男性にお酌をする習慣があります。

これには「女性が男性を立て敬う」という意味が込められていますが、男女平等やダイバーシティ(多様性)が重視される現代においては、時代錯誤の印象が拭えないでしょう。

お酌してほしければ
夜のお店に行けば

いいと思います

飲みニケーションでしか交流機会を設けられない時代錯誤さ

飲みニケーションに対する批判の中でも多いのが「勤務時間外の飲み会ではなく、勤務時間内に十分なコミュニケーション時間を取ってほしい」という声です。

アルコールに強い人物や飲んで騒ぐことが好きな人物にとっては楽しいものですが、そうでない人物にとっては苦痛でしかありません。

また、飲み会では、

  • 飲酒によって態度が大胆になる人
  • 無駄に声が大きくなる人
  • 酒に酔って不適切な発言や行動をする人

などの無礼講が許される側面もありますが、普段一緒に仕事をする相手にだらしない一面やみっともない態度を目の当たりにするのは、気分のいいものではありません。

それを「これがコミュニケーションのため」と言って強要したり、飲み会だからといって品性や理性に欠けた態度をさらけ出すのは、いささか時代遅れの感があります。

「飲みニケーション」が大切だと言うならば、仕事中にしっかりとコミュニケーションの機会を増やせばいいのに、なぜそれができないのか。実は、それこそが真のコミュニケーションを取る能力がない証拠ではないでしょうか。

ZoomやTeamsといったリモートワークツールの普及や、昼食を共にする、オフィスでのカジュアルな会話など、飲酒を伴わないコミュニケーション手段は無数にあります。

飲み会の参加の是非が仕事の評価に影響を与える不公平さ

「飲みに行くことが仕事の能力と関係ある?」と疑問に感じる人は少なくないでしょう。具体的には、飲み会を欠席したからといって、昇進の機会を失ったり、評価が低くなるような場面。仕事の実績や能力と、飲み会の参加は別物であり、それを一緒くたにするのは明らかに不公平です。

自分のペースでコミュニケーションできない苦痛

飲み会の席で無理に飲酒を強要されるだけでなく、自分のペースで話を楽しむことも許されない環境がある。

「話せばいいじゃん」という軽い考えで、部下や同僚を圧倒するようなトークを展開する人も少なくありません。そうした空間では、自分の考えや意見を適切に伝えることが難しく、ただ無言で相手の話を聞くだけの時間が続くことも。

これはまさに「自分のペースでコミュニケーションができない苦痛」です。それでも外せないと感じる飲み会に参加すると、心の中で無理に自分を締め付け、自分らしさを失ってしまいます。

「コミュニケーションのための飲み会」という名の下に、一方的な価値観や考えを押し付けるような行為は、実はコミュニケーションの障壁を作り出しているのです。

また、お酒の力を借りなければコミュニケーションできないということ自体、仕事において、その場その場で役割や感情をコントロールする必要がある社会人にとって、自制心が足りてないとも感じさせます。

いずれにしても、飲んで騒ぐことが好きな人物や、部下に気を使わなくても済むような上の立場の人間からすれば飲み会は楽しいものでしょうが、周りに気をつかわないといけない立場の人物にとって、飲みニケーションは苦痛でしかない機会のほうが多いと言えるでしょう。

上司や先輩のハラスメント発言や説教発言がうざい

飲み会では、人の本性や嫌な面が垣間見えることが多々あります。また、中には下心むき出しで気に入った女性社員をお持ち帰りしたり、気に食わない若手に説教をしたいなど、野蛮な欲求を満たそうとする輩も「酔っ払っているから」という理由だけで許されることがあります。

「昔はもっと厳しかった」「私たちの時代はこんなもんじゃなかった」といった、時代の変化や現代の若者を理解しない説教発言も飲み会の席でよく聞かれます。そうした発言は、一方的な価値観の押し付けであり、部下や後輩を居心地の悪い空間に追い込むものです。

仕事相手と必要以上に仲良くする必要を感じない

「仕事の取引先と私生活を混ぜるのは、正直やりたくない…」ビジネスの場面とプライベートを分けたい、という人々の声は、多くあります。それにも関わらず、仕事の関係者と深く関わることが強制されるのは、抵抗を感じるものです。

「私たち、仕事のパートナーなんだから、友達になる必要ある?」と思うことはありませんか?仕事をスムーズに進めるためのコミュニケーションは必要ですが、それがプライベートまで及ぶことに抵抗を感じる人も少なくないでしょう。仕事の範疇を超えた関係を強要されることは、時としてプレッシャーとなります。

飲みニケーションを重視する会社や上司の特徴とは?【関わるだけで疲れる…】

「飲みニケーション」という言葉は、仕事上の交渉やコミュニケーションを「飲み会」の場で行うことを指しますが、現代ではその必要性や効果を疑問視する声も増えてきました。

飲み会を重視する企業や上司が持つ特徴は何か。そして、そのような環境が職場の中でどのような影響を及ぼすのか。

以下にその特徴とその背後にある意図や影響を挙げてみました。

  • 思考停止で慣習やマナーを強要する
    飲み会の席での上座下座、お酌の順序など、細かいマナーを重視する上司は、日常の業務においても伝統や権威を尊重する傾向が強いです。
  • 仕事で必要な情報を業務時間外に共有
    重要な情報や決定事項が飲み会の席でしか伝えられない。これにより、飲み会に参加できない者は情報から取り残される可能性がある。
  • 人間関係や私的な付き合いを仕事の評価に反映する
    飲み会での態度や関わり方が、業務の評価や昇進、人事評価に影響する企業や上司が存在します。
  • 同調圧力による断りにくい雰囲気
    飲み会や宴会の参加が強制され、欠席をすると職場での評価が低下する、または非協力的な態度と見なされる恐れがある。
  • プライベートの時間の侵食
    仕事が終わった後も飲み会が続き、本来の休息時間が確保できない。この結果、過度な疲労やストレスがたまりやすくなる。

これらの特徴は、飲み会を重視する文化が持つ側面を示しており、これによって多くの社員が心身の疲労を感じることが多いのです。

飲みニケーションを強要する会社の問題点とは?働き続けるべき?

飲み会文化は日本のビジネス界に深く根付いていますが、最近では飲みニケーションの強要に対する批判や疑問の声が増えてきました。飲みニケーションを強要する会社の問題点は一体何なのでしょうか。そして、そのような会社で働き続けることは果たして良い選択なのでしょうか。

  • ワークライフバランスの悪化
    長時間の業務後に飲み会が続くと、家庭やプライベートの時間が奪われるため、バランスが崩れがちです。
  • 健康問題の発生
    過度な飲酒や夜遅くまでの活動は、身体や精神の健康に悪影響を及ぼす可能性が高まります。
  • 情報格差の拡大
    重要な情報が飲み会の場でのみ共有されると、飲み会を欠席する社員が情報から取り残されるリスクがあります。
  • 多様性の欠如
    飲み会を好む文化が前提となると、飲酒が苦手な人や家庭の事情で参加できない人など、多様な背景を持つ人々の意見や価値観が無視される恐れがあります。
  • 人間関係の摩擦
    飲み会での発言や行動が業務の評価に影響する場合、社員同士の摩擦や対立が生じやすくなることが考えられます。

これらの問題点を鑑みると、飲みニケーションを強要する会社での長期的な勤務は、心身の健康やキャリアの発展に悪影響を及ぼす可能性が高まります。そのため、自身の価値観やライフスタイル、目指すキャリアパスと照らし合わせ、適切な判断を下すことが必要です。

飲み会を重視する会社での適切な立ち回り方~辞めたい時に意識するべきこと

 

飲み会が頻繁に開かれる、またはその文化を重視する会社。

その中で自分のキャリアや精神の健康を維持するため、どのように立ち回るべきなのか、また、もし退職を考えている場合、どのようなアプローチがベストなのか。こ

れらの疑問に答えるためのガイドラインを以下に示します。

  • 自分の価値観を持ち続ける:
    飲み会文化に流されず、自分の考えや価値観をしっかり持つことが大切です。
  • 断る技術を磨く:
    体調や私的な理由、仕事の都合など、適切に断る技術を磨き、無理な参加を避けましょう。
  • コミュニケーションの質を上げる:
    飲み会だけがコミュニケーションの場ではありません。日常の業務中にも質の高いコミュニケーションを心掛け、信頼関係を築き上げます。
  • 退職を考える際の正直なコミュニケーション:
    退職を考える場合、上司や人事に対して、適切なタイミングと方法で正直に意向を伝えることが重要です。
  • 自分のキャリアプランを常に見直す:
    会社の飲み会文化と自分のキャリアの方向性が合致しているか定期的に確認し、必要なら方向転換も視野に入れることが大切です。

アルコールに弱い下戸の立ち回り方

お酌を断る際は、以下のような言い回しが使えます。

「すみません、もう結構です」
「お酒は少ししか飲めないんです」
「先輩にお酌をしてもらいたいんです」

無駄な飲みニケーションを強要されない会社を転職活動で見つけておく

もし、読者が会社の無駄な飲み会参加強要や飲みニケーションの付き合いでウンザリしているなら、早めに転職活動を始めておくことをオススメいたします。

昨今、政治のニュースでもよく見かける通り「雇用流動性」など転職を推奨する流れが進んでおり、転職を意識したキャリアを考えておかなければならない時代となっています。

とくに、

  • 飲み会でお酌を強要する上司がいる会社
  • 飲み会で説教をして上下関係を従わせるようとする会社
  • 勤務時間外の飲みニケーションで重要なやりとりを行う会社

というのはシンプルに時代遅れですし、時代に合わせた会社風土の改革が行えていない証拠です。

また、百歩譲って飲みニケーションで得られるものがあったとしても、飲み会が苦手な人にとってはその会社の社風や組織風土が合っていない証拠ですので、長く続けると苦痛を感じる機会が多くなるのは間違いありません。

そういった会社を無理して続けるべきどうか判断するためにも、また、より自分に合った会社を見つける意味でも、転職が当たり前になった時代、早めに転職活動しておく価値は大きいと言えます。

ただ、いきなり転職しようとしても、経歴が不十分なうちや自己アピールが不十分なうちは自力で転職しようとしても採用されにくいばかりか、下手をすると年収ダウンしてしまったり待遇がさらに悪くなる…なんて失敗にもつながりかねません

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

会社環境
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました