お局のせいで辞めたい!女上司の陰湿ないびりやいじめにあって殺したいぐらいに憎いなら読んでおこう

職場に1人”お局”がいると、職場の人間関係はこじれ、とても仕事のしにくい環境になります。

お局は他人の気に食わないところを見つけると愚痴愚痴言ってばかりの、不愉快な存在です。

お局はいつ死んでもいいような、会社にとっても、社会にとっても邪魔な存在でしかないのです。

大人には、死んでもいいような人間もたくさんいるのです。

しかし、悲しいかな。

大人はお局クソババアが害を社内で撒き散らしても、簡単に辞めさせることはできないのです。

大人の世界はめんどくさいんです。

わかってても誰も何かを変えようとしないような、受け身の人間ばかりですからね。

そんな大人の世界だからこそ、お局ババアはいい歳してもガキみたいな感情で仕事しているのです。

お局という”会社のガン”を放置し続けるクソ企業

お局とは、会社にとっては”ガン”のようなものです。

病気だとわかっていても、会社から取り除くことができない、厄介な病気です。

そのため、上司や同僚なども見て見ぬふりして、知らんぷりして放置するのです。

お局の上司や経営陣は医者ではありません。

そのため、会社のガンともいうべきお局を、摘出手術で排除することは出来ないのです。

あなたも将来クソお局になります

人間性というのは伝染するものです。

家庭環境によって人生観や価値観が決まるように、会社の人間関係も人生に大きく左右します。

クソお局が放置されている職場で働き続けると、徐々にあなたもお局に化けて行くことでしょう。

環境や立場が人を育てます。

嫌な人間関係で働き続けると、うつ病のリスクが…

うつ病は、99%がクソ上司との嫌な人間関係の中で働くことが原因です。

どんな仕事を頑張ってみても、クソお局に愚痴を言われ続けては、どんな優秀な人間もどんどんやる気を奪われていきます。

また、お局上司は醜い嫉妬心を持っているので、職場で活躍する若手やちやほやされる女性には、とくに厳しく当たります。

そのため、周りから評価されるために働くことすら封じられ、非常に窮屈な思いをせざるを得ません。

お局に人生めちゃくちゃにされる前に逃げよう

最後に、ひとつだけ尋ねます。

あなたはクソお局の機嫌を損ねないために、仕事しているのですか?

違いますよね。

他人の機嫌を損ねないために仕事するなんて、幼稚な会社はさっさと抜け出し、もっと大人の仕事の出来る職場を見つけましょう。

転職は逃げではなく、前向きに生きていくための積極的な行動です。

他人を変えることは難しいですが、自分を変えることは自分で出来ます。

勇気を持って、一歩踏み出すべきです。

転職先をしっかり見つけて、計画的に仕事を辞めましょう

とはいえ、クソお局にブチ切れて衝動的に辞めても、次の職場を探すのに一苦労します。

クソお局のせいで辞めて、人生転落コースを歩んでしまっては、ますますクソお局の思う壺ですよね。

ですので、辞める前に転職先をしっかり見つけておくことを強くオススメします。

転職先から内定をもらっておけば、いざ退職届を出しても、クソお局に怯えなくて済みます。

むしろ、辞めることが決定したら、堂々とお局に今までの恨みつらみをぶつけてやることもできます。

関連記事:上司に殺意が湧いているあなたへ。死んで欲しい上司がいるなら読んでおこう

転職エージェントを有効活用しよう

在職中に次の転職先を見つけるのであれば、転職エージェントを有効活用しておくといいでしょう。

転職エージェントは担当のコンサルタントが、カウンセリングした上であなたの適性に合った職場を紹介してくれます。自分で求人を見つける手間が省けるため、忙しい方でも効率よく自分に向いている仕事が見つかります。

また、転職エージェントでは非公開求人を多く扱っており、年収・待遇がアップすることも少なくありません。

さらに、面接や職務経歴書の作成までしっかり指導してくれ、退職から転職に関する手続きもサポートしてくれるため、転職初心者でも安心して利用できます。

転職先の「社風」「人間関係」も教えてもらえ、またクソお局のいる職場で働くリスクもなくなるので、人間関係が原因で仕事を辞めてたい方は、転職エージェントを有効に使いましょう。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ