ペット葬儀社・霊園スタッフになるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

▼仕事を辞めたいと悩んでる方へ

10月は年末年始に向けて転職活動を始める人が増える時期です。
仕事を辞めようかどうか悩んでいる方にとって、10月は転職を始めるのに最適なタイミングです。

読者の中には「仕事を辞めてもいいかわからない…」「辞めたいけど次が見つかるか不安…」と転職するかどうか迷っている方も少なくないかと思います。

そこでオススメしたいのが、転職エージェントと呼ばれるサービスを利用して、仕事を辞めるべきかどうか相談してみることです。転職エージェントは無料で利用でき、オススメの求人紹介から転職手続きのサポートまで、すべて代わりに行ってくれます。

初めに利用しておきたいオススメの転職エージェントは国内No.1の「リクルートエージェント」です。リクルートエージェントは国内最大の求人数を誇り、電話やオンラインでの相談も可能、総合的な転職支援を無料で行ってくれます。登録のために必要な経歴や年齢の制限はありません。

「まだ辞める気はないけど、どんな転職先があるのか知りたい…」という場合でもスマホ一つで手軽に利用可能なので、登録がまだお済みでない方はこの機会にぜひ活用してみてください。

→リクルートエージェントに無料相談してみる

ペット葬儀社・霊園スタッフってどんな仕事?

ペット葬儀社霊園スタッフの仕事は、
・営業
・事務
・セレモニー
の三つに別れます。
営業はペットショップや動物病院などへの営業活動。
事務はインターネットなどへの広告配信や顧客との電話対応、顧客のファイリング、伝票作成など。
セレモニーは、葬儀から霊園の納骨までのセレモニーを仕切る役割。

こうして見ると、一般職相当の業務領域が大半なので、一般企業での勤務経験があると転職しやすいと言えるかもしれません。

ペット葬儀社・霊園スタッフになるには?

最寄りのペット葬儀社霊園に連絡してみて、直接採用の交渉をしてみるのが一番の近道でしょう。

ペット葬儀社・霊園スタッフに必要な資格やスキル

ペット葬儀社で働くための必須資格はありませんが、ペットロスカウンセラーの資格を保有しておくと多少は有利かもしれません。
ペットロスカウンセラーの資格は、亡くなったペットの飼い主に向けて心理的社会的なサポートを行うための関連知識を学べる民間資格のことで、日本ペットロス協会が養成講座や試験を実施しています。

ペット葬儀社・霊園スタッフに向いてる人は?

・人の気持ちに寄り添えるやさしさがある
・動物との死別を経験し乗り越えたことがある
・動物の遺体の処理や葬儀の慣習に関心がある

ペットとの死別を経験したことがあり、それを乗り越えた経験があることも、ペット葬儀に関する仕事に就く上では大事な適性の一つです。
これは、能力的な適性というよりも、精神面でとても大事なことだと言えます。
単に職務を遂行するだけならペットとの別れを経験してなくてもできますが、ペットを亡くした人に寄り添えるのは同じ経験をした者じゃなければ難しいはずです。
また、現実的にペットの遺体処理に関する知識の習得や、葬儀の慣習を理解してマナーを身につけることも必要になってきます。
そのため、最低限の真面目さや慣習を守る心も適性の一つだと言えるでしょう。

ペット葬儀社・霊園スタッフと関連性の高い仕事は?

ペットに関するサービス業という意味では「ペットホテルスタッフ」や「アニマルセラピスト」が近しい仕事だと言えます。
動物を扱う仕事に強い興味関心があるなら「ブリーダー」「トリーマー」などの仕事もありますが、いずれも資格やスキルが必要になってくるため、プロとして働くまでには時間がかかる点には注意です。
仮にペット葬儀社・霊園スタッフを目指す場合、サービス業のスキルとしては人の葬儀に関する仕事のも応用が利きやすいため、選択肢として確保しておくといいでしょう。
葬儀関連市場は縮小傾向ではあるものの、人の死が避けられない以上は一定数需要の残り続けるサービスなのは間違いないため、キャリア形成のために葬儀関連の仕事全般で通じるスキルや知識を身につけておけば、将来も安定しやすくなるはずです。
また、ペットロスカウンセラーとして資格取得を考える場合、カウンセリングや臨床心理学関連の知識が習得できるため、カウンセラー全般への適性も身につくこととなり、将来の選択肢が広がります。

タイトルとURLをコピーしました