プラネタリアンになるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

プラネタリウムで宇宙や天体について専門的な解説を行う人をプラネタリアンといい、天体ファンにとっては憧れの職業の一つとなっている。
その主な仕事は、星座や天体の知識を来館者たちへ楽しくわかりやすく解説することだが、上映内容の構成を行うことも多く、解説の中に最新の天文学の話題をどう取り入れて、見ている人たちに宇宙の魅力をどれだけ伝えられるかがポイントとなる。
プラネタリアンになるには、理系の大学へ進学して天文学を専門に学ぶという選択以外に、「理科」の教員養成課程がある大学の教育学部などへ進学して、そこで天文学を学ぶという選択肢もある。
またプラネタリアンの解説は、天文学の難しい専門知識ばかりではなく、古代の天文学とか星座にまつわる神話といった話題も人気がある。
文系の大学でそうした知識を深めるのも1つの手段だ。
プラネタリアンを目指すなら、天文雑誌や学会誌で最新の天文情報を収集しながら、不定期で掲載される募集情報をチェックしよう。
ただし、どのプラネタリウムでも、在籍しているプラネタリアンの紹介や推薦が採用に有利なので、人脈づくりもしておきたい。
日本プラネタリウム協議会のホームページに「全国プラネタリウム一覧」が紹介されているので問い合わせてみるといいだろう。

タイトルとURLをコピーしました